HPのおすすめノートパソコン2018 オシャレなデザインと高いコスパが魅力の実力派メーカー

DELLと双璧をなす、アメリカの大手PCメーカーです。デザインにこだわりつつ、高いコスパを実現しており、オシャレなノートパソコンが欲しい方にまずおすすめのメーカーです。

HPの魅力を紹介

  • 業界トップレベルのデザイン
  • 予算や用途に応じた幅広いラインナップ
  • 低価格&高品質

HPといえば、やはりデザインへのこだわり。上位モデルはアルミのつや消しボディにエッジ処理でスマートに。そしてエントリー・ミドルモデルでは、リネン調やウッド調のパターンを取り入れ、カジュアルに仕上げています。

そのほか、スピーカーのドット加工やラウンドフォルムのヒンジ…などなど細部のデザインまでしっかり気を配っているのが好印象です。

ラインナップも広く、エントリー・スタンダード・プレミアム・スペクトルの4グレードがあり、予算に合わせて柔軟なモデル選びができます。また、流行りの2-in-1モデルや、薄型軽量モデルもしっかり用意されています。

デザインはもちろん、高い品質で評価の高いHPのモデルですが、DELLに匹敵する価格の安さを実現しています。セールを頻繁に実施しているので、よりおトクに購入可能です。

HPの直販サイト指南

直販サイトicon-external-link

HPは直販サイトでのみ販売しています。

直販サイトで購入するさいに注意しておきたいことをまとめてみました。

納期に注意!

一部の即納モデルを除き、在庫がある場合納期は最短でも【5営業日】かかります。もちろん土日・祝祭日をはさめばその分長くなりますし、在庫が無い場合はさらにかかる点に注意!

なお、受注時の在庫状況により納期が決まるので、期限を決めて購入するのはちょっとリスキーです。

モデルのカスタマイズ可能

HPではPCの購入時に、オフィスソフトをはじめ各種ソフトや保証などをカスタマイズできます。必要なものだけ選択して購入することができ、とても合理的ですね。

カスタマイズは非常にカンタンで、変更したい項目をクリックするだけ。カスタマイズで押さえておきたいポイントをチェックしてみましょう。

リカバリメディア

リカバリメディアとは、パソコンを初期状態に戻すためのメディアのことです。

通常はストレージ内にリカバリ情報が入っているので、それを使って初期状態に戻します。しかし、ストレージそのものが故障してしまうと、内部のリカバリ情報もいっしょに無くなってしまうので、ストレージを交換してもWindowsを使うことができなくなってしまいます。

そういう非常事態で役立つのがこのリカバリメディアというわけですが、このメディア自体は自前で作成することができるので、基本的にはカスタマイズ不要です

DVDであれば付属アプリの【HP Recovery Manager】から、USBメモリはWindowsの機能で作成します。USBメモリでの手順はこちら icon-external-linkを参照ください。

メモリ

エントリーモデルでは【メモリ】の増設が可能です

ブラウジングやオフィス程度なら4GBもあれば十分です。アプリを多く動かす場合や、動画・画像編集などではメモリを多く使うので、8GBがおすすめ。

スタンダードモデル

持ち運びよりも、据え置きメインのモデルをピックアップしました。

HP 15-bs000

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:ピュアホワイト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i5-7200U/Core i3-6006U/Celeron N3060
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:HD 620/HD 520/HD 400(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB/HDD 500GB
■サイズ:H23~27×W380×D254mm
■重量:2.1kg
■光学ドライブ搭載
■価格:41,980円(税別)~

迷ったらまずこれ

ベーシックな【HPシリーズ】の15インチモデル。

性能面の幅が広く、CPUはインテルのCore i7~Celeronまで用意されています。ブラウジングやオフィス作業を快適にということであれば、Core i3以上のモデルをぜひ選びたいところ。また、メモリは4GB、ストレージは500GB以上しっかり確保されており、十分実用的です。

ベーシックモデルながら、全モデルでフルHD解像度というのもポイント。HDよりもより広く・きれいな画面描写ができるようになっています。

それだけでなくデザインにもこだわっており、天板部分はリネン調仕上げ、キーボード面はウッド調のパターンがプリントされています。自然をイメージさせる落ち着いたデザインは、エントリーレベルとは思えません。

HP 15-bs000[エントリーモデル/Core i3]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i3-6006U
■メモリ:4GB(DDR3L)
■グラフィック:HD 520(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
■価格:59,800円(税別)~

おすすめポイント

Core i3・メモリ4GB・500GB HDDを搭載しており、ブラウジングやオフィス作業を快適にこなせます。価格も5万円以下でとてもリーズナブル。価格の安さと実用性を両立した魅力的な一台です。

【派生モデル】HP 15-bs100[パフォーマンスモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-8550U
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB+1TB HDD
■価格:104,800円(税別)~

おすすめポイント

HP 15-bs000の派生・上位モデルです。ボディの仕様はほぼ同じ。

CPUは最新世代のCore i7を搭載。前世代のCPUより30~40%も性能が向上した優れモノです。メモリは8GB、SSD+HDDのデュアルストレージとなっており、非常に充実した初期構成も魅力的です。

特にSSDを入れることで、ブラウジングやアプリの動作は快適そのもの。また、動画や画像などかさばるデータ類は容量の多いHDDに収納できるので、容量面も安心です。

価格を抑えつつ、Core i7搭載モデルが欲しい方におすすめ!

HP Pavilion 15-cu0000

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:ロイヤルブルー・モダンゴールド
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:128GB SSD+1TB HDD/1TB HDD
■サイズ:H22.5~24.0×W376×D248mm
■重量:2.07kg
■バッテリ駆動時間:約9時間~
■光学ドライブ搭載
■価格:74,800円(税別)~

カラバリならコレ

ワンランク上となる【Pavilionシリーズ】の15インチモデルです。HPシリーズではカラバリがホワイトのみでしたが、このモデルではロイヤルブルーとモダンゴールドの上品なカラーが用意されています。

ミドルクラスながら細部のデザインも凝っており、タッチパッドのふちがダイヤモンドカット加工されているほか、キーボード面はヘアライン仕上げのアルミニウム素材が使われています。さらにキーボードには白色LEDを搭載するこだわりようです。

地味ながら嬉しいのがこの【リフトアップヒンジ】です。画面を開いたときに傾斜ができるので、タイピングがしやすくなるのはもちろん、吸気もしやすくなり、冷却面での効果もバツグンです!PCの下に冷却台を置いているようなものですね。

性能面では、CPUには最新の第8世代インテルCore i7・Core i5を搭載。エントリーモデルでも大容量の8GBメモリに1TB HDDを搭載しており、十二分に使えるスペックです。ちなみに、Core i7とCore i5の性能差は約10%なので、基本的にはCore i5でOK。

もちろんディスプレイ解像度は全モデルフルHDで、さらに発色に優れたIPSパネルを搭載するこだわりようです。もはやミドルクラスとは思えない完成度ですね。

HP Pavilion 15-cu0000[スタンダードモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
価格:74,800円(税別)~

おすすめポイント

ミドルクラスのCore i5を搭載しながら、価格を抑えたおトクなモデル。メモリ8GB・1TB HDDを搭載しており、普段使いならこれで十分。

HP Pavilion 15-cu0000[スタンダードモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB+HDD 1TB
価格:80,800円(税別)~

おすすめポイント

上のモデルをSSD+HDDのデュアルストレージ構成にしたモデル。SSDを搭載することで、ブラウジングや各種アプリの動作がサクサクで非常に快適。また、HDDを搭載しているので、容量のかさばる写真や動画をSSDとは別に保存でき、とても便利。

HP Envy 15 x360

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:ナチュラルシルバー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD グレア IPSタッチパネル対応
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256+HDD 1TB/HDD 1TB(Optane 16GB)
■サイズ:H19~20×W359×D245mm
■重量:2.11kg
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:約10時間~
■価格:106,800円(税別)~

2-in 1タイプのプレミアムモデル

HPのプレミアムライン【Envyシリーズ】の15インチモデルです。ディスプレイが360°回転するコンパーチブルタイプの2-in-1ノートパソコンとなっています。

最大のポイントは「造形美」アルミニウムボディにエッジ加工とダマスカス鋼の模様を織り交ぜ、エレガントで躍動感があります。また表面に梨地加工を施し、洗練されたデザインと、手になじむしっとりした手触りを実現しています。

また、ディスプレイも枠が狭いフレームレスディスプレイとなっており、全体で見てもデザインの統一感はバッチリです。

機能面では、360°回転させることで活用の幅が広がるのが特徴。タッチディスプレイなので、360°回転させればタブレットとして、またテント型にすればイラストを描くのに便利です。なお、タッチペンは付属しているので、別途用意する必要はありません。

性能面では、最新のインテルCore i7・Core i5を搭載。下位モデルでも大容量の8GBメモリーに、SSDに匹敵する速度を発揮するOptaneメモリー対応の1TB HDDを搭載した充実の初期構成となっています。

ちなみに、ディスプレイ解像度はフルHDのほか4Kも用意されていますが、13インチの小ささであればフルHDで十分です。

HP Envy 15 x360[スタンダード]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD グレア IPSタッチパネル
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB(Optane 16GB)
価格:106,800円(税別)~

おすすめポイント

一番下位のモデルですが、それでもCore i5・メモリ8GB・Optaneメモリー対応の1TB HDDを搭載しています。HDDながらOptaneメモリーを搭載することで、SSD並みの速度になり非常に快適!

ちなみに、Core i7との性能差はわずか10%程度なので、これで十分でしょう。

HP Envy 15 x360[スタンダードプラスモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD グレア IPSタッチパネル
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB+1TB HDD
価格:114,800円(税別)~

おすすめポイント

上のモデルをSSD+HDD構成にしたモデル。アプリはSSDに、かさばるデータ類はHDDに保存する使い分けができます。動画や画像編集などをやる方におすすめ。

ちなみに、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載しています。

大画面モデル

17インチサイズの大画面を搭載したモデルをピックアップしました。

HP 17-by000

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:メタリックシルバー
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:17.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U
■メモリ:4・8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)/Radeon 530
■ストレージ:SSD 128GB+HDD 1TB/HDD 1TB
■サイズ:H23.5~27×W415×D272mm
■重量:約2.47kg
■バッテリ駆動時間:約9時間~
■光学ドライブ搭載
■価格:74,800円(税別)~

高い性能と大画面でエンターテインメント用におすすめ

ベーシックな【HPシリーズ】の17インチモデル。

シルバー&ブラックの落ち着いたカラーリングで、15インチモデルとは全く印象が違います。しかしデザインのこだわりはそのまま、天板はつや消し加工がされ、キーボード面はスタイリッシュなヘアライン調となっており、高級感が漂います。

性能面は最新の第8世代インテル製CPU、Core i7とCore i5を搭載。また、最低でも4GBメモリと1TB HDDが搭載されているので、エントリーモデルでも高いパフォーマンスを発揮します。

解像度はもちろんフルHDですが、なんとIPSパネルを搭載!IPSパネルはコントラストが高く、発色が非常に優れているので、映画などをきれいな画質で楽しむことができます。大画面と相まって、まさにエンターテインメント向きです。

HP 17-by000[スタンダードモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:4GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
価格:74,800円(税別)~

おすすめポイント

スタンダードモデルながらCore i5・メモリ4GB・1TB HDDを搭載し、大画面のホームパソコンにふさわしい充実したスペックです。

HP 17-by000[パフォーマンスモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8550U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:Radeon 530
■ストレージ:SSD 128GB+HDD 1TB
価格:107,800円(税別)~

おすすめポイント

ハイスペックCPU・Core i7と高速ストレージSSDを搭載したモデルです。特にSSDを搭載することで、体感速度は格段に向上し、ブラウジングやアプリの動作もサクサク。別にHDDを搭載しているので、動画や画像などデータ類の保管場所にも困りません。

グラフィック機能はRadeon 530を搭載しています。3Dゲームを動かすにはちょっと厳しい性能ですが、動画や画像の編集には便利ですね。

軽量モデル

持ち運びしやすい軽量タイプのモデルをピックアップしました。

持ち運びに最適なサイズ・重さについてですが、サイズはA4サイズに相当する13インチまで、重さは1.5Kgまでが理想的です。

HP ENVY 13-ad000

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:シルクゴールド
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ フルHD グレア IPS
■CPU:Core i5-7200U/Core i3-7100U
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■サイズ:H14×W305×D215mm
■重量:1.24kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:82,800円(税別)~

エレガント&軽量モデル

HPらしいプレミアムライン【ENVYシリーズ】の13インチモデルです。ぱっと見高そうではありますが、8万円台から購入できる良心的な価格も魅力的。

とにかく洗練されたデザインがポイント。ボディはアルミニウム製で梨地加工がされており、エレガントな外観はさることながら、手になじむ上質な触り心地を実現しています。

また、ところどころエッジ加工もされており、上品さとスマートさを融合させた遊び心も見どころです。もちろん、ディスプレイは枠が狭いフレームレスディスプレイで、とてもスタイリッシュ。細かい点もぬかりありません。

機能面も充実しており、白色LED内蔵キーボードを搭載し、薄暗い場所でもキーが見やすくなっています。また、リフトアップヒンジなので、適度な傾斜でタイピングも快適そのもの。吸気もスムーズになり、冷却面も安心です。

性能面では、CPUにインテルのCore i5とCore i3を搭載し、メモリは4・8GB、ストレージは高速のSSDオンリーとなっています。どのモデルを選んでも快適そのもの。

肝心の重さですが、約1.24Kgと片手で持てるバツグンの軽さなので、HPで携帯性を重視するならまずこれを検討しましょう。

HP ENVY 13-ad000[ベーシックモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPS
■CPU:Core i3-7100U
■メモリ:4GB(DDR4)
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
価格:82,800円(税別)~

おすすめポイント

エントリーということで、一番下位のモデルです。Core i3・メモリ4GB・256GB SSDのシンプル構成ですが、ブラウジングやオフィス作業程度ならこれで十分です。

【派生モデル】HP ENVY 13-ad100[スタンダートライトモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPS
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
価格:124,800円(税別)~

おすすめポイント

HP ENVY 13-ad000の派生・上位モデルです。ボディの仕様はほぼ同じ。

最新のCore i5を搭載し、パフォーマンスは前世代よりも約30~40%も向上しています。メモリも8GBと余裕があり、ワンランク上のモデルが欲しい方におすすめ。

HP Spectre x360

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:アッシュブラック・ナチュラルシルバー・ローズゴールド
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ フルHD/4K グレア IPSタッチパネル対応
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■サイズ:H13.6×W307×D218mm
■重量:1.29kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:131,800円(税別)~

2-in 1タイプのラグジュアリーモデル

HPの最高峰に君臨する【Spectreシリーズ】の13インチモデルです。ディスプレイが360°回転するコンパーチブルタイプの2-in-1ノートパソコンとなっています。

最大のポイントは何といっても「高級感」アルミニウムボディにラウンド加工とエッジ加工を織り交ぜ、エレガントで躍動感があります。また、ディスプレイも枠が狭いフレームレスディスプレイなので、とてもスタイリッシュですね。

カラバリもアッシュブラックなど、フラグシップにふさわしい個性的なカラーが用意されています。もちろん万能カラーのシルバーも用意されているので、使う人を選びません。ちなみに、ローズゴールドのみ冬限定となっているので注意。

機能面では、360°回転させることで活用の幅が広がるのが特徴。タッチディスプレイなので、360°回転させればタブレットとして、またテント型にすればイラストを描くのに便利です。

性能面では、大幅に性能が向上したインテルの最新CPUを搭載。メモリは8・16GB、ストレージは高速のSSDオンリーの構成となっており、非常に快適な初期構成も魅力的です。

ちなみに、ディスプレイ解像度はフルHDのほか4Kも用意されていますが、13インチの小ささであればフルHDで十分です。

Spectre x360[ベーシックモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPSタッチパネル
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
価格:131,800円(税別)~

おすすめポイント

一番下位のモデルですが、それでもCore i5・メモリ8GB・256GB SSDを搭載しています。Core i7との性能差はわずか10%程度なので、これで十分でしょう。

Spectre 13

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:セラミックホワイト
■OS:Windows 10 Pro
■ディスプレイ:13.3インチ フルHD グレア IPSタッチパネル対応
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■サイズ:H10.4~12.5×W308×D225mm
■重量:1.11kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:138,400円(税別)~

究極の軽量モデル

上のモデルと同じく【Spectreシリーズ】の13インチモデルですが、ディスプレイは回転せず、通常タイプとなります。

アルミニウムボディの高級感はそのまま、カラーはホワイトをベースに、淡いゴールドをアクセントとして使っており、シンプルながらも上品なイメージに仕上がっています。

もちろんスタイリッシュなフレームレスディスプレイを採用。また、白色LED内蔵キーボードも搭載しており、薄暗い場所でのタイピングがしやすいのはもちろん、とてもオシャレですね。

写真を見て気づくかもしれませんが、とにかくスリムで軽量です。なんと、厚さは最薄部で約1cm、重さはほぼ1Kg!驚くべき携帯性の高さで、頻繁に持ち運ぶ方はぜひこのモデルを選びたいところ。

性能面は、インテルの最新CPUをはじめ上のモデルをほぼ踏襲しており、普段使いでは何一つ不自由することないスペックとなっています。

Spectre 13[スタンダードモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10 Pro
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPSタッチパネル
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■価格:138,400円(税別)~

おすすめポイント

Core i5・メモリ8GB・256GB SSDを搭載しており、エントリーモデルながら充実したスペックです。

格安モデル

3万円台から購入できるモデルをピックアップ

HP 15-bw000

モデル詳細 icon-external-link

icon-check-circle主要スペック
■カラー:ピュアホワイト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:E2-9000e/A10-9620P
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:Radeon R2/Radeon 530(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB/HDD 500GB
■サイズ:H23~27×W380×D254mm
■重量:2.1kg
■光学ドライブ搭載
■価格:32,800円(税別)~

デザインにもこだわった格安モデル

ベーシックな【HPシリーズ】の15インチモデル。前に紹介したHP 15-bs000の廉価版です。

CPUはインテルではなくAMD製となっています。最安モデルに搭載されているE2-9000eは、インテルでいうとCeleronクラスのエントリーレベルのCPUなので、全体的な動作はもっさりとしています。これはまさに価格なりといったところです。ワリキリが大事!

エントリーモデルながら、全モデルでフルHD解像度となっており、デザインも天板部分はリネン調仕上げ、キーボード面はウッド調のパターンがプリントされています。このあたりのこだわりようはさすがHPですね。

HP 15-bw000[ベーシックモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:E2-9000e
■メモリ:4GB(DDR4)
■グラフィック:Radeon R2(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
■価格:32,800円(税別)~

おすすめポイント

HPのノートPCで一番安いモデルです。4GBメモリに500GB HDDを搭載しているので、割り切れれば十分使えます。少し奮発してCeleronモデルを…と考えるくらいなら、もういっそのことこのモデルにしましょう!

シェアする

フォローする