GTX 1650搭載おすすめゲーミングノート 予算重視ならまずコレ!大幅にパワーアップしたフルHD入門モデル

  • 最大約2倍!GTX 1050から大幅にパワーアップ
  • GTX 1060には届かず、フルHD入門に最適な性能
  • 搭載パソコンの予算目安は8~12万円

”Turing世代”にもGTXシリーズがついに登場!ド安定のフルHD性能を誇る、新世代のミドルクラスGPUの性能をチェックしてみましょう。

 

GTX 1650のスペックまとめ

 RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2070RTX 2060GTX 1660 Ti
GTX 1650 Ti
GTX 1650
CUDAコア数3072基2560基2304基1920基1536基1024基1024基
動作クロック1080MHz1155MHz1125MHz1185MHz1335MHz1200MHz1125MHz
ブーストクロック1560MHz1380MHz1455MHz1560MHz1590MHz1485MHz1560MHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR5
メモリーインターフェース256bit256bit256bit192bit192bit128bit128bit
メモリーバス幅448GB/s448GB/s448GB/s336GB/s288GB/s192GB/s128GB/s
メモリー搭載量8GB8GB8GB6GB6GB4GB4GB
TGP80~150W80~115W80~115W65~115W60~80W35~55W30~50W

GTX 1650は、最新の”Turing世代”で一番下のポジションとなる、エントリークラスのGPUです。VRAM(グラフィックメモリ)は前世代のGDDR5で、容量は4GBと最低限の内容となっています。VRAM4GBということで、DXR(リアルタイムレイトレーシング)には非対応となっています。

毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

 

一番下のポジションではありますが、前世代のエントリークラスGPU・GTX 1050に対し、Fire Strikeでは約153%、Time Spyでは約210%と大幅にパワーアップ。最新規格のDirectX 12をベースとしたTime Spyで2倍以上の差をつけているのは、さすが最新世代といったところ。

ただし、ミドルクラスのGTX 1660 Tiに対しては、約63%と大きく差が開いており、またVRAMが4GBと少ないので、最新のゲームを動かすにはやや厳しい性能となっています。前世代からしっかり強化されましたが、あくまでも入門クラスの域を出ず、従来の軽めのゲームに最適な性能となっています

 

ちなみに、GTX 1650には”Max-Q版”が用意されています。これはスリムモデルなど冷却に余裕のないモデルに向けて開発された、いわば省エネ・低発熱バージョンのこと。

オリジナルのGTX 1650と基本的な仕様は共通していますが、Max-Qでは動作クロックが下げられており、低発熱とのトレードオフで、性能は低め。ただし、最近では最適化がしっかりされており、実際のゲームでは通常版に近いパフォーマンスを発揮します

 

参考までに、GTX 1650~RTX 2060までの性能目安をまとめると以下のような感じですー

  • RTX 2060:ド安定のフルHD性能&DXR入門
  • GTX 1660 Ti:ド安定のフルHD性能
  • Radeon RX 5600M:フルHD推奨スペック
  • GTX 1650 Ti:フルHD入門の性能
  • GTX 1650&GTX 1050:フルHD入門スペック

 

結局GTX 1650はどうなの?

大幅にパフォーマンスが向上し、従来のゲームをフルHDで快適に楽しめる性能に進化しています。価格も8万円台~とお手頃な価格設定で、予算重視ならまずおすすめ。

ただし、最近ではゲームのグラフィック負荷が飛躍的に向上しており、最新のゲームをまんべんなくということであれば、GTX 1660 Tiは最低でも欲しいところ

 

GTX 1650搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適な、スタンダードの15インチモデル

 Dell G3 プレミアム[GTX 1650搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-10300H
■メモリ:8GB(DDR4-2933)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】109,980円87,984円(税別・送料込)~

※実機モデルは第9世代Core i7を搭載しています。

8万円台の格安モデル

ノート用のインテル第10世代4コア8スレッドCPU・Core i5-10300HとGTX 1650を搭載した、フルHD入門モデル。8GBメモリに大容量の512GB SSDのポイントをおさえた初期構成で、もちろんSSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプとなっています。

装備も充実しており、指紋認証センサーや白色LED内蔵キーボードを搭載し8万円台とコスパばつぐん!ちなみに、約10万円でCore i7搭載モデルも用意されており、動画や画像編集などでも使うのであればおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

 

 Dell G3 プレミアム[120Hz・SSD+HDD・GTX 1650搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 120Hz
■CPU:Core i5-10300H
■メモリ:8GB(DDR4-2933)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】114,980円91,984円(税別・送料込)~

※実機モデルは第9世代Core i7を搭載しています。

120Hzディスプレイ搭載モデル

上のモデルに高速の120Hzディスプレイを搭載したモデル。通常の60Hzディスプレイに比べ、1秒間に描写できる映像は2倍なので、よりスムーズに映像を描写することができます。特に、高い精度が求められるFPSゲームに最適です。

ただ、SSDの容量が256GBとやや心もとないのがネック。最近のゲームは容量そのものが増えているため、500GB以上はできればほしいところです。

 

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

 

 G-Tune P5(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB
■価格:119,800円(税別)~

※実機モデルは型番変更前のものとなります。

保証込みで考えるならおすすめ

ノート用のインテル第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとGTX 1650を搭載した、フルHD入門+αのモデル。

8GBメモリにSSDのみのシンプルな初期構成となっており、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載するこだわりよう。もちろんフルカラーキーボードを搭載しています。

G-Tuneは保証の価格が安いので、それ込みで考えるならおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

編集用なら16GBメモリ&デュアルストレージにするのがおすすめですが、エントリークラスモデルということで、割り切ってしまうのもあり。

 icon-check-circleG-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

Lenovo Legion Y540 スタンダード(レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300HF
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】180,400円119,064円(税・送料込)~

※実機モデルはCore i7&GTX 1660 Tiを搭載しています。

144Hzディスプレイ搭載のコスパモデル

ノート用のインテル第9世代4コア8スレッドCPU・Core i5-9300HとGTX 1650を搭載した、フルHD入門+αのモデル。そもそもGTX 1650の17インチモデルがほとんどなく、これ一択という状況です。

8GBメモリにSSDのみのシンプルな初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプをしっかり採用。さらに白色LED内蔵キーボードや高速の144Hzディスプレイを搭載し、エントリーモデルにしては内容が充実しています。

コスパに優れたモデルですが、キーボードが英語配列という点に注意!

 

おすすめカスタマイズ

エントリーモデルということで、このまま割り切ってしまうのもあり。優先的にカスタマイズするならSSDですね。最近ではゲームの容量も飛躍的に増えており、500GBいじょうあると安心です。

CPUはフルHDでのゲーミングレベルであれば、Core i5のままでも十分。動画・画像編集など編集用途でも使うなら、Core i7や16GBメモリ、HDDを追加してデュアルストレージにするのもいいでしょう。

 

 icon-check-circle プロセッサー
・Intel Core i7-9750H Processor
⇒6コア12スレッドの高性能CPUです。より高いフレームレートで安定性を重視する場合や、編集用途でも使うのであればカスタマイズがおすすめ。

 icon-check-circle メモリー
・16GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (8GBx2)

 icon-check-circle 1st ハード・ディスク・ドライブ
・1TB ハードディスクドライブ 5400rpm 2.5インチ 7mm
・2TB ハードディスクドライブ 5400rpm 2.5インチ 7mm

 icon-check-circle 2nd ハード・ディスク・ドライブ
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe)

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

ノート

デスクトップ

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは現在、おトクな3大キャンペーンを実施中。コ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました