ノートパソコンのサイズやパーツをかんたんに解説

本体のサイズ・CPU・メモリ…などなど、ノートPC選びに欠かせない専門的な知識をかんたんにまとめました。ポイントさえおさえれば、パソコン選びの効率はグッと上がります!

タイプ

ノートPCには【クラムシェルタイプ】と【2in1タイプ】2種類の形態があります。

クラムシェルタイプというのはオーソドックスな開閉式のタイプのことです。ディスプレイの開く角度は、最大でも180°近くまで。ノートPCといえばまずコレですね。

2in1タイプというのは、タブレットやスタンドモードなど、フレキシブルな使い方ができるタイプです。便利ではありますが、クラムシェルタイプよりも若干重く、価格もやや高めなのがネックです。

なお2in1タイプには、ディスプレイが360°回転する【コンパーチブルタイプ】と、ディスプレイとキーボードが分離する【デタッチャブルタイプ】の2種類がありますが、ほとんどのモデルがコンパーチブルタイプとなっています。

サイズ

ノートパソコンの大きさは、ディスプレイのサイズ「インチ」で表現されます。17インチや15インチなど様々なサイズがあり、それぞれ適した用途があります。

サイズ一例(横幅×奥行) 重さ おすすめ用途
17インチ W415×D172mm 約2.5Kg 据え置きの大画面モデル
15インチ W376×D288mm 約1.8~2.1Kg 据え置き
14インチ W323.4×D226mm
(A4ファイル大)
約1.4~1.7Kg 据え置き&持ち運び
13インチ W307.7×D212.45mm
(A4用紙・A4ファイル)
約1.1~1.4Kg 持ち運び
11インチ W292×D196mm
(A4用紙)
約1.1~1.4Kg サブマシン

定番のサイズはやはり15インチでしょう。ゆったりした画面サイズで自宅の据え置き用に最適。大きいディスプレイがいいけど、デスクトップを置くほどではない…ということであれば、17インチサイズがおすすめです。

モバイル用には13インチがおすすめ。A4用紙orA4ファイルサイズでカバンにサッと入り、重さも1.5Kg以下と軽いので、持ち運びもラクラクです。

ちなみに、最近では13インチと15インチの中間サイズとなる、14インチモデルも増えてきました。携帯性を重視しつつ、画面サイズにもこだわりたい方にぴったり。上のイメージがまさにそれですが、A4ファイルよりもやや大きいくらいなので、持ち運びもOK!

なお、格安クラスに11インチモデルがありますが、13インチとサイズ・重さがほとんど変わらず、性能も最低限なため基本的におすすめしません。少し予算をプラスすれば13インチモデルが手に入り、ディスプレイが大きい分、満足度は格段に上がります。

ディスプレイ解像度

「解像度」とはディスプレイに表示される総画素数のことです。ディスプレイは「画素(ピクセル)」という小さな点の集合体で映像を表示しており、例えばよく耳にする「フルHD」は横に1920個、縦に1080個の画素が並んでいることを意味します。

ノートでは基本的に以下3種類の解像度が用意されています。

  • HD(1366×768/1280×720)
  • フルHD(1920×1080)
  • 4K(3840×2160)

画素数が多くなる=解像度が高くなると、まず表示領域が変わります。写真を見ればその違いは一目瞭然で、液晶のドット数が多くなれば、それだけ表示できる情報量が多くなるということです。これはまさにオフィス作業などの効率に直結します。

また、液晶のドット数が多くなれば、それだけ精細できれいな映像を描写できます。フルHDでの動画配信サービスも当たり前になってきていることを考えると、まずはフルHDディスプレイ搭載モデルを選びたいところ

最近よく耳にする4Kですが、その画素数はなんとフルHDの4倍!イメージの左上にフルHDのウインドウを表示していますが、最大4つも表示することが可能です。圧倒的な画素数で、動画や画像編集におすすめ

CPU

例えるのであれば「頭脳」です。各種アプリの動作や動画や画像編集などの処理速度に直結する重要パーツです。

CPUのメーカーにはおなじみの【インテル】と【AMD】の2社があり、性能が高い順から並べるとこんな感じになります。

最適な用途
Core i7(インテル)
Ryzen 7(AMD)
最高峰のCPUで、動画や画像編集などを快適にこなせる性能
Core i5(インテル)
Ryzen 5(AMD)
ブラウジングやオフィス作業はもちろん、動画や画像編集まで
こなせるオールラウンダーCPU
Core i3(インテル)
Ryzen 3(AMD)
ブラウジングやオフィス作業など基本的なタスクを快適にこなせる性能
Pentium ブラウジングやオフィス作業など基本的なタスクをこなせる性能
Celeron 基本的なタスクをこなせる性能はあるものの、マルチタスクでは動作が遅め

ブラウジングやオフィス作業などオーソドックスな使い方であれば、最低でもPentium、できればCore i3は欲しいところ

Celeron搭載モデルはブラウジングやオフィス作業など単体タスクではサクサク動かせるものの、それぞれを同時に動かすマルチタスクになると途端に遅くなるのがネック。とにかく安く…という場合以外はおすすめしません。

さらに余裕を持たせたければCore i5がおすすめ。動画や画像編集までこなせる頼もしい性能で、とりあえずCore i5を選んでおけば安心と言っていいレベルです。なお、Core i7はあくまでも本格派のCPUなので、編集用途で頻繁に使うのでもなければ選ぶ必要はありません。

インテルとAMDのどちらがおすすめ?

おすすめはやはりインテル。性能はもちろん、バッテリー持続時間も長く、とても扱いやすいのがいいですね。ラインナップも非常に豊富で、選択肢が多いのもポイント。

AMDのRyzen搭載モデルはグラフィック性能が高いのが特長ですが、動画や画像編集性能はインテルの方がワンランク上。価格はインテル搭載モデルよりも安いので、予算重視ならおすすめ。

グラフィック

例えるのであれば「画力」で、映像描写や動画編集などグラフィック処理を担当するパーツです。

基本的にはCPUに内蔵されたグラフィック機能【iGPU】が主流ですが、CPUとは別に強力なグラフィック機能【dGPU】を搭載したモデルもあります。以下現行のメインモデルをピックアップしたので、性能をスコア(PassMark)で比較してみましょう。

メーカー 種類 モデル スコア
NVIDIA dGPU GeForce GTX1050Ti 6799
NVIDIA dGPU GeForce GTX1050 5292
NVIDIA dGPU GeForce MX150 3115
AMD iGPU Radeon RX Vega 10 Graphics 2230
AMD iGPU Radeon Vega 8 Graphics 2094
AMD iGPU Radeon Vega 3 Graphics 1260
Intel iGPU Intel UHD Graphics 630 1285
Intel iGPU Intel UHD Graphics 620 924
Intel iGPU Intel UHD Graphics 605
396
Intel iGPU Intel UHD Graphics 600 391

この通り、dGPUの性能が頭一つ抜けており、iGPUよりも動画のエンコード作業を短時間で終わらせることが可能です。さらに、GTX 1050や1050 Tiレベルになると、オンラインゲームまで楽しめるようになります。

ただその分価格も高いので、予算重視ならiGPU一択となります。スコアだけ見るとAMDが高くなっていますが、先にも紹介した通り、実際のエンコード作業ならインテルの方が有利。性能的にはUHD 620以上がおすすめです

メモリ

例えるのであれば「デスク」です。ゲームやインターネットブラウザを実際に動かすスペースですね。デスクが広ければ広いほど、つまりメモリの容量が大きければ大きいほど一度にできる作業量が増えます。

メモリが足りない=机がいっぱいの状態だと、スペース不足で処理が遅くなり、最悪動作しなくなってしまいます。具体的な容量ですが、4GBはあくまでも最低限、8GBが理想的です。マルチタスクでも安定してこなせます。

なお、動画や画像編集ではメモリを多く使うため、16GBあるとより安心です。

ストレージ

例えるのであれば「本棚/収納スペース」です。Windowsやゲーム、データ類などを入れておく場所です。

種類は「HDD(ハードディスク)」と「SSD」の2タイプがあります。ハードディスクは聞いたことがあるのではないでしょうか。以下それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット デメリット
SSD ・データの転送速度がかなり速い
・体感速度も早くとても快適
・振動に強い
・容量が少ない
・HDDに比べ割高
HDD ・容量が大きい
・価格が安い
・データの転送速度が遅い
・振動に弱い

やはりSSDがイチオシですね。HDDよりもとにかく転送速度が早い!

速度を計測してみるとこの通り、まさに圧倒的。OSの起動からブラウジング、各種アプリもキビキビ動き、とても快適です。また振動に強く、持ち運びがメインのモバイルノートには特におすすめ。

ただ容量が少なく、やや割高なため、大容量&低価格ということであればHDD搭載モデルを選びましょう。

なお動画・画像編集の機会が多い方は、SSD+HDDのデュアルストレージモデルが便利。各種アプリは高速のSSDに、動画や画像などかさばるデータ類は大容量のHDDにそれぞれ保存する使い分けができます。

容量の目安

■SSD
容量の少ないSSDですが、ブラウジングやオフィス作業程度であれば128GBもあれば十分です。動画や画像編集用途で使うなら、データ保存のため256・512GBは欲しいところ。最近では1TB搭載モデルも出てきていますが、価格が非常に高いのがネック。

■HDD
大容量がセールスポイントのHDDなだけあり、初期構成でも500GB・1TB搭載しており、動画・画像編集用でも容量は十分。モデルによっては2TBというのもありますが、それでも安いのはいいですね。

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC

おすすめショップ&ノートPC

シェアする

フォローする