GALLERIA/ガレリア XA7C-G60Sをレビュー 新ケースがついに登場!高い完成度とコスパを誇るGTX 1660 SUPER搭載ミドルクラスモデル

今回ドスパラの【GALLERIA(ガレリア) XA7C-G60S】をお借りしました。

ドスパラの定番モデルが新ケースになって登場!高い完成度とコスパを誇る、GTX 1660 SUPER搭載ミドルクラスモデルをチェックしてみましょう。

 

スペック

 GALLERIA XA7C-G60S
サイズW220×D440×H480mm
OSWindows 10 Home(64ビット)
CPUインテル Core i7-10700
・8コア16スレッド
・定格2.9/最大4.8GHz
メモリ16GB(8GB×2 DDR4-2666)
ストレージ512GB SSD(PCIe NVMe)
グラフィクスGeForce GTX 1660 SUPER(GDDR6 6GB)
チップセットインテル H470 チップセット
光学ドライブオプション
電源650W(80PLUS BRONZE)
保証1年(最大3年)
価格129,980円(税別)~
付属品・各種マニュアル
・電源ケーブル

※2020年8月19日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

外観

優雅なデザイン

ケースのサイズは拡張性に優れたミドルタワーですね。

 

コンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とする、デザインハウスが手掛けた外観デザインとなっており、かなり気合が入っています。

女性ゲーマーも意識したとのことで、曲線を用いた優雅なフォルムに仕上げています。ゴツくて力強い男性的なデザインの従来モデルから、大幅にイメージチェンジしていますね。

 

本体カラーは渋いガンメタリックです。ブラックのフロントパネルと見事にマッチしており、引き締まった印象を受けます。なお、BTOではブラックのケースがほとんどなので、ガンメタリックはかなり珍しいですね。本体カラーだけでも選ぶ価値は十分あります。

 

クリアサイドパネル採用

従来のケースではオプション扱いだったクリアサイドパネルが、ついに標準装備となりました。クリア部分はパネル全面ではなく、半分ほどと控えめですが、様々なユーザーが使うことを考えると、このくらいがちょうどいいですね。

機能面でのメリットこそないものの、内部で動作するパーツを見ると、やはりワクワクしますよね。ゲーミングモデルなので、遊び心はとっても大事。別途イルミネーションキットを購入して、内部を光らせてみるのも楽しいですよ。

 

クリアパネルはスモークっぽい色合いなので、光らせるならホワイトが無難ですね。

 

LEDイルミネーションを搭載

ゲーミングモデルといえばやはりこれ、LEDイルミネーションを搭載しています。BTOメーカーのケースでイルミネーション搭載とは、なかなかに太っ腹。

光らせ方ひとつでだいぶイメージ変わるイルミネーションですが、フロントパネルを縁どるように配置。派手過ぎず地味すぎず、とても上品なイメージに仕上げており、センスの高さを感じさせます。

 

イルミネーションはマザーボードのシステムを利用しており、メーカーによって使うアプリが異なります。詳しい導入方法についてはこちら icon-external-link をチェック!

このモデルではASUSのマザーボードを搭載しているため、”Armoury Crate”をインストールして使います。設定項目はかなり充実しており、カラーの変更はもちろん、アニメーションを設定することもでき、自分好みのマシンにカスタマイズできます。

なお、イルミネーションは消灯することもできるので、LEDが苦手な方も安心。

 

高い冷却性能

従来のケースではフロント部分に吸気口を設置していましたが、新ケースでは両サイドに設置され、従来よりも吸気面積が3倍と大幅に吸気性能が向上しています。

 

吸気口はオシャレなひし形のパンチ加工となっており、メッシュ部はライトブルーに塗装する凝りようです。デザイン面でもいいアクセントになっていますね。

ファンも従来の12cmから14cmにサイズアップしているので、エアフローはよりスムーズになり、熱くなりがちな内部を強力に冷却します。しかもケースファンは静音仕様なので、とても静か。地味なパーツですが、ノイズ源の一つなので、しっかり対策しているのは好印象です。

 

ちなみに、ほこり対策もしっかりしており、サイドの吸気口・天板・底面のすべてにフィルターを装備。ほこりはPCの天敵なので、これはありがたいですね。

 

しかも、底面のフィルターは取り外して、水洗いできます。特に電源は床のほこりを吸い込みやすく、定期的に洗ってあげたいところです。

 

アクセスしやすいインターフェース

地味ながら便利なのが、インターフェースを配したコンソールパネルのデザインです。

 

従来のケースではフロントパネル中段に配置されていたものを、上部に配置。さらにコンソールパネル部分を斜めにすることで、特にデスクの下にPCを設置した際、アクセスしやすいようになっています

ケースによっては天板に配置しているのもありますが、斜めの方が角度的にアクセスしやすく、機能性はやはり上。よく考えられていますね。デザインも多面的になり、まさに一石二鳥。

 

搭載されている端子ですが、USB端子はフロント・背面あわせて計10ポートも搭載。そのうち背面の2ポートは最新のUSB3.2 Gen.2となっており、最大10Gbpsの高速転送に対応しています。さらに、端子のタイプの従来のType-Aのほか、リバーシブルのType-Cも用意されており、周辺機器の接続にはまず困りません。

そのほか、PS2ポートも搭載しているので、古いマウスやキーボードを再利用でき地味ながら便利ですね。なお、映像端子は現在主流のDVI-D・HDMI・Displayportを完備。あらかたのモニターに対応でき、マルチディスプレイ構成も思うがままのラインナップです

 

内部

チャンバー構造&裏配線採用

本体内部はトレンドをしっかり取り入れており、”チャンバー構造”を採用しています。

本体下部の電源スペースとマザーボードのスペースを分離することで、互いのエアフローが干渉しないようになっており、スムーズなエアフローを実現。

 

もちろん、裏配線にも対応しており、ケース裏側に配線用スペースが用意されています。かさばるケーブル類を裏側にまとめることで、ケース内部がスッキリし、チャンバー構造も相まって、エアフローがさらにスムーズになります。また、内部の見た目もスッキリし見栄えもよくなるなど、まさに一石二鳥の構造ですね。

なお、向かって左側の部分は、配線スペースが広め&深めに確保されているので、太いケーブルも難なくまとめることができます。細かい部分もしっかり造られているのは、好印象です。

 

気になる拡張性ですが、5インチベイ×1・3.5インチベイ×2・2.5インチ搭載スペース×2の計5基用意されています。前モデルほどではないですが、大容量ストレージが普及しているので、これだけあればまず困ることはありません。

5インチベイ以外はケースの裏側から取り付けるようになっています。3.5インチベイは電源上部に搭載されていますが、取り付けは後ろ側から。ツールレス構造なので、かんたんに着脱できるのはグッド。

 

ASUS製マザーボード搭載

各種パーツを搭載するマザーボードは一般的なATX規格となっており、ASUS製【PRIME H470-PLUS】を搭載しています。高い品質と安定性で定評のあるASUS製というのは安心ですね。

 

スタンダードモデルらしくポイントはしっかり押さえており、熱くなりがちなVRM周りやM.2スロットに金属製のヒートシンクを搭載。特に熱くなりがちな部分ですが、しっかり熱を吸収し、発散するので、熱暴走の心配はありません。

そのほか、強度の高いPCIeスロットや日本製のオーディオコンデンサを搭載するなど、必要な装備は一通りそろっています。

 

大型CPUクーラー搭載

CPUクーラーには、ドスパラでおなじみ”DEEPCOOL”の大型のCPUクーラーを標準搭載。4本のヒートパイプと大型放熱フィンで冷却性能はバツグン。長時間のゲームでも安定してCPUを冷却することができます。さらに大型の静音ファンで動作音も静か

ちなみにこれはサイドフローという冷却方式で、CPUから吸収した熱をファンで後方に発散することで冷却します。ケース内のエアフローにあわせてスムーズに排熱するので、冷却性能が非常に高いのがポイントです。

 

Palit製GTX 1660 SUPER搭載

※写真は撮影用です。トラブル防止のため、内部での作業は電源を切ってから行いましょう

グラボはNVIDIAのGTX 1660 SUPERを搭載しています。最新”Turing世代”のミドルクラスモデルで、GTX 1660とは違い、VRAMは帯域幅の広いGDDR6を採用。WQHDでのゲーミングもこなせる高いパフォーマンスが魅力です。

 

ボードはドスパラで毎度おなじみ、Palit製のStormXを採用しています。ちょっと見にくいですが、大口径のシングルファンで高い冷却性能を発揮し、さらに静音仕様なので動作音も静か。申し分のないパフォーマンスです

ちなみに、PCの心臓ともいえる電源には、650Wのブロンズクラス電源を採用しています。ブロンズクラスは最大85%の電力変換効率を誇り、コンセントからの電力を効率よく変換できる、省エネ・低発熱の優れものです。また、容量も多めなので、将来的にハイスペックグラボへ換装することもできます。

 

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

 

CPUはおおむね50℃前後の安定した温度をキープしており、8コア16スレッドながら大型CPUクーラーでしっかり冷却できています。

 

また、グラボも大口径ファンなだけあり、60℃後半と低い温度できっちり冷却しています。熱くなりがちなゲーミングPCですが、ケースの高い通気性も相まって冷却性能は◎。

 

動作音

同じくFF14のベンチマークにて、実際の騒音値を測定してみました。※無響室・防音室での測定ではないので、あくまで参考までにどうぞ

 

ケースの左側面にて計測した結果です

ボーダーは55デシベルですが、ピーク時で49.1デシベルとゲーミングPCにしては圧倒的に静かで、ノートPCも真っ青なレベルです。アイドル時も47.5デシベルに抑えられ、ノイズ感はほとんどありません。

ケースファンをはじめ、各種ファンが静かなのが見事に功を奏していますね。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで性能をチェックしてみましょう。

CINEBENCH R15

3Dグラフィックのレンダリングソフト【CINEBENCH R15】で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

 

CPUはインテル第10世代のCore i7-10700を搭載しています。前世代のCore i7-9700は8コア8スレッドでしたが、Core i7-10700は8コア16スレッドになり、約11%パワーアップしています。

8コア16スレッドといえば、AMDのRyzen 7 3700Xがライバルとなりますが、CPUの性能重視ならRyzen 7、ゲーミング性能重視ならCore i7がおすすめ。住み分けはしっかりできている感じですね。

詳しくはCPUの紹介ページもチェック!

Core i7-10700搭載おすすめゲーミングPC ゲームに強い8コア16スレッドのハイスペックモデル
ハイパースレッディングに再び対応した第10世代のCore i7に、''K''無しのCore i7-10700が登場。スペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。 Core i7-10700のスペックまとめ CP...

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)・DXR(Port Royal)それぞれの条件で測定することができます。

 

グラフィックボードはミドルクラスのGTX 1660 SUPERを搭載。フルHDでのゲーミングに最適な鉄板モデルですね。

ポジションとしてはGTX 1660 TiとGTX 1660の中間となりますが、その実力はほぼGTX 1660 Tiそのもの。グラフィックスコアで比較すると、GTX 1660 Tiに対し、Time Spyでは約98%、Fire Strikeでは約102%の性能と、ほぼ互角レベルです

なお、RTXシリーズではないので、DXR(リアルタイムレイトレーシング)の性能は低く、DLSSには非対応となっています。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Port Royal574
Time Spy
Extreme
289427673917
Time Spy624359219032
Night Raid415687335412030
Fire Strike
Ultra
33473133212361912
Fire Strike
Extreme
69767034213883366
Fire Strike1445015715212876931
Sky Diver38063491211860134018
Cloud Gate430689055415190
Ice Storm17487530635769891

 

FF14

知名度バツグンの国内産MMORPGですね。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。現行のゲーミングPCであれば、フルHD・最高設定でスコア9000をしっかり超えたいところ。

 最高品質高品質標準品質
フルHD155811683420797
WQHD101861200118326
4K4881577711889

さすがにCore i7ということでスコアがよく伸びますね。フルHD・WQHDの最高設定でスコア10000オーバーは大したものです。GTX 1660 SUPERの性能も高く、ミドルクラスのグラボでWQHDまでプレイできるのは、かなり魅力的。

なお、ミドルクラスならCore i5でも十分実用的ですが、Core i7の方がfpsは伸びやすいので、安定性重視ならCore i7がおすすめです。

 

BATTLEFIELD V

大御所のFPSゲーム【BATTLEFIELD】の最新作。前作では第一次世界大戦でしたが、本作では久々に第二次世界大戦に戻ってきました。「グランド・オペレーション」や「コンバインド・アームズ」などのゲームモードが追加され、前作よりもさらにパワーアップしています。

ゲーム内容もさることながらグラフィックも大幅に進化。ただ、その分要求スペックは高く、特にリアルタイムレイトレーシングともなるとハイエンドマシンが必須になるレベルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:DirectX 12、最高/高/中/低(モーションブラー”オフ”、垂直同期”オフ”)

  プレイモード:コンクエスト

 最高
フルHD82(74)fps94(86)fps115(103)fps139(113)fps
WQHD66(62)fps74(68)fps94(87)fps111(100)fps
4K35(30)fps40(34)fps51(47)fps61(57)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

重量級のゲームですが、驚くべきことにWQHD・最高設定でも平均60fpsをキープできます。さすがに4Kはきついですが、ミドルクラスでこの性能は立派です。

 

DirectX 12+DXR(リアルタイムレイトレーシング)

 最高
フルHD42(31)fps48(37)fps68(60)fps79(70)fps

こちらはよりリアルな描写を実現する、DXR(リアルタイムレイトレーシング)機能を有効にした際のfpsです。

GTXシリーズではDXRを効率的に処理する【RTコア】が搭載されていないため、fpsはガクッと落ち込みます。中設定でようやく平均60fpsを超えるレベルなので全く実用的ではなく、画質を落としても使うような機能ではありません。

 

Call of Duty: Modern Warfare(コールオブデューティー モダンウォーフェア)

Activisionの代表的なFPSゲーム【Call of Duty: Modern Warfare】を完全にリメイク。

対戦モードは従来の6vs6・10vs10・20vs20の対戦モードのほか、ハイスピードな2vs2や最大64人対戦の【GRAND WAR】などが新規に追加され、プレイの幅が格段に広がっています。かのバトルフィールドにも引けを取らない充実ぶりです。

さらに、プライマリ武器とセカンダリ武器をカスタマイズできる【Gunsmith】も実装。用途や目的に合わせ、自分好みの装備をカスタマイズ出来るのもポイント。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:エクストラ/高/通常(モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”)

  プレイモード:キャンペーン

 エクストラ通常
フルHD98(81)fps101(85)fps103(90)fps
WQHD64(53)fps68(58)fps70(59)fps
4K33(27)fps34(28)fps35(28)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

一見重そうなグラフィックですが、意外と最適化されており、WQHD・エクストラ設定で平均60fpsをキープできます。さらにフルHDではほぼ平均100fpsとド安定でプレイ可能です。とりあえずGTX 1660 SUPER入れておけばOK!みたいな感じですね。

 

DXRモード(リアルタイムレイトレーシング)

 エクストラ通常
フルHD56(44)fps58(47)fps66(42)fps
WQHD33(27)fps36(30)fps38(32)fps
4K18(15)fps19(16)fps20(16)fps

Call of DutyもついにDXRに対応するようになりました。

このゲームのDXRモードは割と軽めなのですが、フルHDでは通常設定でようやく平均60fpsを超え、イマイチfpsの伸びが悪い感じです。

 

Borderlands 3(ボーダーランズ 3)

前作の【Borderlands 2】から約7年ぶりの新作。惑星パンドラを舞台に、超古代文明人エリディアンの残した財宝・ヴォルトをめぐる戦いはまだまだ続きます。ユニークなスキルを持つ4人のヴォルト・ハンターを操り、新たなる敵”カリプソ・ツインズ”と抗争を繰り広げます。

見た目こそFPSゲームではありますが、ハクスラ系のRPGゲームとなっており、敵を倒しつつレベルアップ&スキル獲得という流れで、キャラ育成を楽しむことができます。また、武器の種類はなんと100億種類以上用意されており、好みの武器を出るまで掘るプロセスは、まさにハクスラそのもの。

もちろんこのシリーズの醍醐味?である”イカレっぷり”は今作でも健在。ぶっ飛んだ世界で思う存分暴れまわりたい方におすすめ。過去作を知らない方は、プレイ前にトレーラームービーを見ると〇。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:DirectX 12、バッドアス/ウルトラ/高/中/低(垂直同期”OFF”、モーションブラー”OFF”)

 バッドアスウルトラ
フルHD58(53)fps64(58)fps77(68)fps113(99)fps136(118)fps
WQHD 39(35)fps42(38)fps47(43)fps72(64)fps85(76)fps
 4K15(12)fps18(16)fps16(15)fps35(32)fps42(36)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

コミック調のグラフィックは一見軽そうに見えますが、とにかく重いゲームです。それでもフルHD・ウルトラ設定で平均60fpsをキープでき、フルHDの鉄板グラボなだけあり、やはり地力はありますね。

ただ、WQHDは厳しく、大きく設定を落とさないと平均60fpsにすら届きません。

 

DOOM Eternal(ドゥーム エターナル)

言わずと知れた名作FPSゲーム【DOOM】の続編です。今回もドゥームスレイヤーとして、ひたすら地球を占拠するデーモンを叩きのめしていきます。

テンポのいいアクションは今作でも健在。グレネードや火炎放射などの広範囲攻撃が可能な”ショルダーキャノン”や、広範囲の近接攻撃”ブラッドパンチ”が実装され、さらにアクションの幅が広がっています。が、無限ピストルが廃止され、持てる弾薬の数も少なく、戦闘はかなりシビアに。

近接フィニッシュの”グローリーキル”をしっかり決めつつ、”チェーンソー”でデーモンから弾薬を補充する基本サイクルに加え、火炎放射でアーマーを補充するなど、状況に応じて臨機応変に対応していく必要があります。けっこう頭を使いますが、はまれば爽快。個人的にはイチオシのFPSゲームです。

下記条件にて平均fpsのみ計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:ウルトラ/高/中/低(垂直同期”OFF”、モーションブラー”OFF”)

  プレイモード:キャンペーン

 ウルトラ
フルHD145fps147fps165fps190fps
WQHD96fps108fps119fps125fps
4K49fps56fps61fps66fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

わりと軽めのゲームということで、WQHD・ウルトラ設定で平均100fps近くをマーク。フルHDでは高リフレッシュレートディスプレイの運用もできるほどです。なお、このゲームでは搭載しているVRAM以上の設定ができないため、ウルトラ以上の設定ができません。

 

Rainbow Six Siege

ユービーアイソフトでおなじみ【Tom Clancy’sシリーズ】のFPSゲームで、2015年12月の発売以来、今なお絶大な人気を誇ります。ゲームそのものも軽く、お手軽にできるのもポイントですね。

内容はかなりリアル志向。5対5のマルチプレイでは、個性あふれるオペレーターを駆使し、拠点防衛と攻撃を入れ替えで行います。死角多数の複雑に入り組んだマップで繰り広げられる戦闘は、自動回復のないシビアなライフシステムも相まって、高い緊張感を味わえます。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:最高/超高/高/中/低(V-Sync”OFF”)

  プレイモード:カジュアル(マルチプレイ)

 最高超高
フルHD227(199)fps242(216)fps261(237)fps294(262)fps325(289)fps
WQHD146(125)fps154(140)fps173(160)fps198(182)fps239(220)fps
4K72(60)fps75(68)fps86(79)fps102(93)fps121(113)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

この通りとても軽く、4Kでも平均60fps以上をらくらくキープできます。WQHDでは144Hzの高リフレッシュレートディスプレイを活用できるほど。

グラフィック品質重視なら、レンダリング解像度を上げてみるのもいいでしょう。MAXの100では、WQHD・最高設定で平均91fps、フルHDでは平均149fpsとなり、やはり余裕です。

 

VALORANT(ヴァロラント)

”リーグ・オブ・レジェンド”でおなじみの、ライオットゲームが手掛けるFPSゲームですね。内容はオーバーウォッチとCS:GOをミックスした感じ。カジュアルなグラフィックはもちろん、多彩なスキルを持つエージェント(現在では11人)を操り、5対5で戦うスタイルは、オーバーウォッチをほうふつとさせます。

ルールはFPSでよくみられる”爆弾設置ルール”を採用しています。爆弾を設置する側と阻止する側に分かれ、設置側は、爆弾を設置し爆発させれば勝利。阻止する側は、設置されないか、解除すれば勝利となります。最大25ラウンド、攻防は12ラウンドごとに切り替わり、13ラウンドを先取した側が勝ちとなります。

また、CS:GOを意識した”購入システム”を実装しており、ラウンド報酬の資金をもとに、ラウンドのインターバルで武器・防具・スキルを購入することができます。味方の装備や資金はチェックできるので、コミュニケーションをとりつつ、状況に応じて装備を調達するのが勝利へのカギとなます。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:高/中/低(VSync”OFF”、アンチエイリアス”MSAA 4x”、異方性フィルタリング”16x”)

  プレイモード:アンレート

 
フルHD391(345)fps449(398)fps474(442)fps
WQHD258(231)fps283(254)fps307(284)fps
4K126(112)fps134(121)fps145(136)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

グラフィック負荷もオーバーウォッチとCS:GO譲りでとにかく軽く、Rainbow Six Siegeを凌ぐほど。4Kであれば平均100fpsを超え、WQHDともなると240Hzの超高リフレッシュレートディスプレイも活用できます

 

Apex Legends

最近人気のバトロワ系FPSゲームです。個性的なスキルを持ったキャラクター”レジェンド”を操り、3名1組のチーム戦を繰り広げます。

【パッシブ・戦術・アルティメット】の各スキルをしっかり生かすのはもちろん、キャラの組み合わせによって戦略が変化するので、いかに連携できるかが勝利へのカギとなります。スピーディーな操作性で爽快感はバツグン!テンポよく楽しみたい方におすすめ。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:最高・低

  APEXゲーム(本編)

 最高
フルHD126(106)fps143(137)fps
WQHD89(71)fps111(89)fps
4K49(38)fps52(42)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

このゲームでもWQHDまでなら余裕で動かすことができます。フルHDなら平均100fpsを大きく超える申し分のないパフォーマンスです。

 

Fortnite(フォートナイト)

こちらも同じくバトロワ系の鉄板タイトルです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、Apex Legendsとはまた違ったベクトルの楽しみ方ができます。チーム戦だけでなく、ソロで気軽にプレイできるのもいいですね。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:4K/WQHD/フルHD

  ゲーム設定:エピック/高/中/低

  降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

 エピック
フルHD128(116)fps166(154)fps270(252)fps402(381)fps
WQHD74(71)fps98(91)fps166(154)fps248(234)fps
4K24(23)fps44(42)fps77(72)fps121(115)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

Apex Legendsに近い結果となり、WQHDまではきっちり平均60fps以上をキープでき、フルHDでは平均100fps以上とまさにド安定。エピック設定は負荷がグンと高くなるのですが、このパフォーマンスの高さはとても優秀ですね。

なお、コミック調のグラフィックなので、中設定でも十分。4Kでも楽しみたいのであれば、ぜひお試しを。

 

モンスターハンターワールド

言わずと知れた「狩り」ゲームの最新版です。最近のゲームらしく、とてもきれいなグラフィックですが、その分負荷はかなり高いです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD/WQHD/4K

  ゲーム設定:最高/高/中/低(垂直同期”OFF”)

  プレイモード:フリークエスト

 最高
フルHD59(46)fps86(77)fps92(80)fps146(127)fps
WQHD38(32)fps54(50)fps58(53)fps133(118)fps
4K18(16)fps33(30)fps35(31)fps70(63)fps

スムーズにプレイするには平均60fpsは絶対にキープしたいところ。

国産ゲーム屈指の重さを誇り、フルHDで平均60fpsを超えるのは高設定までとなります。ただ、グラフィック品質的にはきれいなので、十分実用的。なお、WQHDでプレイしたいのであれば、次のモードを活用しましょう。

 

FidelityFX+Upscalingモード

 最高
フルHD76(56)fps110(96)fps116(100)fps146(129)fps
WQHD51(41)fps72(65)fps78(69)fps117(104)fps
4K26(23)fps37(34)fps39(37)fps60(55)fps

アップデートで新たに”FidelityFX+Upscalingモード”が追加されました。低い描写負荷で高い解像度を表現する機能で、通常モードよりもパフォーマンスが向上します。なお、シャープネスは「0.5」に設定しています。

低設定以外では大幅にfpsが向上し、フルHDでは最高設定でも平均60fpsを大きく超えるようになります。また、WQHDでも高設定なら平均60fpsを超え、かなり使える機能です。ただし、グラフィックがぼやけた感じになるので、WQHDでどうしても動かしたい場合に使うのがおすすめ。

以下軽めの国産ゲームをチェックしていきましょう。

 

PSO2

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

4KWQHDフルHD
88593708669975

いずれも設定6での結果となりますが、4Kでもバッチリプレイできます。CPU性能も重要になるゲームですが、最新のCore i7なだけあり、よく伸びます。

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

4KフルHD
1685623565

結果はこの通り4Kも余裕!

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

 

このモデルは大容量の512GB SSDを搭載した、シングルストレージ構成です。最近のゲームは容量そのものが増えていますが、512GBもあればまず安心です。

SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しており、なかなか太っ腹。メーカーは”PHISON”となっています。あまりなじみがないかもしれませんが、SSDのコントローラーチップではけっこう有名どころですね。

その実力ですが、シーケンシャル(連続データ)の読み書きは4ケタをマークし、読み込みでは3000MB/sオーバーとまさに爆速。ランダムも書き込みで4ケタをマークするなど、とても優秀。もちろんゲームの読み込みは早く、アプリの動作もサクサクで非常に快適です!

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うならHDDを追加してデュアルストレージにするのがおすすめ。ゲームは高速のSSDに、かさばるデータ類は大容量のHDDに保存する使い分けができ、とても便利です。

そのほか、光学ドライブやキーボード、マウスは標準では搭載されないので、必要な方はカスタマイズをお忘れなく。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

まとめ

LEDイルミネーション輝く洗練されたボディは、チャンバー構造や裏配線などトレンドをしっかり押さえており、末永く使える高いクオリティを実現しています。BTOの標準ケースでこのクオリティはまさに破格レベル。ゲーミングPCへの意気込みの高さが伝わってきます。

肝心の性能ですが、ミドルクラスのグラボながら、WQHDの高解像度にも対応する性能の高さは見事の一言ですね。CPUがCore i7なのでゲーミングの安定感も◎。大容量メモリにSSDの充実した初期構成で12万円台とコスパに優れ、性能重視のミドルクラスモデルとしておすすめです

 

 

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは現在、おトクな3大キャンペーンを実施中。コ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました