Lenovo ThinkBook 13x Gen.4をレビュー 約1.17kgの軽量ボディ!高いクオリティとコスパが魅力の13インチモバイルノート

今回レノボの【ThinkBook 13x Gen.4】をお借りしました。ビジネスユースにも便利な、高品質&高コスパの軽量13インチモバイルノートをチェックしてみましょう。

目次

スペック

ThinkBook 13x Gen.4(Core Ultra 5搭載)
カラールナグレー
サイズW292.9×D205×H12.9mm
重量約1.17kg(実測1184g)
OSWindows 11 Home
CPUCore Ultra 5 125H(14コア18スレッド・定格3.3/最大4.5GHz)
メモリ16GB(オンボード・DDR5X-8400)
ストレージ512GB SSD(PCI-e NVMe)
グラフィクスCore Ultra 5 125H搭載:Intel Ark(7コア)
ディスプレイ13.3インチ、2.8K(2880×1920)、ノングレア、IPSパネル、120Hz、
HDR400、500nit、sRGB 100%
インターフェースUSB Type-C Thunderbolt4×2、USB3.2 Gen.1 Type-A、HDMI 1.4、
マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ×
カメラフルHD Webカメラ
スピーカーステレオ スピーカー
キーボードバックライト付き日本語キーボード
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
BluetoothBluetooth 5.3
バッテリー動画再生時 約12.1時間・アイドル時 約 32.9時間(JEITA 測定法 3.0)
保証1年(最大5年)
価格160,930円(税・送料込)~
※2024年5月31日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。
付属品

電源アダプタ(65W・179g)各種マニュアル

外観

高級感あふれるデザイン

重厚感のあるブラックボディの、いかにもビジネス向けなThinkPadとは異なり、ThinkBookではライトグレーのカジュアルなイメージに仕上がっています。どちらかというと一般ノートブランドの”IdeaPad”に近い印象を受けますね。

ボディの素材は、天板にはアルミニウム、シャーシにはアルミニウム&マグネシウム合金を採用しています。頑丈な金属ボディということで、持ち運びも安心です。

タフ&軽量のマグネシウム合金を使うことで、軽量ボディを実現しているのがミソ。

デザインはレノボらしく、装飾を極力排した機能美あふれるシンプルなもの。クセがなく、ビジネスシーンにもうまくマッチします。

上下で風合いを変えているほか、サイドが美しいヘアライン加工となっており、デザイン面でいいアクセントになっているのもポイントです。

コンパクト&軽量ボディ

ボディのサイズは、携帯性と視認性のバランスに優れた13インチで、モバイルノートではまずおすすめ。

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることで、横幅と奥行きを圧縮。

A4ファイルサイズとは比べるまでもなく、A4用紙サイズのコンパクトボディを実現しています。

また、厚さも12.9mmと圧倒的にスリムなので、かばんにサッと収納できます。マグネシウムを採用したコンパクト&スリムボディということで、重さは実測で1184gと非常に軽く、持ち運びもラクラクです。

ちなみに、一般的な13インチモバイルノートは1.2~1.3kgが標準的な重さとなっており、軽さは頭一つ抜けています。

最新規格のインターフェース

コンパクト&スリムな13インチですが、インターフェースのラインナップはしっかりポイントをおさえています。

USBは全3ポートと標準的な数を搭載し、すべてが小型&リバーシブルのType-Cポートとなっています。従来のType-Aポートが無いのは不便ですが、割り切って変換アダプタを使うなりしましょう。

新規格にはバッチリ対応しており、40Gbpsの超高速転送ができる”Thunderbolt4”に対応しています。1つだけではなく、すべてのポートがThunderbolt4というのはポイント高いですね。

映像出力ポートはありませんが、USBポートで出力可能です。まさに最小限といったところ。

ちなみに、右サイドにはカメラのキルスイッチを搭載し、プライバシーにしっかり配慮されています。さらに、電源ボタンには指紋認証センサーを内蔵しており、セキュリティ面も安心です。

ディスプレイ&キーボード

高品質ディスプレイ搭載

ディスプレイのサイズは13.5インチですね。オーソドックスな13.3インチよりもちょっぴり大きくなっています。

ディスプレイのクオリティが高く、なんと2.8K(2880×1920)の高解像度ディスプレイを搭載しています。オーソドックスなフルHDに比べ解像度が高いため、精細な映像を描写できるほか、一度に表示できる情報量も多くなり、各種作業がよりはかどります。

ちなみに、ディスプレイの比率は3:2という変わり種で、現在主流の16:9や16:10の中間タイプとなっています。ディスプレイサイズの大型化のために採用した感じでしょうか。

このモデルでは、ブルーライト低減パネルを搭載しているのがポイント。液晶パネル自体がブルーライトを低減するので、別途フィルムを用意したり、ディスプレイの発色を変えたりする必要がありません。自然な発色と目の疲れにくさを両立した、優れたパネルとなっています。

また、リフレッシュレートが120Hzという高速仕様となっています。1秒間に描写できる枚数は、通常の60Hzディスプレイの2倍!滑らかな描写性能により、動きの激しいFPSゲームなどに最適です。

さらに、パネルは発色に優れたIPSパネルを採用し、高輝度のDisplayHDR 400(500nit)に対応する凝りよう。明るく鮮やかな映像クオリティで動画鑑賞などにも最適です。視野角も広いので、横から覗いても色むらはほとんどありません。

ちなみに、sRGB 100%と色域も広めになっており、動画や画像編集で色の精度を重視する方にもおすすめ。

完成度の高いキーボード&タッチパッド

横幅の狭いコンパクトモデルということで、テンキーレスキーボードを採用。

キーは一部連結されているものの、各キーは大きめで、配置そのものもクセがなく素直。キーピッチも約19mmとデスクトップ並みのゆとりが確保されているので、誤爆の心配はまずありません。電源ボタンがキーボード内ではなく、右サイドに独立して配置されているのもいいですね。

ビジネスユースを意識しており、Microsoft Teams 10での通話の受信と終了が行えるキーを配置。そのほか電卓キー・カスタマイズ対応キー・ファンクションロックキーも装備しており、とても便利です。

もちろんトレンドの白色LEDもしっかり内蔵しています。薄暗い場所でタイピングしやすいのはもちろん、見た目も華やかになり、高級感を演出します。なお、ファンクションキーで2段階+OFFの切り替えが可能なので、LEDが苦手な方も安心。

キーストロークは浅めで、だいぶあっさりした打鍵感ですね。ちょっと物足りない感じなので、もう少し深さが欲しいところ。

スムーズなタッチパッド

タッチパッドは、パッド部分とクリックボタンが一緒になった、オーソドックスな一体型タイプとなっています。

表面はサラサラした材質で、カーソル操作は非常にスムーズ。クリックボタンはやや押し込む必要があるものの、安っぽいバタつきもなく、しっかり造り込まれています。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH

まずは、3Dグラフィックのレンダリングソフト”CINEBENCH”で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

CPUはインテルのCore Ultra 5 125H(14コア18スレッド)&Core Ultra 7 155H(16コア22スレッド)を搭載しています。新たに登場したCPUはネーミングを刷新し、従来の”Core i”から”Core Ultra”に変更されています。

CPUの設計にも手が加えられ、高性能の”P-コア”と省エネの”E-コア”を搭載した、従来のWコア構成をベースにしつつ、新たに”LP E-core”が追加されているのがポイント。これはE-コアをさらに省エネにしたもので、低負荷の作業では、さらに低電力で処理できるようになっています。

そのほかの新機能として、AI処理に特化した省電力エンジン(NPU)・Intel AI Boostを搭載。”Adobe Premiere Pro”のAI機能や”Stable Diffusion Web UI”などをお手軽に使うことができます。

このモデルはブーストがよく効いており、”超高パフォーマンス”では性能が大きく向上します

参考までに、上位のCPU・Core Ultra 7 155H(16コア22スレッド)と比較してみると、シングルスコアは約1%以内、マルチスコアは約6%差まで迫ります。

3DMARK

”3DMARK”は、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

Vulkan(Wild Life)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

このCPUの内蔵グラフィックは、”Intel Arc GPU”となっています。

内蔵グラフィックにしては性能がすこぶる高いのですが、GTX 1650よりも約10~20%ほど性能が低いため、ゲーム用として使うにはやや力不足といったところです。フルHDでのゲーミングなら、正直なところGTX 1660くらいの性能は欲しいですね。

ちなみに、Core Ultra 7 155HはGPUコアを8基、Core Ultra 5 125Hは7基搭載してるのがポイント。違いはGPUコア1基のみということで、両者の性能差は約5%ほどとなっています。

TotalGraphicsCPU/PhysicsCombined
Time Spy373733789417
Night Raid274523650411414
Fire Strike82498844222933368
Sky Diver27007284322110528238
Wild Life23274

PCMark 10

”PCMark 10”は、ブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的な用途での性能を測るソフトです。

ブラウジングや各種編作業など、基本的なタスクを快適にこなせる目安はスコア3000以上となりますが、余裕でクリア。動画や画像編集でも十分使える性能です

なお、Core Ultra 7 155HとCore Ultra 5 125Hとの差は、総合スコアで約5%程度。基本的にはCore Ultra 5を選んでおけばOK!

TMPGEnc Video Mastering Works 7

”TMPGEnc Video Mastering Works 7”を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・QSVでエンコードしています。なお、QSVはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のこと。

H.264(フルHD)2Pass1PassQSV
Core Ultra 7 155H1237646145
Core Ultra 5 125H1135580140

ブースト性能がしっかり効いており、CPU性能が重要になるソフトウェアエンコード(2Pass・1Pass)では、Core Ultra 7 155Hを逆転。約8~10%差をつけています。

なお、グラフィック機能を利用したハードウェアエンコードはほぼ互角です。

H.265(フルHD)2Pass1PassQSV
Core Ultra 7 155H22361082139
Core Ultra 5 125H20271026139

重量級のH.265でも同じような傾向となり、Core i5が逆転。ソフトウェアエンコードでは約5~9%差、ハードウェアエンコードではほぼ同じとなっています。

ブーストしても性能が落ち込まないのは好印象ですね

Lightroom Classic CC

”Lightroom Classic CC”を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)を最高画質のJPEG画像に書き出す時間を計測しました。結果は秒で記載しています。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

Core Ultra 7 155HCore Ultra 5 125H
94106

画像変換もCPU勝負となりますが、このテストではCore Ultra 7 155Hが有利で、Core Ultra 5 125Hに約11%差をつけています。

FF14(ファイナルファンタジー14 黄金の遺産)

最高品質高品質標準品質
HD7284976611814
フルHD430577988714
2.8K199844154680

知名度バツグンの国内産MMORPGで、スコア9000以上で平均60fps以上をキープできます。

アップスケーリングのFSRを適用していますが、スコア9000を超えるのはHDのみ。ゲーミングPCならフルHDでスコア9000を余裕で越えたいところですが、さすがに内蔵グラフィックでは厳しいです。

VALORANT(ヴァロラント)

測定条件

ゲーム設定:高/中/低(アンチエイリアス”FXAA”、異方性フィルタリング”16x”)

プレイモード:アンレート

平均(最低)fps
HD233(177)fps285(185)fps327(228)fps
フルHD178(147)fps205(157)fps239(193)fps
2.8K101(92)fps110(100)fps133(123)fps

超軽量級のFPSゲームです。競技性の高いゲームなので、できれば100fps以上は欲しいところ。このクラスなら余裕で対応でき、2.8Kでも平均100fps以上を超えてきます

Rainbow Six Siege(レインボーシックスシージ)

測定条件

ゲーム設定:最高/超高/高/中/低(レンダリング解像度”50”)

プレイモード:カジュアル(マルチプレイ)

平均(最低)fps最高超高
HD140(133)fps162(149)fps172(162)fps192(180)fps
フルHD89(83)fps93(88)fps115(107)fps129(122)fps
2.8K42(40)fps47(45)fps54(51)fps64(60)fps

軽めのFPSゲームです。競技性の高いゲームなので、できれば100fps以上は欲しいところ。

2.8Kこそ厳しいものの、フルHDでは120Hzディスプレイを生かすことも可能です。軽めのゲームであれば対応できるレベルの性能ですね。

Apex Legends(エーペックス レジェンズ)

測定条件

ゲーム設定:最高/低(fpsリミット解除)

プレイモード:射撃訓練場

平均(最低)fps最高
HD91(70)fps119(93)fps
フルHD49(40)fps67(61)fps
2.8K28(8)fps32(29)fps

標準的なグラフィック負荷のFPSゲームです。競技性が高いので、できれば平均100fps以上をキープしたいところ。

グラフィック負荷が上がるとフルHDではパワー不足になり、設定を落としても平均60fpsをクリアするのがやっと。外出先で軽めのゲームをサクッと楽しみたいならアリといったところでしょうか。

CrystalDiskMark

”CrystalDiskMark”は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルでは、512GB SSD(サムスン)を搭載しています。256GBの2倍という容量の多さで、動画や画像などかさばるデータ類も多めに保存することができ、爆速のPCIe Gen.4規格を採用しています

速度は1TB SSDの方が速く、シーケンシャル(連続データ)の速度は2000~6000MB/s台けっこうムラがある感じ。また、ランダムの速度もGen.3クラスとなっており、オーソドックスなGen.4 SSDといったところです

もちろん、実際の使用感はSSDらしくとても快適。OSの起動からブラウジング、各種アプリの動作にいたるまでサクサク動きます。

温度

CINEBENCH R23実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

温度の限界まで性能を引き出す動作システムとなっており、ピーク時のP-コアの温度は100℃、動作クロックも2.6~2.9GHzと高めをキープ。冷却性能は高めです。

動作音

CINEBENCH R23実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ。

50デシベルが一つの目安となりますが、ピーク時でも49.5デシベル台とやや下回っています。サーっとしたファンノイズはとても静か。性能はしっかりでているのにこの静かさはグッド!

ちなみに最小時では46.9デシベルとなっており、アイドル状態のためほぼ無音です。

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:トップクラスの電力効率、インテリジェント・クーリング
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

結果は8時間40分をマーク。モバイルノートの目安となる10時間は超えないものの、5時間を大きく超えるので、出先でも使えます。バッテリー重視なら、バッテリー省電力モードにするのがおすすめです。

充実したユーティリティー機能

付属アプリとして”Lenovo Vantage”がインストールされています。動作モードや各種デバイスの設定からシステムの更新などサポートに至るまで、このアプリで全て設定でき、とても便利なアプリです。

サウンドシステムには、有名どころの”harman/kardon(Dolby)”を採用しています。

肝心の音質ですが、重低音~高音までしっかり伸び、とても迫力があります。重厚な音質でサラウンドもバッチリ効いており、内蔵スピーカーらしからぬ高いクオリティです。スピーカーの完成度の高さは、さすがレノボといったところですね。

まとめ

アルミニウム×マグネシウム合金のタフボディは、約1.17kgと非常に軽く持ち運びもラクラク。高品質ディスプレイを搭載するほか、性能面でもブーストがよく効いており、トータルで非常に高いクオリティを実現しています。

この内容で価格は16万円台と安くコスパに優れており、ワンランク上の13インチモバイルノートが欲しい方におすすめ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次