[開閉タイプ]5万円以上10万円未満のおすすめ14インチノートパソコン

まさに本命の価格帯といったところで、選べるモデルの幅がぐっと広がります。

インテルCore i3搭載モデルはもちろん、とことん性能にこだわるのであれば、Core i7搭載×高性能グラフィック搭載モデルを選ぶこともできます。軽量モデルやタフモデルなどバリエーションも多く、まさによりどりみどりです。

 

イチオシ!超軽量モデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

mouse X4シリーズ(マウス)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Ryzen 5 4600H/Core i5-10210U/Core i7-10510U
■メモリ:8GB
■グラフィック:Radeon Vega 8/UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256GB
■サイズ:W320.2×D214.5×H17.5mm
■重量:約1.13kg~
■バッテリ駆動時間:約10.0時間~
■光学ドライブ非搭載
■価格:98,780円(税込)~

13インチレベルのコンパクト&軽量モデル

このモデルはとにかくスリムで軽い!

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリム仕様にすることで、幅と奥行きがコンパクトになり、なんと14インチモデルながら13インチサイズを実現しています。また、厚さも17.5mmと2cmを下回り、とてもスリムでスタイリッシュ。

 

コンパクト&スリムな分、重さは約1.13kgと非常に軽いのもポイント。14インチらしからぬ重さで、持ち運びに最適です。華奢な感じのボディですが、素材には頑丈なマグネシウム合金を使用しており、見かけ以上にタフなのもいいですね。

もちろん、キーボードには白色LEDを内蔵しており、暗い場所でのタイピングがはかどるだけでなく、見た目も華やかになります。

 

なお、CPUはインテル(Core i5-10210U)とAMD(Ryzen 5 4600H)の2タイプが用意されています。インテル製CPU搭載モデルはブラックボディ、AMD製CPU搭載モデルはブラック&レッドとなっています。

どちらを選ぶか悩みどころですが、性能重視であればAMD、バッテリーの長さと性能を重視するなら、インテルといったところ。ただし、両者の性能差はかなり大きく、価格も安いRyzen 5搭載モデルが基本的におすすめ

 

 icon-star 実機レビューはこちら(第8世代インテルCore i5搭載モデル)

マウスコンピュータ m-Book X400Sをレビュー モバイルノートの大本命!超軽量&高いコスパが自慢の14インチノート
今回マウスコンピュータ【m-Book X400S】をお借りしました。 重さ約1.13kgの超軽量14インチモデルがついに登場!13インチも真っ青なモバイルノートをチェックしてみましょう。 スペック m-...

 

mouse X4-R5

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 5 4600H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラフィック:Radeon Vega RX 6(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
■価格:98,780円(税込)~

 

おすすめポイント

AMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 4600Hを搭載した、高性能モデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。動画・画像編集などヘビーな作業を快適にこなせます。

完成された初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。動画や画像編集でも使うのであれば、メモリは16GBあると安心。

 

【おすすめカスタマイズ】
  メモリ
・16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-2666 ) ]

  SSD(M.2)
・1TB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )

 

予算重視のモデル

予算重視の低価格モデルをピックアップ

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 Ideapad Slim 550[14インチ](レノボ)

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:ミネラルグレー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/ノングレア/IPS
■CPU:Ryzen 3 5300U/Ryzen 5 5500U/Ryzen 7 5700U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ac+Bluetooth 5.0
■サイズ:W321.6×D211.6×H17.9mm
■重量:約1.45kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約12時間~

【クーポン利用】96,800円57,112円(税・送料込)~

低価格&高品質の14インチモデル

一般ノートブランド”Ideapad”の14インチモデル。スタンダードモデルながら、天板にはアルミニウム合金を採用し、高級感を感じさせる上質なクオリティを実現しています。

 

スリムベゼルを採用することにより、横幅と奥行きを圧縮し、14インチモデルながら、A4ファイル+αのサイズを実現。厚さも17.9mmのスリムボディも相まって、重さは約1.45Kgと1.5㎏以下に抑えており、持ち運びしやすくなっています。

 

※実際には日本語キーボードを搭載しています。

また、ディスプレイには高発色・高コントラストのIPSパネルを採用し、薄暗い場所でのタイピングに便利なバックライト付きキーボードも標準装備。さらにワンタッチでログインできる指紋認証センサーまで搭載するなど、まさに至れり尽くせり。もちろん、カメラ部分にはシャッターがあるので、プライバシーも安心です。

予算を抑えつつ、クオリティにもこだわる方におすすめ

 

Ideapad Slim 550 14[Ryzen 3搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Ryzen 3 5300U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 6(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】96,800円57,112円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

AMDの第5世代4コア8スレッドCPU・Ryzen 3 5300Uを搭載したモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。ベーシックモデルながら、ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業から、動画・画像編集まで一通りこなせます。

 

Ideapad Slim 550 14[Ryzen 5搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Ryzen 5 5500U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 7(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】125,400円63,954円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

上のモデルを、Ryzen 5 5500Uにしたスタンダードモデル。6コア12スレッド構成で、Ryzen 3よりも約30%性能が高く、動画・画像編集をサクサクこなせます。

 

Ideapad Slim 550 14[Ryzen 7搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Ryzen 7 5700U
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 8(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】145,200円94,380円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

Ryzen 5よりもさらに約20%性能が高い、Ryzen 7 5700Uを搭載した最上位の高性能マシン。8コア16スレッドCPUのパワーと、大容量メモリ&ストレージで編集作業がさらにはかどります。

 

【関連モデル】Ideapad Slim 550i 14[Core i5搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-1135G7
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】128,700円66,924円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-1135G7を搭載した兄弟モデル。MX400シリーズに匹敵する高性能の内蔵グラフィック・Iris Xe Graphicsを搭載しており、グラフィック性能重視ならおすすめ。

 

  Inspiron 14 5000[5415](デル)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:プラチナシルバー・ピーチダスト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Ryzen 5 5500U/Ryzen 7 5700U
■メモリ:8GB
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W321.27×D212.8×H17.02~17.99mm
■重量:約1.442kg~
■光学ドライブ非搭載
【クーポン利用】77,246円67,976円(税・送料込)~

カラバリモデルが用意されたコスパモデル

Inspironのスタンダードライン・5000シリーズの14インチモデルです。

 

スタンダードモデルながら、ボディの素材にはなんと堅牢性の高いアルミニウムを採用!表面は非光沢の梨地仕上げとなっており、その美しいフォルムと上質な触り心地はプレミアムモデルそのものです。

 

ディスプレイのふちをスリムにすることで、横幅と奥行きを圧縮し、A4ファイル+αのサイズを実現。また、厚さも最薄部で17.02mmとスリムなこともあり、約1.442kgと1.5kg以下に抑え、持ち運びしやすくなっています。

デルといえばカラバリモデルですが、ボディカラーはプラチナシルバーとピーチダストの2色を用意。ピーチダストは赤茶色といった感じの色味で、シックなイメージとなっています。貴重なカラバリモデルなので、これだけでも価値はあります。

 

機能面では”リフトアップヒンジ”を採用しているのもポイント。リフトアップヒンジとは画面を開いたときに、ボディがせり上がるギミックのこと。適度な傾斜ができるためタイピングしやすくなるほか、接地面とパソコンの間にすき間が空くことで、給排気がスムーズになり、冷却能力もアップします。

 

装備もしっかりポイントをおさえており、薄暗い場所でのタイピングに便利なバックライト付きキーボードのほか、カメラ部分にはプライバシー保護用のシャッターを装備しています。なお、指紋認証センサーはオプションメニューとなっています。

 

 icon-star 実機レビューはこちら(インテルCPU搭載モデル)

Dell Inspiron 14 5000 プラチナ[5410]をレビュー キーボードがさらに進化!高いクオリティと価格の安さが魅力の14インチモバイルノート
今回デルの【Inspiron 14 5000 プラチナ】をお借りしました。 キーボードのクオリティがさらに進化した、高品質&高コスパの14インチモバイルノートをチェックしてみましょう。 スペック 貸出機ではCore i7-...

 

Inspiron 15 5415 プレミアム

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 5 5500U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon RX Vega 7(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】77,246円67,976円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

AMDの第5世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5500Uを搭載したスタンダードモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。動画・画像編集までサクサクこなせる高性能モデルです。

 

Inspiron 15 5415 プラチナ

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 7 5700U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon RX Vega 8(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】95,428円83,976円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

上のモデルをRyzen 7 5700Uにしたハイスペックモデル。8コア16スレッド構成で、Ryzen 5 5500Uよりも約20%性能が高く、編集作業がよりはかどります。

 

【関連モデル】Inspiron 14 5410 プレミアム

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i5-11320H
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】99,970円75,576円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-11320Hを搭載した兄弟モデル。MX400シリーズに匹敵する高性能の内蔵グラフィック・Iris Xe Graphicsを搭載しており、グラフィック性能重視ならおすすめ。

 

  HP Pavilion 14-dv0000(HP)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:セラミックホワイト/SAKURA
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/グレア/IPS
■CPU:Core i3-1115G4/Core i5-1135G7
■メモリ:8GB
■グラフィック:UHD Graphics/Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W324×D216×H17.5mm
■重量:約1.42kg
■バッテリ駆動時間:約8時間
■光学ドライブ非搭載
【キャンペーンでさらにおトク】104,800円(税込)~

オシャレなスタンダードモデル

HPのスタンダードクラス”Pavilionシリーズ”の14インチモデルです。高品質が売りのモデルで、カラバリは清潔感のあるセラミックホワイトに加え、可愛らしいSAKURAの2色が用意されています。

 

スタンダートモデルながら、天板とキーボード面の素材にはアルミニウムを採用。タフなのはもちろん、金属の高い質感で、ワンランク上のクオリティを実現しています。

さらに、セラミックホワイトモデルでは、AED(アニオン電着塗装)加工が施されているのもポイント。キズや指紋汚れにも強く、普段使いでも安心して使えます。

 

タッチパッドの周囲には、ダイヤモンドカット加工で美しい仕上がりを実現。HPらしく細かい部分の造形美が光ります。

 

携帯性にも配慮され、ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることにより、A4ファイル並みのサイズを実現。重さも約1.42kgと1.5kg以下に抑えており、13インチほどではないにしろ、持ち運び用としても使えます。

 

もちろん装備も充実しており、ディスプレイには、高い発色とコントラストを誇るIPSパネルを搭載。さらに、薄暗い場所でのタイピングに便利な白色LED内蔵キーボードや、ワンタッチでログインできる指紋認証センサーを標準装備する徹底ぶりです。

 

地味ながら嬉しいのがこの”リフトアップヒンジ”です。画面を開いたときに傾斜ができるので、タイピングがしやすくなるのはもちろん、吸気もしやすくなり、冷却面での効果もバツグンです!PCの下に冷却台を置いているようなものですね。

 

HP Pavilion 14-dv0000 ベーシックモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD グレア IPS
■CPU:Core i3-1115G4
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーンでさらにおトク】104,800円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代2コア4スレッドCPU・Core i3-1155G4を搭載したベーシックモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。ブラウジングやオフィスなどの基本的なタスクを快適にこなせます

 

HP Pavilion 14-dv0000 スタンダードモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD グレア IPS
■CPU:Core i5-1135G7
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【キャンペーンでさらにおトク】124,800円(税込)~

 

おすすめポイント

インテル第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-1135G7を搭載した、上位モデルです。Core i3の約1.5倍の性能を誇り、ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業から、動画や画像編集までサクサクこなせます。

ちなみに、、強力な内蔵GPU”Iris Xe Graphics”を搭載しているのがポイント。その性能は、UHD 620をはるかに上回り、外部GPUのMX400シリーズに匹敵するほど。編集作業がよりはかどります。

 

タフさが自慢の高耐久モデル

高い耐久性が自慢のモデルをピックアップ

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

【カスタマイズ対応】ThinkPad E14 Gen.3(レノボ)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■カラー:ブラック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Ryzen 3 5300U/Ryzen 5 5500U/Ryzen 7 5700U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ac+Bluetooth 5.0
■サイズ:W324×D220×H17.9mm
■重量:約1.64kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約17.7時間
【クーポン利用】137,500円69,960円(税・送料込)~

タフさが自慢の14インチモデル

レノボのビジネスノートブランド”ThinkPadシリーズ”の14インチノートです。ベーシックなEシリーズのモデルとなります。

 

ThinkPadの魅力は何といっても耐久性が非常に高いこと。落下テスト・高温・低温条件でのテスト・ヒンジの耐久テストなど、実際の使用状況に即した厳しいテストのほか、12項目のMIL規格(アメリカの軍事規格)テストをクリアしており、とにかくタフで高品質。

また操作性も優れており、”トラックポイント”とよばれるポインティングデバイスを搭載。言ってしまえばマウスのようなもので、タイピングしながらマウス操作をできるという優れモノです。いちいちマウスでカーソル操作する必要が無いので、作業効率が格段に向上します。

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることで、横幅と奥行きを圧縮し、A4ファイル並みのの大きさを実現。厚さも17.9mmとスリムなので、15インチよりも携帯性に優れています。

ただし、軽いとは言っても約1.59kgと、1.5kgの壁を超えており、持ち運ぶにはやや重め。軽量モデルだと価格が跳ね上がるので、あくまでも予算重視ならおすすめといったところです。

 

スタンダートモデルながら機能面も充実しており、全てのモデルで、指紋認証センサーやバックライト付きキーボードを標準装備。コスパの高さが光ります。

 

ThinkPad E14 Gen.3[Ryzen 3搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 3 5300U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 6(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】137,500円69,960円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

AMDの第5世代4コア8スレッドCPU・Ryzen 3 5300Uを搭載したモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。ベーシックモデルながら、ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業から、動画・画像編集まで一通りこなせます。

 

ThinkPad E14 Gen.3 オフィス付き[Ryzen 5搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 5 5500U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 7(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】184,800円108,900円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

上のモデルを、Ryzen 5 5500Uにしたスタンダードモデル。6コア12スレッド構成で、Ryzen 3よりも約30%性能が高く、動画・画像編集をサクサクこなせます。

なお、このモデルでは、”Microsoft Office Home & Business 2019”がセットになっています。

 

ThinkPad E14 Gen.3[Ryznen 7搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 7 5700U
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】211,200円104,720円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

Ryzen 5よりもさらに約20%性能が高い、Ryzen 7 5700Uを搭載した最上位の高性能マシン。8コア16スレッドCPUのパワーと、大容量メモリ&ストレージで編集作業がさらにはかどります。

 

【関連モデル】ThinkPad E14 Gen.2[Core i5搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-1135G7
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】161,700円73,370円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-1135G7を搭載した兄弟モデル。MX400シリーズに匹敵する高性能の内蔵グラフィック・Iris Xe Graphicsを搭載しており、グラフィック性能重視ならおすすめ。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ開閉タイプ

 

ショップ情報&おすすめノートPC

 

3ステップでわかるノートPC+α

タイトルとURLをコピーしました