ガレリア XTをレビュー ド安定のフルHDパフォーマンス!Core i7-8700&GTX 1660 Ti搭載の高コスパモデル

今回ドスパラの【GALLERIA(ガレリア) XT】をお借りしました。

NVIDIAの最新世代となる”Turing”にもついにGTXシリーズが登場。ド安定のフルHD性能が魅力のGTX 1660 Tiを搭載した、新世代のミドルクラスモデルをチェックしてみましょう。

スペック

ガレリア XT
サイズ W207×D520.7×H450.2mm
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU インテル Core i7-8700
・6コア12スレッド
・定格3.2/最大4.6GHz
メモリ 8GB(4GB×2、DDR4-2666)
ストレージ 500GB SSD+1TB HDD
グラフィクス GeForce GTX 1660 Ti(GDDR6 6GB)
チップセット インテル H370 チップセット
光学ドライブ オプション
電源 500W(80PLUS BRONZE)
保証 1年(最大3年)
価格 129,980円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源ケーブル

※2019年4月1日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

シンプルながら躍動感のあるミドルタワーケース

横幅20cmオーバーの見るからに頼もしい、重厚なフォルムが特長のミドルタワーケースです。また、奥行きも堂々の50cm超えとなっており、見た目だけでなく内部も広々とし、拡張性にも優れています。

黒一色のボディに、流れるようなエッジ加工のフロントマスクーシンプルながらも躍動感のあるデザインに仕上げています。ゲーミングPCらしさをしっかり出しつつも、クセがなく、使う人を選びません。

通気性に優れた高冷却ケース

エアインテークは四方に設けられており、非常に排熱性が高くなっています。エアフローはフロントから吸気してリアと天板で排気するので、とてもスムーズ。

ご覧の通り、底面にも通気口がバッチリ。ちなみに防振用のインシュレーターですが、ゴム製の頑丈なタイプとなっており、本体の振動をしっかり吸収できる優れモノです。動作時のビビリ音もなく、まさにド安定。

給排気用ファンはフロントパネル・背面に12cmファン、天板に14cmファンの計3基構成。前面のファンから吸気して、背面と天板のファンで排気する強力なエアフローを構築し、内部に熱がこもる心配はありません。

ケースファンが3基だと風切り音がうるさいのでは…と思うかもしれませんが、低回転の静音ファンを標準搭載しており、とても静か。ファンは地味なパーツではありますが、あえて静音ファンチョイスするセンスの良さは◎。さすがドスパラといったところですね。

充実したインターフェース

インターフェースの数もさることながら、最新規格を搭載する充実ぶりです。

USB端子は、USB3.0・USB2.0がフロント・背面あわせて計8ポートも搭載されています。そのうち背面の2ポートは最新のUSB3.1 Gen.2となっており、最大10Gbpsの高速転送に対応しています。

その他PS2ポートやSDカードリーダーも標準搭載され、地味ながら便利です。映像端子はHDMI・DisplayPort・DVI-Dの3ポートを搭載。数は多くないものの、いずれも現在主流のものとなっており、あらかたのモニターに対応できる万能構成です。

内部

高い剛性&拡張性

電源下置きのオーソドックスな造りですね。奥行き50cmオーバーで内部は広々としており、長めのハイエンドグラボだってラクラク搭載できます。普段見ることはありませんが、しっかり黒塗装されているのもいいですね。

ドスパラのミドルタワーケースといえば、高い拡張性でしょう。ドライブベイは5インチベイが5基、3.5インチベイが5基の計10基搭載されており、電源が許す限り、ストレージや光学ドライブの増設は思うがまま。

もちろん3.5インチベイは便利なツールレス式で、かんたんに取り出しが可能。つまみの強度もしっかりしており、折れたりする心配はありません。

ちなみに、このストレージ部分の支柱はケースの「梁」になっており、縦方向の剛性を確保しています。頑丈なスチール製のボディにも相まって、全方向への剛性が高いのもポイント。たわみや軋みなどは一切ありません。

なお、裏配線スペースはありませんが、ケーブル類はエアフローを妨げないよう、余ったスペースを活用してきれいにまとめられています。

ASUS製マザーボード搭載

各種パーツを搭載するマザーボードにはASUS製のスタンダードマザーボード【PRIME H370-A】を搭載しています。高い品質と信頼性で、自作界隈でも人気の高いASUS製というのはとても安心。

スタンダードモデルながら、特に耐久性に優れているのがポイント。【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されてます。

また、通常のSSDよりも4~5倍高速なNVMeタイプのSSDに対応したM.2スロットや、ストレージ用の高速キャッシュデバイス【Optaneメモリー】用スロットも搭載しています。

大型CPUクーラーを標準搭載

標準で大型CPUクーラーが搭載されています。メーカーはドスパラではおなじみの【DEEP COOL】製のサイドフロー式タイプとなっています。

サイドフロー式タイプは、CPUから吸収した熱を、前後のスムーズなエアフローにのせて強力に発散する、優れた冷却方式です。4本のヒートパイプ+大口径の12cmファンで強力に熱を発散します。

Core i7-8700は6コア12スレッドで発熱が高く、標準搭載というのは嬉しいですね。

Palit製のGTX 1660 Ti搭載

グラボはNVIDIAの【GTX 1660 Ti】を搭載しています。最新”Turing”世代のミドルクラスグラボで、フルHDで非常に高いパフォーマンスを発揮します。

もちろんドスパラでおなじみの【Palit】製オリジナルモデルを採用。大口径のシングルファンが1基搭載されたコンパクトなモデルで、冷却性能に優れています。温度は後ほどチェックしてみましょう。

※写真は撮影用です。トラブル防止のため、内部での作業は電源を切ってから行いましょう

動作中の写真ですが、拡張スロットのロック部分にはLEDのワンポイントが内蔵されており、ちょっとトクした気分ですね。

ブロンズクラス電源を標準搭載

PCの心臓ともいえる電源には、500Wブロンズクラス電源を搭載しています。ブロンズクラスは最大85%の電力変換効率を誇り、コンセントからの電力を効率よく変換できる、省エネ・低発熱の優れもの。地味なパーツですが、しっかりポイントをおさえています。

電源は黒塗装が施されており、外観・内部との統一感もバッチリですね。

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

CPUは40℃台の低い温度でしっかり冷却できています。小型の標準クーラーだと50~60℃あたりなので、いかにサイドフロー式の冷却能力が高いのかがわかりますね。

グラボも60℃半ばとこちらも冷え冷え。GTX 1660 Tiはデュアルファンタイプもあるのですが、シングルファンでも全く問題ありません。CPU・グラボともによく冷えるので、長時間でもゲームを安心して楽しめます。

動作音

同じくFF14のベンチマークにて、実際の騒音値を測定してみました。※無響室・防音室での測定ではないので、あくまで参考までにどうぞ

ケースの左側面にて計測した結果です

ピーク時で49.1デシベルと50デシベル以下に収まっており、非常に静かです。アイドル時との差は2デシベルもなく、動作しているのを感じさせないレベルです。

これはまさに静音仕様のCPUクーラー・グラボ・ケースファンの賜物と言ってもいいでしょう。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで性能をチェックしてみましょう。

CINEBENCH

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

CPUはインテル第8世代【Core i7-8700】を搭載しています。第7世代のCore i7では4コア8スレッドでしたが、6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。なんと約63%も性能が向上しています。

ちなみに、第9世代の8コアCPU・Core i7-9700Kもデビューしていますが、その性能差は約6%ほど。動画・画像編集などのクリエイティブ用としては最新のCore i7を選びたいところですが、ゲーム目的であればCore i7-8700でも十分すぎます

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)・DXR(Port Royal)それぞれの条件で測定することができます。

GTX 1660 Tiは前世代のハイスペックグラボ・GTX 1070に近い性能です。グラフィックスコアで比較すると、Fire StrikeではGTX 1070に対し約97%の性能となっており、Time Spyでは約106%と逆転します

特にDirectX 12環境に強くなり、今後に期待が持てるグラボです。なお、RTXシリーズではないので、DXR(リアルタイムレイトレーシング)やDLSSには非対応となっています。

総合スコア Graphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Port Royal
Time Spy
Extreme
2810 2737 3315
Time Spy 6156 6062 6753
Night Raid 39734 71780 11257
Fire Strike
Ultra
3258 3065 18242 1854
Fire Strike
Extreme
6752 6905 18260 3199
Fire Strike 13884 15447 18208 6565
Sky Diver 35645 50582 15761 26958
Cloud Gate 37119 90765 12095
Ice Storm 164389 304396 63989

FF14

ゲーミングPC業界において、「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

4K WQHD フルHD
4757 9722 14329

いずれも最高品質での結果となります。フルHDで余裕なのはもちろん、WQHDでもしっかりにスコア9000をオーバーする性能の高さです。前世代のGTX 1070をほうふつとさせるスコアですね

なお4Kではさすがに厳しく、低品質までガッツリ下げて、ようやくスコア11309をマークします。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価&平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

高品質 標準品質 軽量品質
フルHD 6554 8599 10936
WQHD 4731 5924 7784
4K 2661 3095 4324

こちらはプリセットの条件で測定したスコアです。

FF14に比べるとガッツリ重くなっていますが、フルHD・高品質でスコア6000オーバーはミドルクラスグラボにしては上出来でしょう。

WQHD・4Kではやはり力不足で、WQHDならRTX 2070、4KならRTX 2080は欲しいところです。

BATTLEFIELD V

大御所のFPSゲーム【BATTLEFIELD】の最新作。前作では第一次世界大戦でしたが、本作では久々に第二次世界大戦に戻ってきました。「グランド・オペレーション」や「コンバインド・アームズ」などのゲームモードが追加され、前作よりもさらにパワーアップしています。

ゲーム内容もさることながらグラフィックも大幅に進化。ただ、その分要求スペックは高く、特にリアルタイムレイトレーシングともなるとハイエンドマシンが必須になるレベルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:DirectX 12、最高/高/中/低(モーションブラー”オフ”、垂直同期”オフ”)

 プレイモード:コンクエスト

最高
フルHD 77(70)fps 97(87)fps 113(97)fps 134(124)fps
WQHD 61(51)fps 72(64)fps 88(77)fps 105(92)fps
4K 31(27)fps 35(31)fps 47(42)fps 55(50)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

フルHDはラクラク、WQHD・最高設定でも平均60fpsをキープできる頼もしい性能です。見るからに重いゲームですが、よく最適化されているようです。

気になるメモリ使用量ですが、WQHDで最大7.1GBなので基本的に8GBあればOK。ただ、データの読み込み時にメモリ負荷がグッと上がることを考えると、16GBあると安心です。

Call of Duty: Black Ops 4

ド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「Blackout」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:超高/高/中/低(レンダリング解像度”100”、モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”、アンチエイリアス品質”低”)

 プレイモード:Blackout

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

icon-exclamation-circle自動設定にてレンダリング解像度を下限の50まで下がってしまったので、品質と軽さのバランスがとれた独自設定に変更しています。4KとWQHDは100、フルHDは120で計測しました

超高
フルHD 101(81)fps 115(94)fps 133(112)fps 141(125)fps
WQHD 89(71)fps 102(90)fps 114(100)fps 120(106)fps
4K 41(32)fps 51(43)fps 55(48)fps 58(50)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。フレームレートの変動が激しく、中庸なfpsをピックアップしました。

レンダリング解像度を独自設定にしているので、fpsがよく伸びます。フルHD・WQHDともに平均100fpsを狙えるパフォーマンスを発揮し、まさにド安定です。まだ十分余裕があるので、画質重視ならレンダリング解像度を上げてみてもいいでしょう。

なおメモリ使用量ですが、フルHDの時点で最大7.4GBも使っているので、16GBへのカスタマイズがおすすめ。

Rainbow Six Siege

ユービーアイソフトでおなじみ【Tom Clancy’sシリーズ】のFPSゲームで、2015年12月の発売以来、今なお絶大な人気を誇ります。ゲームそのものも軽く、お手軽にできるのもポイントですね。

内容はかなりリアル志向。5対5のマルチプレイでは、個性あふれるオペレーターを駆使し、拠点防衛と攻撃を入れ替えで行います。死角多数の複雑に入り組んだマップで繰り広げられる戦闘は、自動回復のないシビアなライフシステムも相まって、高い緊張感を味わえます。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:最高/超高/高/中/低(V-Sync”OFF”)

 プレイモード:カジュアル(マルチプレイ)

最高 超高
フルHD 215(185)fps 220(192)fps 235(200)fps 249(221)fps 268(237)fps
WQHD 143(134)fps 147(135)fps 158(145)fps 180(167)fps 210(182)fps
4K 64(58)fps 68(60)fps 78(71)fps 93(87)fps 109(103)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

4K・最高設定で平均60fpsをキープできるのは立派!またWQHDでも高速の144Hzディスプレイを生かすことができ、申し分ない性能です。メモリ使用量も少なく、4Kですら最大5.0GBしか使わないので、8GBメモリで十分です。

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:エピック/高/中/低

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
フルHD 116(100)fps 147(128)fps 178(138)fps 255(201)fps
WQHD 75(67)fps 99(87)fps 165(141)fps 252(207)fps
4K 24(20)fps 44(40)fps 76(69)fps 160(140)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

フルHD・エピックで平均100fpsをキープでき、設定をワンランク落とせば、高速の144Hzディスプレイを生かすことも可能です。WQHDでもエピックで平均60fpsを大きく超えるのもグッド。

4Kは中設定でやっと平均60fpsを超えますが、コミック調のグラフィックなので、中設定でも十分楽しめます。ちなみに、このゲームもメモリの使用量が少なく、4Kでも最大5.5GBしか使わないので、8GBでもOKです。

Anthem

”Dragon Age”をはじめRPGゲームで定評のある【BioWare】が手掛けたMORPGです。パワードスーツ”ジャベリン”を駆使した戦闘の自由度が非常に高く、地上戦・空中戦は思いのまま。空中戦ではホバリングまでできるので、立体的なアクションを思う存分楽しめます。

広大なマップと高いアクション性のため、かなりグラフィックの負荷が重く、相応のマシンスペックが必要になります。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

解像度:4K/WQHD/フルHD

 ゲーム設定:ウルトラ/高/中/低(モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”)

 プレイモード:フリープレイ

ウルトラ
フルHD 62(45)fps 70(53)fps 90(65)fps 105(80)fps
WQHD 39(33)fps 46(41)fps 53(44)fps 70(54)fps
4K 26(22)fps 31(27)fps 38(33)fps 46(39)fps

スムーズにプレイするには平均60fpsは絶対にキープしたいところ。

ヘビー級のゲームですが、フルHD・ウルトラ設定で平均60fps以上をマークし、かなり健闘しています。WQHDとの差が大きく、性能不足でかなりfpsが落ち込んでしまいます。なおメモリ使用量はフルHDの時点で最大7.5GBも使うので、16GBメモリは必須。

以下軽めの国産ゲームをチェックしていきましょう。

ドラゴンズドグマ オンライン

やや軽めのゲームです。スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア13334(とても快適)のハイスコアをマーク。

PSO2

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

4K WQHD フルHD
9556 37907 57172

いずれも設定6での結果となります。4Kではスコアが落ち込みますが、それでも余裕のハイスコアです。

モンスターハンターフロンティアZ

PSO2と同等の軽いゲームで、スコア6000で平均60fpsをキープできます。

4K WQHD フルHD
10930 22557 36248

いずれもスコア10000オーバーと余裕。もちろん高グラフィック版の「High Grade Edition」もプレイ可能です。

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
16424 21381

フルHDではスコア20000の大台に突入。4Kもラクラク動かせますが、フルHDと大きく差が開くのがいかにもミドルクラスのグラボといったところです。

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは500GB SSD+1TB HDDを搭載した、大容量のデュアルストレージ構成です。ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに入れるという使い分けができるので、とても便利。

SSDは通常のSATAⅢ規格で、マザーボード上に取り付けるM.2タイプとなっています。速度はシーケンシャル・ランダムともに読み書きムラなく速く、特にランダムの伸びがいいですね。ゲームの読み込みは早く、アプリの動作もサクサクで非常に快適!

おすすめカスタマイズ

ほぼパーフェクトな初期構成ですが、最近のゲームはメモリの使用量が容赦ないので、ぜひ16GBに増やしましょう。

また光学ドライブやキーボード、マウスは標準では搭載されないので、必要な方はカスタマイズをお忘れなく。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ&関連モデル

フルHDはもちろん、WQHDでもゲームを楽しめる高いパフォーマンスはとても魅力的で、ミドルクラスのグラボもついにここまで来たか…という感じですね。

大型CPUクーラーやASUS製マザーボードなどを標準搭載した、充実の初期構成にもかかわらず12万円台というコスパの高さも◎。ミドルクラスモデルならまずおすすめしたいモデルです。

ただしDXRやDLSSには非対応なので、仮に今後対応するゲームがどんどん増えていった場合でも、GTX 1660 Tiでは一切対応できないという点には注意!DXRやDLSSに対応したミドルクラスモデルということであれば、RTX 2060搭載の【ガレリア XV】がおすすめ。

ガレリア XV

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:H370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:149,980円(税別)~

DXR対応!RTX 2060搭載モデル

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

8GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグ...

シェアする

フォローする