Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!

公式サイト

BTOパソコンの真価はセールにあり!

CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。

お値段以上の満足度!自作パソコン並みに高い品質が自慢のサイコムのセール情報をチェックしてみましょう。

半期に一度!冬のボーナスキャンペーン

キャンペーンサイト

2019年1月6日まで【冬のボーナスキャンペーン】を実施中。めったにない半期に一度のセールなので、絶対にお見逃しなく

内容はかなり太っ腹。最新のインテル第9世代Coreシリーズや超高速のNVMe SSD、さらに放熱性に優れたヒートスプレッダ付きメモリまで、あると嬉しいパーツが軒並み値引き。プラスで送料も無料!実質2,920円(税込)引きと考えると、とんでもなくおトクですね。

また、W水冷シリーズの新モデル【G-Master Hydro Z390 II】の発売を記念して、RTX 2080の10,000円引きもあわせて実施中です。

icon-exclamation-circleおすすめモデルはこちら

サイコムのおすすめゲーミングPC ~G-Master Standard Model編
公式サイト サイコムが誇るこだわりのゲーミングPC「G-Masterシリーズ」の中で、一番コスパが高く、売れ筋の【Standard M...
サイコムのおすすめゲーミングPC ~G-Master Hydro デュアル水冷編
公式サイト こだわりのBTOメーカー、サイコムが誇るこだわりのゲーミングPC「G-Masterシリーズ」の中で、格段に冷却性能が高く、...

G-Master Spear Z370 Taichi

30台限定!2大特典キャンペーン実施中

icon-check-circle定価より5,000円引き
icon-check-circleCPUの冷却に効果大!高性能CPUグリス【Nocture NT-H1】が付属

公式サイト 

モデルの特徴

標準構成

  • CPU:Core i7-8700K [4.80GHz/6Core/UHD630/TDP95W] 
  • CPUファン:Corsair H100i V2 (CW-9060025-WW)
  • マザーボード:ASRock Z370 Taichi [Intel Z370chipset]
  • メモリ:16GB[8GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2666
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB MSI製 GeForce GTX1060 ARMOR 6G OC V1
  • ストレージ:Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]
  • 電源:SilverStone SST-ST75F-GS V2 [750W/80PLUS Gold]
  • 価格:223,660円(税込)~

ケース

自作で大人気のCOOLER MASTER製「CM690 III」を採用。ワイドボディの空間は広々しており、前面のメッシュ加工で通気性は抜群です。また、配線を裏に回すスペースも設けられており、内部はスッキリ。より高いエアフローを確保しています。

もちろん拡張性も高く、5インチベイは3基、3.5インチベイは7基の計10基!もちろん各ベイはワンタッチで収納可能です。購入後のパーツの交換や増設もカンタン。

ほこり対策として、前面・底面・天板にはダストフィルターが設置されているのが嬉しいですね。

CPU

インテルの最新CPUとなる、第8世代「Coffee Lake-S」のCore i7-8700Kを搭載。6コア12スレッドと前世代よりもコア数が増え、性能が飛躍的に向上しています。特にマルチタスクに強くなり、ゲームをしながら録画・配信するような場面で真価を発揮します。

このモデルの最大のポイントは、オーバークロックレジェンドこと【Nick Shin】氏の協力のもと、Core i7-8700Kを4.8GHzにオーバークロックしていること。

オーバークロックとはCPUの動作クロックを上げて、高いパフォーマンスを引き出すテクニックです。最悪CPUを破損するリスクがあり、基本的には自己責任でやるものですが、それを製品化してしまうのはやはりサイコムらしいですね。

ちなみに通常バージョンとの性能差は約10%程度とそこまで変わりません。昔ならいざ知らず、現在ではオーバークロックせずとも十分性能が高いので、あくまでもロマンを追い求める方向けのモデルです。

個人的にはこういうモデル大好きです!

マザーボード

ASRock製の【Z370 Taichi】を搭載しています。ASRockのハイエンドマザーといえばやはりこれですよね。

オーバークロックは電源周りに負荷がかかりますが、このボードでは12電源フェーズ設計なので、安定したオーバークロック環境を実現しています。

また、有線・無線LANともに安定性で定評のあるインテル製のチップを搭載。特に有線LANはポートを2基搭載し、チーミングでさらに安定したデータ転送に対応しています。これはゲーミングを極める方には重要な機能です。

そのほか、グラボなどを搭載するPCIスロットは金属プレートで補強されており、グラボの自重で破損する心配もありません。ちなみに、ボード上の歯車のヒートシンク周りが光るようにもなっており、光物が好きな方には嬉しいですね。

CPUクーラー

強制的に動作クロックを引き上げるため、CPUの熱もグンと上がります。それこそ標準の小型CPUクーラーはもってのほか。

ということで、このモデルでは王道の水冷式CPUクーラー【Corsair H100i V2】を搭載しています。その冷却能力の高さは折り紙付き。240mmの大型ラジエーターで、CPUから回収した熱を強力に発散します。

グラボ

標準構成ではフルHDでのゲーミングに最適なGTX 1060が搭載されています。

モデルはMSIのARMORシリーズですね。大型のトルクスファンを2基搭載し、冷却能力が非常に高く、それでいて静かなのがポイント。初期構成でこのグレードはとても魅力的です。

電源

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことができ、ケース内がケーブルでかさばることがありません。

おすすめカスタマイズ

・グラボをカスタマイズしてさらに高性能なモデルに変更可
OSとHDDが非搭載なので、カスタマイズをお忘れなく

メモリ

標準で16GB搭載されているので、基本的にカスタマイズは必要ありません。しかもメモリチップの熱を放熱するヒートスプレッダ付きです。

・32GB[16GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2666【+22,450円(税込)】
→標準搭載のものと同じく、Crucial製の高品質メモリです。もちろんヒートスプレッダ付き。

SSD

OSがインストールされているドライブです。初期構成は500GBの大容量SSDが搭載されています。読み書きムラなく速いことで評判が高い、Crucial製の【MX500シリーズ】が搭載されています。

容量を1TBに増やす、また通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDにカスタイズするのもありですが、ゲームではその違いをほぼ体感できないので、無理に変更する必要はありません。

通常タイプ
・Crucial CT1000MX500SSD1 [SSD 1000GB]【+17,960円(税込)】

NVMeタイプ
・PLEXTOR PX-512M8SeG [M.2 PCI-E SSD 512GB]【+9,930円(税込)】
→どちらも転送速度に定評のあるモデルとなっています。その分高めですが、どうせ変更するならこのクラスのものを選びたいものです。

増設SSD

最近のゲームは数十GBなんて容量はざらなので、メインのSSDとは別にゲーム専用のSSDを追加した方が長期的にみると安心です。

・Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]【+20,000円(税込)】
・Crucial CT1000MX500SSD1 [SSD 1000GB]【+37,960円(税込)】

増設HDD

このモデルではデータ用のHDDが非搭載なので、忘れずに入れておくようにしましょう。通常なら2・3TBもあれば十分ですが、録画などをするならさらに大容量のものを選んでもいいでしょう。

通常タイプ
・Seagate ST2000DM006 [2TB 7200rpm 64MB]【+8,980円(税込)】
・Seagate ST3000DM008 [3TB 7200rpm 64MB]【+9,320円(税込)】

高品質タイプ
・TOSHIBA MD04ACA200 [高信頼 2TB 7200rpm 128MB]【+11,560円(税込)】
・TOSHIBA MD04ACA300 [高信頼 3TB 7200rpm 128MB]【+13,330円(税込)】
→サーバーグレードの耐久性・信頼性を誇る、東芝製のHDDです。

グラフィックボード

初期構成はGTX 1060なので、より高い解像度でゲームを楽しみたいのであればしっかりカスタマイズしましょう。

・GTX1070 8GB MSI製 GeForce GTX1070 GAMING X 8G【+21,120円(税込)】
・GTX1070 8GB MSI製 GeForce GTX1070 Ti GAMING X 8G【+35,080円(税込)】
・GTX1080 8GB MSI製 GeForce GTX1080 GAMING X 8G【+42,970円(税込)】
・GTX1080Ti 11GB MSI製 GeForce GTX 1080Ti GAMING X 11G【+73,890円(税込)】
→自作PCではおなじみのMSI製「Twin Frozr VI」ですね。独自の「トルクスファン」を2基搭載し、とても静かで、冷却性能も非常に高くなっています。

※人気モデルのため、在庫切れのことがしばしば。その場合は、このモデルでも搭載されているMSI製の「ARMOR」シリーズがおすすめ。下位モデルながらトルクスファンを搭載し、冷却も性能もほぼ互角の性能です。

ケース

ケースはブラックのほか、ホワイトも選択できます。ホワイトはパンダカラーでかわいい感じに。全然印象が違いますね。

そして、ブラック・ホワイトいずれもアクリルパネルに変更することができ、パソコンとして使うだけではなく、内部をのぞく楽しみも味わうことができます。

・【黒】CoolerMaster CM690III [クリアサイドパネルタイプ]【+1,320円(税込)】
・【白】CoolerMaster CM690III White [クリアサイドパネル標準]【+0円(税込)】

ケースオプション(内部LED電飾)

サイドパネルがアクリル仕様で、内部が見えるようになっています。デフォルトだと内部がまっ暗で見栄えが悪いので、LED電飾を入れるのがおすすめ。その差は一目瞭然、とても華やかになります。

・内部LED発光システム (LED ILLUMINACION 切り替えリモコン付属)【+2,450円(税込)】
→サイズ製の定番モデルですね。リモコンで16色に変更でき、明るさや発光パターンを変えることもできます。

電源

電源は最初から高品質のモデルが搭載されており、無理に変更する必要はありません。将来ハイエンドのグラボをSLI構成(2枚)にするのであれば、容量を上げるのもいいでしょう。

・Corsair RM850x [850W/80PLUS Gold]【+8,950円(税込)】
・Corsair HX850i [850W/80PLUS Platinum]【+14,230円(税込)】
→安心と信頼のCorsair製電源です。自作PCでは大人気の定番モデルで、とりあえずこれを入れておけば間違いありません。SLI構成でも容量は850Wもあれば十分。より省エネで長寿命なものということであれば、プラチナクラスをおすすめします。

OS

・Windows10 Home (64bit) DSP版【+17,240円(税込)】
・Windows10 Home (64bit) DSP版【+24,430円(税込)】

あわせてチェック

icon-exclamation-circle他社のセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする