マウスコンピューターのおすすめノートパソコン2022 高いコスパと充実したサポートが魅力のBTOメーカー

乃木坂46のCMでおなじみのマウスコンピューター。パソコン業界では20年以上の長い歴史を持つ、国内大手のパソコンメーカーです。自分好みのスペックに細かくカスタマイズできる【BTO】方式のパソコンを展開しています。

 

マウスコンピューターの魅力を紹介

公式サイト icon-external-link 

マウスコンピューターの魅力は次の3点。順にチェックしていきましょう。

  • 充実したサポート
  • トータルで高いコスパを実現
  • カスタマイズ可能

 

充実したサポート体制

何といってもマウスはサポートが強い!

24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されています。年中無休の電話サポートについては他社でも実施していますが、修理もとなるとマウスのみ。万が一でも安心です。

 

より充実したサポートということであれば、オプション【安心パックサービス】に加入することもできます。

ちなみに安心パックサービスの内容は、「最短当日修理返却」「初期不良期間内の新品交換サービス」「サービス加入者専用ダイヤル」の3点セット。価格も+3,000円(税込)~と安く、ぜひつけておきたいところ。

 

トータルでのコスパが高い

モニター・ディスプレイで高い知名度を誇る、【飯山ブランド】のパソコンです。元をたどるとその歴史はなんと40年!徹底した品質管理で高いクオリティを実現しています。

全体的にモデルの価格は安く、充実したサポート込みで考えると、コスパは高め。予算を重視しつつ、サポートにもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

 

なお、パソコンの納期はおよそ5営業日出荷と他社に比べ短めになっており、できるだけ早く欲しい方にもおすすめ。特に急ぎということであれば、+2,000円(税込)~で翌営業日出荷にも対応しています。

 

自分好みのPCへカスタマイズ可能

マウスコンピューターではBTO(Build to Order)方式を採用しており、各モデルでカスタマイズできるのもポイント。メモリやストレージの容量などを自分好みに変更でき、予算に応じて柔軟なモデル選びができます。

アマゾンなどのECサイトとは違い、購入手順が異なるので、サクッと解説します。

 

 icon-check-circle 手順①

各モデルのページに飛ぶと、【カスタマイズ・お見積り】ボタンが表示されるので、こちらをクリックします。

オフィスソフト搭載モデルもありますが、通常モデルでカスタマイズしても価格は変わりません。

 

 icon-check-circle 手順②

カスタマイズ画面を一部抜粋した画面です。メモリ・SSD…など、各項目で構成を変更できるようになっているので、好みの内容にクリックして変更します。必要なカスタマイズをしたうえでカートに入れ、購入という流れです。

 

ちなみに、翌営業日出荷サービスや保証、オフィスソフトもこの画面で変更します。

 

スタンダードモデル

据え置きに最適な15インチスタンダードノートをピックアップしました。

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

 mouse B5シリーズ

 

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■OS:Windows 11
■ディスプレイ:15.6インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Ryzen 5 5500U/Ryzen 5 5625U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W360.4×D293.3×H19.9mm
■重量:約1.62kg
■バッテリ駆動時間:約7.5時間
■光学ドライブ非搭載
■価格:99,800円(税込)~

高性能&ハイクオリティのスタンダードモデル

ワンランク上のクオリティが魅力のスタンダードモデルです。

ボディの素材には、アルミニウムを採用しています。一般的な樹脂製ボディよりも頑丈なので、普段使いもより安心。

 

また、表面は美しいヘアライン仕上げとなっており、金属の高い質感も相まって、高級感を感じさせます。

 

トレンドをしっかり取り入れ、ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムに仕上げているのもポイント。見た目がスタイリッシュになるだけでなく、横幅と奥行きが圧縮され、コンパクトボディを実現しています。

ボディの厚さも19.9mmと2cm以下のスリムボディということで、重さも約1.62kgと、2kgオーバーが一般的な15インチモデルにしてはとても軽量です。

 

キーボードはオーソドックスなテンキー付きタイプ。LEDのバックライトや指紋認証センサー、顔認証センサーなどは装備していません。

 

 icon-star 実機レビューはこちら

マウスコンピュータ mouse B5-R5をレビュー 高性能&ハイクオリティ!コスパに優れたRyzen 5 4500U搭載スタンダードノート
今回マウスコンピュータ【mouse B5-R5】をお借りしました。 マウスコンピューターからAMDの第3世代6コアCPU・Ryzen 5 4500U搭載モデルが登場。ワンランク上の高い性能が魅力の、15インチスタンダードノートをチ...

 

mouse B5-R5

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 5 5625U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 7(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
■価格:99,800円(税込)~

 

おすすめポイント

AMDの第5世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5625Uを搭載したスタンダードモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。動画や画像編集などのヘビーな作業をサクサクこなせます。

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用であれば、16GBメモリ&512GB SSDにするのがおすすめ。また、別にHDDを追加すると、動画や画像データなどを多く保存でき、さらに便利になります。

 

【おすすめカスタマイズ】
  メモリ
・16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-3200 ) ] ・32GB メモリ [16GB×2 ( DDR4-3200 ) / デュアルチャネル ] ⇒本格的な編集用途なら32GBがおすすめ。

  SSD
・512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
・1TB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )

  SSDまたはHDD
・1TB HDD
・2TB HDD

 

【関連モデル】mouse F5-celeron

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Celeron N4100
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 600(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■価格:69,800円(税込)~

 

おすすめポイント

Celeronを搭載した格安のエントリーモデル。ブラウジングやオフィス作業などの基本的なタスクをこなせる性能ですが、マルチタスクだと動作がもたつくので注意が必要です。とにかく予算重視なら選ぶのもあり。

 

  mouse X5-R5

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 11
■ディスプレイ:15.6インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Ryzen 5 5560U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W356.4×D233.7×H17.9mm
■重量:約1.42kg~
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約22.5時間
■価格:119,900円(税込)~

超軽量のプレミアムモデル

15インチらしからぬコンパクト&軽量ボディを実現したプレミアムノートです。

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることで横幅と奥行きを圧縮し、B5シリーズよりもさらにコンパクトなボディを実現。また、厚さも17.9mmと2cm以下でとてもスリム。見た目も野暮ったさがなく、とてもスタイリッシュなイメージに仕上がっています。

 

さらにボディの素材には軽量&堅牢なマグネシウム合金を使用し、重さは約1.42kg~と15インチとは思えないほどの軽さを実現しています。15インチは据え置きで使うのが基本ですが、この重さなら持ち運び用としても使えますね。

 

15インチのワイドボディですが、テンキーレスキーボードなので、入力作業が多いとちょっと不便。別途テンキーを購入する必要があります。なお、キーボードには白色LEDが内蔵されており、薄暗い場所でタイピングしやすくなっています。

 

 icon-star 実機レビューはこちら(Core i7搭載の旧モデル)

マウスコンピュータ mouse X5をレビュー 15インチモデルなのに約1.39kg!超軽量ボディ&高いコスパが魅力のプレミアムノート
今回マウスコンピュータ【mouse X5】をお借りしました。 約1.39kgの超軽量ボディ!15インチとは思えないほどの軽さを実現した、プレミアムノートをチェックしてみましょう。 スペック mouse ...

 

mouse X5-R5

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 5 5560U
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 7(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:119,900円(税込)~

 

おすすめポイント

AMDの第5世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5560Uを搭載したスタンダードモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。動画や画像編集などのヘビーな作業をサクサクこなせます。

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用であれば、16GBメモリ&512GB SSDにするのがおすすめ。

 

【おすすめカスタマイズ】
  メモリ
・16GB メモリ [ 8GB×2 ( DDR4-3200 ) / デュアルチャネル ] ・32GB メモリ [16GB×2 ( DDR4-3200 ) / デュアルチャネル ] ⇒本格的な編集用途なら32GBがおすすめ。

  SSD
・512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
・512GB NVMe SSD ( SAMSUNG PM9A1 / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 )
・1TB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
・1TB NVMe SSD ( SAMSUNG PM9A1 / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 )
⇒少しでも速度にこだわるなら、サムスン製のSSDにするのもあり。

 

モバイルノート

持ち運びしやすい軽量タイプのモデルをピックアップしました。持ち運びに最適なサイズはA4サイズに相当する13インチ・14インチがおすすめ。

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 mouse X4シリーズ

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Ryzen 5 4600H/Core i5-10210U/Core i7-10510U
■メモリ:8GB
■グラフィック:Radeon Vega 8/UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256GB
■サイズ:W320.2×D214.5×H17.5mm
■重量:約1.13kg~
■バッテリ駆動時間:約10.0時間~
■光学ドライブ非搭載
■価格:104,280円(税込)~

13インチレベルのコンパクト&軽量モデル

このモデルはとにかくスリムで軽い!

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリム仕様にすることで、幅と奥行きがコンパクトになり、なんと14インチモデルながら13インチサイズを実現しています。また、厚さも17.5mmと2cmを下回り、とてもスリムでスタイリッシュ。

 

コンパクト&スリムな分、重さは約1.13kgと非常に軽いのもポイント。14インチらしからぬ重さで、持ち運びに最適です。華奢な感じのボディですが、素材には頑丈なマグネシウム合金を使用しており、見かけ以上にタフなのもいいですね。

もちろん、キーボードには白色LEDを内蔵しており、暗い場所でのタイピングがはかどるだけでなく、見た目も華やかになります。

 

なお、CPUはインテル(Core i5-10210U)とAMD(Ryzen 5 4600H)の2タイプが用意されています。インテル製CPU搭載モデルはブラックボディ、AMD製CPU搭載モデルはブラック&レッドとなっています。

どちらを選ぶか悩みどころですが、性能重視であればAMD、バッテリーの長さと性能を重視するなら、インテルといったところ。ただし、両者の性能差はかなり大きく、価格も安いRyzen 5搭載モデルが基本的におすすめ

 

 icon-star 実機レビューはこちら(第8世代インテルCore i5搭載モデル)

マウスコンピュータ m-Book X400Sをレビュー モバイルノートの大本命!超軽量&高いコスパが自慢の14インチノート
今回マウスコンピュータ【m-Book X400S】をお借りしました。 重さ約1.13kgの超軽量14インチモデルがついに登場!13インチも真っ青なモバイルノートをチェックしてみましょう。 スペック m-...

 

mouse X4-R5

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 5 4600H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラフィック:Radeon Vega RX 6(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
■価格:104,280円(税込)~

 

おすすめポイント

AMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 4600Hを搭載した、高性能モデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。動画・画像編集などヘビーな作業を快適にこなせます。

完成された初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。動画や画像編集でも使うのであれば、メモリは16GBあると安心。

 

【おすすめカスタマイズ】
  メモリ
・16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-2666 ) ]

  SSD(M.2)
・1TB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )

 

 mouse C4

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Celeron N4100
■メモリ:8GB
■グラフィック:UHD 600(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB・1TB
■サイズ:W325.0×D219.3×H19.0mm
■重量:約1.29kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約11.0時間

■価格:69,800円(税込)~

軽量ボディの格安モデル

ベーシックモデルながら、ディスプレイのふちが狭い”スリムベゼル”になっており、A4ファイルサイズのサイズを実現。また、厚さも2cm以下とスリムなので、カバンにさっと入れることができます。

 

このモデル最大のポイントは、なんといってもボディの軽さ。約1.29kgと、14インチモデルらしからぬ軽さとなっており、携帯性に優れています。

 

ディスプレイの解像度は、トレンドのフルHDですが、性能そのものはかなり低め。ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業であっても、マルチタスクとなると、動作がもたつきます。こればかりは価格なりといったところで、割り切りが必要です。

 

mouse C4

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Celeron N4100
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 600(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■価格:69,800円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの4コアCPU・Celeron N4100を搭載した、ベーシックモデル。8GBメモリに256GB SSDとのポイントを押さえた初期構成となっています。

 

ハイスペックモデル

性能重視のハイスペックモデルをピックアップしました。

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

mouse K7シリーズ

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■OS:Windows 11
■ディスプレイ:17.3インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16・32GB
■グラフィック:GTX 1650
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 1TB/SSD 512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W396.9×D264.5×H23.9mm
■重量:約2.55kg
■バッテリ駆動時間:約6.0時間
■光学ドライブ非搭載
■価格:153,780円(税込)~

3Dゲームも編集作業もできるコスパモデル

高い性能と価格の安さを両立した17インチモデルです。

 

CPUは、第11世代の8コア16スレッドCPU・Core i7-11800Hを搭載。高性能のインテルHシリーズということで性能は非常に高く、一般的なCore i7-1165G7との差は約2倍にもなります。

また、GPUにはGTX 1650を搭載。内蔵GPU・Iris Xe Graphicsの約2倍!動画や画像編集はまさにお手のもの、FF14など最新のオンラインゲームまで楽しむことができます。ワンランク上の価格ですが、とことん性能にこだわるならおすすめ。

 

ちなみに、キーボードには、フルカラーLEDイルミネーションを搭載しています。薄暗い場所でタイピングしやすいのはもちろん、一般的な白色LED内蔵キーボードよりも華やかです。

 

前モデルとは異なり、指紋認証センサーは非搭載となっています。

 

mouse K7 第11世代CPU搭載

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:GTX 1650
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:153,780円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11800HとGTX 1650を搭載した、ハイスペックモデル。16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも約4~5倍高速のNVMeタイプを採用。動画や画像編集などヘビーな作業もサクサクこなせます。

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、アプリとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。

 

【おすすめカスタマイズ】
  SSD
・512GB NVMe SSD ( SAMSUNG PM9A1 / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 )
・1TB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
・1TB NVMe SSD ( SAMSUNG PM9A1 / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 )
⇒少しでも速度にこだわるなら、サムスン製のものがおすすめですが、ノーマルのもので十分です。

  SSDまたはHDD
・1TB HDD
・2TB HDD

 

mouse K7 第11世代CPU搭載(プレミアムモデル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラフィック:GTX 1650
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 1TB
■価格:175,780円(税込)~

 

おすすめポイント

上のモデルを32GBメモリ&デュアルストレージ構成にしたバージョン。編集用途でガッツリ使うなら、このモデルがお得です。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15・16インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ開閉タイプ

 

3ステップでわかるノートPC+α

タイトルとURLをコピーしました