[2in1タイプ]10万円以上15万円未満の13インチノート

10万円を超えるといよいよプレミアムモデルの価格帯に突入します。ボディの素材やデザインのクオリティが大きく向上し、予算を重視しつつ品質にこだわるならおすすめ

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 HP ENVY x360 13-bf0000(HP)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ナチュラルシルバー
■OS:Windows 11
■ディスプレイ:13.3インチ/WQXGA(2560×1600)・2.8K(2880×1800)/グレア/IPS・有機EL/タッチ対応
■CPU:Core i5-1230U/Core i7-1250U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Irris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB・1TB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2
■サイズ:W298×D216×H16.9mm
■重量:1.33kg
■バッテリ駆動時間:約15時間~
■光学ドライブ非搭載
【キャンペーンでさらにおトク】169,400円(税込)~

ワンランク上のエレガントモデル

HPのプレミアムブランド”ENVYシリーズ”の2in1モデルです。360°回転するコンパーチブルタイプとなっています。

 

プレミアムモデルらしく、オールアルミの高品質ボディとなっています。表面は梨地加工が施され、ボディのふちをラウンドフォルムにすることで、美しい仕上がりを実現しています。また、金属ボディということで、タフなのもポイント。

 

また、携帯性にも優れており、ディスプレイも枠が狭いスリムベゼルとなっており、横幅と奥行きを圧縮。A4用紙+αのコンパクトボディを実現しています。また、重くなりがちなアルミボディですが、約1.33kgと軽く、持ち運びはラクラク。

 

ディスプレイのクオリティが高く、解像度は2.8K+(2880×1800)・WQXGA(2560×1600)と非常に高くなっています。

さらに、最上位モデルでは有機ELディスプレイを搭載しているのもポイント。通常の液晶とは異なり、バックライトを使わないため、黒浮きが発生せず、深黒を再現することが可能です。DCI-P3 100%の非常に広い色域も相まって、まさにプロ向けのスペックとなっています。

 

装備も充実しており、薄暗い場所でタイピングしやすい白色LED内蔵キーボードのほか、カメラ部分のプライバシーシャッターや顔認証センサーを搭載しているので、セキュリティ面も安心です。

予算を重視しつつクオリティにもこだわりたい方におすすめ。

 

 icon-star 実機レビューはこちら

HP ENVY x360 13-bf0000をレビュー 有機ELディスプレイ搭載!高いクオリティと価格の安さを両立した13インチ2in1ノート
今回HPの【ENVY x360 13-bf0000】をお借りしました。 洗練された美しいデザインのボディに、有機ELディスプレイを搭載!高品質でリーズナブルなプレミアムモバイルノートをチェックしてみましょう。 スペック ...

 

HP ENVY x360 13-bf0000 スタンダードモデル

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
13.3インチ WQXGA グレア IPS
■CPU:Core i5-1230U
■メモリ:8GB(LPDDR4X-4266)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe Gen.4)
【キャンペーンでさらにおトク】169,400円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第12世代10コア12スレッドCPU・Core i5-1230Uを搭載したスタンダードモデル。8GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。動画や画像編集などのヘビーな作業をサクサクこなせます。

また、グラフィック機能にはハイスペックの”Iris Xe Graphics”を内蔵しているのがポイント。その性能はUHD Graphicsの約3.5倍!MX400シリーズに匹敵する性能の高さとなっており、編集作業がよりはかどります。

なお、編集作業の機会が多い方は、16GBメモリを搭載したスタンダードプラスモデルがおすすめ。

 

HP ENVY x360 13-bf0000 パフォーマンスモデル

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
13.3インチ 2.8K グレア 有機EL
■CPU:Core i7-1250U
■メモリ:16GB(LPDDR4X-4266)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
【キャンペーンでさらにおトク】218,900円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第12世代10コア12スレッドCPU・Core i7-1250Uを搭載した最上位モデル。Core i5-1230Uよりも約10%性能が高く、16GBメモリ&1TB SSDの大容量構成で、編集作業がさらにはかどります。

また、このモデルでは、2.8K&有機ELディスプレイを搭載。圧倒的に高いコントラストと解像度で、より正確な編集作業を実現します。

 

 ThinkPad L13 Yoga Gen.3(レノボ)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:サンダーブラック
■OS:Windows 11
■ディスプレイ:13.3インチ/WUXGA(1920×1200)/グレア/IPS/タッチ対応
■CPU:Core i5-1235U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2
■サイズ:W305×D218×H17.1mm
■重量:約1.32kg~
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:ー
【クーポン利用】209,000円150,480円(税・送料込)~

耐久性に優れた2in1モバイルノート

タフなビジネスノートでおなじみの”ThinkPad”の13インチ2in1モデルです。スタンダードクラス”Lシリーズ”のモデルとなります。

 

このモデルでは約1.32kg~と、重くなりがちなThinkPadの2in1モバイルノートにしては軽いのがポイント。約1.43kg~の前モデルから大幅な軽量化を実現しています。この100gの差は大きく、1.3kg台は持ち運びがだいぶ楽になります。

ちなみにボディの素材は、ThinkPadでおなじみの強化プラスチックです。

 

ボディの軽さもさることながら、スリムベゼルを採用することにより、A4用紙+αのコンパクトサイズなので、携帯性はバツグン。

 

※実際には日本語キーボードを搭載しています。

機能面では、最大40Gbpsの超高速転送に対応した”Thunderbolt 4”をのほか、カメラ部にシャッターを装備しているので、プライバシー面も安心。なお、指紋認証センサーとバックライト付きキーボードは、一部モデルでオプションメニューとなっています。

なお、タッチペンが標準で付属しているのもポイント。右サイドに収納できる親切仕様なので、無くす心配は一切なし。

 

そして、ThinkPadといえば何と言っても耐久性の高さですね。落下テスト・高温・低温条件でのテスト・ヒンジの耐久テストなど、実際の使用状況に即した厳しいテストのほか、12項目のMIL規格(アメリカの軍事規格)テストをクリアしています。

また、操作性も優れており、”トラックポイント”とよばれるポインティングデバイスを搭載。言ってしまえばマウスのようなもので、タイピングしながらマウス操作をできるという優れモノです。タフで操作性に優れたモデルが欲しい方におすすめ。

 

ThinkPad L13 Yoga Gen.3

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
13.3インチ WUXGA グレア IPS タッチ対応
■CPU:Core i5-1235U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】209,000円150,480円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテル第11世代10コア12スレッドCPU・Core i5-1235Uを搭載した、スタンダードモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。動画や画像編集などのヘビーな作業をサクサクこなせます。

ちなみに、強力な内蔵GPU”Iris Xe Graphics”を搭載しているのがポイント。その性能は外部GPUのMX400シリーズに匹敵し、編集作業がよりはかどります。

なお、このモデルではカスタマイズに対応しており、お好みの構成に変更できます。

【おすすめカスタマイズ】
 icon-check-circle プロセッサー
・Core i3-1215U
・Core i7-1255U
⇒ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業メインなら、約20%性能が低いCore i3でOK。より性能にこだわるならCore i7ですが、性能差は約10%と小さめです。

 icon-check-circle メモリー
・16 GB DDR4-3200MHz
⇒編集用途で使うなら16GBがおすすめ。

 icon-check-circle 1st SSD
・512 GB SSD M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC OPAL対応
・1 TB SSD M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC OPAL対応
⇒動画や画像などを多く保存するなら512GB以上にするのもあり。

 icon-check-circle ディスプレイ
・13.3″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし/汚れ防止, マルチタッチパネル, 72%NTSC, 500 nit, 60Hz, Think Privacy Guard
⇒のぞき見防止機能を搭載したディスプレイです。

 icon-check-circle 内蔵カメラ
・IR&1080p FHDカメラ (マイクロホン付)
⇒顔認証に対応した高解像度カメラです。

 icon-check-circle 指紋センサー
・指紋センサー
⇒セキュリティ重視なら、指紋認証か顔認証のどちらかは押さえておきたいところ。

 icon-check-circle キーボード
・バックライト付 – 日本語
⇒薄暗い場所でのタイピングにとても便利。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15・16インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ開閉タイプ

 

3ステップでわかるノートPC+α

タイトルとURLをコピーしました