【Blender・MAYA】3DCG制作におすすめのデスクトップPC&ノートPC

3Dモデリングやアニメーションなど3DCGの制作に最適なPCスペックと、おすすめパソコンをチェックしてみましょう。

 

3DCG制作に必要なスペック

3DCG制作はBlenderがおすすめ

3DCG制作ソフト価格必要スペック
Blender無料CPU:SSE2対応4コア(8コア推奨)
GPU:OpenGL 4.3対応GPU
VRAM:2GB(8GB推奨)
メモリ:8GB(32GB推奨)
MAYA月額36,300円CPU:SSE4.2対応マルチコアCPU
GPU:NVIDIA Maxwell以降
メモリ:8GB(16GB以上推奨)
CINEMA 4D年額73,150円~CPU:Intel Kaby Layke以降
GPU:NVIDIA Maxwell以降
メモリ:8GB(16GB以上推奨)

3DCGの作成なら基本的に”Blender”がおすすめ

Blenderは無料にもかかわらず、機能が有料ソフト並みに充実しています。3Dアニメーション・モデリング・レンダリングなどさまざまな作業に対応でき、Blenderだけで3DCGの作成が完結します。

有料ソフトならMayaがおすすめ。業界標準といっても過言ではないソフトで、価格も月額36,300円と非常に高額。プロのクリエイタースタジオに最適です。

 

おすすめスペック

CPUCore i7以上
メモリ32GB(できれば64GB) 
GPU(グラフィック機能)RTX 3060以上

その名の通り3Dデータを作成する作業なので、負荷は編集用途の中でもトップクラスに高く、CPUはハイスペッククラスのCore i7、GPUはミドルクラスのRTX 3060がまずおすすめ

3DCGの作成ではグラフィックの支援機能が強力なので、GPUの性能も重要になります。VRAM(グラフィックメモリ)は6GBが最低ラインで、8GB以上が推奨です。また、BlenderをはじめOptiXに対応したRTXシリーズがおすすめ。CUDAよりもレンダリング時間を大きく短縮でき、ノイズの除去も高速で行うことができます。

なお、メモリは16GBだとカツカツなので、32GBは欲しいところ。64GBなら重量級のデータにもしっかり対応できます。

 

ベンチマークテスト

参考までに、”Blender”を用いてデモデータをレンダリングする時間をチェックしてみましょう。なお、[D]がデスクトップ用CPU、[N]がノート用のCPUを表しています。

 

やはりデスクトップならCore i7-12700がおすすめですね。下位のCore i5-12400よりも約30%早く変換を完了しています。

ノートはCore i7がメインとなますが、高性能のHシリーズと省エネのPシリーズとでは性能が段違い。Core i7-12700HとCore i7-1260Pとの差は約40%にもなるので、携帯性を重視するのでなければCore i7-12700Hがおすすめです。

 

先にも紹介した通り、BlenderではGPUを活用した高速レンダリング機能に対応(内蔵グラフィック除く)しており、”CUDA”と”OptiX”の2タイプが用意されています。GTXシリーズではCUDAのみ対応していますが、RTXシリーズでは超高速のOptixにも対応しているのがポイントです。

CPUレンダリングとは比較にならないくらいに高速で、CUDAでも最大1/10の時間で完了するほど。OptixともなるとCUDAの約半分にもなるので、とことん性能にこだわるならRTXシリーズがだんぜんおすすめ。なお、RTXシリーズでもRTX 3050はRTX 3060の約2倍もの時間がかかるので、RTX 3060がスタートラインとなります

なお、RTX 3060以上ではRTX 3070とRTX 3080がおすすめ。RTX 3070はRTX 3060よりも約30%の時短効果を発揮し、RTX 3080ともなるとRTX 3060の約半分にもなります。プロ用ということであれば、VRAMを24GBも搭載したRTX 3090がおすすめです。

 

dGPUレンダリングで注意したいのは、VRAM(グラフィックメモリ)の容量です。VRAMが4GBのモデルでは、メモリ不足のため、重量級のレンダリングに対応できません。3DCGの作成で使うのであれば最低でも6GB、できれば8GB以上は欲しいところです。

 

3DCGの作成に最適なクリエイターPC(デスクトップ)

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 raytrek/レイトレック MV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ非搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:184,980円(税込)~

※実機モデルはミドルタワータイプとなります。性能の確認におすすめ。

Core i7&RTX 3060を搭載した万能モデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3060搭載したミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。

Core i7×RTX 3060のパワーで、イラスト制作や動画・画像編集、3DCGの制作などあらゆる用途に対応でき、コスパに優れた万能モデルとしておすすめ。特にRTXシリーズを搭載しているので、3DCGの制作では非常に高いパフォーマンスを発揮します。

拡張性に優れたミドルタワーモデルはこちら>>>raytrek XV icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、動画編集であれば32GBメモリ、3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック 4CXF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ非搭載/キーボード&マウス無し
■価格:259,980円(税込)~

ワンランク上のハイスペックモデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3070搭載した、ハイスペックのミドルタワーモデル。

32GBメモリに500GB SSDの非常に充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型の空冷式CPUクーラーのほか、最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

ケースの完成度も非常に高く、スタイリッシュなシルバーボディは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、ボディの全面にダストフィルターを装備し、ほこり対策も万全。フィルターはワンタッチで取り外すことができ、メンテナンス性もバツグンです。

約20%性能が高い16コア24スレッドのCore i9-12900搭載モデルはこちら>>>raytrek 4CHF icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 SENSE-F069-127-VAX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3080(VRAM 10GB)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:800W(80PLUS GOLD)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ非搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:287,800円(税込)~

RTX 3080搭載の低価格モデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3080(VRAM 10GB)搭載したミドルタワーモデル。RTX 3070よりも約30%性能が高く、とことん性能にこだわるならおすすめです。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型の空冷式CPUクーラーのほか、最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

また、大型ケースのため拡張性も高く、HDDを多く搭載できるほか、フロント全面がメッシュパネルなので通気性はバツグン。さらに、ケース上部には取っ手がついているので、持ち運びしやすいのもポイントです。VRAM 12GB版のRTX 3080を搭載して28万円台は非常に安く、コスパが非常に優れています。

水冷式CPUクーラー搭載!約10%性能が高いCore i7-12700K搭載モデルはこちら>>>SENSE-F069-LC127K-VAX icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

SENSE-F079-LC137KF-XLX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-13700KF
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラフィック:RTX 4090
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:1000W(80PLUS PLATINUM)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ非搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:532,800円(税込)~

RTX 3090搭載のコスパモデル

先に紹介したモデルを、インテルの第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700KFとRTX 4090にしたバージョンです。

RTX 4090の性能はRTX 3090の約2倍にもなり、VRAMを24GBも搭載。内容も非常に充実しており、超大容量の1TB SSDや最大約92%の高い電力変換効率を誇るプラチナクラス電源、さらに水冷式CPUクーラーを装備。まさにプロ向けの本格派仕様となっています。

約30%性能が高い24コア32スレッドのCore i9-13900KF搭載モデルはこちら>>>SENSE-F079-LC139KF-XLX icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

DAIV Z7(マウスコンピューター)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700F
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■光学ドライブ・キーボード・マウス非搭載
■価格:279,800円(税込)~

サポート&保証重視ならマウスコンピューターがおすすめ

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3060搭載したミドルタワーモデル。

32GBメモリに512GB SSD+2TB HDDの非常に充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、水冷式CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。大型ケースのため拡張性も高く、HDDを多く搭載できるのもポイント。

ちなみに、マウスはサポート&保証が充実しているのもポイント。まず延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

3DCG制作に最適なクリエイターPC(ノート)

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 raytrek/レイトレック R6-AA(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア
■CPU:Core i7-12700H
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:219,980円(税込)~

価格と性能のバランスに優れたミドルクラスモデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i7-12700HとRTX 3060を搭載したミドルクラスモデル。16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用しています。

装備も充実しており、大きめの16.0インチディスプレイは、 WQXGA(2560×1600)の高解像度で、sRGBカバー率約99%(sRGB比約100%)と色域も広く、編集作業がよりはかどります。

また、薄暗い場所でのタイピングに便利な白色LED内蔵キーボードのほか、最大40Gbpsの超高速転送に対応した”Thunderbolt 4”もバッチリ装備しています。さらに、顔認証に対応しており、セキュリティ面も安心です。

Core i7×RTX 3060のパワーで、イラスト制作や動画・画像編集、3DCGの作成などあらゆる用途に対応でき、コスパに優れた万能モデルとしておすすめ。

19万円台!低価格のフルHDディスプレイ搭載モデルはこちら>>>raytrek R6-AA6 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。なお、HDDの追加はできません。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック R7-ZF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ WQHD ノングレア
■CPU:Core i9-12900H
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラフィック:RTX 3070 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:299,979円(税込)~

※実機モデルではCore i7-12700Hを搭載しています。

高コスパのRTX 3070搭載モデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i9-12900HとRTX 3070 Tiを搭載したハイスペックモデル。RTX 3070 TiはRTX 3060よりも約50%性能が高く、VRAMも8GB搭載しているので、性能にとことんこだわるならおすすめ。

32GBメモリに1TB SSDの特盛構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。また、薄暗い場所でのタイピングに便利なフルカラーキーボードのほか、最大40Gbpsの超高速転送に対応した”Thunderbolt 4”もバッチリ装備しています。さらに、顔認証に対応しており、セキュリティ面も安心です。

もちろん、ディスプレイのクオリティも高く、大型の17.3インチディスプレイは、 WQHD(2560×1440)の高解像度で、sRGBカバー率約99%(sRGB比約100%)と色域も広く、編集作業がよりはかどります。 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。なお、HDDの追加はできません。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  raytrek/レイトレック R5-AA5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-12700H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:169,980円(税込)~

RTX 3050搭載のコスパモデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i7-12700HとRTX 3050を搭載したエントリークラスモデル。16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用しています。

ディスプレイは、15.6インチ×フルHDのオーソドックスな構成ですが、sRGBカバー率約99%(sRGB比約100%)としっかりポイントは押さえています。また、薄暗い場所でのタイピングに便利なフルカラーキーボードを搭載するほか、顔認証に対応しており、セキュリティ面も安心です。

RTX 3050はGTX 1650よりも約30%性能が高く、ワンランク上の入門モデルとしておすすめ。ただし、VRAM(グラフィックメモリ)がやはり4GBと少ないので、本格的に使うなら上位のRTX 3060やRTX 3070 Tiがおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心です。なお、HDDの追加はできません。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

DAIV 6N(マウスコンピューター)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア
■CPU:Core i7-12700H
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:269,800円(税込)~

サポート&保証重視ならマウスコンピューターがおすすめ

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i7-12700HとRTX 3060を搭載したミドルクラスモデル。16GBメモリに512GBB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

装備も充実しており、16.0インチ・WQXGA(2560×1600)の大画面&高解像度ディスプレイを搭載し、sRGB比約100%と広めの色域をカバー。そのほか、白色LED内蔵キーボード・Thunderbolt 4・顔認証センサーもしっかり装備しています。

さらに、このモデルは非常に軽く、軽量でタフなマグネシウム合金を採用することで、約1.64kgの超軽量ボディを実現。高性能GPUとは思えないほど軽く、持ち運び用としても使えます。

ちなみに、マウスはサポート&保証が充実しているのもポイント。まず延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に9,900円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

32GBメモリ&1TB SSDは上位モデルがお得>>>DAIV 6N(プレミアムモデル) icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。なお、HDDの追加はできません。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

あわせて知りたい

3ステップ+αでわかるクリエイターPC

 

おすすめクリエイターPC

タイトルとURLをコピーしました