DELL Inspiron 14 7000 プラチナ[7490]をレビュー 約1.1kgの超軽量ボディ!大画面と携帯性を両立した14インチモバイルノート

今回デルの【Inspiron 14 7000 プラチナ[7490]】をお借りしました。

その重さ、なんと約1.1kg!大画面を搭載しながら圧倒的な軽さを実現した、14インチモバイルノートをチェックしてみましょう。

 

スペック

 DELL Inspiron 14 7000 プラチナ[7490] 大容量メモリー&SSD・MX250搭載
カラーシルバー・アイスベリー
サイズW319.77×D205.93×H14.9~17.96mm
重量約1.095kg(実測1173g)
OSWindows 10 Home(64ビット)
CPUCore i7-10510U
・4コア8スレッド
・定格1.8/最大4.9GHz
メモリ16GB(LPDDR3-2133)
ストレージ512GB SSD(PCIe NVMe)
グラフィクスGeForce MX250(GDDR5 2GB)
ディスプレイ14.0インチ、フルHD、グレア、IPSパネル
インターフェースUSB3.1 Gen.2 Type-C(Thunderbolt 3対応)、USB 3.1 Gen.1 Type-A×2、HDMI 2.0、マイク入力/ヘッドフォン出力、micro SDスロット
光学ドライブ×
カメラHD Webカメラ(720p)
スピーカーデュアルスピーカー(Waves MaxxAudio Pro)
キーボード日本語キーボード
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.0
保証1年(最大4年)
価格【クーポン利用】152,980円110,373円(税別・送料込)~
付属品・各種マニュアル
・電源アダプタ(201g)
・電源ケーブル(104g)

※2020年4月3日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。
※割引クーポンは販売サイトに記載してあります。

 

外観

シンプルで美しいデザイン

上位の7000シリーズですが、ボディの素材はアルミニウムではなく、軽量&堅牢なマグネシウム合金を採用しているのがポイント。

 

表面は非光沢の梨地加工が施されており、美しい仕上がりを実現。また、さわり心地もよく、サラッとした手になじむ感触は高級感を感じさせます。

 

やわらかさを感じさせる、優雅なフォルムが魅力のボディです。余計な装飾を極力省き、天板にロゴのみと非常にシンプル。デルらしい機能美あふれるデザインとなっています。

 

クールなシルバーのカラバリも相まって、洗練された印象を受けますね。

 

排気口はデザインを損なうことが無いよう、うまいことカモフラージュされ、細かい部分まで徹底しています。

 

ちなみに、ディスプレイはホワイトのフレームで装飾されており、カジュアルな一面も持ち合わせています。

 

カラバリですが、シルバーのほか、アイスベリーが用意されています。淡い感じの上品な色味となっており、センスの高さがうかがえますね。なお、ディスプレイのフレームはブラックとなっています

 

約1.1kgの圧倒的軽量ボディ

ボディのサイズは14インチですね。大きめのディスプレイを搭載したモバイルノートとして、最近人気のサイズです。

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリム仕様にすることで、横幅と奥行きを圧縮。14インチモデルにしてはコンパクトで、A4ファイルよりもやや小さいサイズを実現しています。厚さも最薄部で14.9mmとスリムなので、カバンにもさっと入れることができますね。

 

そして特筆すべきはその軽さ。マグネシウム合金ボディなのでとてつもなく軽く、その重さなんと実測で1165g!1.5kgオーバーが相場の14インチモデルでは圧倒的に軽く、13インチモデルに匹敵するレベルで、持ち運びもラクラクです。

 

リフトアップヒンジ搭載

機能面もしっかり考えられており、【リフトアップヒンジ】を搭載しています。リフトアップヒンジとは画面を開いたときに、ボディがせり上がるギミックのこと。

 

適度な傾斜ができるためタイピングしやすくなるほか、接地面とパソコンの間にすき間が空くことで、給排気がスムーズになり、冷却能力もアップします。下にノートPCクーラーを置いているようなもので、熱い夏場でも安心。

 

充実したインターフェース

コンパクトモデルですが、インターフェースはなかなかの充実ぶり。

 

USBは左右あわせて3ポート搭載し、オールUSB3.1規格となっています。そのうち左サイドのType-Cポートは、高速転送・大容量給電・高解像度出力が可能な【USB3.1 Gen.2規格】で、40Gbpsの超高速転送ができる【Thunderbolt 3】にも対応する最新規格となっています。

ポートの数、規格ともにポイントをしっかり押さえており、周辺機器の接続にはまず困りません。

 

そのほかHDMIポートやmicroSDスロットも搭載し、普段使いで必要なものは一通りそろっています。

 

また無線LANですが、Wi-Fi 6(802.11ax)に対応しているのもポイント。現行のWi-Fi 5(802.11ac)よりもさらに速くなり、最大約9.6Gbpsと約1.5倍の高速通信を実現しています。また遅延も少なくなっているため、無線でのゲーミングがより安定します。

 

ディスプレイ&キーボード

IPSパネル搭載

ディスプレイは14インチきっかり。15.6インチほどではありませんが、13.3インチよりもゆとりがあり、画面の大きさを重視しつつ携帯性にもこだわる方におすすめ。

なお、解像度はオーソドックスななフルHDとなっています。

 

公式サイトではWVAパネルと記載していますが、型番(SHP14A2)を調べてみると、どうやらIPSパネルのようです。

高発色・高コントラスト・広視野角の3拍子そろった高性能パネルで、表面のグレア加工も相まって、美しい映像を思う存分堪能することができます。また、色域がsRGBが100%と広く、プロ用とまではいかないものの、動画・画像編集にも最適です。

 

このとおり、横から覗いても色むらはありません。なお、このパネルはタッチ操作に対応していますが、その機能が使えるのはLTEモデルのみとなります

 

完成度の高いキーボード&タッチパッド

キーボードのクオリティも格段に上がり、キートップが塗装され、高級感あふれる美しい仕上がりになりました。なお、塗装がされているのはシルバーのみで、アイスベリーはブラックとなっています

13インチよりもやや大きいサイズということで、キーボードはテンキーレス仕様です。

 

キーの種類は必要最低限で、配置は無理なくとても素直。一部キーが連結された、おなじみのデル仕様は健在ですが、操作に支障はなく、基本的に誤爆の心配はありません。ちなみに、キーピッチは約19mmとデスクトップキーボード並みの間隔が確保され、窮屈な感じがしないのはいいですね。

注意するとすれば右上の電源ボタンでしょうか。”backapace”や”delete”ボタンと間違えて押しそうになりますが、ボタン自体ほかのキーよりも固めになっているので、軽く押したくらいでは反応せず、その点は安心。こればかりは慣れあるのみです。

 

キーストロークはこの通りやや深めとなっており、打鍵感を楽しみつつ、快適にタイピングできます。

もちろん、トレンドの白色LEDを内蔵しています。見た目の華やかになるだけでなく、薄暗い場所でのタイピングしやすくなります。なお、LEDは2段階の明るさに設定でき、もちろんOFFにも設定可能。LEDが苦手という方でも安心です。

 

スムーズなタッチパッド

タッチパッドはパッドとクリックボタンが一緒になった、一体型のタイプです。

 

表面サラサラしており、カーソル操作は非常にスムーズ。クリックボタンは軽く押し込むだけで反応し、建付けもしっかりしているのでバタつかず、クリック音は静か。ピンキリな一体型タイプですが、このモデルではしっかり造りこまれています。

 

指紋認証センサー搭載

先に紹介した電源ボタンは、Windows Hello対応の指紋認証センサーを兼ねています。本人認証のため、ログインパスワードよりも安全。また、ログインの際わざわざパスワード入力することなく、とてもスムーズです。

 

充実したユーティリティー機能

毎度おなじみのサウンドエンジン【Waves MaxxAudio Pro】が標準で搭載されています。イコライザーやサラウンド機能など必要なものは一通り搭載されおり、ご覧の通りかんたんに調整することができます。

なおスピーカーの音質ですが、低音は弱いものの、中・高音域はクリアでサラウンドも効いており、内蔵スピーカーにしては上々のクオリティです。

 

また、視覚効果のアプリとして【CinemaColor】機能を搭載しています。

動画・夜間・スポーツ・アニメーションそれぞれのシーン最適な色彩設定をすることで、鮮やかで深みのあるカラーで映像コンテンツを楽しむことができます。発色の高いIPSパネルとの相性は抜群です。

 

そのほか、バッテリー機能の設定アプリ【Power Manager】機能も搭載しています。

”サーマル管理”ではシステムの消費電力やファン動作を一括で設定でき、シーンに応じて最適なモードを柔軟に選択できます。また、”バッテリエクステンダ”ではバッテリー駆動時の消費電力を最小限に抑えることができ、特にバッテリの持ちを重視したい場合に有用です。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH

まずは、3Dグラフィックのレンダリングソフト【CINEBENCH】で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

このモデルでは、インテル最新世代のハイスペックCPU・Core i7-10510Uを搭載しています。前世代のCore i7-8565Uと同じ4コア8スレッド構成で、参考までに比較してみると、シングル・マルチともにほぼ互角といったところ。

最新世代ということで、もう少し伸びてほしいのが本音ですね。

 

ちなみに、最新の第10世代では10nmプロセスの”ICE LAKE”と、14nmプロセスの”COMET LAKE”の2タイプが展開されていますが、Core i7-10510Uは”COMET LAKE”のCPUとなります。

両者の違いですが、かなりざっくりいうとCPUに力を入れているか、GPUに力を入れているかです。COMET LAKEでは8コア16スレッドのマルチコア・スレッドCPUが用意され、ICE LAKEでは、高性能グラフィック”IRIS PLUS”を内蔵したCPUが用意されています。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

 

このモデルではGPU(グラフィック機能)にGeForce MX250を搭載しています。グレードとしては入門中の入門クラスで、一般的なCPU内蔵グラフィック・UHD 620の約2.5倍の性能です。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy Extreme2512201293
Time Spy111810132720
Fire Strike Ultra4443888483336
Fire Strike Extreme143514688180597
Fire Strike2910319780191107
Night Raid
10132124634919
Sky Diver8739949463098585
Cloud Gate11448189704795
Ice Storm658928333438033

 

PCMark 10

【PCMark 10】はブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的なノートパソコンで想定される用途での性能を測る定番ソフトです。

 

動画や画像編集用途の目安となるスコアは3000以上となりますが、軽々突破し、スコア4000の大台に乗せています。このレベルなら編集用途でもしっかり使うことができます。

CINEBENCHと同様に、ほぼ互角のスコアをマークしています。なお、MX250を搭載していてもこの結果ということで、普段使いではさほど差がつかない感じですね。

 

動画エンコード

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・QSVでエンコードしています。なお、MX250はGTXシリーズではないので、GPUを活用した超高速エンコード機能【NVENC】を使用できないのはネックです

 

H.2642Pass1PassQSV
Core i7-10510U59:2229:563:53
Core i7-8565U1:03:0432:364:12

CPU勝負のソフトウェアエンコードでは、両者の差はせいぜい8%程度ですが、QSVではCore i7-8565Uに対し約88%の時間で変換を終え、10%以上の差がつく結果となりました。

 

H.2652Pass1PassQSV
Core i7-10510U1:28:1043:325:46
Core i7-8565U1:33:2147:335:42

重量級のH.265では、ソフトウェアエンコードこそ最大8%の差がつきますが、QSVではひっくり返され、ちぐはぐな結果に。ただ、総合的にみるとCore i7-10510Uのほうが有利な感じですね。

 

画像変換

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

 CR2→DNGCR2→JPEG
Core i7-10510U1:404:51
Core i7-8565U1:465:50

軽いDNG変換ではほぼ互角ですが、負荷の高いJPEG変換ではCore i7-8565Uの約83%の時間で変換を完了しています。

劇的な性能差はありませんが、編集用途なら最新のCore i7に軍配が上がりますね。以下実際のゲームでのパフォーマンスをチェックしてみましょう。

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

 最高品質標準品質低品質
HD139331533919234
フルHD87221065412356

さすがに内蔵グラフィックとは格が違い、フルHD・最高品質でも余裕でプレイできます

 

PSO2

こちらはやや軽めのゲームです。エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

 設定6設定5設定4設定3
HD6819198532264727091
フルHD31267843801411692

フルHD・設定6こそスコア4500に届きませんが、設定5ではきっちりクリアしています。なお、設定5は以前の最高設定なので、クオリティも十分きれいです。

軽めの国産ゲームだけプレイするのであれば、MXシリーズでも全然OK。

 

Apex Legends

最近人気のバトロワ系FPSゲームです。個性的なスキルを持ったキャラクター”レジェンド”を操り、3名1組のチーム戦を繰り広げます。

【パッシブ・戦術・アルティメット】の各スキルをしっかり生かすのはもちろん、キャラの組み合わせによって戦略が変化するので、いかに連携できるかが勝利へのカギとなります。スピーディーな操作性で爽快感はバツグン!テンポよく楽しみたい方におすすめ。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD・HD

  ゲーム設定:最高・低(垂直同期”OFF”)

  APEXゲーム(本編)

 最高
HD42(33)fps51(38)fps
フルHD23(19)fps34(25)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

従来の国産ゲームならともかく、最新のゲームともなるとガクッとパフォーマンスが落ち込み、HDでも平均60fpsにすら届きません

 

Fortnite(フォートナイト)

こちらも同じくバトロワ系の鉄板タイトルです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、Apex Legendsとはまた違ったベクトルの楽しみ方ができます。チーム戦だけでなく、ソロで気軽にプレイできるのもいいですね。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD・HD

  ゲーム設定:エピック/高/中/低

  降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

 エピック
HD34(28)fps49(38)fps82(65)fps125(99)fps
フルHD18(14)fps27(22)fps45(37)fps82(67)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

Apex Legendsと同じく軽めの部類に入るゲームですが、HD・中設定でようやく平均60fpsをキープできるようになります

 

FF14

おなじみの重量級ベンチマークです。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

 

 最高品質高品質標準品質
HD522468028501
フルHD317140876073

フルHDはやはり厳しく、HD・標準品質でスコア7000をやっと超えるレベル。最新のゲームをフルHDで楽しむなら最低でもGTX 1050は欲しいですね。

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルは大容量の512GB SSDを搭載。ノートなら256GBもあれば十分ですが、512GBもあれば動画や画像などデータ類を多めに保存でき、編集用途にも最適ですね。

SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDというこだわりようで、メーカーはおなじみのSK Hynix製となっています。

肝心の速度ですが、シーケンシャル(連続データ)の読み書きはきっちり4ケタをマーク。ランダムも特に速度が出にくい”Q1T1”の書き込みしっかり100MB/s以上マークし、そつなく速いNVMe SSDといったところです。OSの起動からブラウジング、アプリの動作までサクサクでとても快適!

 

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

 

発熱が高めのCore i7ですが、70℃前後の安定した温度をキープ。また、GPUも60℃台半ばと低い温度となっており、冷却性能はとても優秀です。

 

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

 

50デシベルを超えるとノイズが気になるようになりますが、ピーク時で51.4デシベルとやや上回っています。ただ、ファンは高速回転しているものの、耳障りな甲高いファンノイズではないので、さほど気になりません。GPU付きモデルにしては静かですね

ちなみに最小時では45.9デシベルとありますが、アイドルなのでほぼ無音です。

 

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:DELL、より良いバッテリー
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

結果は約12時間30分とモバイルノートの目安である10時間を大きく超える結果となりました。もちろん出先でも安心して使えます。GPUを搭載していますが、ブラウジングなど普段使いレベルでは、しっかり省エネモードになっているようですね。

 

まとめ&関連モデル

やはり14インチモデルで約1.1kgは驚異的ですね。クオリティは非常に高く、価格もリーズナブルということでコスパもばつぐん。これといって欠点がなく、とことん軽さにこだわるのでなければ、ぜひおすすめのモバイルノートです。

ラインナップは豊富ですが、基本的にはオールラウンダーなCore i5搭載モデルを選べばOK。モバイルノートでできるだけ高性能モデルが欲しいということであれば、Core i7×MX250モデルを選ぶのもいいでしょう。なお、LTE搭載モデルも用意されており、ネット環境重視ならおすすめ。

 

 

Inspiron 14 7000 プレミアム

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア
■CPU:Core i5-10210U
■メモリ:8GB(LPDDR3-2133)
■グラフィック:UHDグラフィックス(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】121,980円84,643円(税別・送料込)~

 

おすすめポイント

Core i5・8GBメモリ・256GB SSDを搭載した充実の初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプというこだわりよう。ブラウジングやオフィスなどの軽作業から、動画・画像編集までサクサクこなせるオールラウンダーモデルです。

 

Inspiron 14 7000 プレミアム[LTE&MX250搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD グレア
■CPU:Core i5-10210U
■メモリ:8GB(LPDDR3-2133)
■グラフィック:MX250
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】147,980円108,713円(税別・送料込)~

 

おすすめポイント

LTEモジュールを搭載した唯一のモデルで、Core i5×MX250の構成となっています。SIMは一番小さいnano SIMサイズです。なお、対応しているバンドはこちら icon-external-link をチェック。

 

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC+α

 

ショップ&価格別のおすすめノートPC

タイトルとURLをコピーしました