【開閉タイプ】10万円以上15万円未満のおすすめ14インチノート

10万円以上になると高性能モデルが登場します。

インテルCore i7や動画や画像編集などに最適な高性能のグラフィック機能搭載のハイスペックモデルが登場。クリエイティブ用途で使いたい方に特におすすめの価格帯です。

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

  m-Book X400(マウス)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/ノングレア
■CPU:Core i5-8265U/Core i7-8565U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256・512GB
■サイズ:W320.2×D214.5×H17.5mm
■重量:約1.13kg
■バッテリ駆動時間:約14.5時間~
■光学ドライブ非搭載
■価格:94,800円(税別)~

13インチレベルのコンパクト&軽量モデル

このモデルはとにかくスリムで軽い!

 

ディスプレイのベゼル(ふち)をスリム仕様にすることで、幅と奥行きがコンパクトになり、なんと14インチモデルながら13インチサイズを実現しています。また、厚さも17.5mmと2cmを下回り、とてもスリムでスタイリッシュ。

 

コンパクト&スリムな分、重さは約1.13Kgと非常に軽いのもポイント。14インチらしからぬ重さで、持ち運びに最適です。華奢な感じのボディですが、素材には頑丈なマグネシウム合金を使用しており、見かけ以上にタフなのもいいですね。

 

そして何といってもマウスはサポートが強い!24時間365日の国内サポートや96時間以内での修理完了が標準サービスとして用意されており、万が一の場合でも安心です。

 

 icon-star 実機レビューはこちら

マウスコンピュータ m-Book X400Sをレビュー モバイルノートの大本命!超軽量&高いコスパが自慢の14インチノート
今回マウスコンピュータ【m-Book X400S】をお借りしました。 重さ約1.13kgの超軽量14インチモデルがついに登場!13インチも真っ青なモバイルノートをチェックしてみましょう。 スペック m-...

 

m-Book x400S

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i5-8265U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■価格:94,800円(税別)~

 

おすすめポイント&カスタマイズ

Core i5・メモリ8GB・256GB SSDを搭載した充実の初期構成です。ブラウジングやオフィスなどの軽作業から、動画・画像編集までサクサクこなせるオールラウンダーモデルです。

完成された初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。動画や画像編集でも使うのであれば、メモリは16GBあると安心。

 

【おすすめカスタマイズ】
  メモリ
・16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) ]

  SSD(M.2)
・512GB SSD ( M.2 SATA3 接続 )
・512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
⇒通常のSSDよりも4~5倍速く、編集時間を少しでも短縮したいのであればおすすめ。

 

  Inspiron 14 7000[7490](デル)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD/グレア/タッチ対応(一部モデル)
■CPU:Core i5-10210U/Core i7-10510U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHDグラフィックス(CPU内蔵)/GeForce MX250
■ストレージ:SSD 256・512GB
■サイズ:W319.77×D205.93×H14.9~17.96mm
■重量:約1.095kg~
■バッテリ駆動時間:約14.5時間~
■光学ドライブ非搭載
【クーポン利用】121,980円99,433円(税別・送料込)~

ハイクオリティの超軽量モデル

Inspironの上位グレード【7000シリーズ】の14インチモデルです。

 

このモデルも軽量&堅牢なマグネシウム合金ボディとなっており、最軽量モデルでは約1.095kgとバツグンの軽さを誇ります。スタイリッシュなスリムベゼルを採用することで、13インチ並みのコンパクトボディを実現。持ち運びもラクラク。

 

カラバリはプラチナシルバーとアイスベリーの2色が用意されています。どちらも洗練された色合いで、上品なイメージに仕上がっています。

 

機能面も充実しており、ディスプレイはsRGB色域100%をカバーし、広い色域で動画や画像編集もはかどります。さらに指紋認証センサーやバックライト付きキーボードも標準で装備。上位モデルらしく至れり尽くせりの内容となっています。

 

ちなみにこのモデルでは、オーソドックスな【Wi-Fi対応モデル】と【LTE対応モデル】の2種類が用意されています。

LTE対応モデルではSIMカードモジュール(nano SIM)を搭載。LTE(4G)規格に対応しており、SIMカードさえあればWi-Fi環境にとらわれず、どこでも高速のインターネット環境を利用できます。

 

Inspiron 14 7000[プレミアム・LTE&MX250搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD グレア
■CPU:Core i5-10210U
■メモリ:8GB(LPDDR3-2133)
■グラフィック:MX250
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】147,980円121,533円(税別・送料込)~

 

おすすめポイント

Core i5・8GBメモリ・256GB SSDを搭載したプレミアムモデルのグレードアップバージョンです。LTEモジュールやタッチパネル、さらに高性能のグラフィック機能【MX250】を搭載しています。

エントリークラスのGPU・MX250の性能は、一般的なUHDグラフィックス(CPU内蔵タイプ)の約2倍となっており、動画や画像編集などで高いパフォーマンスを発揮します。ただ、あくまでもエントリーなので、オンラインゲームには不向きです。

 

Inspiron 14 7000[プラチナ・大容量SSD&MX250搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD グレア
■CPU:Core i7-10510U
■メモリ:16GB(LPDDR3-2133)
■グラフィック:MX250
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】152,980円125,783円(税別・送料込)~

 

おすすめポイント

Core i7・MX250・大容量メモリ&ストレージを搭載したフル装備モデル。クリエイティブ用途にうってつけですね。

 

  ThinkPad T490(レノボ)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック(初期構成)
■カラー:ブラック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14.0インチ/フルHD・WQHD/ノングレア/IPS
■CPU:Core i5-8265U/Core i7-8565U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)/GeForce MX250
■ストレージ:SSD 128・256・512GB
■サイズ:W329×D227×H18.9mm
■重量:約1.44kg~
■光学ドライブ非搭載
■バッテリ駆動時間:最大約17.8時間
【クーポン利用】188,100円107,217円(税・送料込)~

高性能グラフィック搭載のタフモデル

ThinkPadのハイスペッククラス【Tシリーズ】の14インチモデルです。上位モデルらしく装備が充実しており、発色に優れたIPSパネル&指紋認証センサーを標準搭載。さらにカスタマイズにて高精細のWQHDディスプレイやLTEモジュールに変更することもできます。

また、モデルによっては強力なグラフィック機能【GeForce MX250】を搭載しているのもポイント。一般的な内蔵グラフィック機能・UHD 620に比べ約3倍性能が高く、動画のエンコードなどクリエイティブ用途で高いパフォーマンスを発揮します。

 

ThinkPadといえば何といっても耐久性の高さですね。落下テスト・高温・低温条件でのテスト・ヒンジの耐久テストなど、実際の使用状況に即した厳しいテストのほか、12項目のMIL規格(アメリカの軍事規格)テストをクリアしています。

また操作性も優れており、【トラックポイント】とよばれるポインティングデバイスを搭載。言ってしまえばマウスのようなもので、タイピングしながらマウス操作をできるという優れモノです。いちいちマウスでカーソル操作する必要が無いので、作業効率が格段に向上します。

 

ThinkPad T490[パフォーマンス・プラス]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14.0インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-8265U
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラフィック:GeForce MX250
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】258,620円147,413円(税・送料込)~

 

おすすめポイント

MX250を搭載した高性能モデル。Core i5・8GBメモリ・512GB SSDの快適な初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。動画・画像編集など負荷の高い作業もサクサクこなせます。

さらに、指紋認証センサーやバックライト付きキーボードも完備しており、まさに至れり尽くせり。基本的にはカスタマイズ不要ですが、編集用途であればメモリやストレージの容量を増やしておくと安心。

ちなみに、LTE(4G)規格に対応したSIMカードモジュールをカスタマイズできます。Wi-Fi環境にとらわれず、どこでも高速のインターネット環境を利用したい方はカスタマイズをお忘れなく。

 

【おすすめカスタマイズ】
 icon-check-circle メモリー
・16GB PC4-19200 DDR4 SODIMM
⇒編集用途であれば16GBあるとより安心です。

 icon-check-circle ディスプレイ
・14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS 300nit) マルチタッチパネル (10点)
・14.0型WQHD液晶 IPS (2560×1440 IPS 500nit) 光沢あり
⇒初期構成ではタッチ非対応なので、タッチ対応にしたい場合はカスタマイズ必須。なお、ワンランク上の解像度に変更もできますが、タッチ非対応となります。

 icon-check-circle WWAN Selection
・WWAN対応
⇒LTEモジュールのことです。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめノートPC

その他のおすすめモデルを価格&サイズごとにまとめました。

13インチ

持ち運びしやすいモバイルノート

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

14インチ

持ち運び・据え置きの両方に対応する欲張りモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

15インチ

据え置きに最適なスタンダードモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ
開閉タイプ
2in1タイプ

17インチ

据え置きに最適な大画面モデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上
開閉タイプ開閉タイプ

 

ショップ情報&おすすめノートPC

 

3ステップでわかるノートPC

タイトルとURLをコピーしました