ガレリア GCF2070GF-Eをレビュー 144Hzディスプレイ搭載!薄型軽量のMax-Q版RTX 2070搭載15インチノート

 
今回ドスパラの【GALLERIA(ガレリア) GCF2070GF-E】をお借りしました。

最新の第8世代Core i7とDXR対応のハイスペックGPU・RTX 2070をスリム&コンパクトボディに搭載した、スタイリッシュな15インチゲーミングノートをチェックしてみましょう。

 

スペック

 ガレリア GCF2070GF-E
サイズW360×D245×H27mm
重量約2.3Kg
OSWindows 10 Home(64ビット)
CPUCore i7-8750H
・6コア12スレッド
・定格2.2/最大4.1GHz
メモリ8GB(DDR4-2666)
ストレージ256GB SSD(PCIe NVMe)+1TB HDD
グラフィクスRTX 2070 Max-Q(GDDR6 8GB)
ディスプレイ15.6インチ、フルHD(1920×1080)、
ノングレア、144Hz対応
インターフェースUSB3.0 Type-A×2、
USB3.0 Type-C、USB2.0、
HDMI、miniDisplayPort×2、
マイク入力、ヘッドフォン出力、
SDスロット、LANポート
光学ドライブ×
カメラHD WEBカメラ
スピーカーステレオスピーカー
キーボード日本語キーボード
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer.5
保証1年(最大3年)
価格209,980円(税別)~
付属品・ACアダプター(423g)
・電源ケーブル(166g)
・各種マニュアル

※2019年3月28日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

 

外観

高級感あふれる金属パネル仕上げ

 

直線主体の無駄のないスマートなフォルムが印象的なボディです。シンプルながら天板は高級感のあるヘアライン調の金属パネルでカバーされ、スマートさも兼ね備えています。

 

また、天板のロゴが省略されているのもポイント。ゲーミングノートにしては珍しく、ロゴのないスッキリしたデザインが好みの方にもおすすめ。

 


ゲーミングノートではやはり冷却が心配になりますが、底面はこの通り大きく通気口が搭載されており、2基のデュアルファンで強力に排気します。あとで温度をチェックしますが、冷却性能はかなり高く、熱がこもる心配はありません

 

スリム&コンパクトボディ

一目見てピンとくるかもしれませんが、このモデルは「とにかく軽い」です。実測2124gと一般の15インチノートとほぼ同レベルの軽さとなっており、重装備のゲーミングノートにしては破格です。

まさにスリム&コンパクトボディだからこそできる業。そのサイズはW360×D245×H27mmとなっており、特に横幅が大分コンパクトになっています。

 

その秘訣はスリムベゼルです。ディスプレイのふち(ベゼル)の幅はわずか7mm!極限までスリムにすることで、横幅を圧縮しているというわけですね。サイズもさることながら、野暮ったさが無くスタイリッシュなのも◎。

 

充実したインターフェース

スリムボディですが、インターフェースはなかなかの充実ぶり。

 

USB端子は、USB3.0・USB2.0を計4ポート搭載。USB3.0のうち一つは、小型&リバーシブルのType-Cポートとなっています。これだけあれば周辺機器の接続にはまず困りません。

 

そのほか、光学ドライブこそありませんが、SDスロットが搭載されており、実用面のポイントをしっかり押さえてあります。

 

画面出力はHDMI、miniDisplayPort×2が搭載され、複数画面への出力も可能です。電源ポートもあわせて背面配置というのが◎。ディスプレイや電源ケーブルは太さがあるので意外とかさばりますが、背面ならマウスのケーブルなどと干渉する心配もありません。

 

ディスプレイ&キーボード

発色に優れたディスプレイ

ディスプレイサイズは15.6インチで、解像度は標準的なフルHDとなっています。映り込みの少ないノングレアタイプで、自分の顔とにらめっこすることなく、ゲームに集中できます。

パネルの種類は不明ですが、高コントラスト・高発色できれいな映像を楽しめます。視野角も広く、横から覗いても色ムラが少ないのもいいですね。IPSパネルに近いクオリティと言ってもいいでしょう。

 

144Hz出力対応

このモデルでは、144Hz出力対応の高リフレッシュレートディスプレイを搭載しています。

144Hzディスプレイは、1秒間に描写できる回数が通常の60Hzディスプレイの2倍以上。高速描写が可能なその分だけ映像が滑らかになり、ゲームのプレイ精度が上がります。特に動きの激しいFPSゲームで効果てきめんです。

 

新感覚の光学スイッチ搭載

ゲーミングノートらしく、華やかなフルカラーキーボードを搭載しています。もちろん、付属のソフトでカラーや発光パターンを調節可能です。

 

最新の光学式スイッチを採用し、メカニカル式のような打鍵感を実現ーとのことですが、深めのキーストロークとスイッチ感はまさにメカニカルそのもの。光学式にもかかわらず、なんとも不思議な感じがします。

 

例えるなら【青軸】に近い感じですね。「カチッ、カチッ」という大きめの操作音でスイッチ感もしっかりあります。

 

15インチサイズということで、テンキー付きのフル規格キーボードとなっています。横幅がコンパクトな分、各キーがきっちり並べられていますが、こう見えてキーピッチは約19mm確保されており、余裕はあります。

 

キー配置はちょっと曲者でして、「Z」キーの横に「¥」キー、「変換・無変換」キーが同一…などなど変則的になっています。慣れるまでは誤爆に注意といったところでしょうか。

 

なお、電源ボタンの横にはクーラーブーストボタンが設置されています。優秀な冷却性能なので基本的に使う必要はありませんが、特に熱い夏場では重宝するボタンです。

 

 

スムーズなタッチパッド

タッチパッドはクリックボタンが一体化したタイプを採用しています。

完成度は高く、表面はさらさらしておりカーソル操作は非常にスムーズ。またクリックボタンも反応がよく軽い力で操作できます。

なお拡大するとわかりやすいですが、キーボード面もヘアライン調の金属パネルでカバーされ、外観とのイメージがしっかり統一されています。

 

便利機能いろいろ

ゲーミングノートらしく【Control Center】で、ファンやキーボードのLEDの調整やシステムのモニタリングなど、各種設定がワンストップでできるようになっています。

 

【システムダッシュボード】では、CPUやGPUなどの使用率や温度を監視できるほか、動作モードを設定することができます

 

【カラーバックライト設定】は名前の通り、キーボードやLEDバーのカラー設定ができます。
キーボードのLEDはキー単位で変更できるほか、アニメーションにも対応しており、まさに自由自在。意外にカスタマイズが楽しいです

 

【EZスイッチ】はLEDやディスプレイのON/OFFや、Windowsキーの無効化などをワンタッチで設定できる便利ツールです。

 

サウンド設定ツール【Sound BLASTER CINEMA5】も搭載。前バージョンよりも機能が拡張され、3Dバーチャルサラウンドが細かく設定できるようになりました。ヘッドセットでのゲーミングがよりはかどります。

 

 

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

RTX 2070搭載

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAの最新GPU・RTXシリーズのハイスペックGPU【RTX 2070】を搭載。GTX 1070より基礎性能が上がり、フルHDでド安定のパフォーマンスを発揮します。

また、RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

ちなみにRTX 2070はMax-Q版となっています。Max-Q版とは、スリムモデルなど冷却に余裕のないモデルに向けて開発された、いわば省エネ・低発熱バージョンのことです。

通常版よりも動作クロックが下げられており、低発熱とのトレードオフで、性能はやや下。しかし、最近では最適化が進み、通常版とほぼ同じパフォーマンスを発揮するようになっています。

 

CINEBENCH

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

このモデルでは、インテルのノート用ハイエンドCPU【Core i7-8750H】を搭載しています。Core i7-8750Hは第8世代「Coffee Lake-H」のCPUで、デスクトップと同じく6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。

前世代の4コア8スレッドCPU・Core i7-7700HQと比較してみると、約70%も性能が向上しています。マルチコア・スレッドを生かし、ゲームはもちろん、動画・画像編集など様々な場面でより高いパフォーマンスを発揮します

 

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)・DXR(Port Royal)それぞれの条件で測定することができます。

Max-Q版のRTX 2070は通常のRTX 2070に対し、Time Spy・FireStrikeいずれも約85%程度の性能となっています。しかし実ゲームでは通常版に匹敵するパフォーマンスを発揮しています。

 総合スコアGraphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Port Royal3570
Time Spy
Extreme
302330372949
Time Spy646265436040
Night Raid346786029610177
Fire Strike
Ultra
40533933161722139
Fire Strike
Extreme
77518007162133834
Fire Strike1527417077161838143
Sky Diver34595544421399522669
Cloud Gate354299952310888
Ice Storm9802212684054603

 

FF14

ゲーミングPC業界において、「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

 最高品質高品質標準品質
フルHD127571392314362

最新世代のハイスペックGPUなだけあり、スコア10000オーバーのハイスコアをマーク。ド安定でプレイできます。

 

FF15

 

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価&平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

 高品質標準品質軽量品質
フルHD6705856610021

FF14よりもグッと重くなりますが、高品質でもスコア6000を超え、安定したパフォーマンスを発揮します。GTX 1070よりもワンランク高いスコアで、性能はきっちり進化しています。

 

BATTLEFIELD V

大御所のFPSゲーム【BATTLEFIELD】の最新作。前作では第一次世界大戦でしたが、本作では久々に第二次世界大戦に戻ってきました。「グランド・オペレーション」や「コンバインド・アームズ」などのゲームモードが追加され、前作よりもさらにパワーアップしています。

ゲーム内容もさることながらグラフィックも大幅に進化。ただ、その分要求スペックは高く、特にリアルタイムレイトレーシングともなるとハイエンドマシンが必須になるレベルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD

  ゲーム設定:DirectX 12、最高/高/中/低(モーションブラー”オフ”、垂直同期”オフ”)

  プレイモード:コンクエスト

DirectX 12

 最高
フルHD81(68)fps87(74)fps93(76)fps100(81)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

最高設定でも平均81fpsをマーク、見事なまでの安定感です。画質を犠牲にすれば平均100fpsも狙えます。

 

DirectX 12+DXR(リアルタイムレイトレーシング)

 最高
フルHD51(44)fps58(52)fps70(60)fps76(66)fps

こちらは本作の目玉機能である、リアルタイムレイトレーシング機能を有効にした際のfpsです。

グラフィック負荷の高さで定評のあるDXRですが、この通りfpsはガクッと落ち込みます。高品質で平均60fpsに届くか…といったレベルで、安定性重視なら中設定まで落とす必要があります

 

DirectX 12+DXR+DLSS

 最高
フルHD61(53)fps68(60)fps78(63)fps81(67)fps

こちらはDXRに加え【DLSS】モードを有効にした結果です。最大20%のフレームレート向上を実現し、最高設定では平均60fps超えを達成!派手さはありませんが、アシスト機能としては十分実用的です

デメリットはテクスチャのクオリティが若干落ちるくらいのものでしょうか。凝視しないとわからないレベルなので、あまり気にする必要はありません。

なおメモリ使用量ですが、通常モードの時点で7.5GB使っており、怪しい場面がちらほら。。16GBはぜひ欲しいですね。

 

Call of Duty: Black Ops 4

ド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「Blackout」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD

  ゲーム設定:超高/高/中/低(モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”、アンチエイリアス品質”低”)

  プレイモード:Blackout

  降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

 超高
フルHD95(79)fps102(84)fps111(95)fps120(101)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。フレームレートの変動が激しく、中庸なfpsをピックアップしました。

超高設定でもほぼ平均100fpsの非常に高いfpsをマークし、高リフレッシュレートディスプレイを生かす高いパフォーマンスを発揮します。

メモリの使用量ですが、BFVと同じくを最大7.5GBも使うので、やはり16GB推奨です。

 

Rainbow Six Siege

ユービーアイソフトでおなじみ【Tom Clancy’sシリーズ】のFPSゲームで、2015年12月の発売以来、今なお絶大な人気を誇ります。ゲームそのものも軽く、お手軽にできるのもポイントですね。

内容はかなりリアル志向。5対5のマルチプレイでは、個性あふれるオペレーターを駆使し、拠点防衛と攻撃を入れ替えで行います。死角多数の複雑に入り組んだマップで繰り広げられる戦闘は、自動回復のないシビアなライフシステムも相まって、高い緊張感を味わえます。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD

  ゲーム設定:最高/超高/高/中/低(V-Sync”OFF”)

  プレイモード:カジュアル(マルチプレイ)

 最高超高
フルHD187(168)fps194(173)fps200(176)fps209(181)fps220(190)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

見事なまでの安定感。全ての設定で144Hzディスプレイをきっちり生かせる性能で頼もしい限り。なお、メモリ使用量は最大5GB程度なので、8GBでも全然OK!

 

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD

  ゲーム設定:エピック/高/中/低

  降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

 エピック
フルHD101(77)fps110(87)fps119(94)fps134(93)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

Call of Dutyとほぼ同じようなfpsをマークしています。なお、メモリは最大でも5.2GB程度なので、8GBメモリのままでも大丈夫です。

 

Anthem

”Dragon Age”をはじめRPGゲームで定評のある【BioWare】が手掛けたMORPGです。パワードスーツ”ジャベリン”を駆使した戦闘の自由度が非常に高く、地上戦・空中戦は思いのまま。空中戦ではホバリングまでできるので、立体的なアクションを思う存分楽しめます。

広大なマップと高いアクション性のため、かなりグラフィックの負荷が重く、相応のマシンスペックが必要になります。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

  解像度:フルHD

  ゲーム設定:ウルトラ/高/中/低(モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”)

  プレイモード:フリープレイ

 ウルトラ
フルHD53(37)fps60(47)fps78(52)fps91(60)fps

スムーズにプレイするには平均60fpsは絶対にキープしたいところ。

ご覧の通り非常に重く、高設定でギリギリ平均60fpsとなります。アンチエイリアスとアンビエントオクルージョンを調整するとパフォーマンスが上がるので、お試しあれ。

なお、このゲームもメモリを最大7.4GB使うので、メモリは16GBにしましょう。

以下軽めのゲームをチェックしていきます。

 

ドラゴンズドグマ オンライン

やや軽めのゲームです。スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア10899(とても快適)をマーク。余裕のハイスコアです。

 

PSO2

こちらは軽めのゲームです。エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア2700以上で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア35308とこちらも余裕のハイスコアです。

 

モンスターハンターフロンティアZ

こちらも軽いモンハンZのベンチマークスコアです。スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。

フルHDでスコア37355とこちらも30000オーバー。高グラフィックバージョンの「High Grade Edition」もプレイ可能です

 

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60 FPSをキープできます。このクラスはもはや朝飯前ですね。

 

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックするソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは256GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ構成となっています。ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに入れるという便利な使い分けができ、とても便利です。

SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDで、さらにストレージの定番メーカー・WESTERN DIGITAL製の【Blackシリーズ】を搭載しています。

その実力ですが、特にシーケンシャル(連続データ)の読み書きが早く、読み込みにいたっては2000オーバーの爆速ぶりです。ランダムは爆速とはいかないまでも、ムラなく速度が出ており、安牌のSSDといった感じです。

いずれにせよ、ゲームのロード時間は短く、ブラウジングなどもサクサクで快適そのものです。

 

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

スリムボディに高発熱のパーツを搭載していますが、CPUは70℃後半~80℃前半、GPUは70℃後半を安定してキープ。見かけによらずしっかり冷却できています。

 

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

前モデルと同じく豪快にファンが回転するため、ピーク時で56.2デシベルと55デシベルを超えてしまいました。ただ幸いなことに甲高い耳障りなノイズではないので、許容範囲内のレベルです。

なお、最小時は45.9デシベルとありますが、アイドル状態なので、ほぼ無音です。

 

おすすめカスタマイズ

容赦なくメモリを使うゲームが増えてきているので、やはりメモリは16GB欲しいですね。またゲームそのものの容量も増大しており、SSDの容量を増やすのもおすすめ。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

まとめ

持ち運びに便利なコンパクト&軽量ボディに144Hzディスプレイ、さらに斬新なメカニカル風味のキーボードを搭載し、まさに至れり尽くせりの欲張りモデルです。

また、FPSで平均100fpsをキープできるパワーもさることながら、DXR対応のゲームもDSLLのアシストで実用レベルのパフォーマンスを発揮する、RTX 2070の性能も高さも魅力的。

価格も約20万円台~と良心的で、RTX 2070搭載モデルならまずおすすめ

 

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、9月30日まで【最大5万円分ポイントバッ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。毎度おなじみ【期間限定セール】をチェックしてみましょう。 ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、10月31日まで【秋の感謝セール】を開催中...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 お値段以上の満足度!...
タイトルとURLをコピーしました