HP ENVY x360 15-ee0000をレビュー ハイクオリティ&高コスパ!高性能のRyzen 4000シリーズを搭載したプレミアムな15インチ2in1ノート

今回HPの【ENVY x360 15-ee0000】をお借りしました。

プレミアムモデル”ENVYシリーズ”の15インチ2in1ノートがリニューアル!AMDが誇る最新の高性能CPU”Ryzen 4000シリーズ”を搭載した、HPの大人気モデルをチェックしてみましょう。

 

スペック

 ENVY x360 15-ee0000
スタンダード&パフォーマンスモデル
カラーナイトフォールブラック
サイズW358×D230×H18.9mm
重量約2.0Kg(実測1879g)
OSWindows 10 Home(64ビット)
CPU【スタンダードモデル】
AMD Ryzen 5 4500U
・6コア6スレッド
・定格2.3/最大4.0GHz

【パフォーマンスモデル】
AMD Ryzen 7 4700U
・8コア8スレッド
・定格2.0/最大4.1GHz

メモリ8・16GB(DDR4-3200)
ストレージ512GB SSD(PCIe NVMe)
グラフィクスAMD Radeon Graphics
ディスプレイ15.6インチ、フルHD、グレア、IPS、タッチ対応
インターフェースSuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×1、SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×2、HDMI 2.0、SDスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ×
カメラHP Wide Vision HD Webcam(約92万画素)
スピーカートリプルスピーカー(Audio by Bang & Olufsen)
キーボードバックライトキーボード(日本語配列)
Wi-FiIEEE802.11 ax
Bluetooth5.0
保証1年(最大3年)
価格【キャンペーンでさらにおトク】
・スタンダードモデル:104,800円(税別)~
・パフォーマンスモデル:129,800円(税別)~
付属品・各種マニュアル
・電源アダプタ(Ryzen 7:192g/Ryzen 5:179g)
・電源ケーブル(Ryzen 7:104g/Ryzen 5:海外仕様のため省略)
・変換アダプタ(40g)
※画像はRyzen 7のものです

※2020年9月22日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

外観

機能美あふれる高品質ボディ

直線主体のスマートなフォルムのボディは、装飾の類を極力排し、とてもシンプル。機能美を感じさせるデザインとなっています。

 

ヒンジ部分はバッサリ切り落とされ、鋭さを感じさせる一方で、手前側の両端はラウンドフォルムとなっており、メリハリのあるデザインに仕上がっているのもポイント。

 

ボディの素材には上質なアルミニウム素材を使用しており、表面の処理は非光沢の梨地仕上げとなっています。落ち着きのある外観もさることながら、手にしっとりとなじむ上質の感触も相まって、高級感がありますね。

 

深みのある”ナイトフォールブラック”のボディに、シルバーのアクセントがバッチリきまっており、洗練された印象を受けます。

 

スピーカー部の幾何学模様は、新モデルでも健在。デザイン面でのワンポイントアクセントになっており、とてもオシャレ。

 

ボディのサイズは、前モデルからさらに小さくなり、ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることで、特に奥行きは15mmもコンパクトになっています。

約1~2mmボディの厚さが増したものの、全体的にコンパクトに進化しているため、重さはRyzen 7搭載モデルで実測1879g、Ryzen 5搭載モデルで実測1927gと若干軽くなっています。アルミボディは高品質な反面、重くなりがちですが、2kg以下というのは優秀ですね

 

ちなみに、新モデルでは、ヒンジ部分に排気口が設置されています。高性能CPUを新たに搭載していますが、吸排気能力があがり、CPUをしっかり冷却できるようになっています。

 

フレキシブルに使える2-in-1タイプ

最近はやりの2-in-1ノートパソコンで、360°回転するコンパーチブルタイプとなっています。

 

360°回転しタブレットとして使えるだけでなく、テント型にして寝そべりながら動画を見る、さらにスタンドモードにしてイラストを書くといったフレキシブルな使い方ができ、とても便利です。

 

パネル表面はとても滑らかになっており、スクロールやタッチ操作はとてもスムーズ。クセになる感触といってもいいくらいのレベルで、ミドルクラスモデルにしてはかなり完成度が高いです。

 

コンパーチブルの肝と言えるヒンジですが、頑丈に造り込まれ、無段階稼働で任意の角度にピタッと止まります。ヒンジは無骨なものではなく、ボディのイメージににあわせた、美しいデザインに仕上げているのもいいですね。

もちろん、キーボードを180°以上回転させるとキーボードが動作しなくなるので、誤操作の心配もありません。

 

ポイントをおさえたインターフェース

スリムモデルということで、LANポートや光学ドライブは非搭載です。

 

USBは全3ポート搭載しています。”SuperSpeed USB”とありますが、これはUSB 3.2のことですね。一般的な5Gbpsの転送速度に対応したUSB3.2 Gen.1が2ポート、10Gbpsの高速転送に対応したUSB 3.2 Gen2が1ポート搭載されています。なお、USB 3.2 Gen2は、小型&リバーシブルのType-Cポートとなっています。

ポートの数こそ最低限ではありますが、通常タイプのType-Aポートも用意されているので、あらかたの周辺機器を接続できるのがいいですね。

 

そのほか、SDスロットや画像出力用のHDMIポートもしっかり装備しており、普段使いで必要なものは一通りそろっています。

 

また無線LANですが、Wi-Fi 6(802.11ax)に対応しているのもポイント。現行のWi-Fi 5(802.11ac)よりもさらに速くなり、最大約9.6Gbpsと約1.5倍の高速通信を実現しています。また遅延も少なくなっているため、快適にインターネットを楽しむことができます。

 

セキュリティ対策も万全

セキュリティにもしっかり配慮され、カメラ部分にはシャッターが装備されているのもポイント。電源ボタン横のスイッチでシャッターが開閉し、物理的にシャットアウトします。

 

前モデルでは、デバイスマネージャー上からカメラデバイスを消去するシステムでしたが、カメラそのものにシャッターをするほうが、やはり安心ですね。

 

また、全てのモデルでキーボード面に指紋認証センサーを設置しています。本人認証のため、ログインパスワードよりも安全。また、ログインの際わざわざパスワード入力することなく、とてもスムーズです。

なお、新モデルでは配置が換わり、キーボード内に配置されています。

 

ディスプレイ&キーボード

ディスプレイやキーボードも前モデルとほぼ同じです

IPSパネル搭載

ディスプレイはオーソドックスな15.6インチサイズで、解像度は主流のフルHDとなっています。ディスプレイのベゼル(ふち)はスリム仕様となっており、野暮ったさが無くとてもスタイリッシュ。

 

ディスプレイのパネルには発色&コントラストに優れたIPSパネルを採用。光沢のあるグレアパネルとの相乗効果で、美しい映像を思う存分堪能することができます。動画鑑賞などエンターテインメント用途に大活躍!

 

またIPSパネルは視野角が広いのもポイント。姿勢によって色味が変わらず、様々なモードで使える2-in-1パソコンとの相性はバッチリです。

 

白色LED内蔵キーボード搭載

標準的な15インチボディということで、オーソドックスなテンキー付きキーボードを搭載しています。

 

配列そのものは、基本的にクセが無く非常に素直。各キーも整然と並べられており、キーピッチも約19mmとデスクトップキーボード並の広さが確保されているため、誤爆する心配はまずありません。

先にも紹介しましたが、違いはスピーカーと指紋認証センサーの2点。前モデルで”Ctrlキー”が配置されていた部分に、指紋認証センサーが搭載されています。

 

キーストロークですが、一般ノートにしてはやや深めなので、打鍵感を楽しみながら快適にタイピングできます。

なお、キーボードには白色LEDを内蔵しており、トレンドはバッチリ押さえてあります。華やかな輝きで高級感があり、薄暗い場所でタイピングしやすくなるのもいいですね。ちなみに、OFF+2段階で調整できるので、LEDが苦手な方でも安心。

 

スムーズなタッチパッド

タッチパッドの完成度も高く、幅広仕様なので操作性にゆとりがあります。また、サラサラした材質になっており、カーソル操作も非常にスムーズ

また、クリックボタンもバタつきなく軽い力で反応し、動作音も小さく操作感はバツグン。キーボード・タッチパッドともによく使うだけあり、この完成度の高さは嬉しいですね。

 

サウンドエンジン搭載

新モデルでも引き続き、デンマークの高級オーディオメーカー”BANG & OLUFSEN”のサウンドエンジンを採用しています。スピーカーはトリプル仕様ということで、3基搭載。かなり気合が入っています。

肝心の音質ですが、低音こそ弱いものの、中音~高音域がよく伸び、メリハリのある音質です。また、音の広がりも感じられ、内蔵タイプにしてはだいぶ健闘しています

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみましょう。

CINEBENCH

まずは、3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

このモデルでは、AMDの6コアスタンダードCPU・Ryzen 5 4500Uと、8コアハイスペックCPU・Ryzen 7 4700Uを搭載しています。最新の4000シリーズは”ZEN2アーキテクチャ”を採用し、さらにコア・スレッド数を増やすことにより、大幅なパワーアップを実現しています。

特にRyzen 7のマルチスコアは1200cbをマーク。1000cbを大きく超えており、一般ノート用のCPUとしては驚異的な性能です。また、Ryzen 5はRyzen 7より約20%ほど性能が低いものの、1000cb手前の高いスコアをマークしており、いずれもゲーミング用CPUとそん色ないレベルとなっています。

 

型番からもわかるように、ライバルはインテルのCore i5&Core i7となります。

最新世代のCore i5-10210U&Core i7-10510Uと比較してみると、4コア8スレッド構成ということもあり、Ryzenシリーズに大きく差をつけられています。Ryzen 5 4500UですらCore i7-10510Uを軽く超え、マルチ性能は約35%差とまさに圧倒的ですね。

以下、Core i7-10510Uと比較してチェックしていきましょう。

 

PCMark 10

【PCMark 10】はブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的なノートパソコンで想定される用途での性能を測るソフトです。

 

動画や画像編集用途でも使うのであればスコア3000がボーダーとなりますが、どちらも余裕で超えており、スコア4000の大台をマーク。特にRyzen 7 4700Uはスコア5000手前の驚くべきスコアをマークしています。

なお、Core i7-10510Uはスコア4000の壁を突破することができず、力の差は歴然としています。

 

動画エンコード

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・VCE/QSVでエンコードしています。なお、VCE/QSVはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のこと。VCEはAMD、QSVはインテルの名称です。

 

H.2642Pass1PassVCE/QSV
Ryzen 7 4700U27:2514:172:49
Ryzen 5 4500U32:3916:303:04
Core i7-10510U49:5225:433:35

Ryzenシリーズが圧倒的に早いですね。CPU性能が重要になるソフトウェアエンコード(2Pass・1Pass)では、Ryzen 7はCore i7に対し約55~56%の時間で変換を終えています。Ryzen 5はRyzen 7よりも約16~19%ほど遅くなるものの、Core i7に対し約64~65%の時間となり、その差は歴然としています。

一方、ハードウェアエンコードではその差が縮まりますが、Ryzen 7はCore i7に対し約79%の時間で変換を終え、やはりその差は大きめです。Ryzen 5はRyzen 7よりも約9%ほど遅くなるものの、Core i7に対し約86%の時間となっており、内蔵グラフィックの性能の高さがうかがえます。

 

H.2652Pass1PassVCE/QSV
Ryzen 7 4700U42:1222:012:42
Ryzen 5 4500U49:4925:352:58
Core i7-10510U1:12:1737:156:15

重量級のH.265ではまた違った傾向となり、ハードウェアエンコードでは、Ryzen 7がCore i7に対し約43%の時間で変換を終えています。Ryzen 5はRyzen 7よりも約10%と変わらいものの、Core i7に対し約47%の時間で変換を終え、H.264とは打って変わり圧倒的な差をつけています。

なお、ソフトウェアエンコードではH.264とほぼ変わらず、Ryzen 7はCore i7に対し約58~59%、Ryzen 5もCore i7に対し約69%の時間で変換を終えています。

 

画像変換

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

 CR2→DNGCR2→JPEG
Ryzen 7 4700U1:053:10
Ryzen 5 4500U1:233:47
Core i7-10510U1:364:21

軽めのDNG変換では、Ryzen 7はCore i7に対し約68%の時間で変換を完了しています。Ryzen 5はRyzen 7よりも約28%ほど遅くなりますが、Core i7に対し約86%の時間で変換しており、やはりRyzenシリーズが有利です。

JPEG変換でも同じような傾向となり、Ryzen 7はCore i7に対し73%、Ryzen 5もCore i7に対し約87%の時間で変換を完了します。

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

Ryzen 7/Ryzen 5最高品質標準品質低品質
HD14570/1231616400/1448016633/15250
フルHD9766/778612545/1018513565/11303

Ryzenシリーズは内蔵グラフィックの性能も高く、いずれのCPUでもフルHD・最高品質でスコア5500を大きく超えます。なお、両者の差は最大約25%ほどです。

 

PSO2

こちらはやや軽めのゲームです。エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

Ryzen 7/Ryzen 5設定6設定5設定4設定3
HD6926/479816113/1152816603/1177628039/20244
フルHD2796/1849
7386/50577890/538413705/9169

さすがに設定6は厳しいものの、どちらのCPUも設定5でスコア4500以上をマーク。特にRyzen 7は、NVIDIAのエントリーGPU・MXシリーズを凌ぐ、高いパフォーマンスを発揮します。下位のRyzen 5にも最大約51%の差をつけ、まさに圧倒的。

ちなみに、インテルの内蔵グラフィック”UHD graphics”では、HDでもガッツリ設定を落とさないとスコア4500を超えることができません。Ryzenの内蔵グラフィックはまさに破格の性能ですね。

 

FF14

おなじみの重量級ベンチマークです。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

Ryzen 7/Ryzen 5最高品質高品質標準品質
HD5348/44486750/56747722/6673
フルHD2923/23803905/32235201/4274

さすがにこのクラスともなると、内蔵グラフィックでは厳しいものがあります。ただ、HD・標準品質でRyzen 7がスコア7000以上をマークしているのは驚きです。なお、両者の差は最大約23%となっています。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。PCの性能指標として、参考まで。

Ryzen 7/Ryzen 5総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy1227/9231080/8125374/4185
Night Raid13881/1102614528/1159711088/8621
Fire Strike3252/25603585/281815396/122761130/892
Sky Diver11833/970911533/951713945/1117611474/9294
Cloud Gate19833/1583125572/2209211108/7948
Ice Storm104294/97244126574/11263664536/65873

 

CrystalDiskMark

Ryzen 5搭載モデルは256GB SSDを内蔵していたので、省略しています。

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルでは大容量の512GB SSDを搭載したシングルストレージ構成となっています。ノートパソコンにしては容量がかなり多めなので、動画や画像などデータ類を多めに保存することも出来ます。

SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDというこだわりようで、メーカーは高速SSDでおなじみのサムスン製のものを採用しています。

肝心の速度ですが、シーケンシャル(連続データ)の読み込みが3000MB/sオーバー!書き込みもコンスタントに2000MB/sを超える爆速ぶり。ランダムもしっかり速度が出ており、OSの起動は早く、ブラウジングや各種アプリの動作もサクサクで快適そのもの。

 

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

 

4コア8スレッドのパワフルなAPUですが、前世代のRyzen 5よりも発熱が低くなり、ピーク時で50℃半ばとかなり低い温度をキープ。冷却面は万全です。

 

ちなみに、付属アプリで性能やファンの動作設定を変更することができます。図書館など静かな環境で使うなら”静音モード”、編集作業でも使うなら”パフォーマンスモード”がおすすめです。

 

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

 

50デシベルが一つの区切りとなりますが、いずれのモデルもピーク時で48デシベル台と下回っており、かなり静かです。ファンは高速回転していますが、「サーッ…」という感じの控えめなノイズでほとんど気になりません。

なお、最小時は45.9デシベルとありますが、アイドル状態なので、ほぼ無音です。

 

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。

条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:HP推奨、より良いバッテリー
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続
Ryzen 7 4700URyzen 5 4500U
10時間30分12時間40分

Ryzen 4000シリーズでは省エネ性能も大幅に向上し、インテルとほぼ同レベルのバッテリー持続時間を実現。安定して10時間を超えるようになり、出先など電源のない環境でも安心して使うことができます。

 

まとめ&関連モデル

Ryzen 4000シリーズの性能おそるべしですね。コア数が増えたこともあり、Ryzen 5がCore i7を上回る高いパフォーマンスを発揮。弱点のバッテリーもしっかり克服し、大幅な進化を遂げています。

モデルそのものの完成度は言わずもがな、前モデルの良さを引き継ぎつつも、しっかりブラッシュアップされており、より高いクオリティを実現。価格も割安なので、クオリティ重視の15インチノートならまずおすすめのモデルです

なお、基本的にはRyzen 5 4500U搭載モデルで十分。Ryzen 7 4700U搭載モデルは、動画や画像編集の機会が多い方におすすめです。

 

 

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC+α

 

ショップ&価格別のおすすめノートPC

タイトルとURLをコピーしました