G-Tune NEXTGEAR i680SA1-e-sportsをレビュー ゲーマー大満足!リニューアルしたGTX 1060搭載のミドルタワーモデル

今回G-Tuneの【NEXTGEAR i680SA1-e-sports】をお借りしました。

ケース丸ごとフルモデルチェンジ!最新の第8世代インテルCore i7にGTX 1060、さらにデュアルストレージを搭載した、G-Tuneのスタンダードモデルをチェックしてみましょう。

スペック

実機では、【水冷CPUクーラー ( メンテナンスフリー型 )】にカスタマイズしてあります。
NEXTGEAR i680SA1-e-sports
サイズ W210×D520.5×H435mm
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU インテル Core i7-8700
(6コア12スレッド 3.2/最大4.6GHz)
メモリ 8GB(8GB×1 DDR4-2400)
ストレージ 240GB SSD+2TB HDD
グラフィクス GeForce GTX 1060(GDDR5 3GB)
チップセット インテル Z370 チップセット
光学ドライブ オプション
電源 500W(80PLUS BRONZE)
保証 1年(最大3年)
価格 129,800円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源ケーブル

※2018年8月21日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

シンプルながら大胆なデザイン

ユニークなケースでおなじみ、InWin製のミドルタワーケース【101】をG-Tune用にカスタムしたモデルです。

ゲーマーの意見を取り入れたモデルとのこと。前モデルとは打って変わり、使う人を選ばない、フラットボディの非常にすっきりした外観になりました。

シンプルではありますが、フロントパネルはなかなか大胆。斜め、しかも下方向にカットされており、インパクト抜群です。また光学ドライブ上の意匠もうまくはまっており、躍動感もあります。

左サイドの通気口がオシャレな幾何学模様になっているのもポイント。

電源を入れるとフロントのG-Tuneマークが光ります。派手すぎず、ほどよいワンポイントアクセントですね。

高い冷却性能

通気口の設置場所がちょっと変則的で、メインの通気口は右サイド・底面に2か所設置されています。背面のケースファン1基で、前後のエアフローを生み出しています。

以前のケースに比べると、通気口・ケースファンともに少ないのですが、内部がエアフロー特化の構造になっているので、冷却性能はほぼ同等でしっかり冷えます。しかもファンが少ない分だけ静かというメリットも。

ちなみに防振用のインシュレーターですが、前モデルとは異なりゴム製の頑丈なタイプが取り付けられています。見た目通りの高い安定性です。

またほこり対策として、ダストフィルターも設置されています。マグネット式なので、簡単に取り外して丸ごと水洗いもできます。

VR機器に最適なインターフェース配置

VR機器の取り回しがしやすいポート配置になっており、大胆にもフロントの天面部分にHDMI端子を配置しているのがポイント

後ろにつなぐとなると、その分だけケーブルの長さがとられる上、他のケーブルと絡まったりするなど、取り回しに色々不便です。が、前に差し込めばそんな不便は一切なし。ケーブル周りで悩まされることはありません。

フロントのHDMI端子を使う際には、背面のHDMIをグラボのHDMI端子に接続しましょう。HDMIケーブルのおさまりがイマイチ…ちょっと惜しい。

インターフェースの数も充実しており、USB端子は、USB3.1・USB3.0が天面・背面あわせて計10ポートも搭載されています。USB2.0が搭載されていない点に時代を感じますね。さらにレガシーなPS2ポートSDスロットも付いた親切仕様です。

このポート類の天面配置が個人的にはお気に入り。特にパソコンをデスクの下に設置したときに便利なんですよね。ポートが見えるので、ケーブル類がとても差し込みやすいです。

映像端子はDVI-D・HDMI・DisplayPort×3と新旧のポートがそろい踏み。あらかたのモニターに対応できる便利なラインナップです。

内部

チャンバー構造採用

サイドパネルのネジを外して内部にアクセスすると、この通りとてもスッキリしています。

これは【チャンバー構造】という方式で、通常はケース下部に配置されている電源や各種ベイを上部に集約。内部をスッキリさせエアフローを極限まで高めることにより、最小限の通気口・ケースファンで高い冷却性能を実現できます。

拡張性もバッチリ

かなり内部をスッキリさせていますが、拡張性はしっかり確保されており、スリムタイプの5インチベイ×1、3.5インチベイ×2、2.5インチ×2を搭載可能です。

3.5インチベイはケース上部に設置されており、ツールレスでかんたんに取り出すことができます。

2.5インチベイはなんと裏配線スペースに設置されています。全く無駄のない配置ですね。

ちなみに裏配線とはこの通り、ケース裏側のスペースを使って配線するテクニックです。かさばる配線類をケースの裏側の配線スペースに通すことで、さらにエアフローを高めることができます。

ちなみにG-Tuneにはコスパに優れたミニタワーモデル【NEXTGEAR-MICRO im610】がありますが、3.5インチベイが1基しかないので、将来的な拡張性を考えるとやや不安ではあります。大は小を兼ねるということで、基本的にはミドルタワーがおススメ。

icon-exclamation-circleNEXTGEAR-MICRO im610のレビューはこちら

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cをレビュー 大人気モデルがリニューアル!Core i5-8500×GTX 1060の高コスパPC
今回G-Tuneの【NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C】をお借りしました。 ミニタワーの【NEXTGEAR-MIC...

Z370チップセット搭載

ミドルタワーなので、マザーボードは標準的なATX規格のものを搭載しています。上級のZ370チップセットを搭載し、通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMe SSDを搭載可能です。ちなみにボードはMSI製ですが、BTO専用の【Z370-S01】となっています。

CPUクーラーは水冷式にカスタマイズしています。CPUの熱をダイレクトに吸収し、背面のラジエーターから強力に排熱するので、標準の空冷式クーラーに比べて約20~30℃も低く冷却できます

また、ファンそのものを減らすことができ、より静かにできるというメリットもあります。

ブロワファンタイプのGTX 1060

グラフィックボードはミドルクラスのGTX 1060を搭載。コスパに優れたグラフィックメモリ3GB版で、フルHDでのゲーミングであればまずこのレベルは欲しいところ。

ボードはオーソドックスなブロワファンタイプとなっています。グラボの排熱を内部にまき散らさず、直接背面に排気できるのがメリットです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、写真右側にはカードキーパーが設置されています。輸送中のスロット破損を防ぐのに役立つギミックですが、細かいところまでしっかり考えられていますね。

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

CPUは40℃台と非常に低い温度で冷却できています。小型の標準クーラーだと50~60℃あたりなので、いかに冷却能力が高いのかがわかりますね。

グラボも70℃前半とブロワファンにしてはかなり冷えています。これについては高冷却ケースのたまものといってもいいでしょう。さすがトレンドを取り入れたケースなだけあります。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで性能をチェックしてみましょう。

CINEBENCH

CPUは最新のインテル第8世代【Core i7-8700】を搭載しています。第7世代のCore i7では4コア8スレッドでしたが、6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみると、この通りCore i7-7700よりも約61%も性能が向上しています。

マルチコア・スレッドをフルに生かし、ゲーム+録画配信などのマルチタスクにより一層強くなりました。

FF14

ゲーミングPC業界において、ある意味「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。

DirectX 11・フルHD解像度・最高品質という重量級のグラフィック設定で、スコア7000以上の「非常に快適」をマークできれば、現行オンラインゲームを幅広くプレイできるスペックだと判断することができます。

ただし、平均60fpsをキープして快適にということであれば、スコア9000以上は欲しいです。

結果はフルHD・最高品質でスコア11074「非常に快適」となり、余裕で平均60fps以上キープできます。

なお、WQHD・最高品質ではスコア7018と9000に届かず。ワンランク設定を落としても9000を超えられないので、フルHDで楽しむのがベストです。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価で、平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

フルHD・高品質ではスコア3529(普通)、となりところどころでカクつきます。フルHD・標準品質でもスコア5824(やや快適)とあと一歩及ばず。軽量品質にすればスコア7613(快適)になりますが、品質がかなり落ちるのでおすすめしません。

グラフィックメモリ6GB版のGTX 1060では6000オーバーが可能ということを考えると、メモリ容量の差がもろに影響していることがわかります。

グラフィックメモリ3GB版はたしかにコスパがいいのですが、オープンワールドやFPSゲームなど重量級のゲームでは力不足。性能重視であればやはりグラフィックメモリ6GB版がおすすめ

PUBG

人気沸騰中のバトルロイヤルゲーム【PUBG】のスコアも測ってみました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

測定条件

 解像度はフルHD

 時間帯は日中、快晴

 パラシュート降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

ウルトラ
平均fps 52fps 74fps 89fps 117fps
最低fps 46fps 60fps 76fps 108fps
最高fps 58fps 95fps 114fps 126fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

安定性を重視するのであれば、最低60fpsを大幅に超える中設定がおすすめ。画質云々のゲームではないので、中設定でも十分。

ちなみに、解像度を一つ上げてWQHDでプレイしてみたところ、中設定で平均65/最低54/最高75fpsという結果に。最低fpsが60に届かないので、やはりフルHDでのプレイがおすすめ。

ちなみにフルHD・100fpsをキープということであれば、やはりグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060がおすすめ。FPSゲームなのでメモリの差はしっかり出ます。

PUBGといえばメモリを多く使うことで有名ですが、このモデルでは最大でも5.8GB程度なので、ゲーム+録画配信などガッツリ使いこむのでもなければ、8GBのままで十分です。

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

測定条件

 解像度はフルHD

 グライダー降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
平均fps 82fps 115fps 164fps 185fps
最低fps 70fps 97fps 129fps 159fps
最高fps 95fps 127fps 198fps 211fps

競技性が高いので、平均60fpsはしっかりキープし、平均100fpsを狙いたいところ。

エピックでも平均82fpsと余裕で60fpsを超えるので、いかに軽いかがわかりますね。高設定であれば平均100fpsも余裕なレベルです。

ちなみにワンランク上のWQHDですが、高設定で平均71/最低60/最高85fps、中設定で平均95/最低80/最高113fpsなので、十分射程圏内です。

PSO2

以下軽めのゲームをチェックしていきましょう。

PSO2はエピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア46065と余裕のスコアをマーク。

ドラゴンズドグマ オンライン

スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。フルHD・最高品質でスコア12784とこちらも余裕です。

モンスターハンターフロンティアZ

スコア6000で平均60fpsをキープできますが、フルHDでスコア25030と非常に高いスコアをマークし、高グラフィック版の「High Grade Edition」も余裕でプレイできます。

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。…ケタ違いの高いスコアですね。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy)それぞれの条件で測定することができます。

グラボ性能の指標として参考までにどうぞ。

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルはSSD+HDDのデュアルストレージ構成となっています。ゲームや各種アプリは読み書きの早いSSDに、動画や画像などのかさばるデータ類はHDDに入れるといった便利な使い分けができます。

SSDはお手頃価格で人気のKINGSTON製となっています。実際の性能ですが、シーケンシャル・ランダムともにいたって標準的な速度ですね。OSの起動やブラウジングもサクサク、ゲームのロード時間も短く快適そのものです。

おすすめカスタマイズ

オールインワンの初期構成なので、基本的にはカスタマイズの必要はありません。

水冷式CPUクーラーの性能は折り紙付きですが、価格が高いのであくまでも予算に余裕があればというレベル。手っ取り早く冷却性能を上げたいのであれば、【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラーがおすすめ。

そのほか動画編集や配信もやってみたいということであれば、ストレージやメモリの容量を増やしましょう。

icon-check-circleG-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ

フルモデルチェンジした新ケースですが、シンプルながらダイナミックなデザインにうまくまとめており、機能性・拡張性・冷却性の高さも申し分なし。さすがゲーマーの意見を取り入れただけありますね。

デュアルストレージ搭載の初期構成も充実しており、フルHDで快適にゲームを楽しみたいのであれば、まずおすすめしたいモデルです

CPUがCore i5ではなくCore i7なので性能が陳腐化しにくく、グラボさえ交換すれば末永く使うことができます。

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする