DELL ALIENWARE 15 スプレマシー VRをレビュー ド派手に光る!Core i9-8950H×GTX 1080の本格派ゲーミングノート

今回はデルの「DELL ALIENWARE 15 スプレマシー VR」をお借りしました。

知名度バツグン【ALIENWARE】の15インチノートで、Core i9とGTX 1080を搭載した、本格派ゲーミングノートをチェックしてしましょう。

スペック

実機は4Kディスプレイ搭載モデルとなります。現在はフルHDのみ。
ALIENWARE 15 スプレマシー VR
サイズ W389×D305×H25.4mm
重量 約3.49Kg
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Core i9-8950H
(6コア12スレッド 2.9/最大4.8GHz)
メモリ 16GB(8GB×2、DDR4-2666)
ストレージ 512GB SSD(PCIe NVMe)+1TB HDD
グラフィクス GTX 1080 Max-Q(GDDR5X 8GB)
ディスプレイ 15.6インチ、フルHD(1920×1080)、
ノングレア、IPS、G-Sync
インターフェース USB3.1 Gen.2 Type-C、
USB3.0 Type-C、
USB3.0 Type-A×2、HDMI 2.0、
Mini DisplayPort、
Alienware Graphics Amplifier端子、
マイク入力、ヘッドフォン出力、
LANポート
光学ドライブ ×
カメラ Alienware HD カメラ
スピーカー デュアルスピーカー?
キーボード Alienware TactXキーボード
(日本語配列)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
保証 1年(最大5年)
価格 【クーポン利用】
359,980円(税別・送料込)~
324,120円(税別・送料込)~
付属品 ・ACアダプター(821g)
・電源ケーブル(194g)
・各種マニュアル

※2018年12月23日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

タフボディ&スマートなデザイン

直線主体の角ばったフォルムと、シルバー&ブラックのカラーリング相まって、スマートな印象を受けるデザインに仕上がっています。

ヒンジが前方に配置されたユニークな設計になっているのもポイント。排気グリルがせり出すさまは、まるで宇宙船のようにも見えます。SFをイメージさせる外観と、エイリアンのロゴがバッチリきまる、絶妙なデザインですね。

デザインだけではなく、ボディそのものもまさに宇宙船レベル。マグネシウム合金をベースに、銅・アルミニウム・スチールを各所に使い、とても高い堅牢性を確保しています。

実際手に取ってみると、ずっしりと重く、頼もしい限りの質感です。が、重いのも事実でして、実測3.54Kgと15インチのゲーミングノートにしてはかなり重いです。ACアダプタ含め、持ち運びの際は心すべし。

また、サイズも横幅・奥行きともに、通常の15インチより一回り大きくなっており、存在感はバッチリ。重量とサイズを考えると、基本的には据え置きが推奨です

ゲーミングノートといえば特に熱がネックになりますが、底面には大きく通気口がカットされており、非常に通気性が高くなっています。

背面の大型排気グリルで強力なエアフローを生み出し、内部に熱がこもる心配はありません

ド派手!LEDイルミネーション搭載

ALIENWAREといえばやはりこれ、ド派手なLEDイルミネーションを搭載しています。ノートなのにデスクトップ以上に光る気合の入れようで、なんと9か所も光ります。

まずボディの両サイド2か所ずつで計4か所。そして天板のロゴが1か所。

開いた状態で、ALIENWAREマーク・ロゴの2か所。

キーボード・タッチパッドの4か所。キーボードはさらに4ブロックに分けてカラーを調整できる徹底ぶり。イルミネーションが好きな方は大満足間違いなしですね。

最先端のインターフェース

ハイスペックモデルらしく、インターフェースは最新のものまで一通りそろっています。

USBは左右・背面にあわせて4ポート搭載しています。最新のUSB3.1と従来の3.0規格に、小型&リバーシブルのType-Cポートと通常のType-Aポートを採用し、どんなシーンでも柔軟に対応できる便利なラインナップです。

中でも背面のType-Cポートは、高速転送・大容量給電・高解像度出力が可能な【USB3.1 Gen.2規格】で、40Gbpsの超高速転送ができる【Thunderbolt 3】にも対応する最新規格となっています。

画像出力端子はHDMIとMini DisplayPortの鉄板構成で、さらに【Alienware Graphics Amplifier接続用ポート】という独自規格のポートを搭載しているのがポイント。

【Alienware Graphics Amplifier】とは何ぞや?となりますが、これは別売りの外部GPUボックスのことです。

将来的にグラフィック性能が不足した際、ボックス内にグラボを追加、PCに接続することで性能をカバーすることができます。PCIe x4 Gen 3接続ポートなので、従来のThunderbolt接続よりパフォーマンスを発揮しやすいのもグッド。

ちなみに背面のポートの配置も地味ながら◎。LANポートや画像端子が背面に搭載されているので、有線マウスや電源ケーブルと干渉しないようになっています。太いLANケーブルは意外に邪魔なので、これは何気に嬉しい。

ディスプレイ&キーボード

4K×IPSパネル

ディスプレイサイズは15.6インチサイズで、フルHDの4倍の解像度を誇る、4Kディスプレイを搭載。非常に精彩なグラフィック描写で、ゲームはもちろん、動画や画像編集などクリエイティブ用途にも大活躍!※現在はフルHDのみ

映り込みの少ないノングレアタイプなので反射が少なく、ゲームに集中できるのもいいですね。

高コントラスト・高発色・高視野角の3拍子揃ったIPSパネルを搭載しています。この通りどこから見ても美しい映像で、よりいっそうゲームを楽しむことができます。

さらに【G-Sync】にも対応。G-SyncとはNVIDIAの映像同期技術のことで、スタッター(カクつき)やテアリング(分断)を抑え、正確なゲーム環境を実現します。

本格派!テンキーレスキーボード搭載

15インチではありますが、テンキーレスキーボードを採用しています。あまりなじみがないかもしれませんが、シンプル&高い操作性でゲーマーに人気のタイプ。ここまでやるのはなかなか珍しく、さすがALIENWAREというべきでしょう。

テンキーが無いので、横幅にはずいぶんと余裕があり、キーピッチは堂々の1.9mm。キー配置はきっちり整然と並べられ、機能美を感じさせるほど。誤爆の心配はまずありません。

キーストロークも深く、なによりキーボード面の剛性が非常に高いため、タイピングをはじめゲーム操作は快適そのもの。この安定感は頼もしい限りですね。

各カラーは【NEW ALIENWARE COMMAND CENTER】のALIEN FXで変更可能。キーボードについては、4ブロックに分けてカラーや明るさを調整できます。ただし、左端のマクロキーのみ固定カラーでの切り替えとなります。

もちろん、タッチパッドのカラー変更も可能で、ON/OFFの切り替えにも対応。光らせる気分でないときでも安心です。

光るタッチパッド

キーボードだけでなく、タッチパッドの完成度も◎。

パッドはツルツルした材質となっており、指になじむ感じでスムーズなカーソル操作が可能です。クリックボタンは操作性に優れた分離タイプを採用。スコスコ…と軽い力で操作でき、しかも静か。申し分のない完成度です。

本丸はこれ、光るギミック。ここまで光らせてやろうという発想は、まさにあっぱれですね。ふんわりと幻想的に光る様には、ついうっとりとしてしまいます。ちなみに光りっぱなしではなく、一定時間操作が無いと消灯する凝ったシステムになっています。

NEW ALIENWARE COMMAND CENTER

メーカー製ゲーミングPCということで、専用ユーティリティーが用意されています。

先に紹介した【ALIEN FX】をはじめ、ファンコントロールや、CPUのオーバークロック設定ができる【OC Fusion】など、PCのシステム設定を直感的に設定可能です。

ただし、オーバークロック設定はCPUの性能を無理やり引き出すので、場合によって動作が不安定になります。よくわからなければデフォルト設定が推奨です。

そのほか、ライブラリ機能も搭載しており、各ゲームごとにプロファイルを作成し、即座に設定を呼び出すことも可能です。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

WQHDに相当する解像度が設定できないため、4K・フルHDで測定しています

Max-Q版GTX 1080搭載

このモデルでは【Max-Q版】GTX 1080を搭載しています。Max-Q版とは、スリムモデルなど冷却に余裕のないモデルに向けて開発された、いわば省エネ・低発熱バージョンのこと。

オリジナルのGTX 1080と基本的な仕様は共通していますが、Max-Qでは動作クロックが下げられており、低発熱とのトレードオフで、性能はやや低めになっています。

最近では搭載モデルがかなり増えていますが、果たしてその性能やいかに!?

CINEBENCH

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

このモデルでは、第8世代のインテルCPU【Core i9-8950H】を搭載しています。あまり見かけないCPUですが、同じく第8世代インテルCPU・Core i7-8750Hの上位モデルとなります。

両者は同じく6コア12スレッドで、違いはクロック周波数とキャッシュ容量のみ。つまり…ほとんど性能が変わりません。結果を見れば一目瞭然、わずか2%程度の差となっています。デスクトップのようにはいかず、ポジションとしてはちょっと微妙。

とはいえ、コア・スレッド数が増加することにより、前世代のCPUよりも大幅にパワーアップ。4コア8スレッドCPU・Core i7-7700HQに比べ、約49%も性能が向上しています。

FF14

ゲーミングPC業界において、「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。スコア7000以上で【非常に快適】となり、スコア9000以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
5429 14974

いずれも最高品質での結果となります。フルHDはスコア9000どころか15000に届きそうな高いスコアで、まさに朝飯前。4KはRTX 2080 Tiレベルが必要になるだけに、厳しいですね。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価&平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

高品質 標準品質 軽量品質
フルHD 7044 9233 11666
4K 2878 3360 4777

4Kはいずれもカクカクですが、フルHD・高品質で安定してプレイできるのが強みです。GTX 1070だと標準品質がせいぜいなので、その性能の高さがわかると思います。

BATTLEFIELD V

大御所のFPSゲーム【BATTLEFIELD】の最新作。前作では第一次世界大戦でしたが、本作では久々に第二次世界大戦に戻ってきました。「グランド・オペレーション」や「コンバインド・アームズ」などのゲームモードが追加され、前作よりもさらにパワーアップしています。

ゲーム内容もさることながらグラフィックも大幅に進化。ただ、その分要求スペックは高く、特にリアルタイムレイトレーシングともなるとハイエンドマシンが必須になるレベルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/フルHD

 ゲーム設定:DirectX 12、最高/高/中/低(モーションブラー”オフ”、垂直同期”オフ”)

 プレイモード:コンクエスト

最高
フルHD 91(84)fps 102(92)fps 120(103)fps 137(103)fps
4K 37(32)fps 45(41)fps 56(51)fps 72(62)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

フルHDでの安定感がバツグン!高設定であれば平均100fpsを超え、グラフィック品質と安定性をしっかり両立できます。4Kは低設定でようやくと、やはり厳しい。

Call of Duty: Black Ops 4

ド定番のFPSゲーム【Call of Duty】の最新作。おなじみの「マルチモード」や「ゾンビモード」のほか、新たにバトルロワイアルの「Blackout」が加わり、遊びの幅がさらに広がりました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

下記条件にて平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/フルHD

 ゲーム設定:超高/高/中/低(モーションブラー”OFF”、垂直同期”OFF”、アンチエイリアス品質”低”)

 プレイモード:Blackout

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

超高
フルHD 130(108)fps 140(115)fps 153(132)fps 163(145)fps
4K 38(26)fps 45(35)fps 54(47)fps 61(50)fps

FPSゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。100fpsもあればド安定です。

BATTLEFIELDに近い感じの結果になり、こちらはフルHD・超高品質でも平均100fpsを大幅に超えます。4Kはやはり低設定なら、といったところですね。

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

平均と最低fpsを計測しました。

測定条件

 解像度:4K/フルHD

 ゲーム設定:エピック/高/中/低

 降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
フルHD 126(88)fps 167(110)fps 213(141)fps 296(194)fps
4K 39(31)fps 54(47)fps 85(74)fps 160(135)fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する平均60fpsは絶対にキープしたいところ。平均100fpsをキープできれば、さらに安定してプレイできます。

上2つのFPSゲームよりはやはり軽いですね。フルHD・エピックなら余裕の平均100fpsオーバー。4Kでも中設定なら平均60fpsを大幅に超えてきます。このゲームはコミック調のグラフィックなので、中設定でも十分。

ドラゴンズドグマ オンライン

やや軽めのゲームです。スコア7000以上で【とても快適】となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア11443(とても快適)のハイスコアをマーク。余力は十分ですね。

PSO2

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
12705 46393

いずれも設定6での結果となりますが、4Kでのプレイもラクラクです。

モンスターハンターフロンティアZ

こちらも軽いモンハンZのベンチマークスコアです。スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
12052 40910

PSO2と同じくフルHDはおろか、4Kもお手の物です。もちろん、高グラフィックバージョンの「High Grade Edition」もプレイ可能

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。

4K フルHD
19037 21546

4Kでもスコア20000をうかがうレベルです。もはや言うまでもないでしょう。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy/Night Raid)それぞれの条件で測定することができます。

ベンチマークスコアは通常のGTX 1080に比べると総じて低め。一例をあげると、グラフィックスコアはTime Spyで約11%、Fire Strikeで約21%ほど低くなっています。

一方で実際のゲームではしっかり最適化がされており、通常のGTX 1080に匹敵するパフォーマンスを発揮します。つまりー

ベースの性能こそ落ちるものの、Max-Qによるデメリットはほぼ無いといっていいでしょう

総合スコア Graphics
Score
CPU/Physics
Score
Combined
Score
Time Spy
Extreme
2760 2786 2625
Time Spy 6093 6126 5913
Night Raid 33236 65693 8747
Fire Strike
Ultra
4190 4134 14793 2125
Fire Strike
Extreme
7977 8540 13530 3782
Fire Strike 14533 16569 14341 7644
Sky Diver 32995 51273 12895 24708
Cloud Gate 31676 98004 9403
Ice Storm 153565 295895 57225

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは512GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ構成となっています。ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに入れるという便利な使い分けができ、とても便利です。SSDの容量が多く、ゲームをたくさんインストールできるのがいいですね。

SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDというこだわりようで、メーカーはデルでおなじみのSKhynixです。速度はシーケンシャル(連続データ)・ランダムともに4ケタをマークしており、ハイエンドマシンにふさわしい読み書き性能を実現しています。

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

CPUは60℃後半~70℃台の安定した温度をきっちりキープ。6コア12スレッドでさらに高クロックのハイエンドCPUながら、しっかり冷却できています。GPUはMax-Qということもあり、60℃半ばとこちらもよく冷えています。

冷却性能については非常に優秀ですね。

動作音

FF14実行時のPC正面でノイズを測ってみました。※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

ノイズはピーク時で52.5デシベルとそれなりに風切り音はしますが、55デシベルを超えないので十分許容範囲内です。むしろハイエンドモデルにしては上出来というべきでしょう。

なお、最小時は45.9デシベルとありますが、アイドル状態なので、ほぼ無音です。

まとめ&関連モデル

LEDフリークにイチオシのモデル

ALIENWAREだからこそできる、他社の追随を許さないLEDイルミネーションはまさに圧巻。ボディや細部の造りこみ、LEDが好きな方には文句なしにおすすめです。

もちろん性能も非常に優秀で、フルHDであればFPSゲームを軒並み平均100fpsをキープできる、高いパフォーマンスを発揮します。Max-Q版ではありますが、この性能なら全く問題ないレベルですね。

ただ、CPUはCore i7-8750Hで十分。以下で紹介するモデルがおすすめです。

ALIENWARE 15 プラチナ VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 60Hz
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Max-Q
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格【クーポン利用】
299,980円256,482円(税別・送料込)~

Core i7-8750&GTX 1080搭載モデル

Core i7-8750Hを搭載したモデル。16GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成です。

120Hzの高リフレッシュレートモニターにカスタマイズ可能なので、FPSゲームをメインにプレイする方はぜひカスタマイズしましょう。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズ不要の構成ですが、ストレージ容量が足りないようであれば増やしましょう。FPSゲームなら120Hzディスプレイに変更するのもあり。

■ハードドライブ
・512GB PCIe M.2 SSD + 1TB SSHD
→SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMe SSDです。

■ディスプレイ
・15.6 インチ FHD (1920 x 1080) 120Hz TN ディスプレイ
→IPSパネルではなく、応答性に優れたTNパネルとなります。

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする