ガレリア XZをレビュー ド安定の4K性能を実現!Core i7-8700×RTX 2080 Tiのハイエンドモデル

今回ドスパラの【GALLERIA(ガレリア) XZ】をお借りしました。

Core i7-8700とRTX 2080 Tiを搭載した、4Kでのゲーミングに最適な新世代モデルの実力をチェックしてみましょう。

スペック

ガレリア XZ
サイズ W207×D520.7×H450.2mm
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU インテル Core i7-8700
(6コア12スレッド 3.2/最大4.6GHz)
メモリ 8GB(4GB×2、DDR4-2666)
ストレージ 500GB SSD+2TB HDD
グラフィクス GeForce RTX 2080 Ti(GDDR6 11GB)
チップセット インテル H370 チップセット
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 650W(80PLUS BRONZE)
保証 1年(最大3年)
価格 299,980円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源ケーブル
・キーボード/マウス

※2018年10月28日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

スマートなミドルタワーケース

地に足のついた重厚なフォルムが特長のミドルタワーケースです。それもそのはず、横幅は20cmオーバーのワイドボディとなっています。そのどっしりとした存在感は、何とも頼もしい限りですね。

また、黒一色のボディに、エッジのかかったフロントマスクが印象的。日本刀をイメージしたデザインとのことで、余計なカラーリングは一切なく、とてもスマート。

非常に高い冷却性能

エアインテークは四方に設けられており、非常に排熱性が高くなっています。エアフローはフロントから吸気してリアと天板で排気するので、とてもスムーズ。

ご覧の通り、底面にも通気口がバッチリ。ちなみに防振用のインシュレーターですが、ゴム製の頑丈なタイプが取り付けられており、本体の振動をしっかり吸収し、まさにド安定。

ファンはフロントパネル・背面・天板に12cmファンが3基設置されており、給排気のエアフローがしっかり確立されています。発熱の高いパーツも難なく搭載できる優れたケースです。

ケースファン3基だとうるさくなりそうですが、どっこい、静音仕様のケースファンなのでとても静かです。性能には直結しないケースファンですが、静音仕様をチョイスするセンスの高さは、さすがドスパラですね

充実したインターフェース

インターフェースの数もさることながら、最新規格を搭載する充実ぶりです。

USB端子は、USB3.0・USB2.0がフロント・背面あわせて計8ポートも搭載されています。そのうち背面の2ポートは最新のUSB3.1 Gen.2となっており、最大10Gbpsの高速転送に対応しています。

その他PS2ポートやSDカードリーダーも付いており、地味ながら便利です。映像端子はHDMI・DisplayPort×3と現在主流のポートに加え、最新グラボらしくUSB Type-Cを搭載しています。

内部

高い剛性&拡張性

電源下置きのスタンダートなパーツ配置で、内部もしっかり黒塗装されています。とても広々とした内部で、購入後のパーツの交換・増設もしやすくなっています。

ドスパラのミドルタワーケースといえば、他の追従を許さない圧倒的な拡張性でしょう。ドライブベイは5インチベイが5基、3.5インチベイが5基の計10基搭載されていますもちろん3.5インチベイは便利なツールレス式なので、交換増設もかんたんです。

また、このストレージ部分の支柱は縦方向の剛性を確保しています。頑丈なスチール製のボディにも相まって、全方向への剛性が高いのもポイント。たわみや軋みなどは一切ありません。

ちなみに裏配線スペースはありませんが、ケーブル類はエアフローを妨げないよう、余ったスペースを活用してきれいにまとめられています。

ASUS製マザーボード搭載

各種パーツを搭載するマザーボードにはASUS製のスタンダードマザーボード【PRIME H370-A」を搭載しています。高い品質と信頼性で、自作界隈でも人気の高いASUS製というのはとても安心。

スタンダードモデルながら、特に耐久性に優れているのがポイント。【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されてます。

また、通常のSSDよりも4~5倍高速なNVMeタイプのSSDに対応したM.2スロットのを搭載するなど、最近のトレンドもしっかりと押さえているのも特徴です。

内部が見えるケースではありませんが、拡張スロットのロック部分にあるLED電飾がアクセントになっています。※写真はあくまで撮影用です。トラブル防止のため、内部へのアクセスは電源を切ってから行いましょう

大型CPUクーラー搭載

標準で大型CPUクーラーが搭載されています。カスタマイズでいうと「静音パックまんぞくコース」に相当するものです。

メーカーはドスパラではおなじみの【DEEP COOL】製のサイドフロー式。前後のスムーズなエアフローを乱さず、4本のヒートパイプで高い冷却性能を発揮します。

Core i7-8700はコア数が増えた分、前世代のCore i7-7700よりピーク時の発熱が上がっているので、標準搭載というのは嬉しいですね。

ブロワファンタイプのRTX 2080 Ti搭載

グラボはリアルタイムレイトレーシング技術に対応した、ド安定の4Kグラボ【RTX 2080 Ti】を搭載しています。

メーカーはマザーボードと同じく【ASUS】製で、オーソドックスなブロワファンタイプとなっています。大型のファンを搭載したいわゆる「オリジナルファン」タイプより冷却性能は弱いですが、ダイレクトに外部へ排気できるのが強み。

オリジナルファンのように内部に排熱をまき散らさないので、エアフローがスムーズで内部に熱がこもりにくく、オーソドックスながらも優れた冷却システムです。

Corsair製電源採用

ちなみにPCの心臓ともいえる電源ですが、信頼性で人気バツグンのCorsair製の650Wブロンズクラス電源を搭載しています。ブロンズクラスは最大85%の電力変換効率を誇り、コンセントからの電力を効率よく変換できる、省エネ・低発熱の優れもの。

また、ケーブルはセミモジュラー式で、使わないケーブルを取り外すことで、内部をスッキリさせすことができます。さらに、フラットタイプなので、かさばりにくいのもポイント。

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

大型のCPUクーラーを搭載しているだけあり、CPUの温度は40℃台をきっちりキープし、よく冷えています。

またグラボも80℃台前半と、発熱の高いハイエンドグラボ×ブロワファンタイプながら上々の冷え具合。ケースのエアフローもバツグンです!

動作音

同じくFF14のベンチマークにて、実際の騒音値を測定してみました。※無響室・防音室での測定ではないので、あくまで参考までにどうぞ

ケースの左側面にて計測した結果です

ブロワファンタイプのグラボを搭載しているので、ややうるさくなりがち。それでもピーク時に55デシベルを超えず、51.9デシベルに抑えているのは大したものです。まさに静音ケースファンの賜物といっていいでしょう。

なお、アイドル時は45.9デシベルですが、ファンの回転数は抑えられており、ノイズはほとんど気になりません

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで性能をチェックしてみましょう。

RTX 2080 Ti搭載

最新のNVIDIA製ハイエンドグラボ【RTX 2080 Ti】を搭載。”Turing”アーキテクチャを採用することで大幅にパワーアップし、前世代のGTX 1080 Tiに比べ最大約60%の性能向上を実現しています。

4Kでの高いゲーミング性能はさることながら、リアルタイムレイトレーシングに対応しているのもポイント。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

このリアルタイムトレーシング機能を使うには、ゲームが対応している必要があります。今後発売予定のBattlefield Vなどで採用されるほか、PUBGやFF15など従来のタイトルにも順次対応していくとのこと。対応タイトルが待ち遠しい限りです。

CINEBENCH

CPUは最新のインテル第8世代【Core i7-8700】を搭載しています。前世代までのCore i7は長らく4コア8スレッドでしたが、ついに6コア12スレッドに進化し、大幅にパワーアップ。

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみると、この通りCore i7-7700よりも約58%も性能が向上しています。ゲームはもちろん、実況配信さらには動画編集何でもこなせるオールラウンダーCPUですね。

ちなみに、インテル第9世代のCore i9-9900KやCore i7-9700Kもデビューしましたが、ゲーム用途であればこの8700でも十分です。少しでもfpsを伸ばしたいのであれば、第9世代を選びましょう。

FF14

ゲーミングPC業界において、「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

4K WQHD フルHD
10513 15850 17722

いずれも最高品質での結果となります。4Kでも9000どころか10000オーバーとなり、まさに圧倒的!GTX 1080 Tiでは8000台だったことを考えると、とんでもなく進化したことがわかります。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価&平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

高品質 標準品質 軽量品質
フルHD 10156 13331 15119
4K 5412 6552 9131

フルHDは朝飯前。4K・高画質は厳しいものの、標準品質なら6000を超えるのがポイント。GTX 1080 Tiでは標準品質でも6000に届かなかったので、上出来ですね。

Call of Duty: Black Ops 4

ド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「Blackout」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:超高/高/中/低(モーションブラー”OFF”、アンチエイリアス品質”低”)

 プレイモード:Blackout

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

超高
フルHD 160(126)fps 172(144)fps 186(159)fps 198(165)fps
WQHD 136(103)fps 152(125)fps 161(130)fps 172(147)fps
4K 97(85)fps 109(95)fps 118(101)fps 144(122)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

CPUのフル活用をはじめ最適化がしっかりしており、4Kでも平均100fpsを狙えます。設定をガッツリ落とせば、4Kで高リフレッシュレートモニターの運用も夢ではありません。

ちなみにこのゲームはメモリをガッツリ使い、4Kでは7.6GBと8GBすれすれになるので、メモリを16GBへカスタマイズしましょう。WQHDやフルHDでは7GB手前に落ち着きますが、ゲームと同時に録画や配信をするのであれば、余裕をもって16GBにしておきましょう。

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度は4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:エピック/高/中/低

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
フルHD 182(129)fps 192(133)fps 212(141)fps 229(143)fps
WQHD 150(122)fps 182(130)fps 205(134)fps 216(141)fps
4K 72(66)fps 96(88)fps 172(143)fps 201(150)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

4K・エピックで平均・最低fpsともに60オーバー!中設定なら高リフレッシュレートモニターをフル活用できます。もはや言うことはありません。

以下軽めのゲームをチェックしていきます。

ドラゴンズドグマ オンライン

やや軽めのゲームです。スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア14139(とても快適)をマーク。余裕ですね

PSO2

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
43422 63717

いずれも設定6での結果となりますが、4Kでも非常に高いスコアをマークします。

モンスターハンターフロンティアZ

PSO2と同等の軽いゲームで、スコア6000で平均60fpsをキープできます。

4K WQHD フルHD
23271 46637 74624

説明不要!もちろん高グラフィック版の「High Grade Edition」もプレイ可能です。

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
43422 63717

4Kでもカンストレベルの高いスコアをマークします。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。PCの性能指標として、参考まで。

総合スコア Graphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy
Extreme
5466 6199 3274
Time Spy 10793 12142 6625
Night Raid 46094 104984 11031
Fire Strike
Ultra
7913 7906 18385 4285
Fire Strike
Extreme
14843 16050 18391 8010
Fire Strike 24362 33220 18411 9687
Sky Diver 48907 104543 15808 26429
Cloud Gate 43830 168304 12214
Ice Storm 190974 436264 63347

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは500GB SSD+2TB HDDを搭載した、大容量のデュアルストレージ構成です。ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに入れるという使い分けができるので、とても便利。

SSDは鉄板メーカーCrucial製の人気モデル【MX500シリーズ】を搭載。結果はこの通り、シーケンシャル・ランダムともに読み書きムラなく速く、全くスキのないSSDです。人気なのも納得ですね。

おすすめカスタマイズ

Call of Dutyを見てもわかるように、最近のゲームはメモリの使用量が容赦ないので、メモリを16GBにしましょう。4Kならなおさらです。

それ以外はとても充実した構成ということもあり、予算次第といったところです。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ&関連モデル

RTX 2080 Ti恐るべし!

ついに4Kの超高解像度でゲームを安定してプレイできる時代が来ましたね。今後リアルタイムレイトレーシング対応のゲームが続々出ることを考えると、さらに期待は高まるばかり。

CPUには前世代のCore i7を搭載していますが、ゲームメインなら十分なスペック。充実した初期構成も魅力的で、【RTX 2080 Ti入門モデル】としておススメ!

fpsを少しでも伸ばしたい場合や、動画・画像編集をガッツリやるのであれば、下記の第9世代インテルCPU搭載モデルがおすすめ。

ガレリア ZZ i9-9900K

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:750W(80PLUS PLATINUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:339,980円(税別)~

コスパに優れたオールインワンモデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、熱いCPUではありますが、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、電源は最大92%の電源変換効率を誇るプラチナクラス電源というこだわりよう。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、ゲーム用のキーボードやマウス、さらに光学ドライブを標準装備!文句のつけようがないパーフェクトな一台です。

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要。ここまでやるならメモリを増やしたり、グリスを変更するのもあり。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする