dynabook CZ/MVをレビュー 第12世代インテルCore i7搭載!高い完成度と手厚い保証メニューが魅力の15インチスタンダートノート

今回dynabookの【dynabook CZ/MV】をお借りしました。

シルバー&ホワイトの美しいボディと手厚い保証メニューが魅力の15インチスタンダードモデルをチェックしてみましょう。

 

スペック

 dynabook CZ/MV
[Core i7・16GBメモリ・256GB SSD+1TB HDD搭載モデル]
サイズW361.0×D244.0×H19.9mm
重量約1.90kg(実測1790g)
OSWindows 11 Home(64ビット)
CPUCore i7-1260P
・12コア16スレッド
・定格2.1/最大4.7GHz
メモリ16GB(16GB×1、DDR4-3200)
ストレージ256GB SSD+1TB HDD
グラフィクスIris Xe Graphics(CPU内蔵)
ディスプレイ15.6インチ、フルHD、ノングレア
インターフェースUSB3.1 Gen.2 Type-C、USB 3.1 Gen.1 Type-A×3、HDMI、SDスロット、LANポート、マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ×
カメラ約92万画素
スピーカーステレオスピーカー
キーボード日本語キーボード
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.2
保証1年(最大5年)
価格【通常価格】148,500円(税・送料込)~
付属品・各種マニュアル
・電源アダプタ(221g)
・電源ケーブル(41g)

※2021年2月21日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

さらにおトク!デジステ限定直販サイト

デジステ限定の直販サイトなら、通常価格から大幅値引きでとてもおトク!画像をクリックすると、サイトが別に開きます。なお、ログインの際に下記IDとパスワードをご入力ください

  • ID :dyna204cls
  • PW:T8Y7GRSV

 

外観

美しいデザイン

スタンダードモデルらしく、ボディの素材はオーソドックスな樹脂製です。

 

美しいはラウンドフォルムのボディに、清潔感あふれるシルバー&ホワイトのカラバリも相まって、洗練されたイメージに仕上げています。

 

細部も凝っており、天板やキーボード面はヘアライン調となっています。

 

ちなみに、底面にはメモリ用のカバーが設置されているのもポイント。かんたんにメモリの交換と増設ができますが、あくまでも自己責任での作業となります。

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリムにすることで、横幅を圧縮しており、従来の15インチモデルよりもコンパクトなボディを実現しています。

 

また、厚さも19.9mmと2cm以下に抑えており、とてもスッキリした印象を受けます。

 

カラバリは貸出機のプレシャスシルバーのほか、ゴージャスなゴールド×ブラックの2色を用意。どちらも洗練されたカラーで、センスの高さを感じさせますね。

 

充実したインターフェース

スリムモデルということで、光学ドライブ非搭載ながら、インターフェースのラインナップは充実しています。

 

USBは全4ポート搭載しており、規格は全てUSB3.1となっています。そのうち、左サイドにある小型のType-Cポートは、最大10Gbpsの高速転送が可能な”Generation2”に対応しています。

ポートの数・端子のタイプともに15インチでのポイントをしっかり押さえており、周辺機器の接続にはまず困りません。

 

もちろん、LANポート・HDMIポート・SDスロットもしっかり装備し、普段使いで必要なものは一通りそろっています。

 

ディスプレイ&キーボード

IPSパネル搭載

※液晶ディスプレイは、液晶パネルの特性や製造工程により、各製品で色合いが異なる場合があります。

ディスプレイサイズは、標準的な15.6インチです。モバイルノートでメジャーな13.3インチや14.0インチよりも一回り大きく、だいぶ余裕があります。据え置きなら15.6インチで決まりですね。

なお、解像度はオーソドックスななフルHDとなっています。

 

ディスプレイのパネルについては特に記載されていませんが、型番(SHP14C3)を調べてみると、IPSパネルとのこと。高発色&高コントラストの発色に優れたディスプレイで、映像クオリティは◎。動画鑑賞にも最適です。

 

視野角も広く、横から覗いても色むらはありません。

なお、参考までにパネルの詳細をチェックしてみると、スタンダードモデルながら色域が広めで、sRGB 100%となっています。さすがにプロ向けではありませんが、動画や画像編集にも最適。

 icon-check-circle 輝度:300 cd/m²  icon-check-circle sRGB:100%  icon-check-circle Adobe RGB:74%  icon-check-circle DCI-P3:74%

 

使いやすいキーボード

15インチの幅広ボディということで、テンキー付きのキーボードを採用しています。

 

 

横幅いっぱいに使っており、デスクトップキーボードと同等のクオリティを実現しています。

各キーは大きめに造られ、すべて独立しているほか、テンキーは横4列となっています。また、配置そのものも非常に素直で、キーピッチは約18.5mmとしっかり間隔を確保しており、誤爆の心配はまずありません。まさに理想的な完成度といえます。

 

キーストロークはノートにしてはやや深めで、適度な反発感も相まって、タイピングは快適そのもの。なお、剛性は樹脂製ということで、いたって普通レベルですね。

ちなみに、LEDイルミネーションは非搭載となっています。無くても困りませんが、このグレードならやはりほしい装備ではあります。

 

手堅い完成度のタッチパッド

タッチパッドはパッドとクリックボタンが一緒になった、一体型のタイプです。

 

表面はややざらついた材質で、適度に抵抗があり、確実なカーソル操作が可能です。また、クリックボタンの完成度も非常に高く、軽く押すだけでしっかり反応し、操作音も静か。一体型だと建付けが甘く、バタつくことがありますが、しっかり造りこまれているのは好印象です。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH R23

3Dグラフィックのレンダリングソフト【CINEBENCH R23】で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

CPUはインテル第12世代の12コア16スレッドCPU・Core i7-1260Pを搭載しています。

最新世代では設計を一新し、高性能の”P-コア”と省エネの”E-コア”を搭載した、Wコア構成を採用。タスクに応じて、各コアを使い分け、場合によっては両者を併用することで、効率よく処理できるのが強みです。もちろん、コアの性能も向上しており、コア・スレッド数の増加も相まって、非常に高いパフォーマンスを発揮します。

ちなみに、ノート用の第12世代CPUには、Hシリーズ・Pシリーズ・Uシリーズの3タイプがあり、ちょうど中間のグレードとなります。

 

参考までに、前世代のCore i7-1165G7(4コア8スレッド)と比較してみると、シングルスコアは約31%、マルチスコアは約86%も向上しています。

なお、ライバルのRyzen 7 5800U(8コア16スレッド)と比較すると、シングルスコアは約56%、マルチスコアは約28%それぞれ高くなっています。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

 

内蔵グラフィックは、前世代から引き続き、高性能の”Iris Xe Graphics”を搭載しています。その性能はMX400に匹敵するレベルで、内蔵タイプにしては破格の性能となっています。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy151713425864
Night Raid13545148799175
Fire Strike35924055191211169
Sky Diver13063129561499011555
Cloud Gate189642220512552
Ice Storm729257193176632

 

PCMark 10

【PCMark 10】は、ブラウジング・ビデオチャット・動画や画像の編集作業・軽めの3Dゲームなど、一般的な用途での性能を測る定番ソフトです。

 

ブラウジングやオフィス作業など、基本的なタスクを快適にこなせる目安はスコア3000以上となりますが、余裕でクリアしており、スコア5000台半ばの非常に高いスコアをマーク。動画・画像編集などヘビーな作業にもバッチリ対応できます。

ライバルと比較すると、Core i7-1165G7を総合スコアで約12%上回り、編集系のスコアは約30~40%も上回っています。なお、Ryzen 7 5800Uの総合スコアを下回っているものの、その差は約3%とほぼ互角。以前はRyzenシリーズに全く歯が立たなかったことを考えると、だいぶ進化していますね。

 

動画エンコード

【TMPGEnc Video Mastering Works 7】を利用し、再生時間6分30秒のMJPEG動画をMP4形式に変換する時間を計測しました。

 

エンコーダーはx264(H.264)およびx265(H.265)を利用し、それぞれ2パス・1パス・QSV/VCEでエンコードしています。なお、QSV/VCEはグラフィック機能を利用した高速エンコード機能のこと。

 

H.2642Pass1PassQSV/VCE
Core i7-1260P1320671175
Core i7-1165G7 23221179167
Ryzen 7 5800U1441737190

まず軽めのH.264ですが、CPU勝負のソフトウェアエンコード(2Pass・1Pass)では、Core i7-1165G7を圧倒しており、約43%早く変換を完了。一方、グラフィック機能を使ったハードウェアエンコードでは逆転されているものの、約5%差と小さめです。

なお、ライバルのRyzen 7 5800Uよりも早く、ソフトウェアエンコードでは約8~9%、ハードウェアエンコードでも約8%差をつけています。

 

H.2652Pass1PassQSV/VCE
Core i7-1260P24021209221
Core i7-1165G736931752220
Ryzen 7 5800U24861233171

重量級のH.265でもCore i7-1165G7より早く変換を完了しており、ソフトウェアエンコードでは約31~35%とやはり大きめ。なお、ハードウェアエンコードでは両者でほぼ互角となっています。

一方、Ryzen 7 5800Uとの差は、ソフトウェアエンコードでは約2~3%差まで縮まる一方、ハードウェアエンコードでは逆転し約23%早く変換を完了しています。

 

画像変換

【Lightroom Classic CC】を使い、200枚のRAW画像(5760×3840ドット、CR2形式)をDNG形式に変換する時間と最高画質のJPEG画像に書き出す時間をそれぞれ計測しました。

JPEG書き出しの際は“スクリーン用・標準”のシャープネスを適用しています。シャープネス処理が以外とCPUに負担をかけるため、特にCPUの性能が重要になります。

 

 CR2→DNGCR2→JPEG
Core i7-1260P23185
Core i7-1165G773195
Ryzen 7 5800U65228

動画変換から一転し、画像変換テストでは、Core i7-1260Pが圧倒的に有利。軽めのDNG変換で比較すると、Core i7-1165G7よりも約68%、Ryzen 7 5800Uよりも約65%早く変換を完了しています。

一方、重量級のJPEG変換では差が大きく縮まり、Core i7-1165G7との差は約5%、Ryzen 7 5800Uとの差も約19%とかなり小さくなります。

テストによってムラはありますが、前世代から大幅に性能は向上していることがわかりますね。

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

 最高品質標準品質低品質
フルHD85851116512342

内蔵グラフィックにしては非常に性能が高く、フルHD・最高品質でスコア8000台をマーク。AMDの”Radeon Graphics”よりもワンランク高い性能となっています。

 

FF14(ファイナルファンタジー14 暁月の終焉)

知名度バツグンの国内産MMORPGですね。スコア9000以上で【快適】&平均60fpsをキープできます。現行のゲーミングPCであれば、フルHD・最高設定でスコア9000をしっかり超えたいところ

 最高品質高品質標準品質
HD536771488529
フルHD265134964248

重めのゲームともなると、この通りスコア9000をクリアするのが厳しくなります。とはいえ、HD・標準品質でスコア8000台というのは、以前の内蔵グラフィックでは考えられないレベルです。

飛躍的な進化を遂げたIris Xe Graphicsですが、WUXGA(フルHD)でのゲーミングは、まだまだハードルが高い感じ。よくてドラクエ10やVALORANTなどの超軽量級ゲームに限られます。

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルは、256GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ構成となっています。大容量のHDDを搭載しているので、動画や画像などかさばるデータをSSDとは別に保存でき、編集用途に便利。SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプで、メーカーは珍しいPhison製となっています。

肝心の速度ですが、シーケンシャル(連続データ)の読み書きは4ケタをマークしているものの、1000MB/sがメインとやや物足りない感じ。一方ランダムは標準的な速度をマークしており、トータルで見るとごくごく普通のNVMe SSDといったところですね。

もちろん、SSDということで、実際の動作はとても快適。OSの起動からブラウジングや各種アプリの動作にいたるまでサクサク動きます。

 

温度

CINEBENCH R23実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

 

フルロード時で50℃台半ばと非常に低い温度をキープ。ただし、安定性重視ということで、P-コアのクロックを2.4GHzに抑えて動作しています。ノートPCは構造上どうしても冷却に限りがあるので、高クロック動作は厳しいですね。

ちなみに最大4.7GHzのCPUではありますが、ブーストクロックということで、あくまでも一時的なものとなります。

 

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

 

50デシベルを超えるとノイズが気になるようになりますが、ピーク時で49.5デシベルとほぼ50デシベルきっかりをマーク。ファンは高速回転していますが、甲高いノイズなどはなく、うるさく感じません。

ちなみに最小時では46.7デシベルとありますが、アイドルなのでほぼ無音です。

 

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。条件は4つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:トップクラスの電力効率
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

結果は約7時間30分と、スタンダードモデルでは標準的な持続時間となっています。15インチは基本据え置きで使うので、これだけもてば十分ですね。

 

サウンド

”DTS”のサウンドエンジンを採用しており、シーンに合わせて音質を変えられるほか、イコライザー機能で自分好みの音質にカスタマイズすることもできます。

その実力ですが、重低音は弱めですが、低音~高音までよく伸び、迫力のあるサウンドです。サラウンドもしっかり効いているので、臨場感があるのもいいですね。音質に厚みがあればベターでしたが、内蔵スピーカーにしてはクオリティは高め

 

充実した保証&サポート

保証やサポートの充実ぶりもdynabookの魅力の一つです。

 

保証メニューには自然故障だけでなく、落下や水濡れなどの物損事故にも対応できる【dynabook プレミアム保証】を用意。物損保証は高くなりがちですが、価格は14,400円(3年版)~とかなり安め。最長5年まで延長でき、お気に入りの一台を末永く使うことができます。

持ち運びの際にうっかり落とした、コーヒーをこぼした…なんて場合には通常の保証だとカバーできず、修理費用も高額になりがち。それこそ新品1台分かかるなんてこともあります。。万が一のことを考えると、これはありがたいですね。

そのほか、使い方や技術的な質問に関する電話サポートはもちろん無料。また有償にはなりますが、出張サービスや引き取り点検サービスなども実施しており、初心者の方には特に安心です。

 

まとめ

高色域のディスプレイや操作性に優れたフル規格キーボードなど、スタンダードモデルながら高いクオリティを実現しています。洗練された2色のカラバリもポイントが高いですね。

さらに、手厚い保証やサポートも用意されており、うっかり事故の多いノートPCとの相性はバッチリ。保証重視の方に特におすすめのモデルです

 

 

dynabook AZ/HV[Core i7・512GB SSD搭載モデル]

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-1260P
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【通常価格】178,200円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

このモデルの兄弟バージョンで、光学ドライブ(ブルーレイ)を搭載。一通りの装備を搭載した、オールインワンモデルとなっています。

 

あわせて知りたい

3ステップでわかるノートPC+α

 

ショップ&価格別のおすすめノートPC

タイトルとURLをコピーしました