[開閉タイプ]15万円以上のおすすめ15インチノートパソコン

15万円以上にもなるとハイエンドらしく、強力なCPUやGPU、さらには4Kディスプレイを搭載した最強モデルが登場します。そのほか、保証やサポートが充実した国産のハイスペックモデルも登場、性能or安心の二者択一のラインナップです

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 Inspiron 16 Plus[7610](デル)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ミストブルー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:16.0インチ/3K(3072×1920)/ノングレア/IPS
■CPU:Core i5-11400H/Core i7-11800H
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)/RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB・1TB(PCIe NVMe)
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2
■サイズ:W355.28×D247.5×H16.8~18.99mm
■重量:約2.011kg
■光学ドライブ非搭載
【クーポン利用】147,981円118,385円(税・送料込)~

コスパに優れた16インチの高性能モデル

Inspironのプレミアムライン・7000シリーズの16インチモデルです。一般的な15インチよりも、一回り大きめのディスプレイを搭載した、珍しいモデルとなります。

 

このモデルは性能が非常に高く、最新のインテル高性能CPU・Hシリーズを搭載。一般のノートパソコンに搭載されている、省電力のUシリーズよりも大幅に高いパフォーマンスを発揮します。

また、一部モデルでは、グラフィック機能はRTX 3050を搭載。その実力は内蔵グラフィックよりもはるかに高く、Iris Xe Graphicsの約3倍!動画エンコードの時間短縮のほか、フルHDでオンラインゲームを楽しめるほどのスペックです。

 

ちなみに、ディスプレイの解像度は3K(3072×1920)と高いのもポイント。フルHDはおろか、WQHDよりも高い解像度と、sRGBを100%をカバーする色域の広さで、映像描写で編集作業がよりはかどります。

 

もちろん、上位モデルらしくトータルでの完成度も高く、ボディの素材には頑丈なアルミニウムを採用。非光沢の梨地加工と、ダイヤモンドカット加工を織り交ぜ、美しい仕上がりを実現しています。

 

※実際には日本語キーボードを搭載しています。

また、装備面も充実しており、発色に優れたIPSディスプレイや薄暗い場所でのタイピングに便利な白色LED内蔵キーボードを標準搭載。

そのほか、指紋認証センサーやカメラ部分のプライバシーシャッターを装備し、プライバシー面も万全。至れり尽くせりの内容となっています。

 

Inspiron 16 Plus プラチナ[大容量SSD・RTX 3050搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
16.0インチ 3K ノングレア IPS
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】205,981円164,784円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11800HとRTX 3050を搭載した、高性能モデル。大容量の16GBメモリに超大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

大容量メモリとSSDで、編集作業もサクサクこなせます。

 

【関連モデル】Inspiron 15 Plus プラチナ

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】188,980円151,184円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

Inspiron 16 Plusの15インチバージョンです。装備はほぼ共通していますが、ディスプレイはフルHDということもあり、割安なのがポイント。ちなみに、カラーはプラチナシルバーのみとなります。

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11800HとRTX 3050を搭載していながら、価格は15万円台と安く、低価格&高性能のRTX 3050搭載モデルとしておすすめ。

 

 XPS 15[9510](デル)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■カラー:プラチナシルバー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ/FHD+/ノングレア/IPS
■CPU:Core i5-11400H/Core i7-11800H/Core i9-11900H
■メモリ:16GB
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)/RTX 3050 Ti
■ストレージ:SSD 512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.1
■サイズ:W344.72×D230.14×H18mm
■重量:約1.96kg~
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:ー
【クーポン利用】219,868円182,490円(税・送料込)~

高性能&コンパクトな15インチノート

DELLのフラグシップライン”XPSシリーズ”の15インチモデルです。ディスプレイのベゼル(ふち)を全てスリムにすることにより、世界最小と謳われた前モデルから、さらにコンパクトボディに進化。その大きさはなんと14インチサイズとなっています。

 

小さいだけでなく、厚さ18mm、重さ1.96kgの薄型軽量ボディというのもポイント。高性能の15インチノートでは厚さ2cm、重さ2kgオーバーのモデルが多いことを考えると、どれだけ軽いかがわかると思います。

 

その秘訣はアルミニウム合金とカーボンファイバーです。特にキーボード面のカーボンファイバーは航空機の素材としても使われるだけあり、とにかくタフで軽い。外装のアルミニウムはデルらしく、サンドブラスト加工で見た目の美しさも兼ね備えています。

性能も非常に高く、最新のインテル高性能CPU・Hシリーズを搭載。一般のノートパソコンに搭載されている省エネタイプのCPUに比べ、圧倒的に高いパフォーマンスを発揮します。

また、グラフィック機能はRTX 3050 Tiを搭載。その実力は内蔵グラフィックよりもはるかに高く、Iris Xe Graphicsの約3.3にもなり、動画エンコードの時間短縮のほか、フルHDでオンラインゲームを楽しめるほどのスペックです。

 

もちろん機能面も非常に充実しており、ディスプレイはスタイリッシュなスリムベゼル&発色に優れたIPSパネルを採用。さらに、標準のFHD+ディスプレイでも、sRGBを100%カバーし、スタンダードクラスでも、色域は広めとなっています。

そのほか、薄暗い場所でのタイピングに便利なバックライト付きキーボードや、指紋認証センサーも完備。文句なしのパーフェクトモデルですね。

 

ちなみに、カラバリはプラチナシルバーとフロストの2種類が用意されています。初期構成ではプラチナシルバーとなっているため、フロストに変更するには、ディスプレイをカスタマイズする必要があります。

 

XPS 15 プラチナ

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ FHD+ ノングレア IPS
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】297,180円246,660円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

ノート用の第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11800HとRTX 3050 Tiを搭載したモデル。大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成となっています。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりようです。

なお、このモデルではカスタマイズに対応しており、メモリやストレージの容量を増やすことが可能です。本体カラーを変更するには、ディスプレイのカスタマイズが必要となります。

 

【おすすめカスタマイズ】
  ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
⇒データ類を多く保存するのであれば、SSDの容量を増やすのがおすすめ。

  ディスプレイ
・15.6インチ OLED 3.5K (3456×2160) フレームレス タッチ 反射防止 400-Nit ディスプレイ(プラチナシルバー)
・15.6インチ UHD+ (3840 x 2400) フレームレス タッチ 反射防止 500-Nit ディスプレイ(プラチナシルバー)
・15.6インチ FHD+ (1920 x 1200) フレームレス 非-タッチ 非光沢 500-Nit ディスプレイ(フロスト)
・15.6インチ OLED 3.5K (3456×2160) フレームレス タッチ 反射防止 400-Nit ディスプレイ(フロスト)
⇒高解像度ディスプレイにカスタマイズできます。色域が非常に広く、UHD+ディスプレイでは、AdobeRGBを100%カバー。また、有機ELの3.5Kディスプレイでは、DCI-P3を100%カバーしており、クリエイター向けのクオリティとなっています。

 

  HP ENVY 15-ep0000(HP)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ナチュラルシルバー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ/フルHD(IPS)・4K(有機EL&タッチ対応)/グレア
■CPU:Core i7-10750H/Core i9-10885H
■メモリ:16・32GB
■グラフィック:GTX 1660 Ti(Max-Q)/RTX 2060(Max-Q)
■ストレージ:SSD 512GB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W358×D237×H18mm
■重量:約2.15kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約6時間30分
■価格:179,800円(税込)~

高品質&高性能のプレミアムモデル

HPのプレミアムライン”ENVYシリーズ”の15インチモデルです。このシリーズには、AMD製CPUとインテル製CPU搭載モデルがありますが、このモデルではインテル製CPUを搭載しています。

 

性能がとても高く、CPUにはハイスペッククラスの”Hシリーズ”を、グラフィック機能にはNVIDIAの”GTX・RTXシリーズ”を採用しています。特に最上位モデルでは、8コア16スレッドCPU・Core i9-10885H&RTX 2060(Max-Q)の構成となっており、クリエイティブ用途で非常に高いパフォーマンスを発揮します。

 

また、性能もさることながら、機能面も充実しており、上位モデルでは4Kディスプレイを搭載しています。

ディスプレイのクオリティはとても高く、DCI-P3 100%の非常に広い色域をカバーし、高輝度のVESA認定のHDR400規格に対応するほか、有機ELパネルを採用しています。

有機ELは通常の液晶とは異なり、バックライトを使わないため、黒浮きが発生せず、深黒を再現することが可能です。また、100,000:1の圧倒的なコントラストを誇り、メリハリの効いた美しい映像描写を実現します。まさに完全無欠のプロ仕様なので、本格的なクリエイティブ用途に最適です。

 

もちろん、全てのモデルで、薄暗い場所でのタイピングに便利なバックライト付きキーボードや、一発でらくらくログインできる指紋認証センサーを標準装備しています。

 

プレミアムモデルらしくボディはしっかり造りこまれており、ボディの素材には高品質のアルミニウムを採用。表面には非光沢の梨地加工を施し、見た目の美しさと上質な触り心地を両立しています。

ボディのサイズですが、ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることにより、横幅と奥行きを圧縮。一般的な15インチモデルよりも、一回り小さいコンパクトボディを実現しています。また、見た目もスッキリし、とてもスタイリッシュになり、まさに一石二鳥ですね。

 

 icon-star 実機レビューはこちら

HP ENVY 15-ep0000をレビュー 4K&有機ELディスプレイ搭載!美しいデザインと高い性能を両立した15インチプレミアムノート
今回はHPの【HP ENVY 15-ep0000 クリエイターモデル】をお借りしました。 プレミアムクラス''ENVYシリーズ''のインテル製CPU搭載バージョンでは、高性能グラフィックを搭載しており、クリエイティブ用途に最適。C...

 

HP ENVY 15-ep0000 パフォーマンスモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD グレア IPS
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラフィック:GTX 1660 Ti(Max-Q)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:179,800円(税込)~

 

おすすめポイント

インテルの第10世代6コア12スレッドCPU・Core i7-10750Hを搭載したベースモデル。大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。動画・画像編集までサクサクこなせる高性能モデルです。

ディスプレイは4Kではなく、オーソドックスなフルHDとなっています。なお、SSDのみカスタマイズ可能です。

 

HP ENVY 15-ep0000 パフォーマンスプラスモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ 4K グレア 有機EL
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:32GB(DDR4-2933)
■グラフィック:RTX 2060(Max-Q)
■ストレージ:SSD 2TB(PCIe NVMe)
■価格:239,800円(税込)~

 

おすすめポイント

上のモデルの上位バージョンで、4K&有機ELディスプレイ・RTX 2060・32GBメモリ・2TB SSDを搭載し、とことん性能にこだわるならおすすめ。さらに上を目指すなら、Core i9を搭載した”クリエイターモデル”を選ぶのもあり。

 

さらにおトク!デジステ限定クーポンで7%OFF

デジステ限定クーポンサイトなら、直販価格のさらに7%OFFでとてもおトク!画像をクリックすると、詳細ページが別に開きます。

 

 【カスタマイズ対応】ThinkPad X1 Extreme Gen.4(レノボ)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■カラー:ブラック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:16.0インチ/WQXGA(2560×1600)・WQUXGA(3840×2400)/ノングレア/IPS
■CPU:Core i7-11800H/Core i7-11850H/Core i9-11950H
■メモリ:8・16・32GB
■グラフィック:RTX 3050 Ti/RTX 3060/RTX 3070/RTX 3080
■ストレージ:SSD 256・512GB・1TB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■サイズ:W359.5×D253.8×H17.7(タッチ対応モデルは18.2)mm
■重量:約1.81kg~
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約12.8時間
【クーポン利用】374,000円254,320円(税・送料込)~

タフさが自慢の本格派モデル

タフなビジネスノートでおなじみの”ThinkPad”の16インチモデルです。ハイエンドクラス”Xシリーズ”ということで、薄型・軽量・高性能のハイクオリティを実現しています。

 

性能が非常に高く、最新のインテル高性能CPU・Hシリーズを搭載。ノートパソコンで搭載される省電力のUシリーズよりも大幅に高いパフォーマンスを発揮します。

また、グラフィック機能も、最新のNVIDIA製GPU・RTX 3000シリーズを搭載。下位グレードのRTX 3050 Tiでも性能が非常に高く、内蔵グラフィック・Iris Xe Graphicsの約3にもなります。動画エンコードの時間短縮のほか、オンラインゲームを楽しめるほどのスペックです。

 

ボディの造りこみも高く、ボディの素材には、航空機にも使われるカーボンファイバーを採用しており、とてもタフ。また、重さも約1.81kg~と、15インチの高性能モデルにしては圧倒的に軽いので、持ち運び用としても使えます。

 

さらに、大型の16インチディスプレイは、高解像度のWQXGAで、sRGBを100%カバー。上位モデルともなると、超高解像度のWQUXGA×Adobe RGB 100%にもなり、プロ向けのスペックとなります。

もちろん、指紋認証センサーやバックライト付きキーボードを標準搭載しているほか、カメラ部分にはプライバシーシャッターを装備しており、プライバシー面も安心。装備面もぬかりありません。

とことん性能とクオリティにこだわる方におすすめです。

 

 icon-star 実機レビューはこちら(Gen.3モデル)

ThinkPad X1 Extreme(Gen 3)をレビュー 高性能GPU搭載で約1.6kg!圧倒的な軽量ボディとタフさが魅力の15インチビジネスノート
今回レノボの【ThinkPad X1 Extreme(Gen 3)】をお借りしました。 15インチモデル屈指の超軽量ボディ!タフなビジネスノートでおなじみ''ThinkPad''の15インチフラグシップモデルをチェックしてみましょ...

 

ThinkPad X1 Extreme Gen.4 パフォーマンス[RTX 3050 Ti搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】374,000円254,320円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

インテル第11世代の8コア16スレッドCPU・Core i7-11800HとRTX 3050 Tiを搭載したベーシックモデル。大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりようです。

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途であれば、SSDの容量を増やすのもあり。また、ゲーミング性能を重視するなら、約40%性能が高いRTX 3060搭載モデルがおすすめ。

 

【おすすめカスタマイズ】
 icon-check-circle 1st SSD
・1TB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe) Gen4 OPAL対応
⇒かなり価格が高めですが、1TBに増やすことができ、もう1台追加することも可能です。

 icon-check-circle WWAN
・Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF System
⇒5Gモジュールを追加できますが、こちらもお値段が非常に高め。

 

ThinkPad X1 Extreme Gen.4 プレミアム

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
16.0インチ WQUXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i7-11850H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3070
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】508,200円345,576円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

上のモデルをWQUXGAディスプレイ&RTX 3070にしたバージョンで、本格的に動画や画像編集で使う方におすすめ。WQUXGAでのゲーミングなら、RTX 3080搭載モデルがベターですが、価格が非常に高くなるのがネックです。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ開閉タイプ

 

ショップ情報&おすすめノートPC

 

3ステップでわかるノートPC+α

タイトルとURLをコピーしました