5万円未満のおすすめ15インチノートパソコン

言うまでもなくエントリークラスの価格帯なので、性能は最低限。ただし、ほぼ5万円なら、Ryzen 3搭載モデルのような実用的なモデルも手に入ります

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 Vostro 3515(デル)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:カーボンブラック・タイタングレー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Ryzen 3 3250U/Ryzen 5 3450U
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:Radeon Vega 3/Radeon Vega 8(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■無線LAN:IEEE 802.11ac+Bluetooth 5.0
■サイズ:W358.50×D235.56×H17.50~18.90mm
■重量:約1.69kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:-
【クーポン利用】93,980円51,984円(税・送料込)~

価格の安さが魅力のエントリーモデル

デルのビジネスブランド”Vostroシリーズ”のエントリーモデルで、圧倒的な価格の安さを武器としています。

 

格安モデルながら、トレンドはしっかり押さえており、ディスプレイのベゼル(ふち)はスリム仕様になっています。ベゼルをスリムにすることで、ボディの横幅と奥行きを圧縮し、コンパクトボディを実現。重さも約1.69kgと、15インチモデルらしからぬ軽さで、ちょっとした持ち運びもラクラク。

また、見た目もよりスタイリッシュになり、まさに一石二鳥ですね。

 

さらに、”リフトアップヒンジ”を採用しているのもポイント。画面を開いたときに、ヒンジ部分がせりあがり、適度な傾斜がついてタイピングしやすくなるほか、接地面とパソコンの間にすき間が空くことで、給排気がスムーズになり、冷却能力もアップします。

 

カラバリは、ビジネスユースに最適なカーボンブラック&タイタングレーの2色が用意されています。なお、天板の処理が両者で異なり、カーボンブラックはざらつきのあるテクスチャ仕上げ、タイタングレーはマットな仕上がりとなっています。

もちろん、全てのモデルで高解像度のフルHDディスプレイを搭載。ポイントはしっかり押さえており、スタンダードノートとしてまずおすすめです。

 

Vostro 3515 ベーシック

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 3 3250U
■メモリ:4GB(DDR4-2400)
■グラフィック:Radeon Vega 3(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】93,980円51,984円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

AMDの第3世代2コア4スレッドCPU・Ryzen 3 3250Uを搭載したベーシックモデル。初期構成が意外と充実しており、4GBメモリに256GB SSDを搭載し、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業に最適な性能ですが、メモリが4GBと最低限なので、マルチタスクではメモリ不足になる場合があります。

 

Vostro 3515 プレミアム[大容量メモリー・SSD搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Ryzen 5 3450U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:Radeon Vega 8(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】114,980円59,984円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

AMDの第3世代4コア8スレッドCPU・Ryzen 5 3450Uを搭載した、ワンランク上のスタンダードモデル。Ryzen 3よりも約70%も性能が高く、8GBメモリに256GB SSDのポイントを押さえた初期構成で、ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業から、動画や画像編集までこなせます。

価格も5万円台に抑えており、予算を重視しつつ、性能にもこだわりたい方におすすめ。

 

  HP 15s-eq2000(HP)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ピュアホワイト・ナチュラルシルバー・ピンクローズ
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ/フルHD/ノングレア/IPS
■CPU:AMD 3020e/Ryzen 3 5300U/Ryzen 5 4500U
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256・512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2(AMD 3020eはIEEE 802.11ac+Bluetooth 5.0)
■サイズ:W358×D242×H17.9~19.5mm
■重量:約1.6kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約9時間30分

【キャンペーンでさらにおトク】38,280円(税込)~

高いコスパが魅力のベーシックモデル

ベーシックライン”HPシリーズ”の15インチモデル。

 

清潔感のあるホワイトボディは、適度に丸みをおびており、上品で優しいイメージに仕上がっています。

 

[/su_colum

カラバリは、ピュアホワイトのほか、ナチュラルシルバーとピンクローズの3色が用意されています。ピンクは淡い色合いで、とても上品。センスの高さを感じさせますね。

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることにより、横幅と奥行きを圧縮し、14インチ並みのコンパクトボディを実現。さらに、厚さも最薄部で17.9mmとスリムなこともあり、重さはなんと約1.6kgと非常に軽くなっています。さすがにモバイルノート並みとはいきませんが、たまに持ち運ぶには重宝する重さですね。

また、ベゼルがスリムなので、野暮ったさがなくとてもスタイリッシュ。まさに一石二鳥です。

 

格安のエントリーモデルながら、現在主流のフルHDディスプレイをしっかり搭載。HDよりも画素数が多い分だけ表示領域が広く、ワードやオフィスソフトなど各種作業がはかどります。

また、ディスプレイにはIPSパネルを採用しているのもポイント。美しい発色と高いコントラストで、映像クオリティが非常に高く、動画鑑賞を思う存分楽しむことができます。

 

HP 15s-eq1000 エントリーモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:AMD 3020e
■メモリ:4GB(DDR4-2400)
■グラフィック:Radeon Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB
【キャンペーンでさらにおトク】38,780円(税込)~

 

おすすめポイント

AMD 3020eを搭載したエントリーモデル。

2コアCPUということで、性能は最低限。ブラウジングやオフィスなど軽作業に最適です。ただし、いかんせん2コア&4GBメモリなので、マルチタスクになるともたついてしまい、あくまでも価格なりといったところ。Ryzen 3は最低限押さえておきたいところ。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ開閉タイプ

 

ショップ情報&おすすめノートPC

 

3ステップでわかるノートPC+α

タイトルとURLをコピーしました