気まぐれゲーミングPC通信 【2020/9/4】 ~ド派手なハイエンドゲーミングPC・Lenovo Legion T750iをチェック

個人的に気になるゲーミングPCやその他もろもろを紹介するコーナー。レノボのフラグシップゲーミングPCがフルモデルチェンジしたので、サクッとチェックしてみます。

 

Lenovo Legion T750i(レノボ)

公式サイト icon-external-link 

”Legion T730”の後継となる、ハイエンドクラスのゲーミングPCです。ケースを含めフルモデルチェンジされています。

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-10700K/Core i9-10900K
■チップセット:Z490チップセット
■メモリ:16・32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2070 SUPER/RTX 2080 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.1
■電源:650W(80PLUS GOLD)
【クーポン利用】336,380円174,918円(税・送料込)~

 

ド派手なケース

フルモデルチェンジされたケースですが、サイズそのものが大きくなり、W211×D483×450mmとミドルタワーサイズに進化しています。

 

前モデルでは取っ手がついたユニークなケースでしたが、新モデルではクセのないオーソドックスな箱型タイプとなっています。前面とサイドのLegionのロゴがゲーミングモデルらしさを演出していますね。

クリアサイドパネルを引き続き装備していますが、クリアパネルがサイドの全面に拡大され、内部の視認性が大幅にアップしています。ケースファンはいずれもフルカラー仕様なので、とても明るく華やか。内部のパーツを見て楽しむ?こともできます。

 

優れた通気性

ケースの冷却性能は大きく強化され、前面に3基のファンから吸気し、天板・背面の3基のファンから排気するエアフローになり、内部に熱がこもりにくくなっています。

さらに、本体下部の電源スペースとマザーボードのスペースを分離した”チャンバー構造”や、かさばるケーブルをケース背面にまとめる”裏配線構造”を採用しており、非常にスムーズなエアフローを実現しています。ゲーミングPCは特に熱くなりがちですが、このエアフローなら夏場でも安心。

ちなみに拡張性ですが、3.5インチベイが2基用意されています。最低限の数ですが、大容量ストレージが普及しているので、ベイの数を容量でカバーしてあげたいところですね。

 

インテル第10世代Coreシリーズ搭載

CPUは最新のインテル第10世代Core iシリーズを搭載。

 

最上位モデルのみ、10コア20スレッドCPU・Core i9-9900Kを搭載しています。Core i7-10700Kよりもさらに約30%性能が高く、ゲームはもちろん動画や画像編集でも非常に高いパフォーマンスを発揮します。

それ以外は8コア16スレッドのCore i7-10700Kを搭載しています。基本的にはこのCPUを選んでおけばまず間違いありません。

なお、CPUクーラーは、冷却性能に優れた水冷式タイプを採用しています。水冷式は冷却液をポンプで循環させ、CPUの熱をラジエーターで発散する仕組み。直接CPUの熱を吸収し、排熱するので冷却性能が非常に高く、ピーク時には通常の小型ファンよりも約20℃以上低い温度で冷却できる優れものです。

 

RTX SUPERシリーズ搭載

グラボはNVIDIAの最新世代”Turing”シリーズを採用しており、RTX 2080 SUPER&RTX 2070 SUPERの2種類を搭載しています。

RTXシリーズは、最新技術のDXR(リアルタイムレイトレーシング)やDLSSに対応しているのがポイント。特に最新のアンチエイリアス技術のDLSSは、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが大きく向上し、かなり使える機能となっています。

それぞれの性能指標ですが、4KでのゲーミングであればRTX 2070 SUPERを選んでおけばまずOK!余裕を持たせるのであればRTX 2080 SUPERを選ぶのもありといったところです。

 

充実した初期構成

性能もさることながら、初期構成の充実ぶりもなかなかのもの。

 

メモリは最低でも16GBしっかり搭載しています。最近のゲームはメモリをガッツリ使うものが多く、8GBだとカツカツになるケースが増えてきましたが、16GBもあれば安心です。

 

ストレージは512GB SSD+2TB HDDの大容量デュアルストレージ構成です。最近のゲームはメモリだけでなく容量そのものが増えているため、512GBあるとやはり安心ですね。

また、SSD+HDDのデュアルストレージ構成だと、ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに入れるという使い分けができるので、とても便利。もちろん、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを採用するこだわりようです。

 

PCの心臓ともいえる電源ですが、650Wゴールドクラス電源を搭載しています。最大90%の電力変換効率を誇り、コンセントからの電力を効率よく変換できる、省エネ・低発熱の優れた電源です。

 

おすすめモデル

基本モデルは全3種類で、カスタマイズには非対応です。

毎度おなじみのEクーポンでかなり安くなっています。しかも税・送料込みなのでコスパ◎。ちなみに、Eクーポンは販売ページに記載してあります。

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

Lenovo Legion T750i【90Q80016JM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-10900K
■チップセット:Z490チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2080 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS GOLD)
【クーポン利用】418,880円269,610円(税・送料込)~

インテルの第10世代10コア20スレッドCPU・Core i9-10900KとRTX 2080 SUPERを搭載した、ワンランク上の4K性能が魅力のモデル。下位にCore i7搭載モデルがありますが、約3,000円差なのでこのモデルがおすすめ。

 

イチオシ!Lenovo Legion T750i【90Q8000YJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-10700K
■チップセット:Z490チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS GOLD)
【クーポン利用】336,380円174,918円(税・送料込)~

インテルの第10世代8コア16スレッドCPU・Core i7-10700KとRTX 2070 SUPERを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なモデル。この内容で17万円台はとても安く、コスパ◎!

 

あわせて知りたい

タイトルとURLをコピーしました