LenovoのおすすめゲーミングPC2018&ショップ情報まとめ

公式サイト 

レノボは、DELL・HPと肩を並べる中国の大手パソコンメーカーです。日本ではNEC・富士通と連合で国内シェアNo.1となっています。

レノボのゲーミングブランド【Legion】の最大の武器は「低価格&高コスパ」。Eクーポンによる大幅値引きで、他社を寄せ付けない高いコスパを実現しています。モデルのデザインや機能性も高く、価格以上のクオリティに仕上がっているのもポイント。

国内BTOの陰に隠れがちですが、ダークホース的な存在です。

レノボのショップ情報まとめ

価格

レノボは常時セール状態でとにかく価格が安い!

最大30~40%もの割引率を誇る【Eクーポン】が誰でも使えるようになっており、とてもおトクに購入できます。しかも価格表記が税・送料込みなので、それを合わせて考えると、かなりコスパは高いです。

クーポンの使い方

レノボは【Eクーポン】ありきの価格なので、絶対に使い忘れが無いようにしましょう。クーポンそのものは、この通りモデルのラインナップ画面に記載されています。

カート画面にて【クーポンを利用】ボタンが表示されるので、それを押すだけです。

納期

最短1~2営業日での出荷を実現しており、メーカー製にしてはかなり短納期です。ただし、モデルによっては1~2週間かかるものもあるので、事前のチェックをお忘れなく。

保証

レノボでは1年の無料保証と2・3年の延長保証に加え、ノート限定で物損保証も用意されており、非常に充実しています。

無料保証

標準で「1 Year 引き取り修理」がついています。引取り修理の際にかかる送料ですが、往復ともに無料です。

保証の範囲は自然故障のみ。通常通り使っていて壊れた場合のみが対象になり、水濡れや落下などの過失による故障には対応できません。

延長保証

有償のオプションで「2年間引き取り修理」と「3年間引き取り修理」を選択することもできます。もちろん修理時の往復送料は無料です。

デスクトップの保証代金がとんでもなく安い!ノートはおおよそ、2年・5%、3年・10%と他社と同程度です。

保証価格

■2年間引き取り修理【デスクトップ:3,802円(税込) ノート:9,884円(税込)】

■3年間引き取り修理【デスクトップ:6,178円(税込) ノート:17,868円(税込)】

ノートでは物損保証も選択可能

ノートのみ物損保証の「アクシデント・ダメージ・プロテクション」が用意されています。通常の保証ではカバーできない、水濡れや落下事故など過失による事故にも対応可能です。

気を付けてさえいれば、ジュースをこぼしたり落としたりなんてありえない!と思うかもしれませんが、経験上このケースは意外と多いです。

そして何より怖いのが高額な修理工賃。例えばジュースをこぼした場合には、キーボード下の基盤も巻き添えになっていることが多く、最悪同じものをもう一台買えるくらいの修理工賃がかかる場合があります。

「転ばぬ先の杖」として、ぜひ選択しておきたいところですね。

保証価格

引き取り修理もあわせて延長する必要があります

■[1年間]アクシデント・ダメージ・プロテクション【ノートのみ:3,326円(税込)】

■[2年間]アクシデント・ダメージ・プロテクション【ノートのみ:11,880円(税込)】

■[3年間]アクシデント・ダメージ・プロテクション【ノートのみ:17,582円(税込)】

【デスク】Lenovo Legion Y520 Tower

公式サイト icon-external-link

第7・8世代CoreシリーズにGTX 1060・GTX 1050 Tiを搭載した、エントリー~ミドルクラスのミニタワーモデルです。

シースルー仕様のフロントマスク

ミドルタワーかと思いきや、W182×D468×H402mmのミニタワーサイズです。

エッジ加工を多用したインパクトのあるフロントマスクですね。サイドから見ると流れるようなフォルムになっており、スマートな印象を受けます。

サイドや天面にエアインテークはありませんが、フロント部分にスリット加工が大胆にされており、前後のファンでしっかり吸排気できるようになっています。スッキリした内部構造も相まって、エアフローはスムーズそのもの。熱がこもる心配もありません。

なんとこのモデル、フロントの下半分がスケルトン仕様になっており、赤色LEDを搭載したファンが見えるようになっています。BTOはおろか、メーカー製ゲーミングPCでここまでやるのは驚きの一言。

ちなみに、DVDドライブへはフロントパネル上部を開けることでアクセス可能です。

エアフロー重視の内部構造

源下置きのオーソドックスなパーツ配置で、拡張性は5インチベイが1基、3.5インチベイが2基の計3基。

最小限ではありますが「大は小を兼ねる」ということで、3.5インチベイだとフルサイズのHDDはもちろんSSDも搭載でき、使い勝手は◎。もちろん拡張ベイは全てツールレス構造なので、交換・増設もラクラク。

さらにケース裏側には配線用スペースが用意されています。かさばるケーブルを裏側に回すことで、見た目がすっきりし、なによりエアフローがスムーズになります。

メーカー製でここまで徹底しているゲーミングPCはあまりないので、とても好印象ですね。

おすすめモデル

全3モデルのラインナップです。性能が劇的に向上した第8世代Coreシリーズ搭載モデルがおすすめ。

Lenovo Legion Y520 Tower【90JB000AJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■キーボード・マウス無し
【クーポン利用】
183,600円134,028円(税・送料込)~

充実した初期構成のGTX 1060搭載モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した構成です。SSDは通常タイプのSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプとなっており、まさにパーフェクト。

Lenovo Legion Y520 Tower【90JB0009JM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 128GB+HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■キーボード・マウス無し
【クーポン利用】
140,400円99,684円(税・送料込)~

シンプルなエントリー+αモデル

前世代のCore i7に匹敵する性能を持つ、Core i5-8400とGTX 1050 Tiを搭載した、フルHD入門に最適なモデル。8GBメモリにデュアルストレージの便利な初期構成です。

SSDはもちろんNVMeタイプですが、128GBと容量が少ないので、ゲームの入れすぎには注意!

【デスク】Lenovo Legion T530

公式サイト icon-external-link

第7・8世代CoreシリーズにGTX 1060・GTX 1050 Tiを搭載した、エントリー~ミドルクラスのミニタワーモデルです。

Y520 Towerに近いポジションですが、グラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載しているので、性能で選ぶならこちらがおすすめ。

ミニタワーに取っ手を付けた大胆なデザイン

ぱっと見スリムケースに見えますが、寸法はW185×D456×H440mmのミニタワーケースです。

フロント部は大胆に穴あけ加工し、赤いライティングによるアクセントで、いかにもゲーミングPCらしく視覚的にも楽しむことができます。ボディ全体が黒塗装されているので、統一感がるのも好印象。

LANパーティーでの持ち運びを意識して、取っ手付きというのがいかにも海外モデルらしいですね。外に持ち出さずとも、取っ手がついている分、掃除がしやすいかも!?

このモデルでは、DVDスーパーマルチドライブが搭載されていますが、どこにあるのかというと…ここ↓

スムーズなエアフロー

ケースファンはフロントの吸気ファン2基、背面の排気ファン1基の計3基構成で、スムーズなエアフローを実現しています。ミニタワーにしてはしっかりしており、ケース内部に熱がこもるような心配はありません。

ちなみに拡張性ですが、3.5インチベイが2基用意されています。あくまでも最低限の数ですが、拡張するなら大容量のHDDなり入れてあげればいいので、特に気にする必要もないでしょう。価格もかなり安くなってますから。

インテル Optaneメモリー搭載

画期的な技術として、HDDを搭載した一部モデルでは、【インテル Optaneメモリー】をあわせて搭載しています。

Optaneメモリーとは、インテルとマイクロンが共同開発した高速メモリー技術「3D XPoint」を採用したSSDの事です。SATA接続のHDDやSSDのキャッシュとして使うことで、読み書きの速度を格段に向上させます

メモリの容量にもよりますが、HDDの読み込み速度はSSDレベルかそれ以上になり、もはやHDDとは言えないレベルに。低コストでHDDをSSD並みにしてしまう驚きの技術ですね。

おすすめモデル

全5モデルのラインナップです。

Lenovo Legion T530【90JL0014JM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 2TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■キーボード・マウス無し
■価格:212,760円159,570円(税・送料込)~

グラフィックメモリ6GB版GTX 1060を搭載したフル装備モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

グラボはフルHDに最適なグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージのパーフェクトな初期構成が魅力的。予算を抑えるのであれば、2TB HDDのみ搭載のモデルがおすすめ。Optaneメモリーを搭載しており、動作は快適そのもの。

Lenovo Legion T530【90JL006RJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:HDD 1TB(Optane 16GB)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■キーボード・マウス無し
■価格:145,800円103,518円(税・送料込)

格安のGTX 1060搭載モデル

同じくGTX 1060搭載モデルですが、CPUをCore i5に、メモリを8GBに、ストレージを1TB HDDのみにすることで、極限まで安くしています

Core i5-8400は前世代のCore i7に匹敵する性能を持ち、HDDはOptaneメモリーに対応しているので、正直このモデルでも性能は十分だったりします

Lenovo Legion T530【90JL0017JM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■キーボード・マウス無し
■価格:124,740円82,328円(税・送料込)

シンプルなエントリーモデル

前世代のCore i7に匹敵する性能を持つ、Core i5-8400とGTX 1050 Tiを搭載した、フルHD入門に最適なモデル。8GBメモリにデュアルストレージの便利な初期構成です。

なお、HDDは通常タイプとなっています。

【デスク】Lenovo Legion C530

公式サイト icon-external-link

第8世代CoreシリーズにGTX 1060・1050 Tiを搭載した、エントリー~ミドルクラスコンパクトモデルです。

やはり取っ手付きのコンパクトケース

キューブ型のコンパクトモデルで、寸法はW238×D358×H305mmとT530よりも奥行きと高さがそれぞれ約10cmほど小さくなっています。

フロントの全面に通気口を設置する大胆なデザインはこのモデルでも健在。もちろん取っ手付きで、サイズ的に持ち運びがしやすいですね。なお、LEDイルミネーションはフロントではなく、天面に搭載されています。

チャンバー構造で熱源を分離

特にコンパクトケースともなると内部に熱がこもりがちになりますが、CPUを搭載したマザーボードのエリアと、電源エリアを分離したチャンバー構造となっており、排熱が干渉しないようになっています。

さらにグラボは、天面から吸気し背面へ強制排気するブロワファンタイプを採用する徹底ぶり。前後のスムーズなエアフローも相まって、内部に熱がこもらないようになっています。

ちなみに、こう見えて3.5インチベイが2基設置されているので、最低限の拡張性はしっかり確保されています。

おすすめモデル

全4モデルのラインナップです。T530とほぼ同じで、一部モデルにはOptaneメモリーを搭載しています。

Lenovo Legion C530【90JX003LJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 2TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■キーボード・マウス無し
■価格:212,760円159,570円(税・送料込)

グラフィックメモリ6GB版GTX 1060を搭載したフル装備モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージのパーフェクトな初期構成が魅力的。予算を抑えるのであれば、2TB HDDのみ搭載のモデルがおすすめ。Optaneメモリーを搭載しており、動作は快適そのもの。

Lenovo Legion C530【90JX003NJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:146,880円104,285円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

格安のGTX 1060搭載モデル

同じくGTX 1060搭載モデルですが、CPUをCore i5に、メモリを8GBに、ストレージを1TB HDDのみにすることで、極限まで安くしています

Core i5-8400は前世代のCore i7に匹敵する性能なので、フルHDでのゲーミングであれば十分すぎるスペックです。なお、HDDは通常タイプとなっています。

Lenovo Legion C530【90JX003PJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:124,200円81,972円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

シンプルなエントリーモデル

前世代のCore i7に匹敵する性能を持つ、Core i5-8400とGTX 1050 Tiを搭載した、フルHD入門に最適なモデル。8GBメモリにデュアルストレージの便利な初期構成です。

こちらも、HDDは通常タイプとなっています。

【ノート】Lenovo Legion Y530

公式サイト icon-external-link

第8世代CoreシリーズにGTX 1050 Ti・GTX 1050を搭載した、15インチのエントリーゲーミングノートです。

直線主体のスマートなデザイン

前モデルとは打って変わり、ブラック一色の渋めな感じにイメージチェンジしました。ボディも直線主体のフォルムでスマートな印象ですが、細部の造形に凝っており、飽きのこないデザインに仕上げているのがミソ。

背面の排熱グリルですが、よくあるエッジ加工ではなく、ブロック状にバッサリと切り落としており、なかなか新鮮。

また、直線一辺倒かと思いきやヒンジ部分をラウンドフォルムにしたり、やや前方にヒンジを持ってきたりと、意表を突くデザインはまさにレノボらしいですね。

厚さ24.2mm・重さ約2.3Kgの軽量スリムボディで持ち運びもしやすくなっています。また、意外にはやりの180°開閉ギミックも備えています。

IPSパネル搭載ディスプレイ

フルHD解像度の15インチディスプレイには、IPSパネルを搭載。コントラストが高く発色に優れ、さらに視野角が広いので色むらも少なく、きれいな映像でゲームを楽しむことができます。エントリーモデルでIPSパネルとはかなり魅力的ですね

さらにディスプレイのベゼル(ふち)にはナローベゼルを採用しています。余分なスペースを削ることでボディがよりコンパクトに、またデザイン面でも野暮ったさが無くとてもスタイリッシュです。ボディデザインとの相性もぴったりです。

白色LED内蔵キーボード搭載

15インチということで、テンキー付きのフル規格キーボード(英語配列)を搭載しています。キーストロークも1.7mmとノートにしては深めになっており、タイピング入力やゲーム操作も安定して行うことができます。

もちろんゲーミングノートらしく、バックライト付き。カラーはホワイトなので、落ち着いた印象です。レノボなら赤…と思いきや意外ですね。最新モデルでは従来のイメージが一新された感じがします。

おすすめモデル

OSが英語版なので、日本語表示にしましょう。もちろん機能面は変わりません。セットアップ手順はこちら(レノボ公式サイト) icon-external-link

全4モデルのラインナップです。

Lenovo Legion Y530【81FV00M5JE】

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:197,640円136,372円(税・送料込)~

ノート用の6コア12スレッドCPU・Core i7-8750HとGTX 1050 Tiを搭載した、フルHD入門モデル。大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成が魅力的です。

予算を抑えたいのであれば、128GB SSD+1TB HDD搭載モデルもありですが、SSDの容量が少なく、実質使えるのは100GB未満という点に注意!

Lenovo Legion Y530【81FV00M6JE】

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-8300H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB
■価格:149,400円101,347円(税・送料込)~

前世代のCore i7に匹敵する性能を持つ、4コア8スレッドのCore i5-8300HとGTX 1050を搭載したフルHD入門モデル。

大容量の16GBメモリに1TB HDDのみのシンプルな初期構成で、とにかく安くゲーミングノートを手に入れたい方におすすめ。

関連リンク

ほかのショップもチェック

国内BTOメーカー

海外メーカー

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする