RTX 4070搭載おすすめゲーミングノート DLSS 3対応!WQHDでのゲーミングに最適なハイスペックモデル

  • RTX 3080並みの性能で、WQHDで高い安定感を発揮
  • DLSS 3対応ゲームであればさらにパフォーマンスアップ
  • 搭載パソコンの予算目安は21~35万円台

RTX 4000シリーズにもゲーミングノートがついに登場。前世代のハイエンドクラスに進化したハイスペックGPU・RTX 4070の実力とおすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

目次

RTX 4070のスペックまとめ

RTX 4070の特徴と性能をサクッとチェックしてみましょう。

レイトレーシング&DLSS対応

RTXシリーズでは、”RTコア”と”Tensorコア”を搭載しています。

 

RTコアは”レイトレーシング技術(RT)”に対応しており、反射・影・ライティングなどをリアルに再現可能。ゲームでのイメージを見てもわかるように、炎の描写が車体にもしっかり表現され、従来よりもさらに臨場感が増しています。

また、AI機能のTensorコアは”DLSSモード”に対応しており、低い解像度でレンダリングした映像をアップスケーリングし、さらにアンチエイリアスを最適化することで、フレームレートを大幅に向上させることができます。ゲームの快適性が目に見えて上がり、とても便利。

そのほか、RTXシリーズはOptiXにも対応しているのもポイント。Blenderなどの3DCG作成ソフトでは、RTコアを活用した高速レンダリングや、Tensorコアを活用した高速のノイズ除去機能を搭載し、ヘビーなCG作成作業で高いパフォーマンスを発揮します。

 

DLSS 3で大幅にパフォーマンスアップ

RTX 4000シリーズ最大の武器は、最新の”DLSS 3”に対応していること

GPUコアに内蔵された”Optical Flow Accelerator”を使い、映像のフレーム間に中間フレームを補完することで、描写の負荷を大きく軽減し、フレームレートを大幅に上げることが可能。

ウルトラヘビー級のゲーム・Cyberpunk 2077では、約4倍以上もパフォーマンスが向上するなど、RTX 3000シリーズに対し大きなアドバンテージとなっています。

 

RTX 4070の性能をチェック

  RTX 4070 RTX 4060
RTX 4050 RTX 3070 Ti RTX 3060
RTX 3050 Ti
アーキテクチャ Ada Lovelace
(AD106)
Ada Lovelace
(AD107)
Ada Lovelace
(AD107)
Ampere
(GA104)
Ampere
(GA106)
Ampere
(GA107)
製造プロセス 4nm 4nm 4nm 8nm 8nm 8nm
CUDAコア数 4608基 3072基 2560基 5888基 3840基 2560基
RTコア数 36基 24基 20基 46基 30基 20基
Tensorコア数 144基 96基 80基 184基 120基 80基
動作クロック 1395MHz 1470MHz 1605MHz 915MHz 817MHz 1222MHz
ブーストクロック 2176MHz 2370MHz 2370MHz 1480MHz 1702MHz 1485MHz
メモリータイプ GDDR6-16000MHz GDDR6-16000MHz GDDR6-16000MHz GDDR6-14000MHz GDDR6-14000MHz GDDR6-12000MHz
メモリーインターフェース 128bit 128bit 96bit 256bit 192bit 128bit
メモリーバス幅 256GB/s 256GB/s 192GB/s 448GB/s 336GB/s 192GB/s
メモリー搭載量 8GB 8GB 6GB 8GB 6GB 4GB
L2キャッシュ 32MB 32MB 12MB 4MB 3MB 2MB
TGP 35~115W 35~115W 35~115W 80~125W 60~115W 35~80W

RTX 4070は、RTX 3070 Tiの上位バージョンとなるハイスペックGPUです。

仕様をチェックすると、RTX 4060と同じく全体的に前世代からグレードダウンしていますね。性能の要となるCUDAコアはRTX 3060比で約78%と少なくなり、メモリーインターフェースやバス幅もエントリークラスレベルに削減されています。

ただし、トランジスタ数の増加や動作クロックの引き上げに加え、メモリーは大容量のL2キャッシュでカバーしているので、トータルでは大幅にパワーアップ。メモリー容量(VRAM)も8GB搭載しているので、最新ゲームにもしっかり対応できます。

以下、毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

 

まず、DirectX 11・フルHD相当のテスト・Fire Strikeをチェック。

実際の性能ですが、RTX 3070 Tiから約4%高いスコアにとどまり、RTX 4060との差も約7%と小さくなっています。RTX 4060に比べ性能伸びがかなり悪く、最適化不足の感じがします。。

それでも前世代のハイエンドクラスとなるRTX 3080に匹敵する性能となっており、WQHDで高い安定感を発揮します。

 

次に、DirectX 12・WQHD相当のテスト・Time Spyをチェック。

Fire Strikeよりもスコアが伸びますが、それでもRTX 3070 Tiとの差は約8%にとどまっています。なお、RTX 4060との差は約14%と拡大し、高解像度だとRTX 4070が有利といったところ。

なお、デスクトップのグラボで例えるなら、RTX 3060 Tiレベルということで、WQHDでパフォーマンスを重視するならおすすめですね

 

 RT機能テスト・Port Royalの結果をまとめたものとなります。

RTX 3070 Tiとの差は約8%と小さいものの、RTX 3080とほぼ同等ということで、レイトレーシングでのゲーミングに対応できます。なお、RTX 4060との差は約21%にまで拡大し、ハイスペックモデルらしくレイトレーシング性能は頭一つ抜けています。

先にも紹介した通り、RTX 4000シリーズはDLSS 3に対応していることもあり、レイトレーシングのハードルはだいぶ下がっていますね。

 

 icon-star 実際のゲーミング性能をチェック

あわせて読みたい
Alienware M16・M18 R1をレビュー Core i9-13900HX&RTX 4070搭載!SF風のデザインが光る本格派のゲーミ... 今回はデルの【Alienware M16・M18 R1(Core i9・RTX 4070搭載)】をお借りしました。 他社とは一線を画すユニークなボディに、Core i9とRTX 4070を搭載した、ハイクオリ...

 

RTX 4070まとめ

RTX 4060に比べ性能の伸びが悪く、RTX 3070 Tiとの差は10%以内とだいぶ控えめ。それでも、RTX 3080と同等の性能ということで、WQHDで高い安定感を発揮し、レイトレーシングでのゲーミングにも対応できます

なお、搭載モデルの価格は20万円オーバーと高め。RTX 4060との性能差があまり大きくないので、少しでも性能にこだわるならおすすめといったところですね。

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R23の結果となります。

 

最近ではCPUの性能が飛躍的に向上しており、ゲーム目的ならCore i5やRyzen 5で十分です

ただし、より多くのコア・スレッドに最適化されたゲームも多くなってきているので、フレームレートにこだわるのであれば、8コア16スレッドのCore i7やRyzen 7以上がおすすめ。もちろん、動画や画像編集などクリエイティブ作業もはかどります。

 

CPUにはインテルとAMD製CPUがありますが、性能重視なら基本的にインテルCPU、特にHXシリーズがおすすめ

第12世代から設計を一新し、性能重視のP-コアと電力効率重視のE-コアの2タイプを搭載。タスクによって各コアを使い分け、場合によっては併用することにより、効率よく処理できるのが強みです。ハイエンドのHXシリーズではコア・スレッド数がさらに増え、より高いパフォーマンスを発揮します。

ライバルのRyzenシリーズとの差は一目瞭然。ミドルクラスのCore i5-12500Hが、ハイエンドのRyzen 9 6900HXに匹敵する性能となっています。ただし、最新のRyzen 7000シリーズ最上位CPU・Ryzen 9 7945HXだけは別格。モデル数はごくわずかですが、とことん性能にこだわるならRyzen 9 7945HXがおすすめ。

 

なお、Ryzenシリーズの武器は価格の安さ。インテルCPU搭載モデルよりも割安なので、予算重視ならおすすめ。性能も十分高く、ゲーム用途なら全く問題ありません。

ちなみに、最新のRyzen 7000シリーズは搭載モデルがかなり少ないので、今後の普及待ちです。

 

RTX 4070搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15・16インチモデル

据え置きに最適なスタンダードサイズ

  OMEN 16-wf0000 エクストラモデル(HP)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.1インチ WQHD ノングレア IPS 240Hz G-Sync 300nit
sRGB 100%
■CPU:Core i7-13700HX
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
【セールでさらにおトク】316,800円(税込)~

高コスパのハイスペックモデル

ノート用のインテル第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700HXとRTX 4070を搭載したハイスペックモデル。16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは爆速のNVMe Gen.4タイプを採用しています。

ディスプレイのクオリティが高く、16.1インチ×WQHDの大画面・高解像度で高い没入感を実現。さらに、超高速の240Hz出力&G-Syncにも対応しているので、動きの激しいFPSゲームにも最適です。もちろん、華やかなフルカラーキーボードもバッチリ搭載しています。

この内容で価格は21万円台と非常に安く、フルHDでのゲーミングに最適です。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

  Legion Pro 5i Gen.8 16型[RTX 4070搭載](レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア IPS 240Hz
G-Sync HDR400 sRGB 100%
■CPU:Core i7-13700HX
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
■価格:249,811円247,313円(税・送料込)~

ワンランク上の本格派モデル

ノート用のインテル第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700HXとRTX 4070を搭載したハイスペックモデル。16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。最近のゲームは大容量化していますが、1TBあれば安心です。

ディスプレイは一回り大きい16インチサイズで、解像度はWQXGA(2560×1600)と高め。HDR400の高輝度仕様も相まって、より精彩で鮮やかな映像を描写できます。さらに、超高速の240Hz出力&G-Syncに対応する徹底ぶりと、まさに死角なし。

そのほか、華やかなフルカラーキーボードを搭載するなど、非常にクオリティが高くなっており、予算を抑えつつ品質にこだわるならおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

  ROG Strix G16 G614JI(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア 240Hz G-Sync
DCI-P3 100%
■CPU:Core i9-13980HX
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
■価格:329,800円(税込)~

Core i9搭載の高性能モデル

ノート用のインテル第13世代24コア32スレッドCPU・Core i9-13980HXとRTX 4070を搭載したハイスペックモデル。32GBメモリに1TB SSDの特盛構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。

装備が非常に充実しており、ディスプレイは16インチ・WQXGA(2560×1600)・240Hz出力・G-Sync対応に加え、DCI-P3 100%と色域がとても広く、本格的な編集用途にも最適。また、フルカラーキーボードを搭載するほか、CPUに液体金属グリスを採用するなど、冷却面もぬかりありません。

なお、フロント下部にはLEDイルミネーションバーを装備する凝りようで、ゲーミングモデルらしさはバッチリ。クオリティにとことんこだわる方におすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

Alienware M16 R1[Core i7・RTX 4070搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア 165Hz G-Sync sRGB 100%
■CPU:Core i7-13700HX
■メモリ:16GB(DDR5-5200)
■グラボ:RTX 4070
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:319,980円297,552円(税・送料込)~

※実機モデルではCore i9-13900HXを搭載しています。

カスタマイズ対応モデル

ノート用のインテル第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700HXとRTX 4070を搭載したハイスペックモデル。16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成となっています。

デルのフラグシップモデルということで装備も充実しており、16インチ×WQXGA(2560×1600)の大画面・高解像度ディスプレイで、165Hz出力&G-Syncに対応。もちろん、フルカラーキーボードも搭載しています。

Alienwareといえば他社と一線を画すデザインですね。ラウンドフォルムの排気グリルを装備し、SF風のユニークなデザインに仕上げています。さらに、グリル周囲はLEDイルミネーションでライトアップされ、とても華やか。カスタマイズ込みでとことんクオリティにこだわるならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

 icon-check-circle メモリー
・32GB, 2x16GB, DDR5, 4800MHz
・64GB, 2x32GB, DDR5, 4800MHz
⇒ゲーム+配信や4Kの動画編集であれば、32GBがおすすめ。さらに、3DCGの制作や3D CADなどヘビーな作業でも使うなら64GBがおすすめです。

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD
⇒最近のゲームは容量そのものが増えており、50GB以上のタイトルもざら。1TBに増やしておくと、より多くのゲームをインストールできます。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、基本的におすすめしません。

 icon-check-circle ディスプレイ
・16インチ QHD+ (2560 x 1600) 240Hz, 3ms, ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC + DDS, 100% DCI-P3,FHD IRカメラ搭載
⇒さらに高速の240Hzディスプレイに変更でき、より滑らかさを求めるならおすすめ。なお、このカスタマイズでは顔認証センサーが追加されます。

 

17・18インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

  ROG Strix G17 G713PI(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ WQHD ノングレア 240Hz G-Sync
■CPU:Ryzen 7 7945HX
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
■価格:339,800円(税込)~

数少ないRyzen 9 7945HX搭載のコスパモデル

ノート用のAMD第7世代16コア32スレッドCPU・Ryzen 7 7945HXとRTX 4070を搭載したハイスペックモデル。32GBメモリに1TB SSDの特盛構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。

装備も充実しており、ディスプレイはWQHD×240Hzの高解像度・超高速仕様で、G-Syncにもしっかり対応しています。また、フルカラーキーボードを搭載するほか、CPUに液体金属グリスを採用するなど、冷却面もぬかりありません。

さらに、フロント下部にはLEDイルミネーションバーを装備しており、ゲーミングモデルらしさはバッチリ。価格は33万円台と安く、穴場的なモデルとなっています。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

  Alienware M18 R1[RTX 4070搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
18.0インチ WQXGA ノングレア 165Hz G-Sync
DCI-P3 100%
■CPU:Core i7-13700HX
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4070
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:354,980円(税込)~

カスタマイズ対応モデル

先に紹介したデルのフラグシップモデルを18インチディスプレイにしたバージョンです。なお、色域はDCI-P3 100%と非常に広く、本格的な編集用途にも最適。カスタマイズ込みでとことんクオリティにこだわるならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

 icon-check-circle メモリー
・32GB, 2x16GB, DDR5, 4800MHz
・64GB, 2x32GB, DDR5, 4800MHz
⇒ゲーム+配信や4Kの動画編集であれば、32GBがおすすめ。さらに、3DCGの制作や3D CADなどヘビーな作業でも使うなら64GBがおすすめです。

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD
⇒最近のゲームは容量そのものが増えており、50GB以上のタイトルもざら。1TBに増やしておくと、より多くのゲームをインストールできます。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、基本的におすすめしません。

 

13インチモデル

携帯性に優れたモバイルノート

ROG Flow X13 GV302XI(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
13.4インチ WQXGA グレア 165Hz G-Sync
DCI-P3 100%
■CPU:Ryzen 9 7940HS
■メモリ:32GB(LPDDR5-6400)
■グラボ:RTX 4070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
■価格:349,800円(税込)~

約1.35kgの超軽量モデル

ノート用のAMD第7世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 9 7940HSとRTX 4070を搭載したハイスペックモデル。32GBメモリに1TB SSDの特盛構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。

このモデルは13インチディスプレイを搭載したモバイルノートで、重さは約1.35kgと非常に軽く、携帯性はバツグン。高性能GPU搭載モデルらしからぬ軽さです。なお、ディスプレイが回転するコンパーチブルの2in1タイプとなっており、フレキシブルに使えるのもポイント。

もちろん装備は非常に充実しており、ディスプレイはWQXGA(2560×1600)・165Hz出力・G-Sync対応に加え、DCI-P3 100%と色域がとても広く、本格的な編集用途にも最適。また、フルカラーキーボードを搭載するほか、CPUに液体金属グリスを採用するなど、冷却面もぬかりありません。

価格はかなり高いですが、携帯性を極めるならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

 

関連リンク

ほかのGPUもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

あわせて読みたい
ドスパラのゲーミングPCセール情報 公式サイト   ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきまし...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次