[開閉タイプ]10万円以上15万円未満の13インチノート

10万円を超えるといよいよ”プレミアム~ハイエンドモデル”の価格帯となります。洗練されたデザインのモデルや徹底的に軽量化したモデルなど、クオリティにとことんこだわったモデルが続々登場。

もちろん性能面も充実しており、インテルCore i7に大容量メモリ・SSDを搭載したモデルのほか、高解像度の4Kディスプレイを搭載したモデルまで登場します。動画や画像編集を頻繁にやる方には、特におすすめ。

 

イチオシ!超軽量モデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

FMV LIFEBOOK UH(富士通)

公式サイト icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(最新モデル)
■カラー:ピクトブラック/ガーネットレッド/シルバーホワイト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ/フルHD/ノングレア/IGZO
■CPU:Core i3-1115G4/Core i5-1135G7/Core i7-1165G7
■メモリ:4・8・16・32GB
■グラフィック:UHD Graphics/Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256・512GB・1TB・2TB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W307×D197×H15.5mm
■重量:約634g~
■バッテリ駆動時間:約11時間~
■光学ドライブ非搭載
【クーポン利用】155,980円127,903円(税込)~

世界最軽量モバイルノート!持ち運びを極めるならコレ

世界最軽量の13インチノートで、重さはなんと約634g!他のメーカーではせいぜい1Kg前後ということを考えると、もはやパソコンとは思えない軽さです。

 

スリムベゼルを採用することにより、ボディはA4ファイルサイズのコンパクトボディを実現。さらに、厚さも15.5mmとスリムなこともあり、カバンにサッと入れることができます。

ちなみに、カラーはブラック&ホワイトの定番カラーに加え、鮮やかなレッドも用意されています。

 

その見かけによらず、ボディはかなりタフ。マグネシウム合金を採用した堅牢ボディは、約76cmからの落下試験・約200kgfの全面加圧試験・約35kgfの1点加圧試験の3試験にクリアしています。

 

1点加圧試験というのは通常モデルではまず実施せず、全面加圧試験も約200kgfと満員電車を想定したレベルなので、その実力はホンモノ。とにかく軽くてタフなモバイルノートが欲しい方におすすめ

 

機能面も充実しており、薄暗い場所でのタイピングに便利な白色LED内蔵キーボードを搭載(世界最軽量モデル除く)。キーキャップのサイドはクリア仕様となっており、見た目も非常に華やかです。

さらに、ディスプレイのパネルには、シャープが誇る”IGZO液晶”を搭載。高発色・高コントラスト・高輝度の3拍子揃った高性能パネルなので、くっきり鮮やかな映像クオリティを実現しています。動画鑑賞などエンタメコンテンツを楽しむのにうってつけ。

 

さらに、カメラ部分にはスライド式のプライバシーシャッターを装備するほか、指紋認証センサーを搭載し、セキュリティ面も万全です。

 

なお、このモデルでは、5G対応機種も用意されています。データ通信SIM(nanoSIM)さえあれば、いつでもどこでもネット環境を利用できます。フリーWiFiスポットを探す手間が省け、まさにストレスフリーですね。

 

 icon-star 実機レビューはこちら(前世代モデル)

富士通 LIFEBOOK UHシリーズ WU2/C2をレビュー 重さわずか783g!軽量化にとことんこだわった13インチモバイルノート
今回富士通の「LIFEBOOK UHシリーズ WU2/C2」をお借りしました。 世界最軽量13インチノート(2018年5月1日現在)の肩書を持つ、持ち運び最強のモバイルノートをチェックしてみましょう。 スペック 【カスタマ...

 

LIFEBOOK UH WU-X/E3[世界最軽量モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD ノングレア IGZO
■CPU:Core i5-1135G7
■メモリ:8GB(LPDDR4X-4266)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】201,080円164,885円(税込)~

 

おすすめポイント&カスタマイズ

インテルの第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-1135G7を搭載した世界最軽量モデル8GBメモリに128GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。ブラウジングやオフィスなどの軽作業から、動画・画像編集までサクサクこなせます。

ちなみに、グラフィック機能にはハイスペックの”Iris Xe Graphics”を内蔵しているのがポイント。その性能はUHD Graphicsの約3.5倍!MX300シリーズに匹敵する性能の高さで、動画や画像編集がよりはかどります。

動画や画像編集の編集用途でも使うなら、メモリやストレージを増やすのがおすすめ。なお、カラーはブラックのみとなります。

 

【おすすめカスタマイズ】
  メモリ
・16GB (オンボード16GB) [デュアルチャネル対応]

  ストレージ
・約256GB SSD (PCIe)
・約512GB SSD (PCIe)

 

LIFEBOOK UH WU2/E3[軽量モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD ノングレア IGZO
■CPU:Core i3-1115G4
■メモリ:4GB(LPDDR4X-4266)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】155,980円127,903円(税込)~

 

おすすめポイント&カスタマイズ

インテルの第11世代2コア4スレッドCPU・Core i3-1115G4を搭載した、軽量モデル。重さは約736g~となります。4GBメモリに128GB SSDのシンプルな初期構成ですが、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。ブラウジングやオフィスなどの軽作業を快適にこなせます。

メモリ4GBは少なすぎるので、最低でも8GBに増やしたいところです。動画や画像編集などでも使うのであれば、Core i5にアップグレードしたり、メモリやストレージ容量をさらに増やしたりするのがおすすめ。

 

【おすすめカスタマイズ】
  CPU
・ 
・ 

  メモリ
・8GB (オンボード8GB)

  ストレージ
・約256GB SSD (PCIe)
・約512GB SSD (PCIe)

  バッテリ
・内蔵バッテリ リチウムイオン 50Wh
⇒バッテリの容量を増やすことにより、稼働時間を増やすことができます。詳細はこちら icon-external-link 

 

【前世代モデル】LIFEBOOK UH WU2/E2[軽量モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD ノングレア IGZO
■CPU:Core i3-10110U
■メモリ:4GB(LPDDR3-2133)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】138,980円104,235円(税込)~

 

おすすめポイント&カスタマイズ

第10世代のインテルCPUを搭載した、重さ約747g~の前世代モデルです。価格がとても安く、予算重視ならおすすめ

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 YOGA Slim 750i Carbon(レノボ)

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:ムーンホワイト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ/WQXGA/ノングレア/IPS
■CPU:Core i5-1135G7/Core i7-1165G7
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB・1TB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W295.9×D208.9×H14.25mm
■重量:約966g
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約14時間

【クーポン利用】137,280円116,688円(税・送料込)~

コスパに優れた13インチ超軽量モデル

プレミアムブランド”YOGA”の13インチモデル。従来YOGAは2in1タイプのブランドでしたが、最近ではこのモデルのような、通常のクラムシェルタイプも展開しています。

オシャレなホワイトボディが目を引くモデルは、タフ・コンパクト・軽量の3拍子揃っており、素材からしてまず次元が違います。

 

天板にはカーボンファイバーを、キーボード面と底面にはマグネシウム合金を採用しています。いずれもタフ&軽量で定評のある素材ですが、特にカーボンファイバーは、航空機の素材にも使われるほどで、とにかく徹底しています。

なお、アメリカの軍事装備品の調達規格”MiL-STD-810G”をクリアしており、そのタフさは折り紙付きです。

 

ボディもコンパクトに仕上げており、ディスプレイのベゼル(ふち)を徹底的にスリムにすることで、A4用紙サイズを実現。さらに、厚さも14.25mmと1.5cm以下に抑え、とてもスリム。カバンへの収まりもバツグンです。

軽量素材×コンパクトボディで、なんと重さは約966gと非常に軽く、持ち運びはとてもラクラク。レノボの軽量モバイルノートならまずコレがおすすめ!

 

※実際には日本語キーボードを搭載しています。

装備も充実しており、ディスプレイは高解像度のWQXGA(2560×1600)を搭載。高発色・高コントラストのIPSパネルと、100%sRGBの広い色域で、編集用途にも最適。。さらに、暗い場所でのタイピングに便利な、バックライト付きキーボードも装備しています。

 

 icon-star 実機レビューはこちら

Lenovo Yoga Slim 750i Carbonをレビュー 約966gのタフ&超軽量ボディ!高いクオリティとコスパが光る13インチモバイルノート
今回レノボの【Yoga Slim 750i Carbon】をお借りしました。 その重さなんと約966g!高品質・高耐久・高コスパの3拍子揃った、レノボ屈指の軽量モバイルノートをチェックしてみましょう。 スペック ...

 

Yoga Slim 750i Carbon[Core i5搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ WQXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i5-1135G7
■メモリ:8GB(LPDDR4x-4266)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】137,280円116,688円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-1135G7を搭載したスタンダードモデル。8GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプを採用。ブラウジングやオフィスなどの軽作業から、動画・画像編集までサクサクこなせます。

ちなみに、グラフィック機能にはハイスペックの”Iris Xe Graphics”を内蔵しているのがポイント。その性能はUHD Graphicsの約3.5倍!MX300シリーズに匹敵する性能の高さで、動画や画像編集に最適です。

 

Yoga Slim 750i Carbon[Core i7搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ WQXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i7-1165G7
■メモリ:16GB(LPDDR4x-4266)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】170,280円148,144円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

Core i5よりも約10%性能が高い、Core i7-1175G7を搭載した最上位の高性能マシン。大容量の16GBメモリと大容量ストレージで編集作業がさらにはかどります。

 

 ThinkPad X13 Gen.2(レノボ)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■カラー:ブラック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ/WUXGA(1920×1200)・WQXGA(2560×1600)/ノングレア/IPS
■CPU:Core i3-1115G4/Core i5-1135G7/Core i7-1165G7
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD Graphics/Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2
■サイズ:W305.8×D217.39×H18.97mm
■重量:約1.19kg~
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約15.9時間~
【クーポン利用】211,200円109,824円(税・送料込)~

軽さと価格のバランスに優れたタフモデル

ThinkPadのハイエンドクラス”Xシリーズ”の13インチモデルです。

 

ThinkPadのモバイルノートはやや重めのものが多いですが、このモデルではボディの素材にタフ&軽量のマグネシウム合金を採用しており、約1.19~1.25kgとかなり軽めになっています

もちろん、ボディもコンパクトで、ディスプレイのベゼル(ふち)が前モデルよりもさらにスリムになり、A4用紙+αと小さく、持ち運びもラクラクです。

 

ThinkPadといえば何と言っても耐久性の高さですね。落下テスト・高温・低温条件でのテスト・ヒンジの耐久テストなど、実際の使用状況に即した厳しいテストのほか、12項目のMIL規格(アメリカの軍事規格)テストをクリアしています。

また操作性も優れており、”トラックポイント”とよばれるポインティングデバイスを搭載。言ってしまえばマウスのようなもので、タイピングしながらマウス操作をできるという優れモノです。さらにカメラ部分にはスライド式のシャッターが装備され、プライバシー面も安心。

まさにビジネスにうってつけのモデルです。

 

ThinkPad X13 Gen.2 スタンダード

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ WUXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i3-1115G4
■メモリ:8GB(DDR4X-4266)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】211,200円109,824円(税・送料込)~

 

おすすめポイント&カスタマイズ

インテルの第11世代2コア4スレッドCPU・Core i3-1115G4を搭載したベーシックモデル。8GBメモリに128GB SSDのシンプルな初期構成ですが、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。ブラウジングやオフィスなどの基本的なタスクを快適にこなせます。

ベーシックモデルとして、基本的にカスタマイズ不要ですが、SSDの容量は実質100GB未満なので、余裕を持たせるなら256GBがおすすめ。なお、指紋認証センサーやバックライト付きキーボードは非搭載なので、必要な方はカスタマイズをお忘れなく。

 

【おすすめカスタマイズ】
 icon-check-circle 1st SSD
・256GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) OPAL対応
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) Gen4 OPAL対応

 icon-check-circle トップカバー
・カーボンファイバー
⇒天板の素材を軽量のカーボンに変更することで、モデルによって約200~500gほど軽くなります。

 icon-check-circle 指紋センサー
・指紋センサー
⇒ログイン時にパスワードを入力する手間が省けます。

 icon-check-circle キーボード
・日本語キーボード(バックライト付) ブラック
⇒白色LED内蔵キーボードに変更でき、薄暗い場所でのタイピングがしやすくなります。

 

ThinkPad X13 Gen.2 パフォーマンス

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ WUXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i5-1135G7
■メモリ:16GB(DDR4X-4266)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】265,100円137,852円(税・送料込)~

 

おすすめポイント&カスタマイズ

インテルの第11世代4コア8スレッドCPU・Core i5-1135G7を搭載したスタンダードモデル。

Core i3よりも約50%性能が高く、大容量の16GBメモリに256GB SSDの充実した初期構成で、軽作業から動画や画像編集までサクサクこなせます。また、装備も充実しており、バックライト付きキーボード・指紋認証センサーを搭載しています。

ちなみに、強力な内蔵GPU”Iris Xe Graphics”を搭載しているのがポイント。その性能は、UHD 620をはるかに上回り、外部GPUのMX300シリーズに匹敵するほど。編集作業がよりはかどります。基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途ならストレージの容量を増やすのもいいでしょう。

 

【おすすめカスタマイズ】
 icon-check-circle 1st SSD
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) Gen4 OPAL対応
・1TB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) Gen4 OPAL対応

 icon-check-circle トップカバー
・カーボンファイバー
⇒天板の素材を軽量のカーボンに変更することで、モデルによって約200~500gほど軽くなります。

 

ThinkPad X13 Gen.2 プレミアム

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ WQXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i7-1165G7
■メモリ:16GB(DDR4X-4266)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】327,800円170,456円(税・送料込)~

 

おすすめポイント&カスタマイズ

Core i5よりも約10%性能が高い、Core i7-1165G7を搭載した最上位の高性能マシン。

ディスプレイのクオリティが高く、WQXGAの高解像度で、sRGBを100%カバーし、輝度も400nitと高め。さらに、大容量の16GBメモリと大容量ストレージを搭載しており、編集作業がさらにはかどります。非常に充実した初期構成なので、カスタマイズするにしてもSSDの容量を増やすくらいですね。

 

【旧モデル】ThinkPad X13 Gen.1 パフォーマンス

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-10210U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】254,210円127,424円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテル第10世代CPUを搭載した、旧モデルです。重さは約1.28㎏と、新モデルに比べやや重い程度。予算重視ならおすすめ。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ開閉タイプ

 

ショップ情報&おすすめノートPC

 

3ステップでわかるノートPC+α

タイトルとURLをコピーしました