PR

IdeaPad Slim 5i Gen.8 14型(インテル)をレビュー 有機ELディスプレイ搭載!圧倒的なコスパの高さが魅力の14インチモバイルノート

今回レノボの【IdeaPad Slim 5i Gen.8 14型(インテル)】をお借りしました。

高品質のモバイルノートがなんと7万円台から!圧倒的なコスパを誇る14インチモデルをチェックしてみましょう。

 

スペック

 IdeaPad Slim 5i Gen.8 14型(有機ELディスプレイ搭載)
カラークラウドグレー
サイズW312.0×D221.0×H16.9mm
重量約1.46kg(実測1465g)
OSWindows 11 Home(64ビット)
CPUインテル Core i5-13500H
・12コア16スレッド
・定格3.5/最大4.7GHz
メモリ16GB(オンボード16GB、LPDDR5-5200)
ストレージ512GB SSD(PCIe NVMe Gen.4)
グラフィクスIris Xe Graphics(CPU内蔵)
ディスプレイ14.0インチ、WUXGA(1920×1200)、グレア、IPS、有機EL
インターフェースUSB 3.2 Gen.1 Type-C×2、USB 3.2 Gen.1 Type-A×2、HDMI、SDスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ×
カメラFHD 1080p カメラ
スピーカーステレオスピーカー
キーボードバックライト付き日本語キーボード
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.1
保証1年(最大3年)
価格91,820円(税・送料込)~
付属品・各種マニュアル
・電源アダプタ(65W・206g)
・電源ケーブル(105g)

※2023年9月29日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

外観

美しいアルミボディ

スタンダードモデルながら、ボディの素材にはアルミニウムを使用しています。

 

表面は非光沢の梨地加工が施され、美しい仕上がりを実現。金属の高い質感も相まって、高級感を感じさせますもちろん、金属パネルということで剛性も高く、モバイルノートとの相性は◎。

 

デザインはIdeapadらしく、機能美あふれるシンプルなもの。ロゴ以外の装飾は一切なく、クラウドグレーのクールな色合いも相まって、洗練されたイメージに仕上げています。

 

ちなみに、底面はこのようになっています。

 

持ち運びに便利な14インチサイズ

ボディは14インチサイズとなっています。13インチよりも一回り大きい余裕のあるディスプレイを搭載し、それでいて持ち運びやすいということで、最近はやりのサイズです。

 

その大きさですが、ディスプレイのベゼル(ふち)をスリム仕様にすることで、横幅と奥行きを圧縮。この通り、A4ファイルとほぼ同等サイズのコンパクトボディとなっており、前モデルからさらに1mmほどスリムになることで、収納性がさらに向上しています。

 

また、重さも実測1465gと1.5kg以下に抑えており、携帯性も上々です。ただし、1.2~1.3kg台が標準的な13インチモデルに比べ、重たく感じてしまうのはたしか。軽さを重視するなら、13インチモデルが無難ですね。

 

スタンダードなインターフェース

インターフェースはスタンダードモデルらしいラインナップです。

 

USBは全4ポートと、モバイルノートにしては多めに搭載。

すべてポートがUSB 3.1 Gen.1(最大5Gbps)のオーソドックスな規格となっており、Thunderbolt 4には非対応です。もちろん、小型&リバーシブルのType-C端子を採用しており、通常のType-A端子とあわせ、あらゆる周辺機器を接続できます。

 

そのほか映像出力用のHDMIポートやmicro SDスロットを搭載しています。派手さはありませんが、普段使いに必要なものを一通りそろえているのはグッドですね。

 

セキュリティ対策も万全

レノボでおなじみ、カメラ部分のシャッターをバッチリ装備。デバイスからではなく、物理的にシャットアウトするので、プライバシー面も安心です。

さらに、電源ボタンは指紋認証センサーを兼ねているのもポイント。本人認証のため、ログインパスワードよりも安全。また、ログインの際わざわざパスワード入力することなく、とてもスムーズです。

 

ディスプレイ&キーボード

有機ELディスプレイ搭載

ディスプレイサイズは14インチきっかり。13インチよりもやや大きく、ゆとりを感じさせます。

 

ディスプレイの解像度はWUXGA(FHD+・1920×1200)、ディスプレイ比率は16:10と、最近はやりのスタイル。主流のフルHD(16:9タイプ)よりもやや縦長なので、一度に表示できる情報量が多く、スクロールの手間が省けるのは便利ですね。

 

スタンダードモデルながら、パネルにはなんと有機ELパネルを採用。最近話題の有機ELですが、黒の色味が液晶ディスプレイとは一味違います。まさに「漆黒」という感じですね

黒さの理由は、有機ELでは画面の素子自体が光るのでバックライトが必要なく、コントラスト比が圧倒的に高い(100万:1)から。バックライトで画面を照らし出す通常の液晶ディスプレイでは、どうしても光が漏れてしまい、黒い画面が白っぽくなってしまいます。

一般的なパネルとの違いは一目瞭然。

 

さらに、色域はDCI-P 100%のプロ向け仕様となっており、HDR500に対応した非常に高い輝度(明るさ)も相まって、動画や画像編集などクリエイティブ作業がよりはかどります。

 

ハイクオリティのキーボード

13インチ+αの大きさということで、テンキーは非搭載。両サイドにスピーカーが配置されており、音がこもりにくく、デザイン面でもいいアクセントになっています。

 

キーは一部連結されているものの、各キーは大きめで、配置そのものもクセがなく素直。キーピッチも約19mmとデスクトップ並みのゆとりが確保されているので、誤爆の心配はまずありません。電源ボタンがキーボード内ではなく、右サイドに独立して配置されているのもグッド。

 

ファンクションキーの内容も充実しており、基本的なキーにプラスして、電卓キーやカスタマイズ対応キーが用意されいるほか、ファンクションロックにもしっかり対応しています。

 

キーストロークはやや深く、適度な反発も相まって、打鍵感を感じながら快適にタイピングできます。なお、キーボード面は樹脂製ということで、剛性は普通レベルですね

スタンダードモデルながら、キーボードには白色LEDを内蔵しているのもポイント。薄暗い場所でタイピングしやすくなるのはもちろん、なによりもオシャレ。ちなみに、ファンクションキーで2段階+OFFに切り替え可能です。

 

スムーズなタッチパッド

タッチパッドは、パッド部分とクリックボタンが一緒になった、オーソドックスな一体型タイプとなっています。

 

タッチパッドはサラサラした材質で、カーソル操作はとてもスムーズ。また、クリックボタンの完成度も高く、軽く押すだけで反応し、動作音も静か

一体型にありがちなクリックボタンのバタつきなどなく、よく造りこまれているのは好印象ですね。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH

まずは、3Dグラフィックのレンダリングソフト【CINEBENCH】で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

CPUはインテル第13世代の12コア16スレッドCPU・Core i5-13500Hを搭載しています。最新世代ではありますが、中身は前世代の”Alder Lake”をベースにしており、Core i5-12500Hのクロックアップバージョンといったところですね。

第12世代から設計が一新され、高性能の”P-コア”と省エネの”E-コア”を搭載した、Wコア構成を採用しているのがポイント。タスクに応じて、各コアを使い分け、場合によっては両者を併用することで、効率よく処理できるのが強みです。

ちなみに、ノート用の第13世代CPUには、Hシリーズ・Pシリーズ・Uシリーズの3タイプがあり、最上位のグレードとなります。スリムノートでHシリーズCPUを搭載するのは、なかなか意欲的ですね

 

参考までに、兄弟モデル(IdeaPad Slim 5 Gen.8 14型)に搭載されている、AMDの第7世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 7530Uと比較すると、シングル性能は約32%、マルチ性能は約21%と大きく上回っています。

なお、AMD搭載モデルはRyzen 5のみとなっており、性能・価格に優れたインテル搭載モデルがだんぜんおすすめ

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。Vulkan(Wild Life)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

 

内蔵グラフィックは、高性能の”Iris Xe Graphics”を搭載。その性能はMX400に匹敵するレベルで、内蔵タイプにしては破格の性能となっています。基本的な編集作業ならIris Xe Graphicsで十分対応できます。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy173415208580
Fire Strike47795155207881769
Night Raid
17473210678885
Sky Diver15299145911959815856
Wild Life13193

 

PCMark 10

【PCMark 10】は、ブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的な用途での性能を測るソフトです。

 

ブラウジングや各種編作業など、基本的なタスクを快適にこなせる目安はスコア3000以上となりますが、余裕でクリア。スコア5000半ばの非常に高いスコアをマークしています。ブラウジングやオフィス作業などの軽作業から、動画・画像編集などのヘビーな作業も余裕でこなせる性能です。

なお、Ryzen 5 7530Uとの差は、総合スコアでわずか3%ですが、編集系のスコアでは約18%上回っており、ヘビーな作業で真価を発揮します。

 

TMPGEnc Video Mastering Works 7

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。結果は秒で表記しています。

 

エンコーダーはH.264およびH.265を利用し、それぞれ2パス・1パス・VCE/QSVでエンコードしています。なお、VCE/QSVはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のこと。

 

H.264(フルHD)2Pass1PassVCE/QSV
Core i5-13500H1139578151
Ryzen 5 7530U1389722149

まず軽めのH.264をチェック。CPU勝負のソフトウェアエンコード(2Pass・1Pass)では、Core i5-13500Hがだんぜん有利で、Ryzen 5 7530Uよりも約18~20%早く変換を完了しています。一方、ハードウェアエンコードではほとんど差がありません。

 

H.265(フルHD)2Pass1PassVCE/QSV
Core i5-13500H21241073217
Ryzen 5 7530U23481156151

次に重量級のH.265をチェック。ソフトウェアエンコードでは変わらずCore i5が有利ですが、Ryzen 5との差は約9~10%に縮小します。また、ハードウェアエンコードではRyzen 5に逆転され、約30%差をつけられています。

 

Lightroom Classic CC

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。結果は秒で表記しています。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

 CR2→DNGCR2→JPEG
Core i5-13500H23111
Ryzen 5 7530U32230

このテストもCPU勝負ですが、Core i5-13500Hがやはり有利。Ryzen 5 7530Uと比較して、軽めのDNGでは約22%、重量級のJPEG変換では約52%も早く変換を完了しています。

 

VALORANT(ヴァロラント)

測定条件

  解像度:WUXGA/WXGA

  ゲーム設定:高/中/低(アンチエイリアス”FXAA”、異方性フィルタリング”16x”)

  プレイモード:アンレート

平均(最低)fps
WXGA158(112)fps184(131)fps198(134)fps
WUXGA126(97)fps144(116)fps166(134)fps

ノートでも動かせる超軽量級のFPSゲームです。競技性の高いゲームなので、できれば100fps以上は欲しいところ。

トップクラスに軽いゲームということで、フルHDでも平均100fps以上を狙えます。ただし、ディスプレイは60Hz出力なので、最高でも60fps止まりという点には注意です。

 

FF14(ファイナルファンタジー14 暁月の終焉)

 最高品質高品質標準品質
WXGA72691006012868
WUXGA358155847962

知名度バツグンの国内産MMORPGですね。スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。快適にプレイするなら、フルHD・最高設定でスコア9000をしっかり超えたいところ。

第13世代ではグラフィック性能が向上しているものの、スコア9000を超えるのはWXGAまで。さすがに重量級のゲームだと、WUXGAでプレイするのは厳しいものがありますね。

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルは大容量の512GB SSDを搭載しており、かさばりがちな動画や画像データなどを多く保存できます。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプで、爆速のPCIe Gen.4規格を採用する本格派仕様。メーカーはWestern Digitalとなっています。

肝心の速度ですが、シーケンシャル(連続データ)の読み書きは、3000~5000MB/sと爆速。一方、ランダムの速度はGen.3クラスとなっており、特にシーケンシャルの速さが光ります。もちろん、OSの起動はとても早く、各種アプリの動作もサクサク動いて快適そのもの。

 

温度

CINEBENCH R23実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

 

 

余裕を持たせた動作システムとなっており、P-コアの動作クロックは3.0~3.1GHz、温度は80℃台半ばに抑えています。控えめな動作クロックですが、それでもPシリーズやUシリーズに比べると高めです。

 

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

 

50デシベルが目安となりますが、ピーク時で51.8デシベルとオーバー。ファンは高速回転しており、少しうるさく感じますね。ただし、甲高いファンノイズがないのはいいですね。

ちなみに最小時では46.9デシベルとありますが、アイドルなのでほぼ無音です。

 

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:インテリジェント・クーリング、トップクラスの電力効率
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

結果は約7時間40分をマークし、モバイルノートの目安となる10時間には届きません。高性能のHシリーズということで、バッテリーの持ちは控えめ。出先で使うなら、バッテリー省電力モードにするのがおすすめです。

 

便利なユーティリティーソフトを完備

付属アプリとして”Lenovo Vantage”がインストールされています。各種動作設定からシステムの更新などサポートに至るまで、このアプリで全て設定でき、とても便利なアプリです。

 

サウンドシステムには、有名どころの”Dolby”を採用しています。Lenovo Vantageでは使う場面に応じ、ワンタッチで簡単に変更できるほか、Dolbyの専用アプリで好みのサウンドを設定できます。

なお肝心のスピーカーの音質ですが、低音から高音までよく伸び、重低音も再現。サラウンドも効いていますが、肝心の音質が軽めなので、迫力はイマイチです。前モデルより物足りない印象ですね。

 

まとめ&関連モデル

スタンダードモデルながらクオリティが非常に高く、高性能のHシリーズCPUに有機ELディスプレイを搭載。それでいて価格は9万円台と安く、圧倒的なコスパを実現しています。ビジネスユースに便利なThinkBook 14と合わせて、14インチモバイルノートならまずおすすめです

 

 

IdeaPad Slim 5i Gen.8 14型[Core i5-12450H搭載]

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
14.0インチ WUXGA ノングレア IPS
■CPU:Core i5-12450H
■メモリ:16GB(LPDDR5-4800)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:79,860円(税・送料込)~

第12世代の8コア12スレッドCPU・Core i5-12450Hを搭載した低価格モデルで、予算重視ならおすすめ。こちらは通常のIPSディスプレイを搭載しています。

 

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC+α

 

ショップ&価格別のおすすめノートPC

タイトルとURLをコピーしました