VAIO Zをレビュー 約982gの超軽量フルカーボンボディ!他を圧倒するクオリティの高さが魅力の14インチモバイルノート

今回VAIOの【VAIO Z】をお借りしました。

フルカーボンボディを採用!14インチモデルらしからぬ超軽量ボディを実現した、高性能モバイルノートをチェックしてみましょう。

 

スペック

Core i7-11390H搭載モデルのみ販売しています。
 VAIO Z(Core i5搭載モデル)
カラーブラック・シグネチャーブラック
サイズW320.4×D220.8×H12.2~16.9mm
重量約982g~(実測960g)
OSWindows 11 Home(64ビット)
CPUCore i5-11300H
・4コア8スレッド
・定格3.1/最大4.4GHz
メモリ16GB(LPDDR4X)
ストレージ256GB(PCIe NVMe)
グラフィクスIris Xe Graphics(CPU内蔵)
ディスプレイ14.0インチ、フルHD、ノングレア
インターフェースUSB 4(Thunderbolt 4対応)×2、USB 3.0 Type-A×2、HDMI、マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ×
カメラFull HDカメラ Windows Hello 顔認証対応(約207万画素)
スピーカー内蔵ステレオスピーカー
キーボードバックライト付き日本語キーボード
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.1
保証3年(最大4年)
価格(Core i7搭載モデル)311,080円299,080円(税込)~
付属品・各種マニュアル
・電源アダプタ(162g)

※2022年5月17日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

外観

フルカーボンボディ

ボディは、14インチサイズとなっています。モバイルノートで定番の13インチモデルよりも大きな画面を搭載し、それでいて軽量ということで、最近人気のサイズですね。

 

このモデル最大のセールスポイントは、なんといってもフルカーボンボディです。

航空機にも使われる、とても軽くて頑丈な素材ですが、それをボディのほぼ全面に使用しています。従来からカーボンを使用したモデルはあるものの、あくまでも天板やキーボード面など一部のみなので、それらとは一線を画しています。

ちなみに、このモデルのカーボンの強度(比弾性率)は、多くのモバイルノートで使用されているマグネシウム合金の約2倍!さらに、アメリカ国防総省制定の”MIL規格”もクリアしており、とても頑丈です。

 

携帯性に優れた超軽量ボディ

タフボディもさることながら、コンパクト&超軽量というのもポイント。

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることで、横幅と奥行きを圧縮。

 

その結果、A4ファイルサイズ並みのサイズを実現しています。

 

さらに、厚さも最厚部で12.2mmと、1.5cmを切るウルトラスリムボディということもあり、カバンにサッと収納できます。

 

極めつけがボディの重さで、なんと実測で960g!さすがに1kg前後だと本体の重さをあまり感じないので、持ち運びが本当に楽ですね。

なお、900g台というのは、14インチモデルでトップクラスの軽さです。およその相場は1.3~1.5kgということを考えると、そのすごさがわかりますね。

 

デザインは、スマートな漆黒のボディに控えめなロゴのみと、かなりシンプル。機能美重視のデザインですが、ヒンジ部分を切り欠くことで、スタイリッシュに仕上げるセンスの高さは、さすがVAIOといったところですね。

 

カラバリは、貸出機のブラックのほか、シグネチャーブラックが用意されています。シグネチャーブラックでは、大胆にもカーボンの繊維が見えるようになっており、なかなかオシャレです。

 

リフトアップヒンジ搭載

機能面もしっかり考えられており、”リフトアップヒンジ”を搭載しています。リフトアップヒンジとは画面を開いたときに、ボディがせり上がるギミックのこと。

 

適度な傾斜ができるためタイピングしやすくなるほか、接地面とパソコンの間にすき間が空くことで、給排気がスムーズになり、冷却能力もアップします。下にノートPCクーラーを置いているようなもので、熱い夏場でも安心。

リフトアップヒンジ搭載モデルは多くなってきていますが、傾斜の大きさはVAIOならでは。かなりタイピングしやすいのはいいですね。

 

最先端のインターフェース

両サイドに排気口を配置しているため、USBは小型&リバーシブルのType-Cポート×2と最低限。

ただし、最新規格をしっかりおさえており、いずれもUSB 4規格となっています。USB 4は、最大10Gbpsの高速転送・大容量給電・高解像度出力が可能なハイスペック規格で、さらに”Thunderbolt 4”にも対応しています。対応機器であれば、最大40Gbpsの超高速転送も可能です。

 

USB以外には、映像端子のHDMIポートのみで、SDスロットなどは無し。インターフェースの内容については、割り切りが必要ですね。

 

なお、カスタマイズにて5Gモジュールをカスタマイズできます。データ通信SIMさえあれば、いつでもどこでもネット環境を利用できます。フリーWiFiスポットを探す手間が省け、まさにストレスフリーですね。

SIMのサイズは一番小型のnanoSIMに対応しています。

 

安心のセキュリティ機能

セキュリティ面もしっかり配慮され、カメラ部分にプライバシーシャッターを装備しています。使わないときはシャッターを閉めることで、不正アクセスなどからプライバシーを保護することができます。デバイス機能のON/OFFではなく、物理的にシャットアウトするのでとても安心ですね。

 

さらに、電源ボタンは指紋認証センサーを兼ねているほか、顔認証センサーも搭載。本人認証のため、ログインパスワードよりも安全。また、ログインの際わざわざパスワード入力することなく、とてもスムーズです。

 

ディスプレイ&キーボード

IPSパネル搭載の高品質ディスプレイ

ディスプレイは、モバイルノートではやや大きめの14.0インチサイズを搭載しています。主流の13.3インチに比べると一回り大きく、ゆったりとした感じで視認性は上々です。

解像度は現在主流のフルHDとなっています。HDよりもきめ細かい画面表示ができるほか、表示領域が広く、オフィスソフトでの作業もはかどります。

 

パネルには高コントラスト・高発色・高視野角の3点を兼ね備えた、IPSパネルを採用。透明感のあるグレアディスプレイも相まって、画面表示はとても美しく、動画鑑賞などエンターテインメントを思う存分堪能できます。

 

この通り、横から見ても色むらがほとんどありません。参考までに、型番(AUO623D)のスペックをチェックすると、sRGBを100%カバーしており、プロ向けとは言えないものの、編集用途にも使えるクオリティです。

 icon-check-circle 輝度:300 cd/m²  icon-check-circle sRGB:100%  icon-check-circle Adobe RGB:74%  icon-check-circle DCI-P3:74%

 

ちなみに、カスタマイズにて4Kディスプレイ(3840×2160)に変更できます。フルHD画面を4つも表示できる圧倒的な画素数で、息を吞むような精彩な画面表示が可能です。4Kコンテンツを楽しめるだけでなく、動画や画像編集もよりはかどります。

 

さらに、4Kディスプレイは、HDRに対応しているのもポイント。

HDRは、普通の映像(SDR:Standard Dynamic Range)よりも、映像の明るさの幅を広げ、肉眼で見る自然な明暗差・リアリティーを再現する技術のこと。明るいところはより明るく、暗いところはより暗くなり、映像に深みが生まれます。

 

完成度の高いキーボード

13インチ+αのサイズということで、テンキーレスキーボードを採用しています。表面はカーボンということで、マットな触り心地ですね。金属ボディとは違い、ひんやりした感じがしないのはグッド。

 

基本的なキーは大きく造られ、キーピッチも約19mmとデスクトップキーボード並みの間隔を確保。さらに、配置そのものは素直で、電源ボタンも右上に独立して配置されていることもあり、誤爆の心配はまずありません。

 

キーそのものは最低限の内容ですが、任意に設定できるファンクションキーが多く、F8~F12まで用意されています。イメージの通り、設定項目が豊富に用意され、しっかりカスタマイズすれば、利便性は大幅に向上します。

 

キーストロークはやや深め。適度に反発があり、わりとしっかりした打鍵感ですね。ちなみに、キートップは中央部分がカーブしており、指にフィットしやすくなっています。細かいところもしっかり造りこまれているのは好印象。

もちろん、トレンドの白色LEDをバッチリ内蔵しています。ふんわり浮かび上がるような輝き方で、とても上品な感じ。ON/OFFの設定は付属アプリで調整可能で、さらに、消灯までの時間まで設定できる親切仕様なので、とても便利です。

 

分離タイプのタッチパッド

タッチパッドは、パッド部分とクリックボタンが別の分離タイプとなっています。一般的なノートでこのタイプは、ちょっと珍しいですね。

 

タッチパッドはサラサラした素材になっており、カーソル操作はとてもスムーズ。クリックボタンも分離しているので、一体型よりも操作性がとても高く、軽く押すだけでしっかり反応し、非常に快適。クリック音が小さいのもグッドです。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH R23

まずは、3Dグラフィックのレンダリングソフト【CINEBENCH R23】で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

貸出機では、第11世代の4コア8スレッドCPU・Core i5-11300Hを搭載しています。”Hシリーズ”のCPUということで、高い動作クロックとTDPにより、一般的なCPUよりも優れたパフォーマンスを発揮します。ゲーミングノートならともかく、モバイルノートで搭載するのはレアケースですね

参考までに、同じく第11世代となる一般グレードのCPU・Core i5-1135G7(4コア8スレッド)と比較してみると、シングルスコアはほぼ同じですが、マルチ性能は約28%も上回っています。さすがHシリーズなだけあり、パワーは段違いに高いです。

ちなみに、強力な内蔵グラフィック機能・Iris Xe Graphicsを搭載しているのもポイント。従来の内蔵グラフィックを軽く凌ぐ高い性能で、編集作業から軽めのオンラインゲームまで対応できます。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)・DXR(Port Royal)それぞれの条件で測定することができます。

 

高いパフォーマンスがセールスポイントとなる”Iris Xe Graphics”の実力ですが、下位の内蔵グラフィック・UHD Graphicsの約3~4にもなる破格の性能となっています。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy156913985117
Night Raid16683191119702
Fire Strike42084613135191564
Sky Diver13563135741565615304
Cloud Gate18588265139085
Ice Storm846899356563581

 

PCMark 10

【PCMark 10】は、ブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的な用途での性能を測る定番ソフトです。

 

快適な動作が期待できるスコアは3000以上となりますが、スコア4000後半をマークしており、パワーは十分。ブラウジングやオフィス作業などの軽作業はもちろん、動画・画像編集にもしっかり対応できます。

なお、Core i5-1135G7との差は、総合スコアで約6%と小さめ。ただし、編集系のスコアが約20~30%ほど上回っており、特にヘビーな作業で真価を発揮します。

 

動画エンコード

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。

 

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・QSVでエンコードしています。なお、QSVはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のこと。

 

H.2642Pass1PassQSV
Core i5-11300H34:0017:453:10
Core i5-1135G749:2125:213:16

まず軽めのH.264をチェック。CPU勝負のソフトウェアエンコード(2Pass・1Pass)では、やはりCore i5-11300Hが有利。Core i5-1135G7よりも約30~31%早く変換を完了しています。

一方、QSVでは約3%差と誤差レベル。内蔵グラフィックが同一なので、差がほとんどつかない感じですね。

 

H.2652Pass1PassQSV
Core i5-11300H53:3326:464:00
Core i5-1135G71:15:2237:094:05

重量級のH.265でも同じような傾向で、ソフトウェアエンコードでは、Core i5-11300HがCore i5-1135G7に約28~29%差をつけています。なお、QSVでは変わらずほぼ互角となっています。

 

画像変換

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

 CR2→DNGCR2→JPEG
Core i5-11300H0:593:00
Core i5-1135G71:193:50

このテストもCPU勝負なので、やはりCore i5-11300Hが有利。Core i5-1135G7に比べ、軽めのDNGでは約29%、重量級のJPEG変換でも約22%早く変換を完了しています。

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

 最高品質高品質標準品質
フルHD129541481116405

オンラインゲーム屈指の軽さとは言え、フルHDでスコア10000を軽々突破。従来のUHD GraphicsだとフルHD・標準品質でもスコア5500前後だったことを考えると、だいぶ進化しています。

 

FF14(ファイナルファンタジー14 暁月の終焉)

知名度バツグンの国内産MMORPGですね。スコア9000以上で【快適】&平均60fpsをキープできます。現行のゲーミングPCであれば、フルHD・最高設定でスコア9000をしっかり超えたいところ。

 最高品質高品質標準品質
HD7014900210821
フルHD378253086961

重量級のゲームには力不足となり、HDでようやくスコア9000をクリアします。フルHDでオンラインゲームを楽しめるのは、軽めのものに限られ、基本的にはHDが適正レベルですね。

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルでは、256GB SSDを搭載しています。128GBだと実質使える容量は100GB未満と少ないですが、256GBもあればアプリやデータ類を多めに保存できます。

SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプで、なんと超高速のPCIe Gen.4規格を採用する本格派仕様。なお、メーカーはサムスンとなっています。

肝心の速度ですが、読み込みの速さが光り、特にシーケンシャル(連続データ)では最大6000MB/sと圧倒的。一方、書き込みはGen.3タイプに近く、ちょっと物足りない感じですね。とはいうものの、十分すぎるほどの速度で、動作はとても快適。OSの起動からアプリの動作までサクサク動きます。

 

温度

CINEBENCH R23実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

 

スリムボディに高クロック&高発熱CPUを搭載しながら、フルロード時でも80℃台をキープ。構成的には90℃オーバーでもおかしくないのですが、しっかり冷却できていますね。

 

動作音

CINEBENCH R23実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

 

50デシベルを超えるとノイズ感が気になるようになりますが、この通り57.0デシベルと大きく上回っています。ゲーミングノートクラスのノイズレベルで、ファンは豪快に回転しています。高性能&高冷却の反面、静音性が犠牲になっていますね。。通常時は、ファン設定を標準にするのがおすすめ。

なお、最小時は46.9デシベルとありますが、アイドル状態なので、ほぼ無音です。

 

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:標準、トップクラスの電力変換効率
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

結果は、約13時間10分と、モバイルノート目安となる10時間をしっかり超えています。HシリーズCPUでこの持ちは驚異的で、出先でも安心して使えます。

 

便利なユーティリティー機能

システムコントロールでは、動作モードの変更やLEDイルミネーションの設定、ファンクションキーの設定などをワンストップで変更できます。とてもシンプルなツールで、わかりやすいのがいいですね。

 

なお、サウンドシステムはおなじみの”Dolby”を搭載しています。

シーンに応じたモードに切り替えができるのはもちろん、イコライザーも用意されているので、好みの設定に変更することも可能です。

肝心のスピーカー品質は、低音から高音まで出ており、サラウンド効果もしっかり感じられます。が、音質が軽めなので、迫力にイマイチかけますね。。

 

まとめ

まさにモバイルノート最高傑作!

フルカーボンボディもさることながら、14インチモデルで1kg以下・HシリーズCPU搭載・長時間バッテリーのすべてを満たすのはこのモデルくらいのもの。クオリティの高さに比例して、価格は30万円台~と非常に高いのですが、モバイルノートを極めるならおすすめです。

 

 

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC+α

 

ショップ&価格別のおすすめノートPC

タイトルとURLをコピーしました