ガレリア SZをレビュー スリムなのに冷える!Core i7-8700×GTX 1080 Tiのハイエンドモデル

今回ドスパラの「GALLERIA(ガレリア) SZ」をお借りしました。

自作で人気のスリムケースに、第8世代Core i7×GTX 1080 Tiを搭載した、【Sシリーズ】のフラグシップモデルをチェックしてみましょう。

スペック

実機では、【640GB SSD】にカスタマイズしてあります。
ガレリア SZ
サイズ W105×D350×H382mm
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU インテル Core i7-8700
(6コア12スレッド 3.2/最大4.6GHz)
メモリ 16GB(8GB×2 DDR4-2666)
ストレージ 500GB SSD+2TB HDD
グラフィクス GeForce GTX 1080 Ti
(GDDR5X 11GB)
チップセット インテル B360 チップセット
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
電源 500W(80PLUS GOLD)
保証 1年(最大3年)
価格 259,980円239,980円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源ケーブル
・キーボード/マウス
・スタンド/ゴム足
・Wi-Fiアンテナ

※2018年8月24日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

撮影の都合上、外観写真の一部は別モデルのものを掲載しています。

ベースは”RAVEN”

自作ではおなじみ、冷却性能や静音性に優れたケースで定評のあるSilverStone製のスリムケース、【RAVEN】シリーズをベースにしたケースです。

スリムケースなのに冷却性能が高く、また拡張性も高いということで、自作でスリムケースと言えば、まずこのケースが候補に挙がるくらいに人気です。

独立したエアフローを採用した高冷却ケース

タワーケース顔負けの高い冷却性能…その秘訣は内部の分離構造にあります。

マザーボード・グラボ・電源それぞれのエアフローが独立しており、それぞれの排熱が干渉しないようになっています。写真はマザーボード側の吸気口で、右(背面)方向に排気します。

こちらがグラボと電源側の吸気口です。グラボは左(背面)方向に排気し、電源は下(底面)方向に排気します。

ダストフィルターでほこり対策もバッチリ

ちなみに、CPUとグラボの吸気口はオプションのダストフィルターでほこり対策がかんたんにできます。

マグネット式なので、取り付け・清掃もラクラク!ほこりがたまると静電気でパーツが故障することもあり、しっかり対策しておきましょう。

縦置き・横置きの両方に対応

付属品にスタンドとゴム足がついているので、状況に応じて縦置きと横置きの両方で設置できます。幅は約10cmとミドルタワーケースの半分程度なので、縦置きだと狭い場所でもラクラク設置できるのが魅力です。

横置きの場合は必ずゴム足を使いましょう。吸気口をふさいでしまうので、パーツを冷却できず故障の原因となります。

最新インターフェース搭載

最近のモデルらしく、USBはUSB3.0・USB3.1のみでUSB2.0は非搭載です。前後あわせて計6ポート搭載しており、背面のUSB3.1ポート2基は、10Gbpsの高速転送と大容量給電に対応した【Generation 2端子】となっています。

最新のインターフェースにまじって、レガシーなPS2ポートも搭載し、古いキーボードを再利用することもできます。さらに、フロント部分にSDカードリーダーがついており、地味ながら便利なラインナップです。

さらに有線LANだけでなく、高速のac規格に対応した無線LANを搭載しています。付属のアンテナの接続を忘れずに。通信の安定性がけた違いです。

グラフィックボードの映像出力端子は、ハイエンドグラボということでHDMI×1、DisplayPort×3のみ。DVI端子は非搭載なので、汎用性の高いHDMI端子で何とかしましょう。

内部

効率的なパーツ配置

内部へはマザーボード側からアクセス可能です。無駄なスペースのない、整然としたブロック配置ですね。

上部はスリムタイプの光学ドライブと2.5インチベイが、下部にはマザーボード・電源・5インチベイのユニットがそれぞれ搭載されています。グラボは上部ユニットの裏側に配置されています。

トータルの拡張性は5インチスリムベイ×1、3.5インチベイ×1、2.5インチベイ×2の計4つ。これは下手なミニタワーケースなみと、スリムモデルながらかなり健闘しています。

小型のITXマザーボード搭載

小型ケースなので、マザーボードはMicro-ATXよりもさらに小型のMini-ITXサイズのものを搭載しています。メーカーは自作でおなじみ、ASRock製の【B360M-ITX/ac】です。

スタンダードモデルではありますが、Ultra M.2スロットを搭載。さらにネット通信の安定性で定評のあるインテル製LANチップや、高品質のサウンドを実現するELNA製オーディオコンデンサまで装備する充実ぶりです。

もちろん【Super Alloy】マザーボードということで、電源周りが強化され、さらに湿度にも強くなっているなど、基本的な耐久性もバッチリ!

電源はフル規格のATX電源ではなく、SFX電源を搭載しています。しかも90%以上の電力変換効率を誇り、より省エネ・低発熱のゴールドクラスの電源です。容量は500Wと余裕があります。

ブロワファンタイプのGTX 1080 Ti搭載

グラフィックボードは4Kでのゲーミングに最適なGTX 1080 Tiを搭載しています。

ボードのタイプはオーソドックスな外排気のブロワファンタイプ。大型のファンを搭載したグラボに比べて冷却性能は劣りますが、強制的にケース外へ排熱するので、このケースとの相性はバツグンです。

通常はマザーボードに対して垂直に取り付けられるグラボが、なぜ水平に取り付けられているのかというと、【ライザカード】を使っているからです。

以前レビューした別モデルの写真ですが、このL字型の変換アダプタがライザカードです。

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

CPUは40~50℃台、グラボは80℃前半とタワー型ケースとほぼ同じ温度です。小型の標準CPUクーラーとブロワファンのグラボでこの温度ですから、ケースの冷却性能はかなり高いことがわかりますね。

動作音

同じくFF14のベンチマークにて、実際の騒音値を測定してみました。※無響室・防音室での測定ではないので、あくまで参考までにどうぞ

ケースの左側面にて計測した結果です

ピーク時で55.5デシベルをマーク。通常のタワー型ケースだと50~55デシベルが標準的なので、それに比べると若干オーバーしています。実際そばにいるとファンの風切り音はしっかり聞こえますね。

狭いケースに各パーツがきっちり搭載されており、無駄なスペースが一切ないので、こればかりは仕方ないでしょう。静音ケースでもないですから。

なお、アイドル時は48.2デシベルですが、ファンの回転数は抑えられており、ノイズはほとんど気になりません

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH

CPUはインテルの【Core i7-8700】を搭載しています。コア数は前世代の1.5倍となる6コア12スレッドになり、大幅なパワーアップを実現しています。

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみると、前世代のCore i7-7700よりも約33%も性能が高くなっています。

圧巻の性能でGTX 1080 Tiの性能をしっかり引き出せるほか、動画や画像編集などのクリエイティブ作業でも真価を発揮するCPUです。

FF14

ゲーミングPC業界において、ある意味「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。

DirectX 11・フルHD解像度・最高品質という重量級のグラフィック設定で、スコア7000以上の「非常に快適」をマークできれば、現行オンラインゲームを幅広くプレイできるスペックだと判断することができます。

ただし、平均60fpsをキープして快適にということであれば、スコア9000以上は欲しいです。

4K WQHD フルHD
8102 15347 18494

いずれも最高品質での結果となります。当然ながらフルHDとWQHDは朝飯前。4KはさすがにSLI構成でないと9000を超えないので、仕方ないですね。

ちなみにワンランク低い高設定であれば、快適にプレイ可能です。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価で、平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

高品質 標準品質 軽量品質
フルHD 9036 12509 15349
4K 3973 4869 6769

さすが最強グラボなだけあり、フルHDはオールグリーン。残念ながら4Kはいまのところ現実的ではないですね。

PUBG

人気沸騰中のバトルロイヤルゲーム【PUBG】の平均fpsを測ってみました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

測定条件

 解像度は4K/WQHD/フルHD

 時間帯は日中、快晴

 パラシュート降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

ウルトラ
フルHD 107fps 120fps 134fps 143fps
WQHD 79fps 110fps 121fps 128fps
4K 49fps 60fps 85fps 97fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

結果はこの通り、4K・ウルトラ以外では平均60fpsをしっかりキープできます。WQHDでも平均100fpsをキープできるので、高リフレッシュレートモニターでのプレイが捗りますね。

PUBGはメモリを多く使うことで有名ですが、WQHDまでなら最大でも6GB程度なので、標準の8GBメモリでもOK。ただ、4Kともなると最大7GBとガッツリ使うので、16GBへのカスタマイズがおすすめ

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

測定条件

 解像度は4K/WQHD/フルHD

 グライダー降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
フルHD 170fps 208fps 237fps 305fps
WQHD 112fps 156fps 216fps 278fps
4K 58fps 90fps 132fps 151fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

4K解像度でも100fpsを超えるほどの軽さ。このゲームもまた高リフレッシュレートモニターが欲しくなりますね。

PSO2

以下軽めのゲームをチェックしていきましょう。

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア68017と異次元のハイスコアをマーク。

ドラゴンズドグマ オンライン

スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。フルHD・最高品質でスコア14765とこちらも非常に高いスコアをマーク。

モンスターハンターフロンティアZ

スコア6000以上で平均60fpsをキープできますが、フルHD・最高品質でスコア59559と余裕のスコアです。もちろん、高グラフィック版の「High Grade Edition」もプレイ可能です。

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。結果は言うまでもないでしょう。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy)それぞれの条件で測定することができます。

グラボの性能目安として参考までに。

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは640GB SSD+2TB HDDの大容量デュアルストレージ構成となっています。ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに入れるという便利な使い分けができ、とても便利です。

ちなみにSSDのメーカーはColorfulですね。あまりなじみがありませんが、インテルの3D NANDを搭載した高コスパモデルとして隠れた人気モデルです。

超高速とはいきませんが、ランダムの速度もしっかり出ており、申し分のない性能です。ゲームのロードも速く、ブラウジングもサクサクで快適そのもの。

おすすめカスタマイズ

初期構成のままでも十分使えます。ダストフィルターは価格も安く、ほこり対策として必須レベルです

動画や画像編集、録画配信などをガッツリやるのであれば、メモリを16GBにしておくと安心。また、拡張性が低いのでストレージ容量をあらかじめ増やしておくのもいいでしょう。

 吸気口フィルター
・GALLERIA(KTC)専用ダストフィルター3枚組(マグネット式)

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ

置く場所を選ばない薄型ボディ、なのに冷却性&機能性に優れており、まさにパーフェクトなスリムケースです。また特殊なケースということで、所有感を満たしてくれること間違いなし!

Core i7-8700×GTX 1080 Tiのパフォーマンスも頼もしい限り。設置スペースが限られている方にはもちろん、そうでない方にもぜひオススメしたいハイエンドモデルですね

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする