ぜひ知っておきたい!デスクトップパソコンのOSやオフィスの選び方を徹底解説

ハードだけではなく、OS(Windows)やオフィスソフトの知識もノートパソコン選びには欠かせません。特にオフィスソフトは、ライセンスや使えるソフトの違いでかなりバリエーションが豊富。ややこしいですが、この機会にしっかりマスターしましょう。

 

OS(Windows)

OSとは

OSは「Operation System」の略で、パソコン上でブラウザやゲームなど、各種プログラムを動かすのに必要な、ベースとなるシステムソフトウェアです。

OSの種類としては、誰もが知ってるWindowsのほか、AppleのMacOSやフリーのLinuxなどがあります。OSはWindows一強ということもあり、各ショップでも取扱いは基本的に”Windows 10・11”のみとなっています。

 

HomeとProとの違い

各ショップでは、ベーシックな”Homeエディション”のほか、”Proエディション”を搭載したモデルが販売されています。割高になるProバージョンを選ぶ必要があるのか。機能をチェックしてみましょう。

 

 機能
Windows Home・Microsoft Edge
IE(Internet Explorer)に代わる高速ブラウザ

・Windows Hello
Windows標準の指紋・顔認証システム

・Continium
タブレットにもPCにもなる2 in 1 PC用の機能で、画面と
キーボードを分離すると、タッチパネルモードに自動に
切り替わる機能

・Cortana
iOSの「Siri」に似た、音声アシスタントシステム。

Windows ProHomeの機能は標準搭載

【追加機能】
・Windows Update for Buisiness
任意のタイミングで、Windowsの更新プログラムを適用
することができる

・Windows Remote Desktop
遠隔地のPCを操作することができる

・Bitlocker
内蔵・外付けハードディスクや、フラッシュメモリなどを
暗号化し、データを保護する

・Hyper-V
Windows 10上で、仮想環境を作ることができます。例えば、
Windows 7をWindows 10上で動かすことも可能に

・Buisiness Store for Windows 10
ビジネス向けのアプリを取り扱うストアにアクセスできる

わかる人にはわかる玄人向けのPro機能。はっきり言うと、普段使いではまず使わないのでHomeで十分です

 

Office

ワード・エクセル・パワーポイントなど、プレゼンや書類の作成に必要不可欠なオフィスソフト。各ショップでは「Microsoft Office」と「KINGSOFT WPS Office」の2種類が用意されています。

 

Microsoft Office

これはもはや説明の必要もないでしょう。ビジネスや教育の場でおなじみの、Microsoft謹製のオフィスソフトです。PCと一緒に購入できるのは、”Office 2021&Office 2019”となります。

 

Office 2021とOffice 2019の違い

Office 2021はOffice 2019の進化版で、機能がさらに充実しています。Office2021で新たに追加された機能をピックアップしてみました。

主に、視覚的に訴える機能が強化されており、より見やすく操作性が向上しています

 

 Office 2021で追加された機能
Outlook翻訳・検索機能が強化
・70を超える言語の翻訳
・メール画像に注釈、キャンパス描写
・検索バーからのクイック検索
Exel新しい関数の追加
・左側も、右側も検索… XLOOKUP
・動的配列
・LET 関数
・XMATCH 関数
PowerPoint翻訳・検索機能が強化
・スライドショーの記録(ビデオ録画、インク、レーザーポインター)
・インクストローク再生
・スクリーンリーダー用スライド要素の配置
その他・Microsoft Searchによるドキュメント検索の強化
・OpenDocument 形式(ODF)1.3 のサポート
・視覚効果、描写の更新

 

ライセンス

各PCショップでは、「プリインストール版」と呼ばれる、インストールされたパソコン限定のライセンスが用意されています。ポイントは次の4つです。

  • 契約タイプ:買い切り(永続ライセンス)
  • 販売タイプ:プリインストール(はじめからパソコンにインストール済み)
  • 最新バージョンへのアップグレード不可
  • インストールされたPCのみ有効

なお、最新バージョンへのアップグレード不可というのは、例えばOffice2019→Office2021のようなバージョンアップができないという意味です。

 

カスタマイズ価格

価格はOffice 2021とOffice 2019ではほぼ変わらないので、基本的にはOffice 2021を選べばOK。もちろんWindows 10でも使えます。

価格は一例です。メーカーによっては、PC+Officeがセットでおトクに販売されている場合があります。

 icon-check-circleOffice 2021(プリインストール版)

 Office 2021
Personal
(W/E/O)
Office 2021
Home & Business
(W/E/O/P/N)
Office 2021
Professional
(W/E/O/P/N/Pu/A)
NEC24,200円25,300円
富士通24,200円
レノボ26,400円31,900円
Dell22,000円33,000円50,600円
マウス22,000円27,500円55,000円
ドスパラ22,000円27,500円53,900円
パソコン工房20,900円27,500円49,500円

 icon-info アプリ略号
W:Word E:Exel O:Outlook P:Powerpoint N:OneNote Pu:Publisher(Windows PCのみ) A:Access(Windows PCのみ)

 

別のライセンスのほうが安くなることも

マイクロソフトオフィスのライセンスは複雑になっており、1ヶ月や1年の短期間でしか使わない場合には、別のライセンスを購入したほうが安くすみます。

また、他のPC・タブレットでも使いたい場合にはプリインストール版では対応できないので、別のライセンスを購入する必要があります。

その他、大学生であれば格安・無料のライセンスが使える場合もあります。詳しくは関連記事をチェック!

 

 

KINGSOFT WPS Office

これはキングソフトのMicrosoft Officeの互換ソフトで、ワープロの”Writer”、表計算ソフトの”Spreadsheets”、プレゼンソフトの”Presentation”計3つのソフトで構成されています。

 

現行では3つのバージョンが販売されており、基本的にはStandardでOK

  • StandardWriter・Spreadsheets・Presentationをセットにした基本プラン
  • Gold:Standardにプログラミング言語のVBA対応+12種類のフォントを同梱
  • Platinum:Standardにプログラミング言語のVBA対応+35種類のフォントを同梱

肝心の価格ですが、互換ソフトなのでとても安い!さらにいずれの製品でも、Windows PC1台+スマートフォンやタブレット端末(Android/iOS)2台の合計3台にインストールすることができ、コスパはとても高くなっています。

もちろん互換性もしっかり確保されており、「docx」「xlsx」「pptx」の新しいファイル形式に完全対応しています

なお実際の使用感としては、個人レベルなら十分使えるレベルですが、マクロ周りの互換性にやや不安があるので、ビジネス利用では素直にMicrosoft Officeをおすすめします。

 

カスタマイズ価格

一部ショップにて、Standard版のみ取扱があります。

 

 WPS Office
Standard
WPS Office
Gold
WPS Office
Platinum
ドスパラ2,800円
マウス2,900円
富士通5,940円
HP4,200円

 

あわせて知りたい

3ステップ+αでわかるデスクトップPC

 

おすすめショップ&モデル

タイトルとURLをコピーしました