Call of Duty: Black Ops 4の推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

Call of Duty: Black Ops 4(コールオブデューティーブラックオプス4)はド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「BLACKOUT」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。

最新グラフィックなだけあり、最適化はされているものの、ゲーミングPC泣かせの重量級のゲームになっています。以下ベンチマークやおすすめモデルをチェックしていきましょう。

Call of Duty: Black Ops 4の推奨スペック

推奨スペックやベンチマーク結果をまとめました。

推奨動作環境

最低要件 推奨仕様
OS Windows 7以上(64bit) Windows 10(64bit)
CPU インテル Core i3-4340
AMD FX-6300
インテル Core i5-2500K
AMD Ryzen 5 1600X
メモリ 8GB 12GB
グラボ Geforce GTX 660(VRAM2GB)
Geforce GTX 1050(VRAM2GB)
Radeon HD 7950(VRAM2GB)
Geforce GTX 970(VRAM4GB)
Geforce GTX 1060(VRAM6GB)
Radeon R9 390
Radeon RX 580

最低要件はあくまでも「最低」なのでスルー。

推奨仕様では、グラボに現行のミドルクラスモデルGTX 1060を要求。メモリが厄介で、なんと12GB必要とのこと。条件からしてすでに重そうなゲームですね。

なお、ストレージの記載がありませんが、ゲームデータが約60GBあるので120GBは危険。240GBは最低でも欲しいです。

スコア計測テスト

この通り、テクスチャをはじめ影の品質などを細かく設定することが可能です。

測定条件

 CPUはCore i7-8700K、 メモリは16GB

 解像度は4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定は【超高】をベースに、各種設定をMAX

平均(最低)fps 4K WQHD フルHD
RTX 2080 Ti 94(81)fps 135(116)fps 168(140)fps
RTX 2080 67(58)fps 92(78)fps 142(121)fps
RTX 2070 51(45)fps 65(52)fps 126(98)fps
GTX 1080 Ti 63(55)fps 90(77)fps 140(118)fps
GTX 1080 50(45)fps 63(50)fps 122(95)fps
GTX 1070 Ti 47(41)fps 57(46)fps 115(86)fps
GTX 1070 42(36)fps 51(40)fps 99(72)fps
GTX 1060
(VRAM6GB)
39(30)fps 85(68)fps
GTX 1060
(VRAM3GB)
26(17)fps 53(42)fps
GTX 1050 Ti 41(32)fps
GTX 1050 22(15)fps

グラフィックメモリ(VRAM)をガッツリ使うゲームで、6GBを境にくっきり明暗が分かれ、同じGTX 1060でも6GBと3GBでは雲泥の差がつきます。フルHDであれば、VRAM6GB版のGTX 1060は最低でも必要になります

WQHDになるとグッと重くなり、最低でもRTX 2070・GTX 1080クラスは必要になります。安定感を求めるのであれば、RTX 2080・GTX 1080 Tiがおすすめ

4Kはさらにワンランク上にスライドする感じで、最低でもRTX 2080・GTX 1080 Ti、できればRTX 2080 Tiが欲しいところです。RTX 2080 Tiなら144Hzの高リフレッシュレートモニターをしっかり生かすことができます。

最適なCPU・メモリは?

基本的には第8世代のCore i5-8500など、6コア以上のCPUを搭載しておけばOKです。ただし、GTX 1080 Ti以上のハイエンドグラボを使うのであれば、Ryzenを除く6コア12スレッド以上のマルチコア・スレッドCPUがおすすめ。

グラフィックメモリだけでなく、メインメモリもガッツリ使うので注意!メインメモリの容量に比例して使用量が増える仕組みですが、16GBもあれば大丈夫です。8GBだと7GB以上使うためカツカツになります。動作が不安定になる恐れがあるので、カスタマイズは必須です。

推奨スペックまとめ

「予算重視」であれば、ゲーム設定の変更がおすすめ。細かくカスタマイズできるので、フレームレート上げるのはカンタンです。

フルHD・超高

CPU:第8世代Core i5 メモリ:16GB グラボ:GTX 1060(VRAM6GB)

WQHD・超高

CPU:第8世代Core i7 メモリ:16GB グラボ:RTX 2080[予算重視:RTX 2070]

4K・超高

CPU:第8世代Core i7 メモリ:16GB グラボ:RTX 2080 Ti[予算重視:RTX 2080]

Call of Duty: Black Ops 4のおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

ガレリア DT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(VRAM6GB)
■ストレージ:SSD240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:117,980円(税別)~

フルHDならコレ

第8世代の6コアCPU・Core i5-8500とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミニタワーモデル。

8GBメモリにSSD+HDDのデュアルストレージ構成で充実した初期構成となっていますが、メモリは16GBにしましょう。

おすすめカスタマイズ

メモリは16GBは必須!その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZG i7-9700K(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:750W(80PLUS PLATINUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:249,980円(税別)~

WQHDにおすすめ!フル装備のコスパ最強モデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2080を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、熱いCPUではありますが、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。電源は最大92%の電源変換効率を誇るプラチナクラス電源というこだわりようです。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要。ここまでやるならメモリを増やしたり、グリスを変更するのもあり。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZZ i9-9900K(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:750W(80PLUS PLATINUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:339,980円(税別)~

圧倒的な4K性能を誇る最強モデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KとRTX 2080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。圧倒的な4K性能はもちろん、高リフレッシュレートモニターを生かせる性能も魅力的。

CPUは【K】付きなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、熱いCPUではありますが、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、電源は最大92%の電源変換効率を誇るプラチナクラス電源というこだわりよう。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、文句のつけようがないパーフェクトな一台です。

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要。ここまでやるならメモリを増やしたり、グリスを変更するのもあり。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

もっと詳しく知りたい方はこちら

Call of Duty: Black Ops 4のおすすめゲーミングノート

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

LEVEL-15FX095-i7-RNSV(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 120Hz
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:136,980円(税別)~

高コスパ!格安の120Hzディスプレイ搭載モデル

第8世代のノート用6コア12スレッドCPU・Core i7-8750HとGTX 1060(VRAM6GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なモデル。

最大の特長は高速の120Hzディスプレイを搭載していること。1秒間に描写できる回数は、通常の60Hzモニターの2倍。描写回数が多い分、ぬるぬる滑らか。その差は一目瞭然で、FPSゲームでの視点移動がとてもスムーズになり、プレイの精度がグッと上がります。

8GBメモリにデュアルストレージ構成の充実した初期構成となっていますが、メモリを16GBにカスタマイズするのを忘れずに。最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

このゲームだと120Hzをきっちり出し切るのは難しいですが、通常モデルよりも高いリフレッシュレートでプレイできると考えれば、かなりおいしいモデルです。

おすすめカスタマイズ

メモリ16GBは必須!その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

OMEN X by HP 17-ap008TX[エクストリームプラスモデル](HP)

【スペック】
■OS:Windows 10 Pro
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i7-7820HK
■メモリ:32GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 1TB
■価格:329,800円274,800円(税別)~

※実機レビューは120Hzモデルとなります

GTX 1080×144Hzモニターのド安定モデル

第7世代のノート用4コア8スレッドCPU・Core i7-7820HKとGTX 1080を搭載したモデル。直線スタイルと幾何学模様のデザインがなんともオシャレです。

メモリは32GB、ストレージは500GB SSD+1TB HDDのデュアル構成とまさに大容量尽くし。しかもSSDは通常タイプのSSDより4~5倍速いNVMeタイプというこだわりようです。

さらに!17インチの大画面ディスプレイは144Hz&G-Syncに対応しており、カクつくことなくスムーズにゲームを楽しむことができます。GTX 1080のパワーも相まって、100fps以上のキープもたやすく、安定してプレイ可能です。

また、機能も充実しており、キーボードはなんと応答性が高いメカニカルスイッチで、フルカラー仕様。さらにキーボードマクロまで搭載している本格派です。

おすすめカスタマイズ

パーツのカスタマイズはできません。

もっと詳しく知りたい方はこちら

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする