HP Pavilion Gaming 15-cx0000をレビュー 洗練されたデザイン&高いコスパが魅力のGTX 1050 Ti搭載ゲーミングノート

今回はHPの「Pavilion Gaming 15-cx0000」をお借りしました。

新たに誕生したカジュアルゲーミングブランド【Pavilion Gaming】のゲーミングノート第一弾。HPらしい洗練されたデザインが魅力の、GTX 1050 Ti搭載フルHD入門モデルをチェックしてみましょう。

 

スペック

 Pavilion Gaming 15-cx0000
ハイパフォーマンスモデル
サイズW365×D257×H26~29mm
重量約2.34Kg
OSWindows 10 Home(64ビット)
CPUCore i7-8750H
(6コア12スレッド 2.2/最大4.1GHz)
メモリ16GB(DDR4-2666)
ストレージ128GB SSD(PCIe NVMe)+1TB HDD
グラフィクスGTX 1050 Ti(GDDR5 4GB)
ディスプレイ15.6インチ、フルHD(1920×1080)、
ノングレア、IPS
インターフェースUSB3.1 Gen.1 Type-C、
USB3.1 Gen.1×3、HDMI 2.0、
マイク・ヘッドホンコンボジャック、
SDスロット、LANポート
光学ドライブ×
カメラHP Wide Vision HD Webcam
(約92万画素)
スピーカーB&O Play デュアルスピーカー
キーボードバックライトキーボード(日本語配列)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
保証1年(最大3年)
価格【キャンペーン中】
149,800円(税別)~
付属品・ACアダプター(345g)
・電源ケーブル(105g)
・各種マニュアル

※2018年12月20日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

さらにおトク!デジステ限定クーポンで7%OFF

デジステ限定クーポンサイトなら、直販価格のさらに7%OFFでとてもおトク!画像をクリックすると、詳細ページが別に開きます。

 

外観

シンプル&シャープなデザイン

ブラックボディ+ロゴのシンプルなデザインですが、HPらしく「+α」の要素を加えた、こだわりのデザインに仕上げているのがポイント。

ボディの四方にエッジ加工が施されており、ダイナミックさとシャープさを持ち合わせた、躍動感のあるフォルムとなっています。

 

大胆にカットされた排気グリルも相まって、さながら戦闘機のようなデザインで、ゲーミングモデルらしさバツグンですね。

 

一般ノートの”Pavilion”もそうですが、スタンダードモデルながら「見て楽しめる」デザインに仕上げるセンスの良さは、さすがの一言です。

 

細部の完成度も◎

ボディそのものはオーソドックスな樹脂製ですが、キーボード面はヘアライン加工がされた金属調のパネルで装飾されており、高級感があります。また、タッチパッド周りもダイヤモンドカット加工がされており、さりげなくオシャレ。

 

また、スピーカー部の幾何学模様がアクセントになっており、とてもオシャレ。写真だとフラットに見えますが、凹凸のある立体的な造形に仕上がっています。

 

さらに、電源ボタンがLEDのラインで輝くようになっているのもいいですね。細部までしっかりデザインされているのがHPのいいところ。

 

ポイントをおさえたインターフェース

スタンダードモデルということで、インターフェースはポイントをおさえたオーソドックスなラインナップとなっています。

 

USBはオールUSB3.1で、大容量給電に対応したGen.1規格の計4ポートを搭載しています。ポートのバリエーションは、通常のType-A端子と小型&リバーシブルのType-C端子のどちらも搭載。周辺の機器の接続にはまず困りません。

 

画像出力にはメジャーなHDMIポート、そのほか地味に便利なSDスロットを装備しています。まさに教科書通りの内容ですね。

 

ディスプレイ&キーボード

ナローベゼル×IPSパネル

ディスプレイサイズは15.6インチサイズで、解像度はオーソドックスなフルHDとなっています。反射の少ないノングレアタイプで、ゲームに集中できます。ゲーミングモデルとしての基礎はしっかり押さえていますね。

 

最大の目玉はこれ、IPSパネルを搭載しています。高コントラスト・高発色・高視野角の3拍子揃ったパネルで、きれいなグラフィックでより一層ゲームを楽しむことができます。エントリーモデルでもIPSパネルを搭載するのは、海外メーカーのいいところですね。

 

さらにディスプレイのふちが狭い【ナローベゼル】を採用しています。幅を詰めることでボディをコンパクトにし、なにより見た目の野暮ったさが無く、スタイリッシュなのがいいですね。

 

操作性の高いキーボード

15インチサイズということで、テンキー付きのフル規格キーボードを搭載しています。

 

整然と並べられた各キーはクセが無く、誤爆の心配はまずありません。キーピッチは1.8mmと標準的な間隔を確保しており、深めのキーストロークも相まってタイピングはとても快適。

なにより金属調のパネルでおおわれているだけあり、とにかく剛性が高い!通常のタイピング程度ではビクともせず、激しい操作が求められるゲームでは何とも頼もしい限りです。

 

高い操作性もさることながら、ゲーミングモデルらしく白色LEDを内蔵しています。キートップの周りが透過処理されており、あふれ出さんばかりの華やかな輝きです。もちろん、ファンクションキーでON/OFFの切り替えができ、その日の気分次第で調整もできます。

 

スムーズなタッチパッド

先にも取り上げた高級感あふれるタッチパッドですが、操作性もバツグン。

 

タッチパッドはサラサラしており、指になじむ感じでカーソル操作はとてもスムーズ。また、クリックボタンの操作性も良好で、軽い力で反応し、動作音も静かでグッド。

 

サウンドエンジン搭載

デンマークの高級オーディオメーカー【BANG & OLUFSEN】のサウンドエンジンを採用しています。スタンダードモデルということで、ライト版の【B&O Play】となっています。付属アプリで自分の好みのサウンドにチューニング点は本家と同じです。

スピーカーの音質ですが、あくまでも内蔵タイプなのでそこそこです。高音・中音よりで、低音は迫力不足。音質重視ならスピーカーやヘッドフォンなどは必要ですね。

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

このモデルでは、インテルのノート用ハイエンドCPU【Core i7-8750H】を搭載しています。Core i7-8750Hは第8世代「Coffee Lake-H」のCPUで、デスクトップと同じく6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。

前世代の4コア8スレッドCPU・Core i7-7700HQと比較してみると、約28%も性能が向上しています。マルチコア・スレッドを生かし、ゲームはもちろん、動画・画像編集など様々な場面でより高いパフォーマンスを発揮します

 

FF14

ゲーミングPC業界において、「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

 

結果はフルHD・最高品質ではスコア6787(とても快適)と7000にも届かず。ただし、ワンランク設定を落とした高設定であれば、スコア10047(非常に快適)ときっちり9000を超えてきます。

設定を落とす必要はありますが、エントリークラスのGPUで平均60fpsをキープして動かせるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

 

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価で、平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

 

流石に推奨動作環境を満たしていないため、フルHDではカクカクです。HD・軽量品質にガッツリ落とせばようやく動かせるレベル。基本的にGTX 1070以上は欲しいので、こればかりは仕方ありません。

 

BATTLEFIELD V

SSDの容量が足りないため、やむを得ずHDDに入れてテストしています

大御所のFPSゲーム【BATTLEFIELD】の最新作。前作では第一次世界大戦でしたが、本作では久々に第二次世界大戦に戻ってきました。「グランド・オペレーション」や「コンバインド・アームズ」などのゲームモードが追加され、前作よりもさらにパワーアップしています。

ゲーム内容もさることながらグラフィックも大幅に進化。ただ、その分要求スペックは高く、特にリアルタイムレイトレーシングともなるとハイエンドマシンが必須になるレベルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD

  ゲーム設定:DirectX 12、最高/高/中/低(モーションブラー”オフ”、垂直同期”オフ”)

  プレイモード:コンクエスト

 

 最高
フルHD38(32)fps46(42)fps57(51)fps73(65)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

かなりヘビーですね…中設定で何とか動かせるかというレベル。このゲームはリアルなグラフィックをウリにしているので、最低でも高設定でプレイしたいところ。GTX 1060以上は欲しいです。

 

Call of Duty: Black Ops 4

SSDの容量が足りないため、やむを得ずHDDに入れてテストしています

ド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「Blackout」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD

  ゲーム設定:超高/高/中/低モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”、アンチエイリアス品質”低”)

  プレイモード:Blackout

  降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

 超高
フルHD63(53)fps78(63)fps92(80)fps106(95)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

フレームレートの変動が激しく、中庸なfpsをピックアップしました。ドライバが最適化されているせいか、思いのほか伸びた印象です。超高設定でも平均60fpsオーバーを達成!安定性重視なら高設定がおすすめ…これは正直驚き。

 

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度はフルHD

  グライダー降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

 エピック
フルHD52(46)fps73(64)fps114(97)fps135(101)fps

競技性が高いので、平均60fpsはしっかりキープし、平均100fpsを狙いたいところ。

エピックはさすがに厳しいですが、高設定なら平均・最低fpsともに60fpsを超え、安定してプレイできます。コミック調なのであまり画質に差が無く、高設定でも十分すぎるくらい。

 

ドラゴンズドグマ オンライン

やや軽めのゲームです。スコア7000以上で【とても快適】となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア9085(とても快適)でとてもスムーズ。

 

PSO2

こちらは軽めのゲームです。エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア2700以上で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア20634とかなり余裕を感じさせるスコア。

 

モンスターハンターフロンティアZ

こちらも軽いモンハンZのベンチマークスコアです。スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。

フルHDでスコア13235の高いスコアなので、高グラフィックバージョンの「High Grade Edition」もプレイ可能です

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。結果は言うまでもないでしょう。

従来の国内オンラインゲームであれば余裕で動かせる性能ですね。

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。GPUの性能指標として参考までにどうぞ。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy
Extreme
10859902387
Time Spy239621935045
Night Raid574954668148
Fire Strike
Ultra
1754167114102905
Fire Strike
Extreme
33663403138681518
Fire Strike68907270140272640
Sky Diver20526239941177021207
Cloud Gate24758483059149
Ice Storm10283813594355519

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは128GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ構成となっています。ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに入れるという便利な使い分けができ、とても便利です。

さらに、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDを採用する充実ぶり。メーカーは珍しいLITEON製で、シーケンシャル(連続データ)の読み込みが早く、それ以外はそこそこといったところです。

ゲームのロード時間も速く、各種アプリもサクサク動いてとても快適です。が、128GBはやはり少ない!Windowsを除くと実際に使える容量が50~60GB程度なので、BATTLEFIELD Vなど容量が非常に多いゲームを入れることができません。。

HDDに入れるのは本末転倒、非常手段なので、256GBは欲しかったところです。これだけは非常にもったいない。

 

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

CPU・GPUともに70℃半ばと安定した温度でしっかり冷却できています。SSDはNVMeということで50℃オーバーと熱く、夏場使う際は下にノート用の冷却台をおくのがおすすめ。

 

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

HPのノート全般に言えることですが、とても静かですね。ゲーミングノートにもかかわらずピーク時でほぼ50デシベルと、下手な一般ノートよりも静か。耳障りなファンノイズが少なく。そばにいてもあまり気になりません。

なお、最小時は45.9デシベルとありますが、アイドル状態なので、ほぼ無音です。

 

まとめ&関連モデル

実に惜しいモデル

SSDが128GBというのはやはり少ないですよね。スタートからすでに容量との戦いというのはマイナス要素です。HPらしい洗練された外観をはじめ、性能面や静音性もろもろの完成度の高さが光るだけに、惜しさ倍増。

使い勝手という点では、次の2モデルがおすすめ!

 

HP Pavilion Gaming 15-cx0000 スタンダードモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-8300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB(Optane 16GB)
【キャンペーン中】109,800円(税別)~

前8世代の4コア8スレッドCPU・Core i5-8300HとGTX 1050を搭載した、フルHD入門モデル。Core i5といえども、前世代のCore i7に匹敵する性能なので、パワーは十分。

8GBメモリにHDDのみのシンプルな初期構成ですが、Optaneメモリーを搭載しているので、HDDながらSSD並みの速度を実現しています。エントリーモデルならこれで手を打つのもいいでしょう。

 

HP Pavilion Gaming 15-cx0000 クリエイターモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ 4K ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【キャンペーン中】169,800円(税別)~

ハイパフォーマンスモデルをさらにグレードアップしたモデルで、256GB SSDに4Kディスプレイを搭載しています。ストレージの容量はもちろん、4Kの高解像度を生かし、動画や画像編集にも使える高コスパモデルです。

 

さらにおトク!デジステ限定クーポンで7%OFF

デジステ限定クーポンサイトなら、直販価格のさらに7%OFFでとてもおトク!画像をクリックすると、詳細ページが別に開きます。

 

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、9月30日まで【最大5万円分ポイントバッ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。毎度おなじみ【期間限定セール】をチェックしてみましょう。 ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、10月31日まで【秋の感謝セール】を開催中...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 お値段以上の満足度!...
タイトルとURLをコピーしました