ガレリア ZGをレビュー 4Kでのゲーミングならまずこれ!Core i7-9700K&RTX 2080搭載のハイエンドモデル

今回ドスパラの【GALLERIA(ガレリア) ZG i7-9700K搭載】をお借りしました。

インテル第9世代8コアCPU・Core i7-9700Kと、リアルタイムレイトレーシング対応のRTX 2080を搭載した、新世代の4K推奨モデルをチェックしてみましょう。

スペック

ガレリア ZG i7-9700K搭載
サイズ W207×D520.7×H450.2mm
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU インテル Core i7-9700K
(8コア 3.6/最大4.9GHz)
メモリ 16GB(8GB×2、DDR4-2666)
ストレージ 500GB SSD+3TB HDD
グラフィクス GeForce RTX 2080(GDDR6 8GB)
チップセット インテル Z390 チップセット
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 700W(80PLUS GOLD)
保証 1年(最大3年)
価格 249,980円239,980円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源ケーブル
・キーボード/マウス

※2018年12月14日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

スマートなミドルタワーケース

横幅は堂々の20cmオーバー!どっしりしたフォルムが特徴のミドルタワーケースです。下から見上げるとこの通り、とても頼もしい感じがしますね。

黒一色のシンブルなボディに、フロントパネルの鋭いエッジ加工と大口径のエアインテークが躍動感を生み出し、静と動のバランスがうまく取れたデザインも魅力的。余分な装飾などは一切なく、使う人を選びません。

非常に高い冷却性能

見るからに冷えそうなケースで、通気口は右側面を除く全面に設置されています。特に熱くなりがちなゲーミングPCですが、内部に熱がこもる心配はありません。

底面もこの通り。ちなみに防振用のインシュレーターですが、シリコン製の頑丈なタイプが取り付けられており、本体の振動をしっかりと吸収します。設置時の安定感もたのもしい限りです。

ファンは前後プラス天板の3基構成。前面のファンから吸気して、背面と天板のファンで排気する強力なエアフローとなっており、高い通気性も相まって熱の心配は一切ありません

いたるところに通気口があり、ファンも3基搭載しているということでノイズが心配になるところですが、ファンが静音仕様のため非常に静か!

ファンはかなり地味なパーツですが、静音性に直結する重要パーツでもあります。基本的なパーツまでしっかり考えられているのは好印象です。

充実したインターフェース

インターフェースの数もさることながら、最新規格を搭載する充実ぶりです。

フロントマスクにはUSB3.0×2に加え、SDカードスロットが付いており、光学ドライブと合わせ、一通り欲しいものはそろっています。

USB端子はフロント・背面あわせて計7ポート搭載。そのうち背面の2ポートは最新のUSB3.1 Gen.2となっており、最大10Gbpsの高速転送に対応しています。さらにPS2ポートも搭載しているので、古いマウスやキーボードを再利用でき地味ながら便利ですね。

その他PS2ポートやSDカードリーダーも付いており、地味ながら便利です。映像端子はHDMI・DisplayPort×3と現在主流のポートに加え、最新グラボらしくUSB Type-Cを搭載しています。

内部

高い剛性&拡張性

電源下置きの標準的なケースですが、奥行きと幅があるので、内部はとても広々としています。購入後のパーツ交換や増設もらくらくできます。しっかり黒塗装されておりとてもスマート、外観との統一感もあります。

とにかく拡張性が高く、ドライブベイは5インチベイが5基、3.5インチベイが5基の計10基搭載されています。電源が許す限り拡張し放題で、録画マシンにすることだってできます。

この3.5インチベイはツールレスとなっており、ワンタッチで取り外しが可能です。HDDやSSDの交換もラクラクです。

ちなみにこの拡張ベイは、ケースの剛性確保にも役立っており、上下いっぱいに伸びた支柱で高い剛性を実現しています。実際に持ち運ぶ際も軋みやたわみは一切なし!よく考えられた設計ですね。

かさばる配線を裏側のスペースに回してスッキリさせる裏配線には非対応ですが、インシュロックできれいにまとめられているので、エアフローを乱すといった心配はありません。

ゲーミングマザーボード搭載

各種パーツを搭載するマザーボードには、定番のパーツメーカーASrock製の【Z390 Phantom Gaming 4】を搭載しています。ゲーミング用ということで、通常のマザーボードよりもタフなのがポイント。

その秘訣は【Super Alloy】とよばれる高耐久規格です。

プレミアムチョークコイルの採用や電源周りの回路を強化することで、安定した動作を実現。また、ボードの素材にはガラス繊維を採用しており、湿度にも強くなっています。さらに、拡張スロットはスチール製となっており、重いグラボを搭載しても破損の心配はありません。

もちろん、通常のSSDよりも4~5倍高速なNVMeタイプのSSDに対応したM.2スロットや、ストレージ用の高速キャッシュデバイス【Optaneメモリー】用スロットも搭載しています。

そのほか、安定性したネットワーク性能で定評のある【インテル製LANチップ】や、ノイズの少ないサウンドを実現する【ELNA製オーディオコンデンサ】を採用するなど、ゲーミング要素もしっかり押さえているのもいいですね。

サイズ製の大型CPUクーラー搭載

大型のCPUクーラーが標準で搭載されています。サイドフロー式とよばれるタイプで、CPUから吸収した熱を、前後のスムーズなエアフローにのせて強力に発散する、優れた冷却方式です。

モデルはサイズ製の【虎徹】ですね。自作でサイドフロー式ならコレ!というくらいの高い知名度を誇り、密度の高い放熱フィンと4本のヒートパイプで強力に熱を発散する実力派のモデルです。

このチョイスはとてもグッド!

Palit製のRTX 2080搭載

グラボはリアルタイムレイトレーシング技術に対応した、4K推奨グラボ【RTX 2080】を搭載しています。

※写真は撮影用です。トラブル防止のため、内部での作業は電源を切ってから行いましょう

ドスパラでおなじみ【Palit】製オリジナルモデルを採用。OC(オーバークロック)仕様となっており、通常モデルよりもさらに性能が高い優れものです。

ブラックとレッドを基調にしたカラーリングは、いかにもゲーミングらしくバッチリきまっています。LEDイルミネーションもさりげなくオシャレですね。

大口径の9cm静音ファンを2基搭載することで、冷却面も万全。PCパーツのなかでも特に熱くなりがちなグラボをきっちり冷やします。

ゴールドクラス電源を標準搭載

PCの心臓ともいえる電源には、電力変換効率最大90%を誇る700Wのゴールドクラス電源を搭載。コンセントからの電力を効率よく変換できる、省エネ・低発熱の優れものです。メーカーはBTOでおなじみAcbel製で、品質面も安心。

実機では、ワンランク上の750Wプラチナクラス電源にカスタマイズしています。高品質の電源で定評のあるSILVERSTONE製で、電源変換効率は92%とゴールドクラスよりもさらに超省エネ・低発熱電源となっています。

機能面も充実しており、ケーブルはフルモジュラー式となっています。各パーツへのケーブルは全て脱着可能。使わないケーブルは取り外すことでケース内はスッキリ。エアフローもスムーズです。

さらにファンストップ機能を搭載。低負荷時はファンが停止するので、ブラウジングなどの軽作業時ではとても静かなのもいいですね。

高い電力変換効率はもちろん、エアフロー&ノイズにもしっかり配慮されており、ハイエンドモデルならぜひカスタマイズしたい電源です

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

8コアCPUということで、6コア12スレッドのCore i7-8700Kに近い感じの発熱ですね。【虎徹】ということもあり、40℃台で安定して冷却できています。

またグラボは70℃きっかりとハイエンドにしてはよく冷えています。まさにデュアルファンの効果てきめんで、通常のブロワファンタイプよりも約10℃ほど低い温度を実現しています。

排熱性に優れたケースとの相乗効果で、冷却面はまさにパーフェクト!

動作音

同じくFF14のベンチマークにて、実際の騒音値を測定してみました。※無響室・防音室での測定ではないので、あくまで参考までにどうぞ

ケースの左側面にて計測した結果です

ピーク時で50デシベルを超えず、ゲーミングPCとは思えない静かさです。体感としてはピーク時の風切り音がマイルドになり、気にならなくなるといった感じ。耳障りなノイズが大幅にカットされるのは数値以上の効果です

また、アイドル時の47.6デシベルとあまり差が無いのもポイント。これはケースファンからCPUファン、グラボのファンにいたるまで静音仕様だからこそなせる業ですね。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで性能をチェックしてみましょう。

RTX 2080搭載

最新のNVIDIA製ハイエンドグラボ【RTX 2080】を搭載。”Turing”アーキテクチャを採用することで大幅にパワーアップし、前世代のGTX 1080に比べ最大約50%性能が向上、GTX 1080 Ti+αの性能を実現しています。

4Kでのゲーミングに最適な性能で、さらにリアルタイムレイトレーシングに対応しているのもポイント。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

このリアルタイムトレーシング機能を使うには、ゲームが対応している必要があります。現在ではBATTLEFIELD Vで対応していますが、順次増えるとのこと。今後の展開に期待です!

CINEBENCH

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

CPUは最新のインテル第9世代【Core i7-9700K】を搭載しています。Core i7初となる8コアでHT(ハイパースレッディング)非対応となっています。

やはりコア数の増加がしっかり効いているようで、前世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700Kに比べ約7%性能が向上しています。

一見地味に見えますが、ゲーム性能や動画・画像編集などクリエイティブ性能もしっかり底上げされており、着実に進化した性能に仕上がっています。詳しくはCPUの特集ページ icon-external-link-squareもチェックしてみてください。

FF14

ゲーミングPC業界において、「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

4K WQHD フルHD
8462 16138 19022

いずれも最高品質での結果となります。ハイエンドグラボなのでスコアはよく伸びますが、4Kでは9000に届かず。ただ、ワンランク設定を落とした高品質であれば、スコア9808(非常に快適)と9000をきっちり超えてきます。

これはそう、GTX 1080 Tiそのもののスコアですね。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価&平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

通常モード

高品質 標準品質 軽量品質
フルHD 10606 13883 16847
WQHD 7925 9866 13221
4K 4578 5340 7331

こちらはプリセットの条件で測定したスコアです。

フルHDとWQHDは朝飯前、さすがに余裕があります。4Kになると一転して重くなり、スコア6000を超えるのは軽量品質のみになります。

ちょっと歯がゆい性能ですが、RTXシリーズでは新兵器【DLSSモード】でフレームレートの底上げができます。

DLSSモード

FF15では【DLSS】モードを搭載しています。これは、RTXシリーズの【Tensor】コアを活用したアンチエイリアス技術のこと。AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

高品質 標準品質 軽量品質
4K 4848 6858

このモードでは4K固定となり、高品質と標準品質で測定してみました。

高品質では若干のスコアアップにとどまりますが、標準品質では約28%もスコアが向上し、見事にスコア6000を超える結果になりました。対応したゲームに限られますが、RTXシリーズはやはり将来性がありますね。

BATTLEFIELD V

大御所のFPSゲーム【BATTLEFIELD】の最新作。前作では第一次世界大戦でしたが、本作では久々に第二次世界大戦に戻ってきました。「グランド・オペレーション」や「コンバインド・アームズ」などのゲームモードが追加され、前作よりもさらにパワーアップしています。

ゲーム内容もさることながらグラフィックも大幅に進化。ただ、その分要求スペックは高く、特にリアルタイムレイトレーシングともなるとハイエンドマシンが必須になるレベルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:DirectX 12、最高/高/中/低(モーションブラー”オフ”、垂直同期”オフ”)

 プレイモード:コンクエスト

DirectX 12

最高
フルHD 134(121)fps 148(128)fps 168(143)fps 187(162)fps
WQHD 105(90)fps 114(105)fps 135(116)fps 160(139)fps
4K 61(57)fps 67(61)fps 80(71)fps 101(90)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

見事にオールグリーンですね。4K・最高設定でも平均60fpsをキープできます。WQHDなら平均100fps以上で安定してプレイでき、フルHDなら144Hzの高リフレッシュレートモニターを存分に生かすことができます。

DirectX 12+DXR(リアルタイムレイトレーシング)

最高
フルHD 68(50)fps 72(62)fps 87(70)fps 101(82)fps
WQHD 51(36)fps 58(40)fps 68(47)fps 76(58)fps
4K 36(27)fps 44(36)fps 47(40)fps 52(44)fps

こちらは本作の目玉機能である、リアルタイムレイトレーシング機能を有効にした際のfpsです。DXRの設定は、NVIDIAの推奨通り【低】にして測定しています

この通りfpsはガクンと落ちてしまい、4Kは平均50fpsがやっとのレベル。WQHDも設定をガッツリ落とす必要があり、フルHDが実用的な解像度となります。

たしかにリアルなのですが、DXR無しでも十二分にきれいなので、まさにお好み要素ですね。

Call of Duty: Black Ops 4

ド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「Blackout」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:超高/高/中/低(モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”、アンチエイリアス品質”低”)

 プレイモード:Blackout

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

超高
フルHD 177(136)fps 195(148)fps 207(171)fps 224(176)fps
WQHD 137(116)fps 144(124)fps 158(132)fps 165(133)fps
4K 70(54)fps 77(68)fps 82(71)fps 90(76)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

フレームレートの変動が激しく、中庸なfpsをピックアップしました。4K・超高で平均60fpsをキープできる申し分のない性能です。WQHDで144Hzディスプレイをきっちり生かせる性能はさすがの一言。

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:エピック/高/中/低

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
フルHD 188(145)fps 221(138)fps 245(177)fps 301(233)fps
WQHD 127(112)fps 166(134)fps 222(164)fps 273(204)fps
4K 57(49)fps 77(69)fps 135(114)fps 232(176)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

軽いゲームということもあり、fpsがよく伸びます。WQHDでも144Hzディスプレイの運用が可能なほど。4K・エピックはあと一歩というところですが、高品質に落とせばプレイ可能。
両者ではグラフィック品質に差がほとんどなく、エピックにこだわる必要はありません

ドラゴンズドグマ オンライン

やや軽めのゲームです。スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア15846(とても快適)をマーク。スコア15000オーバーはハイエンドマシンの証です。

PSO2

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
32105 66392

いずれも設定6での結果となりますが、ご覧の通り異次元のスコアです。

モンスターハンターフロンティアZ

PSO2と同等の軽いゲームで、スコア6000で平均60fpsをキープできます。

4K WQHD フルHD
16279 33242 53356

こちらも非常に高いスコアです。もちろん高グラフィック版の「High Grade Edition」もプレイ可能です。

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
21566 22192

4KとフルHDともにカンスト寸前!

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

やはりGTX 1080 Tiよりも性能は一回り上で、グラフィックスコアはTime Spyで約17%、Fire Strikeで約3%ほど高くなっています。特にDirectX 12環境に強く、今後さらに輝く可能性を秘めています。

総合スコア Graphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy
Extreme
4811 4994 3986
Time Spy 10059 10641 7681
Night Raid 54634 101396 15120
Fire Strike
Ultra
6342 6228 18588 3428
Fire Strike
Extreme
12074 12846 18516 6122
Fire Strike 22101 26457 18501 11376
Sky Diver 48750 87547 17127 31372
Cloud Gate 44881 144930 13138
Ice Storm 221740 421054 83462

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは500GB SSD+3TB HDDを搭載した、大容量のデュアルストレージ構成です。ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに入れるという使い分けができるので、とても便利。

SSDはCrucial製の【MX 500シリーズ】を搭載しています。とにかく安定性に優れたモデルとして人気が高く、結果を見れば一目瞭然、ランダム・シーケンシャル(連続データ)ともに読み書くがムラなく速いです。

「わかってるな~」と思わずつぶやいてしまう、鉄板のチョイスですね。

おすすめカスタマイズ

パーフェクトな初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。このグレードなら、電源のプラチナクラス電源にカスタマイズするのもいいでしょう。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ

高いコスパ&完成度が魅力の4K推奨モデル

RTX 2080の性能がなかなか絶妙ですね。GTX 1080 Ti+αということで、妥協こそ必要なものの、予算を抑えつつ4Kでゲーム楽しむにはもってこい。着実に進化したCore i7-9700Kも相まって、より安定したパフォーマンスを発揮する4Kモデルに仕上がっています。

そして言わずもがな、パーツのチョイスも◎。マザーボード・CPUファンなど重要パーツはもちろん、ケースファンといった基礎的なパーツもよく考えられており、自作並みの高い品質を実現しています。

コスパも非常に高く、とりあえず4Kでゲームを楽しみたい方におすすめ

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグ...

シェアする

フォローする