New Dell G3 17プラチナをレビュー 圧倒的コスパ!Max-Q版GTX 1060を搭載した大画面の17インチノート

今回はデルの【New Dell G3 17プラチナ】をお借りしました。

デルのカジュアルゲーミングブランド【Gシリーズ】唯一の17インチノートで、高いコスパが魅力のGTX 1060搭載モデルをチェックしてみましょう 。

スペック

New Dell G3 17
カラー ブラック/リーコンブルー
サイズ W415.4×D279.2×H25mm
重量 約3.27Kg
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Core i7-8750H
(6コア12スレッド 2.2/最大4.1GHz)
メモリ 16GB(8GB×2、DDR4-2666)
ストレージ 256GB SSD(PCIe NVMe)+2TB HDD
グラフィクス GTX 1060 Max-Q(GDDR5 6GB)
ディスプレイ 17.3インチ、フルHD(1920×1080)、
IPSパネル、ノングレア
インターフェース USB3.1 Gen.1×2、USB2.0、
HDMI 2.0、SDスロット、
マイク入力/ヘッドフォン出力、
LANポート
光学ドライブ ×
カメラ HD(720p)Webカメラ
スピーカー ステレオスピーカー
(Waves MaxxAudio Pro)
キーボード 日本語キーボード
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
保証 1年(最大4年)
価格 【クーポン利用】
169,980円(税別・送料込)~
135,894円(税別・送料込)~
付属品 ・ACアダプター(590g)
・電源ケーブル(105g)
・各種マニュアル

※2019年1月10日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。
※割引クーポンは販売サイトに記載してあります。

外観

落ち着きのあるデザイン

エッジ加工やLEDイルミネーションなどは一切なし!

ゲーミングノートらしからぬ、ラウンドフォルム主体のシンプルなデザインです。また、ボディは非光沢処理がされており、落ち着いたイメージになっているのもポイント。クセが無く、使う人を選びません。

デザインもさることながら、ボディの厚さは25mmとスリムなため、大きさの割には野暮ったさが無く、スタイリッシュなのもいいですね。

ちなみに重さは、公式では最小重量3.27Kgとなっていますが、実測では2943gと3Kgを切っています。17インチノートにしてはかなり軽く、大画面モデルながら持ち運びしやすいというのは、大きなアドバンテージです。

リーコンブルーも選択可能

実機ではオーソドックスなブラックですが、別に【リーコンブルー】のカラバリが用意されています。

ゲーミングノートで青系のカラバリはかなり貴重ですね。大人な感じのする渋めな色味となっており、センスの良さを感じさせます。

ベーシックなインターフェース

インターフェースは必要最低限のベーシックなラインナップです。

USBは全3ポート搭載。大容量給電に対応したUSB3.1 Gen.1ポートが2基、オーソドックスなUSB2.0が1基となっています。徐々に普及しつつある、小型&リバーシブルのType-Cポートは非搭載なのがちょっと残念です。

画像出力端子は現在主流のHDMIで、SDスロットをしっかり装備。派手さはありませんが、とりあえずこれだけあれば困ることはないでしょう。

ディスプレイ&キーボード

IPSパネル搭載

ディスプレイサイズは大型の17.3インチです。15インチよりもゆったりしており、没入感も高く、ゲームの迫力はワンランク上です。なお、解像度は標準的なフルHDとなっています。

本モデルの写真ではありませんが、参考までに17・15インチモデルを比較してみるとこんな感じ。15インチよりも一回り大きいことがわかります。迫力の差は見た目以上に大きく、ゲーミング用ならあえて17インチを選ぶのもありです。

カジュアルモデルながら、なんとIPSパネルを搭載しています。コントラストが高く、発色に優れており、ゲームをきれいな映像で楽しむことができます。また、視野角が広いので、姿勢によって色味が変わらないのもいいですね。

シンプルなキーボード

17インチのワイドボディなので、テンキー付きのフル規格キーボードを搭載しています。なお、最近はやりのLEDは非搭載です。オプションで変更可能ですが、英語版のキーボードになるので注意。

一部キーが連結仕様になっていますが、基本的に配置そのものは素直です。キーピッチが約19mmとデスクトップキーボード並みの間隔を確保しているので、まず誤爆の心配はありません。

キーストロークは、一般ノートそのものでやや浅め。ゲーミングノートにしてはやや物足りないですが、リニアな操作が可能と考えれば、これはこれであり。剛性がとても高いため、強めにタイピングしてもたわまず、安定性バツグンなのは好印象ですね。

ちなみに、キーボード面には市松模様がプリントされており、オシャレな仕上がりです。ヘアライン加工はよく見かけますが、市松模様はなかなかお目にかかれません。こういった遊び心はグッドですね。

スムーズなタッチパッド

タッチパッドの周囲はライトブルーで装飾されており、キーボード面の市松模様と同じく、芸が細かいです。

操作性もいいですね。適度にざらついた感じで、スムーズで確実なカーソル操作が可能です。クリックボタンも軽い力で反応し、動作音も静かなので、快適そのもの。

指紋認証センサー搭載

電源ボタンにWindows Hello対応の指紋認証センサーを搭載しています。パスワードをわざわざ入力せずスムーズにログインすることができ、作業効率もはかどります。

カジュアルモデルだと省略されがちな機能なだけに、これはありがたいですね。

Waves MaxxAudio Pro搭載

サウンドエンジン「Waves MaxxAudio Pro」が標準で搭載されています。イコライザーやサラウンド機能など必要なものは一通り搭載されおり、ご覧の通りかんたんに調整することができます。

スピーカーの性能ですが、中音域メインで軽めの音質です。あくまでも内蔵なのでの性能はそれなり。機能を最大限生かすのであれば、別途スピーカーやヘッドセットを用意してあげましょう。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

Max-Q版GTX 1060搭載

このモデルでは【Max-Q版】GTX 1060を搭載しています。Max-Q版とは、スリムモデルなど冷却に余裕のないモデルに向けて開発された、いわば省エネ・低発熱バージョンのこと。

オリジナルのGTX 1060と基本的な仕様は共通していますが、Max-Qでは動作クロックが下げられており、低発熱とのトレードオフで、性能はやや低めになっています。

最近では搭載モデルがかなり増えていますが、果たしてその性能やいかに!?

CINEBENCH

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

このモデルでは、インテルのノート用ハイエンドCPU【Core i7-8750H】を搭載しています。

Core i7-8750Hは第8世代「Coffee Lake-H」のCPUで、デスクトップと同じく6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。前世代の4コア8スレッドCPU・Core i7-7700HQと比較してみると、約43%も性能が向上しています。

マルチコア・スレッドを生かし、ゲームはもちろん、実況配信や動画編集など様々な場面で実力を発揮します

FF14

ゲーミングPC業界において、「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・最高品質でスコア10929(非常に快適)とスコア9000を超え、平均60fpsをキープしつつ快適にプレイ可能です。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価&平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

高品質 標準品質 軽量品質
フルHD 4358 5796 7690

FF14よりもグッと重くなり、軽量品質でやっとこさスコア6000を超えてきます。美麗なグラフィックを楽しみたいのであれば、やはり標準品質を死守したいところですが、その場合はGTX 1070以上が必要になります。

BATTLEFIELD V

大御所のFPSゲーム【BATTLEFIELD】の最新作。前作では第一次世界大戦でしたが、本作では久々に第二次世界大戦に戻ってきました。「グランド・オペレーション」や「コンバインド・アームズ」などのゲームモードが追加され、前作よりもさらにパワーアップしています。

ゲーム内容もさることながらグラフィックも大幅に進化。ただ、その分要求スペックは高く、特にリアルタイムレイトレーシングともなるとハイエンドマシンが必須になるレベルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:フルHD

 ゲーム設定:DirectX 12、最高/高/中/低(モーションブラー”オフ”、垂直同期”オフ”)

 プレイモード:コンクエスト

最高
フルHD 62(56)fps 68(62)fps 87(66)fps 92(71)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

重いゲームながら、最高設定でも平均60fpsをキープできます。高設定にすれば、平均・最低ともに60fpsを超えるので、さらに安定してプレイできます。高設定以上だと画質がかなりきれいになるので、これは嬉しいですね。

Call of Duty: Black Ops 4

ド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「Blackout」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:フルHD

 ゲーム設定:超高/高/中/低(モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”、アンチエイリアス品質”低”)

 プレイモード:Blackout

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

超高
フルHD 85(68)fps 92(77)fps 99(81)fps 110(92)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

フレームレートの変動が激しく、中庸なfpsをピックアップしました。しっかり最適化されており、超高設定でも平均60fpsを大幅に超えるド安定ぶりです。中設定ならほぼ100fpsとなり、申し分のない安定感を発揮します。

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:フルHD

 ゲーム設定:エピック/高/中/低

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
フルHD 78(66)fps 102(87)fps 156(114)fps 179(134)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

軽いゲームということもあり、fpsがよく伸びますね。エピックも余裕で、高設定なら平均100fpsをキープできます

ドラゴンズドグマ オンライン

やや軽めのゲームです。スコア7000以上で【とても快適】となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア10527(とても快適)と高いスコアをマーク。

PSO2

こちらは軽めのゲームです。エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア2700以上で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア34607とこちらも非常に高いスコアです。

モンスターハンターフロンティアZ

こちらも軽いモンハンZのベンチマークスコアです。スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。

フルHDでスコア25657と余裕のハイスコアで、高グラフィックバージョンの「High Grade Edition」もプレイ可能です

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。このレベルならもはや朝飯前です。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

通常のGTX 1060との差ですが、Time Spyで約2%、Fire Strikeで約4%程度と、ほぼ互角といってもいいでしょう。

現状ではしっかり最適化されており、通常版・Max-Q版の違いを気にする必要はありません

総合スコア Graphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy
Extreme
1730 1638 2548
Time Spy 3861 3643 5854
Night Raid 5766 5428 8917
Fire Strike
Ultra
2600 2504 15778 1324
Fire Strike
Extreme
5153 5287 15811 2341
Fire Strike 10087 11354 15729 4248
Sky Diver 27971 36725 13413 24121
Cloud Gate 31208 78879 10018
Ice Storm 94650 117914 55989

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは256GB SSD+2TB HDDのデュアルストレージ構成となっています。ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに入れる使い分けができ、とても便利です。SSDの容量も256GBあるので、多くゲームを入れられるのもいいですね。

SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDというこだわりようで、メーカー定番の東芝製です。

肝心の速度ですが、特に読み込みが早く、シーケンシャル(連続データ)では1000オーバーとなっています。書き込みは通常のSSDレベルで、そこそこといったところでしょうか。体感としては、ゲームのロード時間は短く、各種アプリの動作もサクサクで快適そのもの!

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

CPUの温度は瞬間的に跳ね上がるものの、70℃台をきっちりキープしています。6コア12スレッドのマルチコアCPUながらよく冷えています。GPUもMax-Q版ということもあり、同じく70℃台とこちらも上々の冷え具合。

ゲーミングモデルのように大型の排気グリルや通気口はありませんが、問題なく冷却できていることがわかりますね。

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

ピーク時では53デシベルと、GPU搭載モデルでは標準的な数値となっています。ファンの風切り音はそれなりに大きいですが、耳障りな甲高いノイズは控えめ。十分許容範囲内です。

なお、最小時は45.9デシベルとありますが、アイドル状態なので、ほぼ無音です。

まとめ

落ち着きのある高い質感のボディに、遊び心のある市松模様を配したデザイン。さらに指紋認証センサーを搭載するなど、カジュアルモデルらしからぬ高い完成度が魅力的のモデルです。

また、最新のゲームをフルHDで動かせる高いパフォーマンスはもちろん、16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっており、性能面も申し分なし。

そして何より価格が安く、この内容で13万円台と革命的な価格を実現!17インチのGTX 1060搭載モデルならまず選びたい、高コスパマシンですね

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグ...

シェアする

フォローする