GTX 1650搭載おすすめゲーミングノート 予算重視ならまずコレ!大幅にパワーアップしたフルHD入門モデル

  • 最大約2倍!GTX 1050から大幅にパワーアップ
  • GTX 1060には届かず、フルHD入門に最適な性能
  • 搭載パソコンの予算目安は11~14万円

”Turing世代”にもGTXシリーズがついに登場!ド安定のフルHD性能を誇る、新世代のミドルクラスGPUの性能をチェックしてみましょう。

GTX 1650のスペックまとめ

GTX 1650はGTX 1050・GTX 1050 Tiの後継となる、エントリークラスのGPUです。Turing世代ではありますが、RTXシリーズではないので、DXR(リアルタイムレイトレーシング)に対応できる性能は持ち合わせていません。

毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

GTX 1650はGTX 1050に対しFireStrikeでは約152%、TimeSpyでは約210%の性能と大幅にパワーアップ。上位のGTX 1050 Tiに対しても、FireStrikeでは約117%、TimeSpyでは約150%としっかり差をつけています。

ただGTX 1060には及ばず、フルHD入門GPUというポジションはやはり変わらないといったところですね。

現状ではエントリー~ミドルクラスのGPUが新旧入り乱れ、ややこしくなっているので、性能目安をまとめてみましたー

  • RTX 2060:ド安定のフルHD性能&DXR入門
  • GTX 1660 Ti:ド安定のフルHD性能
  • GTX 1060:フルHD推奨スペック
  • GTX 1650:フルHD入門の性能
  • GTX 1050&1050 Ti:フルHD入門スペック

icon-star 実機レビューもあわせてどうぞ

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5350SA1をレビュー GTX 1650搭載!ワンランク上のクオリティが光る新世代のエントリークラスモデル
今回はG-Tuneの【NEXTGEAR-NOTE i5350SA1】をお借りしました。 NVIDIAの最新エントリークラスGPU・...

結局GTX 1650はどうなの?

大幅にパフォーマンスが向上し、従来のゲームをフルHDで快適に楽しめる性能に進化しています。価格も11万円台~とお手頃な価格設定で、GTX 1050やGTX 1050 Tiの終息が近いということもあり、予算重視ならまずおすすめ。

ただし、最近ではゲームのグラフィック負荷が飛躍的に向上しており、最新のゲームをまんべんなくということであれば、GTX 1660 Tiは最低でも欲しいところ

GTX 1650搭載のおすすめゲーミングノート

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適な、スタンダードの15インチモデル

New Dell G3 プラチナ[GTX 1650搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
146,980円117,584円(税別・送料込)~

低価格&高いコスパが自慢のモデル

ノート用の第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとGTX 1650を搭載した、フルHD入門+αのモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっており、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載するこだわりようです。この内容で11万円台とはまさに圧倒的!

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

【カスタマイズ可能】Lenovo Legion Y540 スタンダード(レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
168,480円116,251円(税・送料込)~

144Hzディスプレイ搭載のコスパモデル

ノート用の第9世代4コア8スレッドCPU・Core i5-9300HとGTX 1650を搭載した、フルHD入門+αのモデル。8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載するこだわりよう。

最大の特長は、高速の144Hzディスプレイを搭載していること。1秒間に描写できる回数は、通常の60Hzモニターの2倍以上!描写回数が多い分、ぬるぬる滑らか。その差は一目瞭然で、FPSゲームでの視点移動がとてもスムーズになり、プレイの精度がグッと上がります。

さらに、このモデルではキーボードに白色LEDが内蔵されており、華やかに光ります。ゲーミングモデルらしさを求めるならおすすめ。

icon-info-circle 赤色LED内蔵キーボードを搭載した、兄弟モデルはこちら>>>Lenovo Legion Y7000 icon-external-link

おすすめカスタマイズ

ノートはメインメモリを多く使いがちなので、メモリのカスタマイズがおすすめ。また、最近ではゲームの容量も飛躍的に増えており、SSDの容量を増やしておくとより安心。

CPUはフルHDでのゲーミングレベルであれば、Core i5のままでも十分。動画・画像編集など編集用途でも使うなら、Core i7にするのもいいでしょう。

icon-check-circle プロセッサー
・Intel Core i7-9750H Processor
⇒フルHDレベルであればCore i5でも十分ですが、より高いフレームレートで安定性を重視する場合や、編集用途でも使うのであればカスタマイズがおすすめ。

icon-check-circle メモリー
・16GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (8GBx2)

icon-check-circle 1st ハード・ディスク・ドライブ
・2TB Hard Drive, 5400RPM, 2.5″

icon-check-circle 2nd ハード・ディスク・ドライブ
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe)

LEVEL-15FX064-i7-RFSX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■価格:129,800円(税別)~

フルカラーキーボード搭載モデル

ノート用の第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとGTX 1650を搭載した、フルHD入門+αのモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載するこだわりよう。また、SSDの容量が500GBもあるので、ゲームを多くインストールできるのもいいですね。

上の2モデルとは異なり、フルカラーキーボードを搭載しています。華やかさは段違いなので、見た目にこだわる方におすすめ。

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要です。HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに保存する使い分けができ、とても便利です。

icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:149,800円(税別)~

保証込みで考えるならおすすめ

ノート用の第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとGTX 1650を搭載した、フルHD入門+αのモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっており、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載するこだわりよう。もちろんフルカラーキーボードを搭載しています。

G-Tuneは保証の価格が安いので、それ込みで考えるならおすすめです。

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要です。ストレージ容量が足りなければ増やすのもいいでしょう。

icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

【カスタマイズ可能】Lenovo Legion Y540 スタンダード(レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
177,120円115,128円(税・送料込)~

17インチならこれ一択

こちらも先に紹介した【Lenovo Legion Y540 15インチ】の17インチバージョンです。そもそも17インチモデルがほとんどなく、これ一択という状況です。なお、キーボードが英語配列という点に注意!

おすすめカスタマイズ

ノートはメインメモリを多く使いがちなので、メモリのカスタマイズがおすすめ。また、最近ではゲームの容量も飛躍的に増えており、SSDの容量を増やしておくとより安心。

CPUはフルHDでのゲーミングレベルであれば、Core i5のままでも十分。動画・画像編集など編集用途でも使うなら、Core i7にするのもいいでしょう。

icon-check-circle プロセッサー
・Intel Core i7-9750H Processor
⇒フルHDレベルであればCore i5でも十分ですが、より高いフレームレートで安定性を重視する場合や、編集用途でも使うのであればカスタマイズがおすすめ。

icon-check-circle メモリー
・16GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (8GBx2)

icon-check-circle 1st ハード・ディスク・ドライブ
・2TB Hard Drive, 5400RPM, 2.5″

icon-check-circle 2nd ハード・ディスク・ドライブ
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe)

icon-exclamation-circleゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
各GPU別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルをメインに紹介しています。 ...

関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

ノート

デスクトップ

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグ...

シェアする

フォローする