[開閉タイプ]10万円以上15万円未満のおすすめ15インチノートパソコン

10万円以上になると高性能モデルが登場します。

インテルCore i7はあたりまえ、動画や画像編集などに最適な高性能グラフィック機能搭載のハイスペックモデルが目白押し。クリエイティブ用途で使いたい方に特におすすめの価格帯です。

そのほか、充実した保証が魅力の国内メーカー産モデルも登場します。海外メーカーとは一線を画す手厚い内容になっており、PCを長期で使うことを考えている方におすすめ。

 

高コスパのハイスペックモデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 IdeaPad Slim 560 Pro(レノボ)

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:クラウドグレー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:16.0インチ/WQXGA(2560×1600)/ノングレア/IPS
■CPU:Ryzen 5 5600H/Ryzen 7 5800H
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)/GTX 1650
■ストレージ:SSD 512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.1
■サイズ:W356×D251×H16.9mm
■重量:約1.89kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約14時間

【クーポン利用】136,400円96,844円(税・送料込)~

高性能の16インチモデル

一般ノートブランド”Ideapad”の上位バージョンとなるモデルです。ボディの素材にはアルミニウムを採用し、高級感を感じさせる上質なクオリティを実現しています。

 

ディスプレイのサイズは、16インチと大きく、解像度もWQXGA(2560×1400)と高め。大型ディスプレイと精細な解像度で、オフィス作業はもちろん、動画や画像編集など各種作業もはかどります。

 

ボディのサイズは意外とコンパクト&スリムなのもポイント。ディスプレイのベゼル(ふち)を上下左右に極限までスリムにすることにより、横幅と奥行きをさらに圧縮。15インチモデル+αのサイズに抑え、厚さも最薄部で16.9mmとスリムなので、とてもスタイリッシュです。

 

このモデルは性能が非常に高く、AMDの高性能CPU・Ryzen 5000 Hシリーズを搭載。一般のノートパソコンに搭載されている、省電力のUシリーズよりも大幅に高いパフォーマンスを発揮します。

また、グラフィック機能はGTX 1650を搭載。内蔵グラフィックを圧倒する性能の高さで、動画エンコードの時間短縮のほか、フルHDでオンラインゲームを楽しむこともできます。

 

また、ディスプレイには高発色・高コントラストのIPSパネルを採用し、薄暗い場所でのタイピングに便利なバックライト付きキーボードも標準装備。指紋認証センサーこそ非搭載ですが、赤外線認証のカメラを装備しているので、ログインは楽々。セキュリティ面も安心です。

高性能のコスパモデルとしてイチオシ!

 

IdeaPad Slim 560 Pro[Ryzen 7搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア IPS
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon RX Vega 8(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】162,800円100,936円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

AMDの第5世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800Hを搭載したハイスペックモデル。大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。ヘビーな編集作業に最適な高性能モデルです。

 

IdeaPad Slim 560 Pro ゲーミングエディション[Ryzen 7・GTX 1650搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア IPS
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:GTX 1650
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】188,100円122,265円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

Ryzen 7 5800H&GTX 1650を搭載した最上位モデル。フルHDレベルであれば、オンラインゲームも楽しむことができます。

 

 Inspiron 16 Plus[7610](デル)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ミストブルー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:16.0インチ/3K(3072×1920)/ノングレア/IPS
■CPU:Core i5-11400H/Core i7-11800H
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)/RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB・1TB(PCIe NVMe)
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2
■サイズ:W355.28×D247.5×H16.8~18.99mm
■重量:約2.011kg
■光学ドライブ非搭載
【クーポン利用】147,981円118,385円(税・送料込)~

コスパに優れた16インチの高性能モデル

Inspironのプレミアムライン・7000シリーズの16インチモデルです。一般的な15インチよりも、一回り大きめのディスプレイを搭載した、珍しいモデルとなります。

 

このモデルは性能が非常に高く、最新のインテル高性能CPU・Hシリーズを搭載。一般のノートパソコンに搭載されている、省電力のUシリーズよりも大幅に高いパフォーマンスを発揮します。

また、一部モデルでは、グラフィック機能はRTX 3050を搭載。その実力は内蔵グラフィックよりもはるかに高く、Iris Xe Graphicsの約3倍!動画エンコードの時間短縮のほか、フルHDでオンラインゲームを楽しめるほどのスペックです。

 

ちなみに、ディスプレイの解像度は3K(3072×1920)と高いのもポイント。フルHDはおろか、WQHDよりも高い解像度と、sRGBを100%をカバーする色域の広さで、映像描写で編集作業がよりはかどります。

 

もちろん、上位モデルらしくトータルでの完成度も高く、ボディの素材には頑丈なアルミニウムを採用。非光沢の梨地加工と、ダイヤモンドカット加工を織り交ぜ、美しい仕上がりを実現しています。

 

※実際には日本語キーボードを搭載しています。

また、装備面も充実しており、発色に優れたIPSディスプレイや薄暗い場所でのタイピングに便利な白色LED内蔵キーボードを標準搭載。

そのほか、指紋認証センサーやカメラ部分のプライバシーシャッターを装備し、プライバシー面も万全。至れり尽くせりの内容となっています。

 

Inspiron 16 Plus プラチナ

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
16.0インチ 3K ノングレア IPS
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】172,981円138,384円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11800Hを搭載した、ハイスペックモデル。大容量の16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

メモリを16GBも搭載しているので、編集作業に最適です。

 

【関連モデル】Inspiron 15 Plus プレミアム

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-11400H
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】154,980円123,984円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

Inspiron 16 Plusの15インチバージョンです。装備はほぼ共通していますが、ディスプレイはフルHDということもあり、割安なのがポイント。ちなみに、カラーはプラチナシルバーのみとなります。

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400HとRTX 3050を搭載していながら、価格は12万円台と安く、低価格のRTX 3050搭載モデルとしておすすめ。

 

保証重視のモデル

最長5年の長期保証が用意されているモデルをピックアップ

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 【カスタマイズ対応】LAVIE Direct NS[15インチ]

公式サイト icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:カームシルバー/カームレッド/カームブラック/カームホワイト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ/フルHD/グレア
■CPU:Celeron 4205U/Pentium GOLD 5405U/Core i3-8145U/Core i5-8265U/Core i7-8565U
■メモリ:4・8・12・20GB
■グラフィック:HD 620/UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256・512GB+HDD 1TB/SSD 256・512GB/HDD 1TB(Optaneメモリー)/HDD 1・2TB
■サイズ:W363×D255×H22.9mm
■重量:約2.2kg~
■バッテリ駆動時間:約8.9時間~
■光学ドライブ搭載
【クーポンでさらにおトク】106,800円(税・送料込)~

NECのスタンダードノート

NECのノートPCならまずコレというべき、スタンダードな15インチノートです。

 


ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることにより、横幅と奥行きを圧縮。前モデルよりもさらにコンパクトなボディを実現しています。高さが22.9mmのスリムボディも相まって、とてもスタイリッシュ。

 

発色に優れたスーパーシャインビュー液晶や高音質のDolby Audioを採用し、動画鑑賞を思う存分楽しめるほか、光学ドライブやSDスロットも完備しており、普段使いで必要な要素はバッチリおさえています。

 

セキュリティにもしっかり配慮され、カメラ部分にはシャッターが装備されているのもポイント。デバイスからではなく、物理的にシャットアウトするのでとても安心です。

 

カラバリも豊富で、定番カラーから華やかなレッドまでの4色から選べます。

 

LAVIE Direct NS[Core i3搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD グレア
■CPU:Core i3-8145U
■メモリ:4GB(DDR4-2133)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
【クーポンでさらにおトク】127,380円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

Core i3・メモリ4GB・500GB HDDのポイントをおさえた初期構成です。ブラウジングやオフィス作業などの基本的なタスクを快適にこなせます

動画や画像編集でも使うのであれば、Core i3の約1.5倍の性能を誇るCore i5-8250Uがおすすめ。なお、Core i7との性能差は約10%程度なので、とことんこだわるのでなければ、Core i5で十分です。

また、多くのアプリを同時に動かしたり、動画や画像編集作業もするのであれば、メモリを8GBに増やしましょう。編集用途であれば12GBあるとなおよし。そのほか、快適さを求めるのであれば、HDDよりも2~3倍高速のSSDへカスタマイズするのもいいでしょう。

 

【おすすめカスタマイズ】
  CPU
・インテル Core i5-8265U プロセッサー
・インテル Core i7-8565U プロセッサー

  メモリ
・8GB (オンボード4GB + 4GB) デュアルチャネル対応
・12GB (オンボード4GB + 8GB) デュアルチャネル対応

  HDD
・約1TB HDD
・約16GB インテル Optane メモリー
・約256GB SSD
⇒OptaneメモリーとHDDを組み合わせることで、SSD並みの速度を発揮するようになります。容量と速度を重視するならおすすめ。

 

【関連モデル】LAVIE Direct N15[Core i5搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD グレア
■CPU:Core i5-1135G7
■メモリ:4GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
【クーポンでさらにおトク】163,680円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-1135G7を搭載した最新モデルで、グラフィック機能にはハイスペックの”Iris Xe Graphics”を内蔵しているのがポイント。その性能はUHD Graphicsの約3.5倍!MX300シリーズに匹敵する性能の高さで、動画や画像編集作業に最適です。

あくまでも最低限の内容なので、メモリは8GBに増やしておきたいところ。編集用途であれば16GBがおすすめです。そのほか、快適さを求めるのであれば、HDDよりも2~3倍高速のSSDへカスタマイズするのもいいでしょう。

 

【おすすめカスタマイズ】
  メモリ
・8GB (4GB×2)
・16GB (8GB×2)

  SSD
・約256GB SSD
・約1TB SSD
⇒SSDをカスタマイズすると、SSD+HDDのデュアルストレージ構成になります。SSDのみにしたいのであれば、HDDを無しに変更しましょう。

 

 【カスタマイズ対応】FMV LIFEBOOK AH

公式サイト icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(最新モデル)
■カラー:メタリックブルー/ガーネットレッド/ブライトブラック/プレミアムホワイト/シャンパンゴールド
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ/フルHD/グレア
■CPU:Core i3-1115G4/Core i5-1135G7/Core i7-1165G7
■メモリ:4・8・16・32GB
■グラフィック:UHD Graphics/Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB・1TB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W361×D244×H27mm
■重量:2.0kg~
■バッテリ駆動時間:約7.5時間~
■光学ドライブ搭載
【クーポン利用】142,780円118,507円(税込)~

富士通のスタンダードノート

光学ドライブを標準搭載した、15インチのスタンダードノートです。

ディスプレイのベゼル(ふち)には、最薄部7.8mmの極細ベゼルを採用しており、一般的な15インチモデルに比べ、ボディはとてもコンパクト。また、野暮ったさが無く、とてもスタイリッシュな外観に仕上がっています。

 

また、細かい部分もしっかり造りこまれ、底面はレザー調のテクスチャーでカバーするこだわりよう。手になじむ優しいさわり心地は、高級感を感じさせます。

 

一部モデルでは、キートップの側面が鮮やかなクリア仕様になっているほか、バックライト付きキーボードを搭載しているのもポイント。薄暗い場所でのタイピングがしやすくなるのはもちろん、見た目も華やかになり、まさに一石二鳥ですね。

 

ヒンジ部分がリフトアップ方式になっているのも◎。ディスプレイを開けるとヒンジ部分がせり上がるようになっており、適度な傾斜で快適にタイピングできます。また、ボディと接地面にすき間ができるので、冷却面も優れています。

 

ちなみに、カラバリは5色用意されていますが、メタリックブルーはCore i7にカスタマイズした場合のみ選択できる点に注意

 

 icon-star 実機レビューはこちら(前世代モデル)

富士通 LIFEBOOK AHシリーズ WA2/C2をレビュー ONKYO製スピーカー搭載!クオリティにこだわったワンランク上の15インチノート
今回富士通の「LIFEBOOK AHシリーズ WA2/C2」をお借りしました。 デザインから機能にいたるまで高いクオリティを誇る、15インチのスタンダードモデルをチェックしてみましょう。 スペック LI...

 

LIFEBOOK AH WA3/E3

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD グレア
■CPU:Core i3-1115G4
■メモリ:4GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】142,780円118,507円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代2コア4スレッドCPU・Core i3-1115G4を搭載したベーシックモデル。4GBメモリに256GB SSDのシンプルな初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。ブラウジングやオフィスなど軽作業に最適な性能です。

動画・画像編集などヘビーな作業でも使うならCPUやメモリを、動作の快適性を求めるならSSDにカスタマイズするのがおすすめ。

 

【おすすめカスタマイズ】
  CPU
・Intel Core i5-1135G7
・Intel Core i7-1165G7
⇒どちらのCPUもグラフィック機能にはハイスペックの”Iris Xe Graphics”を内蔵しているのがポイント。その性能はUHD Graphicsの約3.5倍!MX300シリーズに匹敵する性能の高さで、動画や画像編集がよりはかどります。両者の性能差は約10%程度なので、基本的にはCore i5でOK。

  メモリ
・8GB (4GB×2) [デュアルチャネル対応] ・16GB (8GB×2) [デュアルチャネル対応] ⇒4GBだとマルチタスクでメモリ不足になる場合があるので、できれば8GBにしたいところ。編集用途でも使うなら、16GBあると安心です。

  ストレージ
・約512GB SSD(PCIe)
⇒基本的には256GBもあればOK。データ類を多く保存するなら、別途HDDを追加するのがおすすめです。

  2nd HDD
・約1TB HDD
・約2TB HDD

 

【旧モデル】LIFEBOOK AH WA3/E2

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD グレア
■CPU:Core i3-10110U
■メモリ:4GB
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
【クーポン利用】129,480円93,225円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第10世代CPUを搭載した旧モデルで、予算重視ならおすすめ。なお、Core i5やCore i7にもカスタマイズ可能ですが、グラフィック機能は従来の”UHD Graphics”となっています。

 

【旧モデル】LIFEBOOK AH WA-X/D3

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ 4K 有機EL グレア
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:4GB
■グラフィック:UHD 630(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
【クーポン利用】159,680円118,163円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750Hを搭載した高性能モデル。Core i7-10510Uの約1.6倍の性能で、編集作業がはかどります。

さらに、このモデルでは有機ELディスプレイを搭載しているのもポイント。通常の液晶とは異なり、バックライトを使わないため、黒浮きが発生せず、深黒を再現することが可能です。DCI-P3を100%カバーする非常に広い色域も相まって、まさにプロ向けのスペックとなっています。

初期構成が最低限なので、しっかりカスタマイズしてあげたいところです。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ開閉タイプ

 

ショップ情報&おすすめノートPC

 

3ステップでわかるノートPC+α

タイトルとURLをコピーしました