FRONTIER(フロンティア)のおすすめゲーミングPC2022&ショップ情報まとめ

公式サイト  

FRONTIERは、ヤマダ電機のグループ企業”インバースネット”のBTOブランド。元をたどると20年以上前からパソコンの販売を手掛けており、その名の通りパイオニア的な存在です。”Made in 山口”をキャッチコピーに、品質の高いパソコンを製造しています。

その魅力は次の3点ー

  • 充実した保証&サポートメニュー
  • 豊富なラインナップ
  • セールモデルが圧倒的に安く、コスパ◎

以下ショップの詳細やおすすめモデルなどをチェックしてみましょう。

 

FRONTIERのショップ情報まとめ

価格

セールモデルが他社を圧倒するレベルで安く、初期構成も充実しており、コスパ◎。特にRTX 3080以上のハイエンドクラスの価格が安く、高性能モデルが欲しい方はぜひセールをチェックしたいところ。

なお、ゲーミングノートについては割高なので、おすすめしません

 

納期・送料

納期は標準的なスピードで、約7~10日での出荷となっています。

送料はデスクトップ・ノートいずれも3,300円(税込)/台とちょっとお高いですが、モニターなどを別途注文しても変わらないのがいいですね。

 

保証

FRONTIERでは1年の無料保証と3年の延長保証に加え、オンサイトサービス(訪問部品交換サービス)が用意されています。

なお、3年の延長保証はデスクトップでは用意されておらず、ノートPCのみというのがネック。圧倒的な安さの反面、保証は最低限となっています。まさに諸刃の剣といったところですね。

 

無料保証

標準で”1年間センドバック保証”がついています。引取り修理の際にかかる送料ですが、修理センターに送る際の送料は顧客負担となります。

保証の範囲は自然故障のみ。通常通り使っていて壊れた場合のみが対象になり、水濡れや落下などの過失による故障には対応できません。

 

延長保証

ノートPCのみ”3年間センドバック保証”が用意されています。こちらも、修理センターに送る際の送料は顧客負担となります。

 

保証価格

■3年間センドバック保証 [\11,000]

 

オンサイトサービス(訪問部品交換サービス)

有償のオプションで、最大3年間(デスクトップは1年のみ)の訪問修理サービスを選択することができます。パソコンを毎日使う方や、梱包作業が面倒な方におすすめ。

オンサイトサービスでカバーするのは、ハードウェアの故障のみ。Windowsや各種ソフトのインストールは対象外となっており、別途”SoftPack”に加入する必要があります

 

サービス内容&価格

■サービス価格
・1年間オンサイトサービス (デスクトップ) [\7,700]

・1年間オンサイトサービス+SoftPack (デスクトップ) [\13,200]

・3年間オンサイトサービス (デスクトップ) [\16,500]

・3年間オンサイトサービス+SoftPack (デスクトップ) [\27,500]

■サービス提供時間
土日祝日・年末年始を除く、月~金曜日の9時から21時

■サービス対象エリア
本州・四国・九州・北海道・沖縄本島(離島及び海外は対象外)

 

FRONTIERのゲーミングPCおすすめ3選

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

FRGAH670/WS8/NTK

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i5-12400F
■チップセット:H670チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:600W(80PLUS BRONZE)
■価格:164,800円(税込)~

最新ゲームをまんべんなく楽しめる鉄板モデル

インテルの第12世代6コア12スレッドCPU・Core i5-12400FとRTX 3060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。この内容で15万円台は非常に安く、バツグンのコスパを実現しています。

最近のゲームはグラフィック負荷が向上しており、やはりRTX 3060クラスは欲しいところ。フルHDはもちろん、WQHDのゲーミングにも対応できます。Ryzen 5の性能も非常に高く、ゲーミングPCならこのモデルがまずおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、ゲームそのものの容量も増えているので、SSDを1TBに増やすとより安心。また、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle FRONTIERのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

FRGAB550/WS57/NTK

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 5700X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■価格:209,800円(税込)~

先に紹介したFRONTIERのモデルをRyzen 7 5700X&RTX 3070にしたバージョンで、4Kでのゲーミングに最適。ハイスペックモデルらしく、電力変換効率90%を誇るゴールドクラス電源というのもポイントです。

RTX 3070搭載モデルは25万円前後するので、かなり安いですね。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle FRONTIERのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

FRGH670/WS1A

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700F
■チップセット:H670チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 12GB)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:1000W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:294,800円(税込)~

低価格&高コスパのハイエンドモデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700FとRTX 3080(VRAM 12GB)を搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

32GBメモリに1TB SSDの超大容量構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源のほか、大型CPUクーラーを搭載しており、冷却面も万全です。

ケースの完成度も高く、見栄えのするシースルーのガラス製サイドパネルを搭載。また、フロントパネルは全面メッシュで、ケース内部もチャンバー&裏配線構造を採用しており、通気性はバツグン。もちろん、拡張性もしっかり確保されています。

このクラスはだと35万円オーバーなので、かなりお得。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle FRONTIERのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

関連リンク

ほかのショップもチェック

国内BTOメーカー

海外メーカー

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、5月24日午後13時59分まで''パソコン特選フェア''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おト...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントキャンペーン キャンペーンサイト ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 初夏セール ...
Dell(デル)のゲーミングPCセール情報
BTOパソコンの真価はセールにあり!特にゲーミングノートで高いコスパを誇る、デルのセール情報をチェックしてみましょう。 EARLY SUMMERセール 直販セールサイト 期間限定で最大24%OFFの''GWセール''を開催...
タイトルとURLをコピーしました