raytrek(レイトレック) XVをレビュー クリエイターPCならまずおすすめ!Core i7-12700&RTX 3060を搭載した高コスパのミドルタワーモデル

今回ドスパラで販売している、サードウェーブの【raytrek XV】をお借りしました。

Core i7-12700とRTX 3060を搭載し、あらゆる編集作業を快適にこなせる、高コスパのミドルタワーモデルをチェックしてみましょう。

 

スペック

 raytrek XV
サイズW207×D509×H440mm
OSWindows 11 Home(64ビット)
CPUインテル Core i7-12700
・12コア20スレッド
・定格2.1/最大4.8GHz
メモリ16GB(8GB×2、PC4-25600)
ストレージ500GB SSD(PCIe NVMe)
グラフィクスGeForce RTX 3060(GDDR6 12GB)
チップセットインテル H670 チップセット
光学ドライブDVDドライブ
Wi-Fi
Bluetooth
電源650W(80PLUS BRONZE)
保証1年(最大5年)
価格193,980円(税込)~
付属品・各種マニュアル
・USB有線キーボード
・USB有線マウス
・電源ケーブル

※2022年7月2日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

外観

重厚感あふれるミドルタワーケース

横幅20cmオーバーの見るからに頼もしい、重厚なフォルムが特長のミドルタワーケースです。また、奥行きも堂々の50cm超えとなっており、見た目だけでなく内部も広々とし、拡張性にも優れています。

 

ブラックボディ×精悍なフロントマスクで、質実剛健なイメージに仕上がっており、スタジオにおいても様になりますね。

 

一通りセットしてみると、こんな感じ。さすがにミドルタワーケースは大きく、23.8インチディスプレイが小さく見えるほど。圧倒されるサイズ感なので、デスク下に設置するのがおすすめです。

 

通気性バツグンの高冷却ケース

メッシュタイプのフロントパネルをはじめ、通気口が多数設置されており、非常に排熱性が高くなっています。

 

底面にも電源用の通気口がありますが、電源はケース内吸気なので、特に活用されていないですね。なお、防振用のインシュレーターは、ゴム製の頑丈なタイプが取り付けられており、安定性はバツグンです。スチール製の頑丈ボディも相まって、動作時のビビリ音はありません。

 

給排気用ファンは、フロントパネル・天板に14cmファンが3基、背面に12cmファンが1基の計4基構成。前面のファンから吸気して、背面と天板のファンで排気する強力なエアフローを構築し、内部に熱がこもる心配はありません。

多数のケースファンを搭載していますが、いずれも静音タイプなので、動作音はほとんど気になりません。

 

充実したインターフェース

搭載されている端子ですが、USB端子はフロント・背面あわせて計12ポートも搭載。そのうち背面の2ポートは最新のUSB3.2 Gen.2となっており、最大10Gbpsの高速転送に対応しています。さらに、端子のタイプの従来のType-Aのほか、リバーシブルのType-Cも用意されており、周辺機器の接続にはまず困りません。

 

その他、DVDドライブやSDカードリーダーも標準搭載されており、必要なものは一通りそろった便利な構成です。なお、映像端子はHDMI・DisplayPort×3の4ポートを搭載。数が多く、複数画面出力もラクラクですね。

 

内部

高い剛性&拡張性

電源下置きのオーソドックスな造りですね。奥行き50cmオーバーで内部は広々、購入後のパーツの交換・増設もお手の物です。

なお、裏配線スペースはありませんが、ケーブル類はエアフローを妨げないよう、余ったスペースを活用してきれいにまとめられています。

 

このケースはとにかく拡張性が高く、各種ドライブベイは、5インチベイ×2・3.5インチベイ×8・2.5インチベイ×3の計13基搭載!電源が許す限り、ストレージや光学ドライブの増設は思うがまま。その気になれば録画マシンにもできるレベルです。

 

もちろん3.5インチベイは便利なツールレス式で、かんたんに取り出しが可能。つまみの強度もしっかりしており、折れたりする心配はありません。

ちなみに、このストレージ部分の支柱はケースの「梁」になっており、縦方向の剛性を確保しています。頑丈なスチール製のボディにも相まって、全方向への剛性が高いのもポイント。たわみや軋みなどは一切なく、持ち運びの際もビクともしません。

 

ASUS製マザーボード搭載

各種パーツを搭載するマザーボードは一般的なATX規格となっており、ASUS製【PRIME H670-PLUS D4】を搭載しています。高い品質と安定性で定評のあるASUS製というのは安心ですね。

 

スタンダードモデルらしくポイントはしっかり押さえており、熱くなりがちなVRM周りやM.2スロットには、金属製のヒートシンクを装備。また、PCIeスロットは金属で補強されており、グラボの重さにしっかり耐えることができます。

 

※写真は撮影用です。トラブル防止のため、内部での作業は電源を切ってから行いましょう

ちなみに、第12世代で新たに採用された、PCIe 5.0やDDR5には非対応となっています。前者については、そもそも対応デバイスが皆無で、後者についても、DDR4メモリとの差が出るのは一部のアプリにとどまっているので、さほど気にすることはありません。

 

大型CPUクーラー搭載

”静音パックまんぞくコース”適用モデルということで、大型のサイドフロー式CPUクーラーを搭載しています。サイドフロー式タイプは、CPUから吸収した熱を、前後のスムーズなエアフローにのせて強力に発散し、優れた冷却パフォーマンスを発揮します。

メーカーはドスパラでおなじみの”DEEPCOOL”となっており、大型の冷却フィン&4本のヒートパイプで造りはしっかりしていますね。ちなみに、ファンの動作音も静か。静音性にもしっかり配慮されているのは好印象です。

 

RTX 3060搭載

グラボはNVIDIAの”RTX 3060”を搭載しており、ボードはZOTAC製となっています。知名度は高く、価格&コスパに優れたメーカーとして人気です。

ボードそのものは、オーソドックスなブロアーファンタイプですね。大口径ファンを搭載したオリジナルタイプに比べ、冷却性能はやや落ちるものの、グラボ内で吸排気が完結するので、ケース内部に排熱をまき散らさないというメリットがあります。

特にコンパクトなケースで真価を発揮するタイプです。

 

ちなみに、PCの心臓ともいえる電源には、650Wのブロンズクラス電源を採用しています。最大85%の電力変換効率を誇る省エネ電源で、ポイントはしっかり押さえています。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで性能をチェックしてみましょう。

CINEBENCH

【CINEBENCH】は3Dグラフィックのレンダリング性能を測るソフトです。

 

CPUは、インテル第12世代の12コア20スレッドCPU・Core i7-12700を搭載しています。

最新世代では設計を一新し、高性能の”P-コア”と省エネの”E-コア”を搭載した、Wコア構成を採用。タスクに応じて、各コアを使い分け、場合によっては両者を併用することで、効率よく処理できるのが強みです。もちろん、コアの性能も向上しており、コア・スレッド数の増加も相まって、非常に高いパフォーマンスを発揮します。

 

参考までに、上位のCore i7-12700KF(12コア20スレッド)と比較してみると、シングル性能は約1%と僅差ですが、マルチ性能にいたっては約41%と大きく差がつきます。やはり動作クロックが高いK付きCPUの方が、性能は上です。

ちなみに、末尾の”F”は内蔵グラフィック非搭載バージョンのことで、性能は通常のF無しモデルと同じです。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)・DXR(Port Royal)それぞれの条件で測定することができます。

 

グラフィックボードは、NVIDIAの最新世代となる”Ampere”のミドルクラスのグラボ・RTX 3060を搭載しています。Core i7-12700の内蔵グラフィック・UHD 770より約6倍も性能が高く、WQHDでオンラインゲームを楽しめるほどの性能を誇ります。

また、VRAM(グラフィックメモリ)は、シリーズトップクラスの12GBと非常に多いのもポイント。高精度な3DCGの制作や、3D CADの設計にもバッチリ対応できます。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Port Royal4838
Time Spy
Extreme
409138935757
Time Spy8867826515111
Night Raid554689281616910
Fire Strike
Ultra
50304791356142630
Fire Strike
Extreme
97819878340604566
Fire Strike20318214313369610237
Sky Diver50513632482604745876

 

DXR&DLSS対応

RTXシリーズということで、リアルタイムレイトレーシング(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとは異なり、炎の描写が車体に反射しているのがわかります。また、反射だけでなく、影や光の描写も豊かになり、より自然なグラフィックを実現しているのもポイントです。

さらに、RTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載しています。

Tensorコアを活用した”DLSSモード”では、低い解像度でレンダリングした映像をアップスケーリングし、さらにアンチエイリアスを最適化することで、フレームレートを大幅に向上させることができます。ゲームの快適性が目に見えて上がるので、とても便利ですね。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

PCMark 10

【PCMark 10】は、ブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的な用途での性能を測るソフトです。

 

ブラウジングやオフィス作業など、基本的なタスクを快適にこなせる目安はスコア3000以上となりますが、余裕でクリアしており、スコア7000台半ばをマーク。動画・画像編集などヘビーな作業にもラクラク対応できます。

なお、上位のCore i7-12700K×RTX 3070との差は、総合スコアで約10%ほどですが、レンダリングをはじめ編集系のスコアでは約20%前後の差がついています。

 

Blender

【Blender】を利用し、3Dグラフィックのデモデータをレンダリングする時間を計測しました。結果は秒で表記しています。

Blenderは、CPUだけでなくGPUもサポートしており、NVIDIA製GPUでは”CUDA”と”OptiX”でのレンダリングが可能です。

 

BMWCPUCUDAOptiX
Core i7-12700×RTX 30601643015
Core i7-12700KF×RTX 3070 1151911
Class roomCPUCUDAOptiX
Core i7-12700×RTX 30603856132
Core i7-12700KF×RTX 30702733721
BarbershopCPUCUDAOptiX
Core i7-12700×RTX 30601821255143
Core i7-12700KF×RTX 3070132216393

CPUでのレンダリングでは、高クロックのCore i7-12700Kが有利。両者の差は約27~30%にもなり、クロックが違うだけで、だいぶ差がつきますね。

本命のGPUレンダリングは、CPUレンダリングを圧倒。このモデルのケースだと、RTX 3060はCore i7-12700よりもCUDAで約82~86%、Optixともなると約91~92%早く変換を完了しています。なお、RTXシリーズでは、Optixで非常に高いパフォーマンスを発揮し、CUDAからさらに約半分程度の時短効果を発揮するのがポイント

グラボ同士で比較すると、RTX 3070はRTX 3060のさらにその上を行き、両者の差はCUDAで約36~39%、Optixでも約27~35%になります。3Dグラフィックのレンダリングで使うなら、RTXシリーズがだんぜんおすすめです。

 

TMPGEnc Video Mastering Works 7

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。結果は秒で表記しています。

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・NVENCでエンコードしています。なお、NVENCはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のことです。

 

H.264(フルHD)2Pass1PassNVENC
Core i7-12700×RTX 3060838426129
Core i7-12700KF×RTX 3070607306129
H.264(4K)2Pass1PassNVENC
Core i7-12700×RTX 306026301281410
Core i7-12700KF×RTX 30701870942404

まず軽めのH.264をチェック。CPU勝負のソフトウェアエンコード(2Pass・1Pass)では、クロックの差がきっちり出ており、Core i7-12700KがCore i7-12700よりも約26~29%早く変換を完了しています。

一方、NVENCでは最大約2%差とほぼ互角。グラボのグレードでほとんど変わらないことがわかりますね。動画のエンコードなら、GTX 1650でもOK。

 

H.265(フルHD)2Pass1PassNVENC
Core i7-12700×RTX 30601438701162
Core i7-12700KF×RTX 30701207596159
H.265(4K)2Pass1PassNVENC
Core i7-12700×RTX 306052272586376
Core i7-12700KF×RTX 307038411890365

重量級のH.265だと違う傾向になり、ソフトウェアエンコードでの両者の差は約15~16%と縮まる一方で、NVENCVでは約2~3%とほぼ変わりません。

 

Lightroom Classic CC

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。結果は秒で表記しています。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が意外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

 CR2→DNGCR2→JPEG
Core i7-127002070
Core i7-12700KF1763

画像変換もCPUの性能勝負ということで、高クロックのCore i7-12700Kがやはり有利。Core i7-12700に比べ、軽めのDNG変換では約15%、重量級のJPEG変換でも約10%早く変換を完了しています。

Core i7-12700KとCore i7-12700との差は最大約30%にもなり、同じコア・スレッドでも、動作クロックで差がつくことがわかりますね。

 

FF14(ファイナルファンタジー14 暁月の終焉)

知名度バツグンの国内産MMORPGですね。スコア9000以上で【快適】&平均60fpsをキープできます。現行のゲーミングPCであれば、フルHD・最高設定でスコア9000をしっかり超えたいところ。

4KWQHDフルHD
68891429320845

最高品質で測定した結果となりますが、WQHDではスコア10000を軽く超え、平均105fpsと安定してプレイ可能です。4Kはさすがに荷が重く、標準品質まで落とさないとスコア9000を超えることができません。

基本的にRTX 3060はWQHDまでが適正レベルとなります。

 

Apex Legends(エーペックス レジェンズ)

最近人気のバトロワ系FPSゲームです。個性的なスキルを持ったキャラクター”レジェンド”を操り、3名1組のチーム戦を繰り広げます。

【パッシブ・戦術・アルティメット】の各スキルをしっかり生かすのはもちろん、キャラの組み合わせによって戦略が変化するので、いかに連携できるかが勝利へのカギとなります。スピーディーな操作性で爽快感はバツグン!テンポよく楽しみたい方におすすめ。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:最高/低(fpsリミット解除)

  プレイモード:APEXゲーム(本編)

 最高
フルHD189(161)fps252(199)fps
WQHD130(111)fps159(129)fps
4K73(58)fps76(65)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

このゲームもわりと軽めで、WQHDでは144Hzなどの高リフレッシュレートディスプレイを生かすことができます。なお、4Kでも平均60fps以上をキープできますが、対人戦なのでWQHD以下がおすすめ。

 

Fortnite(フォートナイト)

こちらも同じくバトロワ系の鉄板タイトルです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、Apex Legendsとはまた違ったベクトルの楽しみ方ができます。チーム戦だけでなく、ソロで気軽にプレイできるのもいいですね。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:最高/高/中(DXR”最高”/DLSS[フルHD&WQHD]”品質”・DLSS[4K]”パフォーマンス”)

  降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

 最高
フルHD137(130)fps178(164)fps301(283)fps
WQHD90(84)fps111(102)fps189(179)fps
4K43(40)fps53(50)fps91(84)fps

競技性の高いゲームなので、できれば平均100fps以上をキープしたいところ。

DLSS無しでもWQHDまではfpsがよく伸び、高設定でも平均100fps以上をマークします。ちなみに、カジュアルなグラフィックなので、中設定でも正直十分。ガッツリfpsを稼ぐならおすすめです。

 

DLSS

 最高
フルHD194(185)fps234(221)fps341(327)fps
WQHD135(127)fps160(148)fps233(219)fps
4K94(88)fps110(106)fps148(138)fps

DLSSを有効にした際の結果です。

解像度が上がるにつれ効果が大きくなり、最大約2倍にもなります。4K・高設定で平均100fps以上を超え、WQHDでは144Hzディスプレイを生かせるなど、とにかく便利な機能ですね。

 

DXR

 最高
フルHD42(36)fps45(40)fps44(40)fps
WQHD24(21)fps26(24)fps26(22)fps
4K11(10)fps11(10)fps11(10)fps

DXR機能を有効にした際の結果です。

ライティング・シャドウ・反射のフルセットなので、いずれの解像度でも平均60fpsを大きく下回ります

 

DXR+DLSS

 最高
フルHD77(73)fps80(74)fps95(83)fps
WQHD47(41)fps52(48)fps53(47)fps
4K35(33)fps39(36)fps40(36)fps

DXR機能とDLSS機能を同時に有効にした際の結果です。

fpsは劇的に向上しますが、平均60fpsを超えるのはフルHDまで。DLSSのみでパフォーマンスを上げるのがおすすめですね。

 

Cyberpunk 2077(サイバーパンク 2077)

大人気のオープンワールドアクションRPGですね。舞台となる2077年のアメリカ・カリフォルニアに位置する”ナイトシティ”では、テクノロジーが目覚ましく発展している一方、社会は混乱を極めており、まさにカオス。そんなナイトシティでの成功を企む主人公の”V(ヴィー)”を操り、様々なミッションに挑戦します。

ユニークなのはVの立ち位置を自分で選択できる点ですね。バックグラウンドは開始時点で決まっておらず、キャラクター作成時に3種類の”ライフパス”から選択できます。ライフパスによって大きくシナリオが変わることはありませんが、各種イベントや選択肢が変わり、バリエーションに幅を持たせているのは面白い試みです。

戦闘はFPSながら、RPG要素が大きく、格上の相手にはしっかり育成して臨む必要があります。武器や防具はもちろん、体内に埋め込む”サイバーウェア”をアップグレードしつつ、スキルを強化し、プレイスタイルによって柔軟にカスタマイズ可能。じっくり楽しめるRPGゲームに仕上がっています。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:ウルトラ/高/中(DXR”ウルトラ”/DLSS[フルHD&WQHD]”品質”・DLSS[4K]”パフォーマンス”)

  プレイモード:本編で市街地中心部を移動

 ウルトラ
フルHD62(57)fps75(69)fps81(73)fps
WQHD38(34)fps48(45)fps59(53)fps
4K15(11)fps23(21)fps31(27)fps

スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

他を圧倒するレベルのヘビー級ゲームなので、フルHDで平均60fps以上を超えるのがやっと。このゲームはDLSS前提なので、こればかりは仕方ありません。

 

DLSS

 ウルトラ
フルHD76(66)fps80(68)fps82(75)fps
WQHD50(45)fps74(68)fps80(72)fps
4K34(32)fps50(47)fps64(60)fps

DLSSを有効にした際のfpsです。

やはり4Kでの効果が大きく、約2倍もfpsが伸び、中設定では平均60fps以上を超えるようになります。が、画質がかなり落ちるので、実用的なのはやはりWQHDまでといったところです。このクラスのゲームをWQHDで動かせるのは、とても魅力的。

なお、対戦ゲームでもないので、平均70fps台もあれば十分楽しめます。

 

DXR

 ウルトラ
フルHD24(21)fps28(25)fps29(26)fps
WQHD15(13)fps17(16)fps19(16)fps
4K8(7)fps8(7)fps8(7)fps

DXRを有効にした際のfpsですが、元が重いのに加え、ライティング・シャドウ・反射フルセットなので、fpsが大幅に落ち込みます。動かすのもつらいレベルですね。

 

DXR+DLSS

 ウルトラ
フルHD46(41)fps49(45)fps52(47)fps
WQHD28(26)fps31(28)fps32(30)fps
4K23(19)fps24(20)fps25(22)fps

DXR+DLSSを有効にした際のfpsです。

4Kでの伸び幅は約3倍にもなりますが、いずれの設定でも平均60fpsには遠く及びません。DLSSのみでプレイしましょう。

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルは大容量の500GB SSDを搭載した、シングルストレージ構成となっています。編集用途なら、動画や画像の保存するHDDを追加して、SSD+HDDのデュアルストレージ構成にするのがおすすめ。なお、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプで、Western Digital製のものを搭載しています。

その実力ですが、シーケンシャル(連続データ)の読み書きは、2000MB/s以上をコンスタントにキープし、一部3000MB/sとまさに爆速。ランダムの読み書きも非常に速く、スタンダードクラスのSSDとは思えない、高いパフォーマンスを発揮します。

もちろんゲームの読み込みは早く、アプリの動作もサクサクで非常に快適です!

 

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

 

CPUの温度は、特に熱いP-コアで約40℃台と、しっかり冷却できています。グラボは、GPU温度が70℃台後半と低くなっていますが、ホットスポットは90℃を超えています。特に問題ない温度ではあるものの、ブロワファンタイプなので、冷却はちょっと弱いですね。

 

こちらは、CINEBENCH R23実行時の温度となります。

第12世代のCore i7は発熱が高いため、フルロード時では冷却が追い付かず、65W・約3GHzの安全運転モードになっています。CPUクーラーをカスタマイズできますが、同じ空冷式タイプなので、基本的にこのままでOK。

 

動作音

同じくFF14のベンチマークにて、実際の騒音値を測定してみました。※無響室・防音室での測定ではないので、あくまで参考までにどうぞ

 

ケースの左側面にて計測した結果です

50デシベルが一つの目安となりますが、ピーク時で52.2デシベルをマーク。CPUやグラボファンのノイズがやや気になる程度で、そこまでうるさく感じません。これだけファンを搭載してこのレベルなら、十分及第点ですね。

なお、アイドル時は48.7デシベルと、かすかにファンの音が聞こえるレベルで、非常に静かです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、動画編集であれば32GBメモリ、3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

まとめ&関連モデル

ケースの拡張性が高く、購入後にストレージを多く追加できるのは、編集用マシンとして大きな強みですね。また、大型CPUクーラーや機能性に優れたマザーボードなど、内容も充実しており、手堅い完成度を実現しています。

Core i7-12700とRTX 3060の高い性能で、あらゆる用途に対応でき、クリエイターPCならまずおすすめです。価格も19万円台と、ミドルタワーモデルにしては安く、コスパも◎。できれば、K付きCPUのオプションもあると、なおよかったですね。

 

 

raytrek(レイトレック) XF

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3070
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:224,980円(税込)~

このモデルをRTX 3070・32GBメモリにしたバージョンで、より性能にこだわるならおすすめ。RTX 3060ほどではありませんが、VRAMは8GBと多めに搭載しています。また、最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源を搭載しているのもポイントです。

 

あわせて知りたい

3ステップ+αでわかるデスクトップPC

 

おすすめショップ&モデル

タイトルとURLをコピーしました