RTX 3050搭載おすすめゲーミングノート 予算重視ならおすすめ!フルHDでのゲーミングに最適なエントリーモデル

  • GTX 1650から約40%性能が向上し、フルHDでのゲーミングに最適
  • RTX 3050 Tiとの差は約10~20%と大きく、予算重視ならおすすめ
  • 搭載パソコンの予算目安は12~15万円台

NVIDIAの最新世代となる”Ampere”に、ようやくエントリークラスのGPUが登場。RTXシリーズに格上げされたRTX 3050の実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 3050のスペックまとめ

RTX 3050の特徴と性能をサクッとチェックしてみましょう。

リアルタイムレイトレーシング対応

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAのRTXシリーズを搭載。

RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらに、RTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載。AI機能を活用したアップスケーリング&アンチエイリアス技術の”DLSSモード”で、対応したゲームであればより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

RTX 3050の性能をチェック

 RTX 3060RTX 3050 Ti
RTX 3050RTX 2060GTX 1660 TiGTX 1650 TiGTX 1650
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereTuringTuringTuringTuring
製造プロセス8nm8nm8nm12nm12nm12nm12nm
CUDAコア数3840基2560基2048基1920基1536基1024基1024基
動作クロック1283MHz1035MHz1057MHz960MHz1140MHz1350MHz1395MHz
ブーストクロック1703MHz1695MHz1740MHz1200MHz1590MHz1450MHz1560MHz
メモリータイプGDDR6-14000MHzGDDR6-12000MHzGDDR6-12000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-12000MHzGDDR6-12000MHzGDDR5
GDDR6
8000MHz
メモリーインターフェース192bit128bit128bit192bit192bit128bit128bit
メモリーバス幅336GB/s192GB/s192GB/s336GB/s 288GB/s192GB/s128GB/s
メモリー搭載量6GB4GB4GB6GB6GB4GB4GB
TGP60~115W35~95W35~95W65~115W60~80W50~80W35~50W

RTX 3050は、GTX 1650の上位となるエントリークラスのGPUです。ついにこのグレードでも、RTXシリーズに格上げされました。

性能の要となるCUDAコアは、RTX 1650から倍増。VRAM(グラフィックメモリ)はGDDR6に統一され、メモリーバス幅が192GB/sと広くなり、足回りもしっかり強化されています。ただ、VRAM容量が4GBで、メモリーインターフェースも128bitのままと、エントリークラスらしさは変わらずといったところですね。

最近ではVRAMを多く使うゲームが増えており、容量はGTX 1660 TiやRTX 3060クラス、6GBあるとやはり安心。ゲームによっては、グラフィック設定を妥協する必要があり、その辺りは割り切りが必要です。

以下、毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

 

まず、DirectX 11・フルHD相当のテスト・Fire Strikeをチェック。

仕様ほどにはいかないものの、GTX 1650から約32%性能が向上。スコア12000台をマークしており、エントリークラスにしては頼もしい性能となっています。

ただ、前世代のミドルクラスGPU・GTX 1660 Tiとの差は約18%と、やや大きめとなっており、フルHDでのゲーミングにはやや物足りない印象です。パフォーマンス重視なら、RTX 3050 Ti以上はやはりほしいところ。RTX 3050との差は約8%程度ですが、その違いは小さいようで、かなり大きいですね。

 

次に、DirectX 12・WQHD相当のテスト・Time Spyをチェック。

GTX 1650よりも約39%高いスコアをマークしており、Fire Strikeと同じような傾向となっています。上位のGTX 1660 Tiとの差は約17%と、こちらもほぼ同じ。ただし、RTX 3050 Tiのスコアの伸びが良く、約16%差とやや開きます。

Fire Strike・Time Spyともに、省エネバージョンのMax-Q版GTX 1660 Tiを下回っているので、やはりRTX 3050 Tiをまず選びたいところですね。

 

DXR機能テスト・Port Royalの結果をまとめたものとなります。

DXRは負荷がとにかく重く、目安としてはスコア4000以上をキープしたいところ。また、最新ゲームでは、以前とは比較にならないほどDXRの負荷が激増しており、スコアは6000以上が理想的です。

が、RTX 3050はあくまでもエントリークラスということで、DXR性能は最低限。スコア1000にも届かず、実質DLSS専用といったところですね

 

結局RTX 3050はどうなの?

コアの増加が性能に直結し、GTX 1650から約40%近く性能が向上し、フルHDでのゲーミングに最適な性能に進化しています。DLSSに対応したゲームであれば、性能を底上げできるのもポイントです。とはいうものの、Max-Q版GTX 1660 Tiを下回る性能なので、まずはRTX 3050 Tiがおすすめ

価格は12万円台~となっており、13万円~のRTX 3050 Tiよりも割安。予算重視ならRTX 3050もありといったところです。

 

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R23の結果となります。

 

最近ではCPUの性能が飛躍的に向上しており、ゲーム目的なら6コア12スレッドのCore i5やRyzen 5もあれば十分です

ただし、より多くのコア・スレッドに最適化されたゲームも多くなってきているので、フレームレートにこだわるのであれば、8コア16スレッドのCore i7やRyzen 7以上がおすすめ。もちろん、動画や画像編集などクリエイティブ作業もはかどります。

 

CPUにはインテルとAMD製CPUがありますが、性能重視なら第12世代インテルCPUがおすすめ

第12世代では設計を一新し、性能重視のP-コアと電力効率重視のE-コアの2タイプを搭載。タスクによって各コアを使い分け、場合によっては併用することにより、効率よく処理できるのが強みです。また、コア・スレッド数そのものも増えており、ライバルのRyzen 5000&6000シリーズを凌ぐ、高いパフォーマンスを発揮します。

 

なお、予算重視ならRyzen 5000&6000シリーズがおすすめ。第11世代インテルCPUと同等の性能でありながら、価格が安く、コスパに優れています。

ちなみに、Ryzen 6000シリーズは、5000シリーズのリフレッシュ版です。製造プロセスの微細化、内蔵グラフィックの強化、動作クロックの向上など、マイナーチェンジ程度になっており、若干の性能向上にとどまっています。

 

RTX 3050搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適な、スタンダードの15インチモデル

 IdeaPad Gaming 370[RTX 3050搭載モデル](レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.1インチ WUXGA ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Ryzen 5 6600H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】181,500円127,050円(税・送料込)~

大画面×165Hzディスプレイのコスパモデル

ノート用のAMD第6世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 6600HとRTX 3050を搭載した、予算重視のフルHD推奨モデル。16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載しています。

このモデルでは、16インチ×165Hzディスプレイの大画面・超高速ディスプレイを搭載し、上のモデルよりグレードが高いのがポイント。もちろん、白色LED内蔵キーボードをしっかり搭載しています。

クオリティにできるだけこだわるなら、このモデルがおすすめです。

高性能の第12世代インテルCPU搭載モデルはこちら>>>IdeaPad Gaming 370i icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

このモデルではカスタマイズできません。

 

 Victus 16-e1000[RTX 3050搭載モデル](HP)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.1インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Ryzen 5 6600H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【キャンペーンでさらにおトク】209,000円(税込)~

大画面の低価格モデル

ノート用のAMD第6世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 6600HとRTX 3050を搭載した、予算重視のフルHD推奨モデル。16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載しています。

このモデルの最大のポイントは、16.1インチディスプレイを搭載している点。一般的な15.6インチよりも一回り大きく、迫力のある大画面でゲームを楽しむことができます。もちろん、装備も充実しており、白色LED内蔵キーボードや144Hzディスプレイをしっかり搭載。

ディスプレイの大きさにこだわるなら、このモデルがおすすめです。

高性能の第12世代インテルCPU搭載モデルはこちら>>>Victus 16-d1000 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

このモデルではカスタマイズできません。

 

 Dell G15 5525 プレミアム[Ryzen 5・RTX 3050搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 120Hz
■CPU:Ryzen 5 6600H
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】159,980円127,984円(税・送料込)~

※実機ではCore i7&RTX 3060を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

選べるカラバリが魅力のモデル

ノート用のAMD第6世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 6600HとRTX 3050を搭載した、予算重視のフルHD推奨モデル。

16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、高速の120Hzディスプレイや白色LED内蔵キーボードを搭載しており、とても実用的な内容となっています。

さらに、このモデルはカラバリが用意され、ファントムグレー・ダークグレー・スペクターグリーンの3色が用意されています。特にグリーンは珍しい色合いで、ミリタリー風のカラバリモデルが欲しい方にもおすすめです。

高性能の第12世代インテルCPU搭載モデルはこちら>>>Dell G15 5520 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

このモデルではカスタマイズできません。

 

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

TUF Gaming A17 FA707RC(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Ryzen 7 6800H
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 3050
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:154,800円(税込)~

貴重な大画面モデル

ノート用のAMD第6世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 6800HとRTX 3050を搭載した、予算重視のフルHD推奨モデル。

16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載。もちろん、高速の144Hzディスプレイとフルカラーキーボードもしっかり装備しています。やや高めではありますが、数少ない17インチモデルとしておすすめ。

なお、このモデルはASUSの”TUFシリーズ”ということで、耐久性に優れているのもポイント。アメリカの軍事装備規格”MIL規格”に適合しており、過酷な環境での使用テストをクリアしています。ハードに使うゲーミングノートとの相性もバツグンで、安心して使うことができます。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルではカスタマイズできません。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのGPUもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、10月25日午前13時59分まで''オータムセール''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おトク...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントキャンペーン キャンペーン&エント...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 秋の大感謝セー...
FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCセール情報
直販セールサイト BTOパソコンの真価はセールにあり!圧倒的な低価格&コスパの高さを誇る、FRONTIERのセール情報をチェックしてみましょう。 FRONTIER CUP開催記念セール Ryzenシリーズが激安!10月7日午後...
タイトルとURLをコピーしました