気まぐれゲーミングPC通信【2019/11/9】 ~全コア5GHz動作!Core i9-9900KS搭載ゲーミングPCが発売

個人的に気になるゲーミングPCやその他もろもろを紹介するコーナー。

インテルからCore i9-9900Kの派生バージョンである【Core i9-9900KS】が発売されました。そのスペックとおすすめゲーミングPCをチェックしてみましょう。

 

Core i9-9900KSのスペックまとめ

 Core i9-9900KSCore i9-9900K
コードネームCoffee Lake-S
Refresh
Coffee Lake-S
Refresh
プロセスルール14nm++14nm++
コア/スレッド8/168/16
動作クロック4.0GHz3.6GHz 
TB2.0クロック5.0GHz(8コア動作時:5.0GHz)5.0GHz(8コア動作時:4.7GHz)
L3キャッシュ16MB12MB
対応メモリーDDR4-2666
2ch
DDR4-2666
2ch
内蔵GPUUHD 630UHD 630
TDP127W95W

基本的な仕様はクロック&TDP以外同じで、いわばマイナーチェンジ版Core i9-9900Kと言うべきCPUですね。

動作クロックが400MHz上がり3.6GHzになり、ブーストクロックは変わらず5.0GHzとなっています。が、9900KSではなんと8コア動作時でもオール5.0GHzをキープできるようになっています。高いクロックとのトレードオフでTDPはガッツリ上がり、127Wとかなり大喰らいです。

以前限定CPUとして販売された、Core i7-8086Kをほうふつとさせます。

 

Core i9-9900KSの性能をサクッとチェック

RTX 2080 Ti・16GBメモリ(DDR4-2666)の組み合わせで、各種ベンチマークをチェックしてみましょう。

CINEBENCH R20

毎度おなじみ3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。最新版となるこのテストでは、よりマルチコアに最適化されています。

Core i9-9900Kと比較してみると、シングル性能は微増で、マルチ性能は約104%と控えめながらしっかりパワーアップしています。ライバルとなる同じく8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xには優位に立っていますが、12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xには当然ながら全くかないません。

 

Blender Open Data

こちらも同じく、3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。時間で測定しているため、短いほど優秀ということになります。

 

Core i9-9900Kよりも時間にして69秒、約7%の時間短縮を実現しています。時間で考えると結構大きいですね。それにしてもRyzen 9 3900Xのパフォーマンスがすごいのなんの。。

 

Adobe Premiere Pro CC 2019

プロ向けの動画編集ソフトです。CUDAコアのアシスト機能を有効にした上で、4K動画を4KのMP4形式に書き出す(エンコード)時間を比較しました。

 

ほぼほぼ上のテスト同じで、Core i9-9900Kよりも時間にして27秒、約6%の時間短縮となっています。ただ、Ryzen 7 3700Xとほとんど差がなく、クロックアップでこれだとちょっと苦しいですね。

 

BATTLEFIELD V

平均フレームレートはCore i9-9900Kよりも約2%とわずかながら向上しています。ゲームではやはりインテルが強いですね。Ryzenのゲーミング性能は前世代から大幅に向上しましたが、それでもインテルに分があります。総合力ならRyzenといったところでしょうか。

 

消費電力

先の【Blender Open Data】実行時の消費電力を比較しました。

 

クロックが上がることにより消費電力もグンと上がり、Core i9-9900Kから39Wも消費電力が増えています。12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xと比べてみると、あまりに分が悪いですね。Ryzen 7 3700Xと同じ8コア16スレッドCPUとはとても思えないレベル

 

結局Core i9-9900KSはどうなの?

Core i9-9900Kから若干パワーアップした程度で、消費電力がガッツリ増える…言ってしまえば「趣味用CPU」で、基本的にはCore i9-9900Kで十分です

実際そのことは搭載モデルの価格に反映されており、Core i9-9900K搭載モデルに近い価格設定(場合によっては無料アップグレード)となっています。とことんこだわる方におすすめ。

 

ラインナップ

RTX 2080 Ti・RTX 2070 SUPER・RTX 2060搭載モデルが用意されています。

RTX 2080 Ti搭載モデル

リアルタイムレイトレーシングに対応した、ド安定の4K性能が魅力のモデル

  ガレリア ZZ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900KFCore i9-9900KS
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:279,980円265,080円(税別)~

※実機モデルではCore i9-9900Kを搭載しています。

コスパに優れたオールインワンモデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KFとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、冷却面は万全!今なら無料でCore i9-9900KSにアップグレードされ、とてもおトク。

大容量の16GBメモリに大容量SSDを搭載した、充実の初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、電源は最大90%の電源変換効率を誇るゴールドクラス電源というこだわりよう。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、文句のつけようがないパーフェクトな一台です。

 

おすすめカスタマイズ

HDDを追加してデュアルストレージにすると、SSDとの使い分けができるのでとても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-G03A-LCi9KS-XYVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900KS
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:269,980円(税別)~

高品質マザーボードを搭載したフル装備モデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KSとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のフルタワーモデル。もちろん冷却能力に優れた水冷式CPUクーラーを標準搭載しており、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージを搭載した充実の初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりよう。さらに各種パーツを搭載するマザーボードには、高品質で信頼の高いASUS製の【PRIME Z390-A】を搭載しているのがポイント。

 

まず拡張性ですが、マルチGPUに対応しており、SLIやCrossFireXといったグラボの2枚構成でさらに高いゲーミング性能を構築することができます。また、通常のSSDよりも4~5倍高速のPCIe接続SSDに対応したM.2スロットも用意されています。

機能面では、国産のオーディオ・コンデンサを採用したサウンドシステムに、安定した通信環境を実現するインテルのLANチップを搭載。さらに【AURA Sync】に対応したLEDイルミネーションも搭載し、PCのドレスアップも気軽に楽しめるようになっています。

耐久性にも優れており、【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されてます。さらに拡張スロットは金属プレートで補強され、M2 SSDを冷却するヒートシンクも標準装備する徹底ぶりです。

 

おすすめカスタマイズ

この構成ならカスタマイズ不要ですね。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2070 SUPER搭載モデル

リアルタイムレイトレーシングに対応した、4K推奨モデル

G-GEAR neo GX9J-Z194/ZT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900KS
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 500GB
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:249,800円(税別)~

こだわりのハイスペックモデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KSとRTX 2070 SUPERを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なフルタワーモデル。

ケースはクーラーマスター製の【MasterCase MC500】を採用。ミドルタワーよりもさらに大きいフルタワーで拡張性&冷却性はバツグン。さらにツールレス構造を採用しており、内部へのアクセスやパーツの交換増設もラクラクできます。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、電源には大御所Seasonic製の750Wゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。もちろん水冷式CPUクーラーを標準装備しており、冷却面も万全!

 

ツクモで毎度おなじみですが、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、高い耐久性と信頼性を誇るASUS製TUF(The Ultimate Force)シリーズ【TUF Z390-PLUS GAMING】を採用しています。

チョークコイルやコンデンサなど重要部品をはじめ、金属プレートで補強された拡張スロットなど、各パーツが軍事規格に準拠しており、とにかくタフ。長時間・長期間の使用でも安定したパフォーマンスを発揮します。

機能面も充実しており、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、ゲーミングヘッドセット用のオーディオ機能やLEDイルミネーション機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

 

おすすめカスタマイズ

HDDを追加してデュアルストレージにすると、SSDとの使い分けができるのでとても便利。また、グラボをアップグレードすることも可能です

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2060搭載モデル

リアルタイムレイトレーシングに対応した、WQHDでのゲーミングに最適なモデル

LEVEL-G03A-i9KS-ROX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900KS
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:179,980円(税別)~

高品質マザーボードを搭載したフル装備モデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KSとRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なフルタワーモデル。もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、冷却面はバッチリ!

大容量の16GBメモリに大容量SSDを搭載した充実の初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりよう。さらに各種パーツを搭載するマザーボードには、高品質で信頼の高いASUS製の【PRIME Z390-A】を搭載しているのがポイント。

 

まず拡張性ですが、マルチGPUに対応しており、SLIやCrossFireXといったグラボの2枚構成でさらに高いゲーミング性能を構築することができます。また、通常のSSDよりも4~5倍高速のPCIe接続SSDに対応したM.2スロットも用意されています。

機能面では、国産のオーディオ・コンデンサを採用したサウンドシステムに、安定した通信環境を実現するインテルのLANチップを搭載。さらに【AURA Sync】に対応したLEDイルミネーションも搭載し、PCのドレスアップも気軽に楽しめるようになっています。

耐久性にも優れており、【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されてます。さらに拡張スロットは金属プレートで補強され、M2 SSDを冷却するヒートシンクも標準装備する徹底ぶりです。

 

おすすめカスタマイズ

HDDを追加してデュアルストレージにすると、SSDとの使い分けができるのでとても便利。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

あわせて知りたい

タイトルとURLをコピーしました