Lenovo IdeaPad Slim 170 15.6型をレビュー 予算重視ならまずコレ!圧倒的な価格の安さを誇る15インチベーシックノート

今回レノボの【IdeaPad Slim 170 15.6型(AMD)】を購入しました。

実用的な15インチモデルがなんと4万円台から!圧倒的な価格の安さを誇るベーシックノートをチェックしてみましょう。

 

スペック

 Ideapad Slim 170 15.6型(AMD)
サイズW360.2×D236×H17.9mm
重量約1.6kg(実測1629g)
OSWindows 11 Home(64ビット)
CPUAMD Ryzen 3 3250U
・2コア4スレッド
・定格2.6/最大3.5GHz
メモリ8GB(8GB×1、DDR4-2400)
ストレージ256GB SSD(PCIe NVMe)
グラフィクスRadeon RX Vega 3(CPU内蔵)
ディスプレイ15.6インチ、フルHD、ノングレア
インターフェースUSB 3.2 Gen.1 Type-C、USB 3.2 Gen.1 Type-A、USB 2.0、HDMI、SDスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ×
カメラ約100万画素
スピーカーステレオスピーカー
キーボード日本語キーボード
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
保証1年(最大4年)
価格【クーポン利用】101,640円47,771円(税・送料込)~
付属品・各種マニュアル
・電源アダプタ(230g)
・電源ケーブル(108g)

※2022年3月22日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。
※割引クーポンは販売サイトに記載してあります。

 

外観

シンプルなデザイン

ベーシックモデルということで、造りはとてもシンプル。

 

ボディはオール樹脂製となっており、一部にアルミニウムを採用した上位シリーズとは、しっかり差別化されています。天板の処理もマットな感じではなく、ツルツルした仕上がりで、樹脂っぽさそのままといったところ。

 

デザインは機能美を追求した、いつものIdeaPadクオリティですね。

 

プレーンボディにはロゴのみと非常にシンプル。グレーの洗練されたカラバリも相まって、使う人を選ばない万能デザインとなっています。

ちなみに、レノボのノートPCは、他社に比べロゴのサイズが小さく、特にクセがないのがポイントです

 

トレンドはバッチリ押さえており、ディスプレイのベゼル(ふち)を上下左右、さらにスリムにすることで、従来モデルよりもさらにコンパクト

 

また、厚さも17.9mmと2cm以下のスリムボディということもあり、重さは実測で1629gと軽くなっています。さすがにモバイルノート並みとはいきませんが、ちょっとした持ち運びにも便利です。

 

スタンダードなインターフェース

インターフェースもやはりシンプル。

 

USBは全3ポートと、15インチモデルにしてはやや少なめ。規格はUSB3.1 Gen.1&2.0のオーソドックスなラインナップで、そのうち左側面のUSB3.0ポートは、小型&リバーシブルのType-C端子を採用。

通常端子とあわせ、あらゆる周辺機器を接続できます。

 

そのほか映像出力用のHDMIポートやSDスロットを搭載しています。派手さはありませんが、普段使いに必要なものは一通りそろっています。

 

もちろん、レノボのモデルではおなじみ、カメラ部分のシャッターをバッチリ装備。デバイスからではなく、物理的にシャットアウトするので、プライバシー面も安心です。

 

ディスプレイ&キーボード

フルHDディスプレイ搭載

ディスプレイサイズは15.6インチですね。モバイルノートでおなじみの13&14インチよりも一回り大きく、だいぶゆとりがあります。解像度は現在主流のフルHDで表示領域が広く、大きめのディスプレイサイズも相まって、オフィス作業にも最適。

ちなみに、表面は映り込みの少ないノングレアタイプなので、自分の顔とにらめっこすることなく、作業に集中できるのも◎。

 

パネルはTNパネルということで、IPSパネルに比べ、発色とコントラストは低め。淡白で白っぽい感じの映像クオリティですね。

 

なお、視野角が狭いので、横から見ると色ムラがあります。ベーシックモデルなので、このあたりも割り切りが必要です。

 

ゆとりのあるキーボード

横幅の広い15インチサイズなので、テンキーをバッチリ搭載しています。

 

基本的なキーは大きめに造られ、EnterやShiftキー周りに連結キーこそあるものの、配置そのものは素直で誤爆の心配はまずありません。特に窮屈になりがちなテンキーの配置がきれいなのも好印象ですね。

 

電卓キーを装備するほか、カスタマイズ可能なキーを装備し、さらにファンクションキーのロック機能も備えており、とても便利です。

なお、キーピッチは約19mmとデスクトップキーボードなみのゆとりを確保しています。

 

キーストロークは浅すぎず深すぎず、標準的な深さとなっており、反発もそれなりに感じられ、打鍵感は良好です。ただし、キーボード面の剛性の弱さが玉に瑕。タイピング時のキーボード面のたわみがはっきりわかります。

 

スムーズなタッチパッド

タッチパッドは、パッド部分とクリックボタンが一緒になった、オーソドックスな一体型タイプとなっています。

 

タッチパッドはサラサラした感触です。適度な抵抗があり、滑りすぎずスムーズなカーソル操作が可能です。一方、クリックボタンの操作性がイマイチで、しっかり押し込まないと反応しないのは残念。。

キーボード・クリックボタンともに、造りこみが甘く、こればかりは価格なりといったところです。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH

まずは、3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

このモデルでは、AMDの第3世代4コア8スレッドCPU・Ryzen 5 3500Uを搭載しています。2世代前のスタンダードCPUですが、現在のポジションでいうなら、ベーシッククラスとなります

参考までに、最新世代のスタンダードCPU・Ryzen 5 5500Uと比較してみると、マルチ性能は約半分、シングル性能も約30%低く、大きく差をつけられています。Ryzen 5 5500Uは6コア12スレッドなだけあり、さすがに勝負になりません。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

 

あくまでも内蔵グラフィックということで、性能は低め。インテルでいうなら、一昔前の内蔵グラフィック・UHD Graphicsと同等レベルとなっており、オンラインゲームには不向きです。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy5685022285
Fire Strike142415878694471
Night Raid
565460624093
Sky Diver5373531363574688
Cloud Gate9121113285424
Ice Storm588647200735919

 

PCMark 10

【PCMark 10】はブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的なノートパソコンで想定される用途での性能を測るソフトです。

 

 

ブラウジングやオフィス作業など、基本的なタスクを快適にこなせる目安はスコア3000以上となりますが、しっかりクリア。普段使いなら、十分実用的な性能です。

Ryzen 5 5500Uと比較してみると、両者の差は約53%とやはり大きめ。特に編集系のスコアで差が大きくなり、コア・スレッド数の差がもろに出ています。

 

動画エンコード

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・VCE/QSVでエンコードしています。なお、VCEはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のことです。

 

H.2642Pass1PassVCE
Ryzen 5 3500U1:01:3731:226:29
Ryzen 5 5500U27:0714:033:11

CPU性能が重要になるソフトウェアエンコード(2Pass・1Pass)、ハードウェアエンコードともに、2倍以上の差がついています。さすがに2コア4スレッドだと、編集用途には荷が重いですね

 

H.2652Pass1PassVCE
Ryzen 5 3500U1:43:5551:525:45
Ryzen 5 5500U45:0522:172:59

重量級のH.265でもほぼ同じような結果となっています。

 

画像変換

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

 CR2→DNGCR2→JPEG
Ryzen 5 3500U3:2812:36
Ryzen 5 5500U1:324:58

画像変換もCPU勝負となりますが、こちらも両者の差は2倍以上となり、コア・スレッド数の差が大きく出ています。

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

 最高品質標準品質低品質
フルHD355956316061

超軽量級のオンラインゲームということで、フルHD・標準品質ならスコア5500以上をマークします。Ryzen 5 5500Uのざっくり半分程度のスコアで、UHD Graphicsとほぼ互角といったところですね。

 

FF14

おなじみの重量級ベンチマークです。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

 最高品質高品質標準品質
HD227430063619
フルHD122916552042

このクラスともなると、内蔵グラフィックレベルでは全く歯が立ちません。Iris Xe Graphicsなど、最新の内蔵グラフィックの性能は飛躍的に進化していますが、オンラインゲームはまだまだ厳しく、ドラクエレベルの超軽量級のものに限られます。

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルは256GB SSDを搭載したシングルストレージ構成となっています。実質100GB未満の128GBに比べると容量に余裕があり、動画や画像などデータ類の保存にも対応できます。なお、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDを採用しているのもポイント。

メーカーはストレージでおなじみ、WESTERN DIGITALのものを搭載。肝心の速度ですが、シーケンシャル(連続データ)では読み込みのみ4ケタをマークし、ランダムの伸びもイマイチ。CPUが2世代前ということもあり、全体的に速度が伸び悩んでいる感じですね

実際、Ryzen 5 5500Uに比べ、動作にキレがなく、ややもっさりしています。とはいうものの、HDDよりは格段に快適なので、ベーシックモデルなら十分なレベルです

 

温度

CINEBENCH R15実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

 

2コア4スレッドCPUということもあり、ピーク時でも70℃前後と安定した温度をきっちりキープ。フルロード時でこの温度なので、夏場でも安心して使えます。

 

動作音

CINEBENCH R15実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ。

 

50デシベルが一つの目安となりますが、ピーク時でも49.8デシベルと、ほぼきっかりをマーク。ファンは高速回転していますが、耳障りなノイズは控えめなので、さほど気にならないですね。

ちなみに最小時では46.9デシベルとありますが、アイドルなのでほぼ無音です。

 

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:トップクラスの電力効率、インテリジェント・クーリング
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

結果は約4時間40分と、5時間に届かず。ベーシックモデルということで、バッテリーの持ちは短く、電源のない環境で使う際は注意が必要です。

 

便利なユーティリティーソフトを完備

付属アプリとして”Lenovo Vantage”がインストールされています。各種動作設定からシステムの更新などサポートに至るまで、このアプリで全て設定でき、とても便利なアプリです。

 

サウンドシステムには、有名どころの”Dolby”を採用しています。Lenovo Vantageでは使う場面に応じ、ワンタッチで簡単に変更できるほか、Dolbyの専用アプリで好みのサウンドを設定できます。

なお肝心の音質ですが、低~高音までよく伸び、音質にも厚みがあるので、迫力が感じられます。ただ、重低音に弱く、ちょっとこもった感じなのは、いかにもベーシックモデルといったところ。とはいえ、低価格モデルの内蔵スピーカーにしては上出来ですね

 

まとめ&関連モデル

Ryzen 5搭載で4万円台と、破格の安さを実現!ベーシックモデルなので、ところどころ造りこみの甘さがありますが、ポイントはしっかり押さえており、十分実用的です。15インチモデルでとことん価格の安さにこだわるならおすすめ

 

 

Ideapad Slim 550 15[Ryzen 5搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Ryzen 5 5500U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 7(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】108,900円65,340円(税・送料込)~

Ryzen 5 5500Uを搭載した上位モデル。アルミパネルにバックライト付きキーボード、IPSディスプレイなどを搭載しており、ワンランク上のクオリティを実現しています。

 

Ideapad Slim 550 15[Ryzen 3搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Ryzen 3 5300U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 6(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】107,800円57,134円(税・送料込)~

上のモデルをRyzen 3 5300Uにした、低価格バージョンです。Ryzen 5 3500Uと同じ4コア8スレッドですが、約40%ほど性能が高く、予算にこだわりつつ性能を求めるならおすすめ。

 

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC+α

 

ショップ&価格別のおすすめノートPC

タイトルとURLをコピーしました