HP ENVY x360 13-ay0000をレビュー Ryzen 4000シリーズ搭載!高い完成度とコスパを両立した高性能の13インチ2in1ノート

今回HPの【ENVY x360 13-ay0000】をお借りしました。

HPで大人気の13インチ2in1ノートがリニューアル!高性能のRyzen 4000シリーズを搭載した、プレミアムモバイルノートをチェックしてみましょう。

 

目次

スペック

  HP ENVY x360 13-ay0000
ベーシックモデル
カラー ナイトフォールブラック
サイズ W306×D194×H15.5~16.5mm
重量 約1.25Kg(実測1243g)
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU AMD Ryzen 3 4300U
・4コア4スレッド
・定格2.7/最大3.7GHz
メモリ 8GB(DDR4-3200)
ストレージ 256GB SSD(PCIe NVMe)
グラフィクス AMD Radeon Graphics
ディスプレイ 13.3インチ、フルHD、グレア、IPS、タッチ対応
インターフェース  SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×2、SuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×1、microSDスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ ×
カメラ HP Wide Vision HD Webcam(約92万画素)
スピーカー デュアルスピーカー(Audio by Bang & Olufsen)
キーボード バックライトキーボード(日本語配列)
Wi-Fi IEEE802.11 ax
Bluetooth 5.0
保証 1年(最大3年)
価格 【キャンペーンでさらにおトク】94,800円(税込)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源アダプタ(184g)
・電源ケーブル(104g)
・変換アダプタ(40g)

※2020年9月10日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

外観

機能美あふれる高品質ボディ

完成度の高さは前モデル譲り。

 

ボディの素材には上質なアルミニウム素材を使用しており、表面の処理は非光沢の梨地仕上げとなっています。落ち着きのある外観もさることながら、手にしっとりとなじむ上質の感触も相まって、高級感がありますね。

 

直線主体のスマートなフォルムのボディは、装飾の類を極力排し、とてもシンプル。機能美を感じさせるデザインとなっています。

 

深みのある”ナイトフォールブラック”のボディに、シルバーのアクセントがバッチリきまっており、洗練された印象を受けますね。

 

ちなみに、新モデルでは、ヒンジ部分に排気口が設置されています。高性能CPUを新たに搭載していますが、吸排気能力があがり、CPUをしっかり冷却できるようになっています。

 

持ち運びに最適なコンパクトボディ

ボディサイズは、持ち運びしやすいということで最近人気の13インチボディです。

 

前モデルもコンパクトでしたが、ディスプレイのベゼル(ふち)がさらにスリムになり、キーボード面のスピーカーを底面に移すことで、奥行きは18mmも小さくなっています。もちろん、A4ファイルサイズよりも小さく、カバンにサッと入れることができます。

1~2mmボディの厚さが増したものの、全体的にコンパクトに進化しているため、重さは実測1243gと前モデルからさらに約30g軽くなり、持ち運びはラクラクです。

 

フレキシブルに使える2-in-1タイプ

最近はやりの2-in-1ノートパソコンで、360°回転するコンパーチブルタイプとなっています。

 

360°回転しタブレットとして使えるだけでなく、テント型にして寝そべりながら動画を見る、さらにスタンドモードにしてイラストを書くといったフレキシブルな使い方ができ、とても便利です。

 

パネル表面はスマホやタブレットでおなじみ、”Gorilla Glass NBT”でカバーされています。一般的なソーダライムガラスに比べ8~10倍の耐久性を誇り、とてもタフ。タッチ操作やペン入力で傷が付く心配はありません。

もちろん操作性もバツグン!とても滑らかな仕上がりで、スクロールやタッチ操作はとてもスムーズ。クセになる感触といってもいいくらいのレベルで、ミドルクラスモデルにしてはかなり完成度が高いです。

 

コンパーチブルの肝と言えるヒンジですが、頑丈に造り込まれ、無段階稼働で任意の角度にピタッと止まります。ヒンジは無骨なものではなく、ボディのイメージににあわせた、美しいデザインに仕上げているのもいいですね。

もちろん、キーボードを180°以上回転させるとキーボードが動作しなくなるので、誤操作の心配もありません。

 

ポイントをおさえたインターフェース

スリムモデルなので、LANポートや光学ドライブは非搭載。

 

USBは全3ポート搭載しています。”SuperSpeed USB”とありますが、これはUSB 3.2のことですね。一般的な5Gbpsの転送速度に対応したUSB3.2 Gen.1が2ポート、10Gbpsの高速転送に対応したUSB 3.2 Gen2が1ポート搭載されています。なお、USB 3.2 Gen2は、小型&リバーシブルのType-Cポートとなっています。

ポートの数こそ最低限ではありますが、通常タイプのType-Aポートも用意されているので、あらかたの周辺機器を接続できるのがいいですね。

 

また無線LANですが、Wi-Fi 6(802.11ax)に対応しているのもポイント。現行のWi-Fi 5(802.11ac)よりもさらに速くなり、最大約9.6Gbpsと約1.5倍の高速通信を実現しています。また遅延も少なくなっているため、快適にインターネットを楽しむことができます。

 

セキュリティ対策も万全

セキュリティにもしっかり配慮され、カメラ部分にはシャッターが装備されているのもポイント。電源ボタン横のスイッチでシャッターが開閉し、物理的にシャットアウトします。

 

前モデルでは、デバイスマネージャー上からカメラデバイスを消去するシステムでしたが、カメラそのものにシャッターをするほうが、やはり安心ですね。

 

また、全てのモデルでキーボード面に指紋認証センサーを設置しています。本人認証のため、ログインパスワードよりも安全。また、ログインの際わざわざパスワード入力することなく、とてもスムーズです。

なお、新モデルでは配置が換わり、キーボード内に配置されています。

 

ディスプレイ&キーボード

IPSパネル搭載

ディスプレイは13.3インチサイズです。ワンランク下の11インチサイズとは違い、窮屈な感じが無く、視認性は段違いです。モバイルノートならやはり13インチがおすすめ。

 

解像度は主流のフルHDで、IPSパネルを搭載しています。IPSパネルは発色に優れ、コントラストも高く、くっきり鮮やかな映像を描写できる優れもの。400 cd/m²の高い輝度で画面はとても明るく、動画鑑賞にも最適。

 

また、IPSパネルは視野角が広く、姿勢によって色味が変わらないので、様々なモードで使える2-in-1パソコンとの相性はバツグンです。なお、色域はsRGB 100%と広めなので、趣味レベルなら動画や画像編集などにも使えます。

一般向けノートPCにしてはいいディスプレイを搭載していますね。

 

 icon-check-circle 輝度:400 cd/m²  icon-check-circle sRGB:100%  icon-check-circle Adobe RGB:74%  icon-check-circle DCI-P3:74%

 

白色LED内蔵キーボード搭載

13インチのコンパクトボディなのでテンキーレスキーボードを搭載しています。

 

基本的には前モデルを踏襲しています。横幅を目いっぱい活用することで、右端にhome・endキーなど+αのキーを配置しており、とても機能的。配置そのものもきっちり整然と並べられ、クセが無く非常に素直です。

先にも紹介しましたが、違いはスピーカーと指紋認証センサーの2点。前モデルで”Ctrlキー”が配置されていた部分に、指紋認証センサーが搭載されています。

 

キーピッチは約19mmとデスクトップキーボード並みの間隔が確保され、素直なキー配置も相まって、誤爆の心配はまずありません。キーストロークも変わらずノートPCにしては深めなので、打鍵感を楽しみつつ快適にタイピングできるのはいいですね。

 

キーボードには白色LEDを内蔵しており、トレンドはしっかり押さえてあります。華やかな輝きで高級感があり、薄暗い場所でタイピングしやすくなるのもいいですね。

ちなみに、イルミネーションは2段階+OFFで切り替えることができ、LEDが苦手…という方でも安心です。

 

スムーズなタッチパッド

タッチパッドの完成度も高く、幅広仕様なので操作性にゆとりがあります。また、サラサラした材質になっているので、カーソル操作も非常にスムーズ

また、クリックボタンはタッチパッドと一体化したタイプですが、各ボタンはバタつきなく軽い力で反応し、動作音も小さく操作感はバツグン。このタイプだと建付けの悪いものがちらほら見かけますが、しっかり造りこまれていますね。

 

サウンドエンジン搭載

新モデルでも引き続き、デンマークの高級オーディオメーカー”BANG & OLUFSEN”のサウンドエンジンを採用しています。

肝心の音質ですが、低音こそ弱いものの、中音~高音域がよく伸び、メリハリのある音質です。また、音の広がりも感じられ、内蔵タイプにしてはだいぶ健闘しています

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみましょう。

CINEBENCH

まずは、3Dグラフィックのレンダリングソフト【CINEBENCH】で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

このモデルでは、AMDの4コアCPU・Ryzen 3 4300Uを搭載しています。グレード的にはベーシッククラスのCPUとなります。

最新の4000シリーズは”ZEN2アーキテクチャ”を採用することにより、大幅にパワーアップしているのがポイント。前世代のRyzen 3 3300Uと比較してみると、シングル性能は約30%、マルチ性能は約46%も性能が向上しています

 

型番からもわかるように、ライバルはインテルのCore i3となります。最新世代の2コア4スレッドCPU・Core i3-10110Uと比較してみると、シングル性能こそ変わらないものの、マルチ性能は約62%も高くなっており、コアの差がもろに出ていますね。

そのパフォーマンスの高さは、ワンランク上の4コア8スレッドCPU・Core i5-10210Uをも超えるほど。ベーシックCPUながら、恐るべき性能です。

以下、Core i5-10210Uと比較してチェックしていきましょう。

 

PCMark 10

【PCMark 10】は、ブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的な用途での性能を測るソフトです。

 

ブラウジングや各種編作業など、基本的なタスクを快適にこなせる目安はスコア3000以上となりますが、余裕でクリア。Core i5と同じくスコア4000の大台をマークし、ベーシッククラスでこのスコアはなかなか優秀です。

両者の差は総合スコアこそ6%程度ですが、動画や画像編集などの編集系テスト”Digital Content Creation”ではRyzen 3のほうが約27%も性能が高くなっています。Ryzenシリーズはグラフィック性能も高く、それがしっかりスコアに現れていますね。

 

動画エンコード

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・VCE/QSVでエンコードしています。なお、VCE/QSVはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のこと。VCEはAMD、QSVはインテルの名称です。

 

H.264(フルHD) 2Pass 1Pass VCE/QSV
Ryzen 3 4300U 57:01 28:58 3:35
Core i5-10210U 59:02 31:13 3:46

動画変換でも高いパフォーマンスを発揮し、約3~7%差ではありますが、Ryzen 3の方がCore i5よりも早く変換を終えています。

 

H.265(フルHD) 2Pass 1Pass VCE/QSV
Ryzen 3 4300U 1:25:47 42:33 3:41
Core i5-10210U 1:27:22 45:11 5:35

こちらは重量級のH.265での結果ですが、H.264とは違った傾向となっています。

Ryzen 3が有利なのは変わりませんが、CPU勝負のソフトウェアエンコード(1Pass・2Pass)では約2~6%差と小さいものの、ハードウェアエンコード(VCE/QSV)では約34%と大きく差をつけています。形式にかかわらず、ムラなく早いのは魅力的ですね

 

画像変換

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

  CR2→DNG CR2→JPEG
Ryzen 3 4300U 1:45 5:45
Core i5-10210U 2:13 5:10

形式によって結果が異なり、軽めのDNG変換ではRyzen 3の方が約21%早く変換を終え、重量級のJPEG変換ではCore i5の方が約10%早く変換を終えています。

このように一部ではCore i5が有利なものの、トータルではRyzen 3の方がパフォーマンスに優れており、4コアCPUにしては驚異的な性能です。

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

  最高品質 標準品質 低品質
HD 11093 13121 13865
フルHD 6753 8885 9913

ベーシッククラスにしては内蔵グラフィックの性能が高く、フルHD・最高品質でスコア5500を大きく超えます。なお、Core i5だとギリギリのラインなので、だいぶ余裕があります。

 

PSO2

こちらはやや軽めのゲームです。エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

  設定6 設定5 設定4 設定3
HD 3421 8600 8904 15976
フルHD 1283 3713 3899 6616

軽めのゲームではありますがスコアは伸びず、フルHDではスコア4500に届きません。HDでは実用的なラインとなりますが、解像度が低い分グラフィックが粗いので、基本的におすすめしません。

なお、Core i5よりも高いスコアをマークしていますが、内蔵グラフィックのレベルだと、どうにも荷が重い感じですね。

 

FF14

おなじみの重量級ベンチマークです。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

  最高品質 高品質 標準品質
HD 3818 5042 6023
フルHD 1990 2743 3757

さすがにこのクラスともなると言わずもがなの結果ですね。ただ、フルHD・標準品質でスコア3000オーバー(快適)をマークするなど、内蔵グラフィックにしては高い性能ですね。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。PCの性能指標として、参考まで。

  総合スコア Graphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy 796 704 3156
Night Raid 8722 9614 5719
Fire Strike 2126 2321 8205 776
Sky Diver 7642 7580 7941 7688
Cloud Gate 12188 17820 5787
Ice Storm 85857 96563 61855

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルは256GB SSDを搭載しています。128GBだと実質使えるのは100GB未満と少ないので、256GBあるとやはり安心。なお、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプで、WESTERN DIGITAL製のハイパフォーマンスモデル”SN720シリーズ”を採用しています。

肝心の速度ですが、シーケンシャル(連続データ)の読み書きが4ケタをマークし、読み込みにいたっては3000MB/sを超える爆速ぶり。また、ランダムの読み書きも安定して早く、特に速度が伸びにくい”RND4K Q1T1”の書き込みで100MB/s以上をしっかりマークしています。

実際の使用感も非常に快適で、ブラウジングや各種アプリ、ゲームのロードにいたるまでサクサク動きます。

 

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

 

性能は大幅に向上しましたが、吸排気性能を強化することで、ピーク時でも60℃台の低めの温度をきっちりキープしています。

 

ちなみに、付属アプリで性能やファンの動作設定を変更することができます。図書館など静かな環境で使うなら”静音モード”、編集作業でも使うなら”パフォーマンスモード”がおすすめです。

 

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

 

50デシベルを超えるとノイズが気になるようになりますが、ピーク時で48.7デシベルと50デシベルを下回り、とても静か。ファンの動作音は聞こえますが、控えめなのでほとんど気になりません。

なお、最小時は45.9デシベルとありますが、アイドル状態なので、ほぼ無音です。

 

バッテリー持続時間

モバイルノートということで、「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:HP推奨、より良いバッテリー
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

Ryzen 4000シリーズでは性能だけではなく、省エネ性能も大幅に向上しているのがポイント

バッテリーの持続時間はなんと12時間30分と、モバイルノートの目安である10時間を大きく超えています。以前は8時間程度でしたが、最新世代で弱点をしっかり克服しており、インテルに匹敵するレベルに進化しています。

 

まとめ&関連モデル

前モデルの完成度の高さをしっかり引き継ぎつつ、性能は大幅に向上。Ryzen 4000シリーズの性能は凄まじく、ベーシッククラスのRyzen 3が、Core i5レベルの性能をたたき出すほど。さらに、弱点のバッテリーも見事に克服しており、恐るべき進化を遂げています。

そしてなんといっても価格が安く、Ryzen 3搭載モデルで7万円台となっており、コスパもバツグン。フレキシブルに使える2in1モバイルノートならまずおすすめのモデルです!

 

 

HP ENVY x360 13-ay0000 スタンダードモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPS タッチ対応
■CPU:Ryzen 5 4500U
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Radeon Vega RX 6(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーンでさらにおトク】104,800円(税込)~

 

おすすめポイント

AMDの第4世代6コアCPU・Ryzen 5 4500Uを搭載したスタンダードモデル。Ryzen 3よりも約40%も性能が高く、動画や画像編集などのヘビーな作業をサクサクこなせます。なお、このモデルではSSDの容量を増やすことができます。

 

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC+α

 

ショップ&価格別のおすすめノートPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次