パソコン工房 LEVEL-S337-LCi7K-TXVIをレビュー 第8世代Core i7とGTX 1070 Tiを搭載した静音モデル

今回パソコン工房の「LEVEL-S337-LCi7K-TXVI」をお借りしました。

静音ケースを採用した【Sシリーズ】のミニタワーモデルです。第8世代Core i7とGTX 1070 Ti、さらに水冷式CPUクーラー…などなど全部盛りのプレミアムモデルをチェックしてみましょう。

スペック

LEVEL-S337-LCi7K-TXVI
サイズ W190×D449×H375mm
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU インテル Core i7-8700K
(6コア12スレッド 3.7/最大4.7GHz)
メモリ 32GB(16GB×2、DDR4-2666)
ストレージ 500GB SSD+2TB HDD
グラフィクス GeForce GTX 1070 Ti(GDDR5 8GB)
チップセット インテル Z370 チップセット
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 500W(80PLUS SILVER)
保証 1年(最大4年)
価格 234,980円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源ケーブル
・キーボード/マウス

※2018年7月4日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

シンプルなデザイン

フロントのロゴからもわかるように、クーラーマスター製のミニタワー型静音ケース【Silencio 352】を採用しています。ベーシックな静音ケースとして根強い人気があります。

装飾などの類は一切なく、落ち着きのあるデザインとなっており、使う人を選びません。シンプルながら、フロントパネルの電源ボタンやインターフェースの配置はなかなかオシャレですね。

密閉&防塵構造

静音ケースなので、防音対策はぬかりなし。

音が漏れないように密閉構造を採用しているのがポイント。通気口は前面スリット・天板・背面・底面の4か所ですが、天板部分は基本的にカバーがつけられており、実質3か所のみと最小限に抑えられています。

密閉構造ではありますが、前後2基のファンでスムーズなエアフローを確保しています。

そして、フロントパネル・左右サイドパネルの内側には吸音シートが貼られ、各パーツの動作音をしっかり吸音できるようになっています。肝心の静音性ですが、通常のケースとの違いはあとでチェックしてみましょう。

パソコンの天敵といえばやはりホコリですが、防塵対策もバッチリ。外気を取り込むフロントパネル内側と底面の電源部には防塵フィルターが設置され、完全シャットアウト!まさに密閉構造だからこそできること。通常のケースとはやはり一味違います。

ちなみに、いずれのフィルターもワンタッチで取り外し可能。丸ごと水洗いもお手の物です。

ポイントをおさえたインターフェース

小ぶりのケースながら、インターフェースは一通りそろっています。

USB端子USB3.0・2.0があわせて計9ポートも搭載されています。またフロント部分にはSDスロット、背面には古いキーボードやマウスを再利用できるPS2ポートが搭載されており、ポイントはしっかりおさえてあります。

グラフィックボードの映像出力端子は、DVI-D、HDMI、DisplayPort×3と現在主流のものは一通りそろっています。DVIがあるので、古めのモニターにも直接つなげられるのはいあ外と便利ですね。

内部

高い拡張性

自作用のケースらしく、電源下置きの一般的なパーツ配置です。

ミニタワーながら余ったスペースをフル活用し、拡張性が非常に高くなっています。5インチベイ1基に3.5インチベイ2基とここまでは標準的ですが、なんと2.5インチ設置スペースが4つも用意されています。

2.5インチSSDを全部取り付けるとこんな感じになります。一昔前とは異なり、今では大容量の2.5インチSSDがお手頃価格になってきているので、これはありがたいですね。

もちろん最近のトレンドである、裏配線にも対応。裏配線とは、ケース裏側の配線用スペースにかさばるケーブル類をまとめることで、エアフローを向上させる一種の手法です。

ただこのケースは吸音シートの分だけ裏配線スペースが狭く、細めのケーブルのみ裏に配線してあります。太めのケーブルは正面の空きスペースを活用して、エアフローの妨げにならないよう、きれいにまとめてあります。

水冷式CPUクーラー搭載

ミニタワーケースなので、各種パーツを取り付けるマザーボードは小型のMicro-ATXサイズとなっています。ボードはMSI製の【Z370M-S01】というモデルで、高速のNVMeに対応したM.2スロットもしっかり完備。サムスンの960 EVOが搭載されています。

そして、このモデルではCPUの発熱対策として、水冷式CPUクーラーを標準装備しているのがポイント。

水冷式は、冷却液をポンプで循環させ、CPUの熱をラジエーターで発散する仕組み。標準の小型クーラーよりも冷却能力が圧倒的に高く、ピーク時には約20~30℃も低い冷却能力を発揮します。ただでさえ熱い6コア12スレッドのCore i7-8700Kを強力に冷やします。

また、CPUの熱をダイレクトに外部へ排熱できるのも水冷式のいいところ。このモデルでは左サイドのラジエーターから直接排気するので、内部に熱がこもらないのも◎。

ブロワファンタイプのGTX 1070 Ti搭載

グラボは4K入門に最適なGTX 1070 Tiを搭載しています。GTX 1080に匹敵する性能ながら、割安なので非常にコスパに優れたグラボです。

ブロワファンを搭載した一般的なモデルで、これまたMSI製のボードとなっています。ブロワファンは大口径のファンを搭載したものよりも冷却性能は落ちますが、強制的に背面に排熱するので、内部のエアフローを乱さないという点では優れています。

PCの心臓ともいえる電源には、電力変換効率最大88%を誇る500Wのシルバークラス電源を搭載。コンセントからの電力を効率よく変換できる、省エネ・低発熱の優れものです。メーカーは定番のFSP製で、品質面も安心。

なお、電源は底面から吸気して背面に直接排熱するので、グラボと同じく内部のエアフローを乱さないのはグッド。

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

コア・スレッド数1.5倍で前世代のCore i7よりもさらに熱くなったCore i7-8700Kですが、CPUの温度は50℃前後で良く冷えています。また、グラボは80℃ちょっとで、ブロワファンタイプの標準的な温度におさまっています。

またNVMeタイプのSSDは発熱が高めですが、50℃程度におさまっているので、特に熱暴走の心配はありません。

密閉式のケースですが、通常のケースとほぼ変わらない冷却性能をもち、内部に熱がこもる心配はありません。

静音性のチェック

同じくFF14のベンチマークにて、実際の騒音値を測定してみました。ミドルタワーの【Rシリーズ(空冷式CPUクーラー搭載)】と比較してみましょう。※無響室・防音室での測定ではないので、あくまで参考までにどうぞ

ケースの左側面にて計測した結果です

アイドル時では両者ともにほぼ同じですが、「ピーク時で50デシベルを超えない」のが静音ケースの強みであることがわかります。

数字だけだと大して差が無いように感じてしまいますが、体感としてはピーク時の風切り音がマイルドになり、気にならなくなるといった感じです。耳障りなノイズが大幅にカットされるのは数値以上の効果ですね

ベンチマーク

CINEBENCH

CPUは最新のインテル第8世代【Core i7-8700K】を搭載しています。第7世代のCore i7では4コア8スレッドでしたが、6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。さらに「K」付きなので、より高いパフォーマンスを発揮します。

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみると、この通りCore i7-7700Kよりも約45%も性能が向上しています。ゲームはもちろん、実況配信さらには動画編集何でもこなせるオールラウンダーCPUですね。

FF14

ゲーミングPC業界において、ある意味「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。

DirectX 11・フルHD解像度・最高品質という重量級のグラフィック設定で、スコア7000以上の「非常に快適」をマークできれば、現行オンラインゲームを幅広くプレイできるスペックだと判断することができます。

ただし、平均60fpsをキープして快適にということであれば、スコア9000以上は欲しいです。

4K WQHD フルHD
5817 11582 15949

いずれも最高品質での結果となります。最高品質であればWQHDまで。4Kはさすがに厳しいですね。GTX 1080 Ti SLIで動かせるレベルの重さなので、これはやむなし。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価で、平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

高品質 標準品質 軽量品質
フルHD 6994 9847 11043
4K 3002 3502 4947

4Kは仕方ないにしても、フルHD・高品質でしっかり動かせるのは大したものです

PUBG

人気沸騰中のバトルロイヤルゲーム【PUBG】の平均fpsを測ってみました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

測定条件

 解像度は4K/WQHD/フルHD

 時間帯は日中、快晴

 パラシュート降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

ウルトラ
フルHD 105fps 126fps 135fps 141fps
WQHD 67fps 91fps 110fps 134fps
4K 41fps 51fps 57fps 82fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。

さすがはFPSに強いグラボなだけに、WQHD・ウルトラでも平均60fpsをキープできます。WQHD・中設定にすれば、平均100fpsきっちりキープし、安定したプレイが可能になります。

PSO2

以下軽めのゲームをチェックしていきましょう。

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア62672と余裕です。

ドラゴンズドグマ オンライン

スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。フルHD・最高品質でスコア14933とこちらも余裕。

モンスターハンターフロンティアZ

スコア6000で平均60fpsをキープできますが、フルHDでスコア41787とこちらも非常に高いスコアをマーク。もちろん高グラフィック版の「High Grade Edition」もプレイ可能です。

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。結果は言うまでもありませんね。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy)それぞれの条件で測定することができます。

グラボの性能指標として参考までにどうぞ。

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは500GB SSD+2TB HDDを搭載した便利なデュアルストレージ構成です。ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに入れるという使い分けができるので、とても便利。

SSDはなんと、通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDで、しかも爆速で評判の高い【サムスン 960 EVO】を搭載しています。速度はこの通り、ランダム・シーケンシャル(連続データ)ともに爆速。特にシーケンシャルのの4ケタが圧巻です。

ゲームのロードやブラウジングもサクサク進み、大型のWindowsアップデートも短時間で終わります。それはもう快適そのものです。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズ不要!ストレージの容量が足りないなら増やしてあげましょう。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ

静音ケースってどうなのよ…と半信半疑でしたが、実際動かしてみて効果を実感!完全防音とはいかないまでも、ピーク時の気になるファンノイズをしっかりカットできます。静かなのはやはりいいものだ…

フル装備の初期構成も申し分なく、長く付き合える完成度の高い一台ですね。静音志向の方も、そうでない方にもおすすめ。

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする