今週のゲーミングPC通信【2019/6/29~2019/7/12】 ~デルから新作ゲーミングノート3機種がリリース

今週見つけたゲーミングPCを気ままに紹介するコーナー。意外な掘り出し物が見つかるかも!?

デルから新たなゲーミングノートが発売されました。新旧モデル合わせると、とんでもないバリエーションになります。

 

NEW ALIENWARE M15(デル)

公式サイト  

【スリム・コンパクト・軽量】の3点そろった15インチノートが、デザインを刷新してリニューアル。

 

刷新されたデザイン

最大のポイントはやはりデザインでしょう。

 

直線主体のキチっとしたデザインはそのまま、リアの排気グリルをラウンドフォルムにすることで、より躍動感のあるイメージに仕上がっています。

さながら”スリム版ALIENWARE Area-51m”というべきデザインで、キーボードやグリルをオシャレなハニカム調に加工する芸の細かさ。天板部分の「15」ロゴもアクセントとしてバッチリきまっています。

 

※キーボードは日本語仕様となります

さらにグリル周囲はド派手に光ります!前モデルのシンプルな感じも捨てがたいですが、やはりALIENWAREといえばLEDイルミネーションですよね。付属アプリの機能【ALIEN FX】でフルカラーキーボードを含め、好みのカラーに変更できます。

なお、どういうわけかテンキーが再び非搭載となりました。あると意外と便利なのですが、これはちょっと好みが分かれそうですね。

セールスポイントであるスリム&コンパクトボディにも磨きがかかり、サイズはW360.5×D276×H19.5~20.1(20.5)mmと、横幅と厚さがさらに進化。

ちなみに、ボディは前モデルと同じく堅牢なマグネシウム合金製となっており、重さも約2.16Kgと変わらず。ともあれ、ゲーミングノートにしてはかなり軽いので、持ち運びもラクラクです。

 

高性能ディスプレイにカスタマイズ可能

画面は15.6インチで、フルHDディスプレイが標準で搭載されています。

 

このモデルでは高性能ディスプレイにカスタマイズ可能で、まず240Hzの高リフレッシュレートディスプレイを選択できます。

1秒間に描写できる枚数は、通常の60Hzに比べ約4倍なので、圧倒的にスムーズな描写が可能です。コンマ単位で勝敗が決するFPSゲームではとても重宝します。また、色域が広くsRGB 100%を実現しているため、編集用途にも最適。

さらに、4Kディスプレイも選択可能。こちらのディスプレイは通常の液晶タイプではなく、なんと有機ELとなっています。100,000:1の圧倒的なコントラストと、非常に広い色域で美しい映像を堪能することができます。

 

 

インテル第9世代CPU搭載

CPUはインテル第9世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-9750Hのほか、Core i9-9980HKを搭載しています。

Core i7-9750Hは、前世代のCore i7-8750Hと同じく6コア12スレッドですが、動作クロックとキャッシュ容量が強化され、さらに約10%ほど性能が向上しています。ゲーミング用途なら十分すぎる性能です。

Core i9-9980HKはさらにその上を行く8コア16スレッドCPUで、Core i7より約25%も性能が高くなっています。このCPUはRTX 2080搭載モデルのみ採用されており、ハイエンドモデルの相方として最適ですね。

 

DXR対応!RTXシリーズ搭載

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAの最新GPU・RTXシリーズを搭載。

RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載。AI機能を活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】で、対応したゲームであればより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

搭載されているのはRTX 2080~RTX 2060までのフルラインナップに、DXR非対応のGTX 1660 Tiを加えた計4種類となっています。

バリエーションが豊富ですが、性能目安をまとめると以下のような感じ。わざわざハイグレードのALIENWAREを選ぶのであれば、RTX 2060以上は選びたいところ。

  • RTX 2080:ド安定のDXR性能
  • RTX 2070:DXR推奨スペック
  • RTX 2060:ド安定のフルHD性能&DXR入門スペック
  • GTX 1660 Ti:ド安定のフルHD性能

 

ちなみにRTX 2080・2070いずれもMax-Q版となっています。Max-Q版とは、スリムモデルなど冷却に余裕のないモデルに向けて開発された、いわば省エネ・低発熱バージョンのことです。

通常版よりも動作クロックが下げられており、低発熱とのトレードオフで、性能はやや下。特にRTX 2080はまだ十分最適化がされていないのがネックです。

 

ラインナップ

全4モデルが用意されています。

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。割引クーポンは販売ページに記載してあります。

NEW ALIENWARE M15 スプレマシー・RTX搭載 VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ 4K 有機EL ノングレア
■CPU:Core i9-9980HK
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080(Max-Q)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
416,980円(税別・送料込)~

有機EL搭載の最強モデル

ノート用の第9世代8コア16スレッドCPU・Core i9-9980HKとRTX 2080を搭載した、ド安定のDXR性能が魅力のモデル。4K&有機ELディスプレイを搭載しており、美しいグラフィックでゲームを楽しむことができます。

大容量の16GBメモリに256GB SSDの実用的な初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載する充実ぶりです。

ちなみに、カラバリはホワイトのみとなっています。

 

おすすめカスタマイズ

最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・512GB PCIe M.2 SSD
・1TB PCIe M.2 SSD
→HDDの追加はできません。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、予算に余裕がある場合のみおすすめ。

 

NEW ALIENWARE M15 プラチナ・RTX搭載 VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070(Max-Q)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
269,980円(税別・送料込)~

ノート用の第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとRTX 2070を搭載した、DXR推奨モデル。大容量の16GBメモリに256GB SSDの実用的な初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載する充実ぶりです。

なお、ホワイトのカラバリに変更するには、ディスプレイをカスタマイズする必要があります。

 

おすすめカスタマイズ

最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心。FPSゲームメインなら高リフレッシュレートディスプレイにするのもいいでしょう。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・512GB PCIe M.2 SSD
・1TB PCIe M.2 SSD
→HDDの追加はできません。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、予算に余裕がある場合のみおすすめ。

 icon-check-circle ディスプレイ
・15.6インチ FHD (1920 x 1080) 240Hz 7ms 300-nits sRGB 100% 色域 + Tobii Eyetracking テクノロジー – シルバーホワイト
・15.6インチ 4K 有機EL (3840 x 2160) 60Hz 1ms HDR-400 DCI-P3 色域 + Tobii Eyetracking テクノロジー – シルバーホワイト
→ホワイトのカラバリには変更が必要です。ちなみに、4Kでゲームを楽しむにはやや厳しい性能なので、編集用としてなら選択するのもありです。

 

NEW ALIENWARE M15 プレミアム・RTX搭載 VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
240,980円(税別・送料込)~

上のモデルのRTX 2060バージョンです。

 

NEW ALIENWARE M15 プレミアム VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
212,980円(税別・送料込)~

こちらも同じく上のモデルのGTX 1660 Tiバージョンです。

 

NEW ALIENWARE M17(デル)

公式サイト  

15インチとともに、17インチモデルも発売されました。内容は15インチモデルとほとんど共通しているので、違いをサクッとチェックしてみます。

 

17インチなので、サイズはW399.8×D295.5×H18.6~20.5mmと、一回り大きめ。

前モデルよりもさらに2.5mm薄くなり、15インチに匹敵するレベルを実現しているのがポイント。また、重さは約2.63Kgと変わらないものの、17インチでは圧倒的に軽く、持ち運びにも最適です。

ちなみに、15インチモデルとは異なり、テンキーを搭載しています。

 

画面は通常のフルHDディスプレイと144Hzの高リフレッシュレートディスプレイの2種類のみ。現行では4Kディスプレイの用意はありません。

 

ラインナップ

15インチとほぼ同じラインナップで、全5モデルが用意されています。基本的には144Hzディスプレイがデフォルトになっています

なお、カラバリはホワイトとブラックが用意されていますが、現状ではブラックのみとなっています。

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。割引クーポンは販売ページに記載してあります。

NEW ALIENWARE M17 スプレマシー・RTX搭載 VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i9-9980HK
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080(Max-Q)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
397,980円(税別・送料込)~

充実した装備が自慢のRTX 2080搭載モデル

ノート用の第9世代8コア16スレッドCPU・Core i9-9980HKとRTX 2080を搭載した、ド安定のDXR性能が魅力のモデル。標準で高速の144Hzディスプレイを搭載しており、FPSゲームにも最適。

大容量の16GBメモリに256GB SSDの実用的な初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載する充実ぶりです。

 

【共通】おすすめカスタマイズ

最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・512GB PCIe M.2 SSD
・1TB PCIe M.2 SSD
⇒HDDの追加はできません。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、予算に余裕がある場合のみおすすめ。

 

NEW ALIENWARE M17 プラチナ・RTX搭載 VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070(Max-Q)
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
299,980円(税別・送料込)~

ノート用の第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとRTX 2070を搭載した、DXR推奨モデル。大容量の16GBメモリに256GB SSDの実用的な初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載する充実ぶりです。

 

NEW ALIENWARE M17 プレミアム・RTX搭載 VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
270,980円(税別・送料込)~

上のモデルのRTX 2060バージョンです。

 

NEW ALIENWARE M17スタンダード VR

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】
267,980円(税別・送料込)~

こちらも同じく上のモデルのGTX 1660 Tiバージョンです。約3,000円差なので、RTX 2060を選びましょう。

 

NEW DELL G7 17[7790](デル)

公式サイト  

デルのカジュアルブランド【Gシリーズ】最上位となる、G7に17インチモデルが登場しました。

 

G5ベースのデザイン

背面の排気口だけでなく、それに続く形でサイド全面がグリル加工された特徴的なデザインーどこかで見たことがありますが、これはまさに【New DELL G5 15】そのものです。

 

ALIENWAREとはしっかり差別化されており、サイズはW404×D295.8×H25mmと、横幅がやや大きく、厚めになっています。大型ボディはもちろん、金属製のため約3.14kgと重く、持ち運びには厳しめ。

 

機能面・性能面もほぼG5

G5ベースということで、機能面や性能面もほぼG5を踏襲しています。

 

最近のはやりですが、電源・ディスプレイ・LANポートを背面に搭載しています。

この3つのケーブルは太いため特にかさばるので、サイドにあるとマウスなどの配線と干渉して邪魔になりがち。しかし後ろにあればそんな心配は一切ありません。しっかり考えられた絶妙な配置で、ミドルクラスモデルながらあっぱれ。

 

ディスプレイサイズはフルHDとなっており、IPSパネルを採用しています。発色に優れ、きれいな映像でゲームを堪能できます。また、視野角も広く、姿勢によって色味が変わらないのもグッド。

なお、全てオーソドックスな60Hzディスプレイとなっており、144Hzの高リフレッシュレートディスプレイは非採用です。

 

性能面では、CPUにCore i7-9750HとCore i5-9300Hを搭載しています。Core i5は4コア8スレッドのCPUで、Core i7の約7割ほどの性能となっています。本格的に動画や画像編集で使うならともかく、フルHDでのゲーミングであれば、正直Core i5でも十分です。

GPUはRTX 2060とGTX 1660 Tiの2種類を搭載。どうやら国内のGシリーズではRTX 2060以上をリリースしないようですね。

 

ラインナップ

全3モデルが用意されています。カラバリはブラックのみです。

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

New Dell G7 17 プラチナ[RTX 2060搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
193,980円155,184円(税別・送料込)~

充実した初期構成のRTX 2060搭載モデル

ノート用の第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとGTX 1660 Tiを搭載した、DXR入門モデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。メモリが16GBと多く、最新のゲームまで幅広く楽しめます。

 

New Dell G7 17 プラチナ[GTX 1660 Ti搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
179,980円143,984円(税別・送料込)~

上のモデルのGTX 1660 Tiバージョンです。フルHDでのゲーミングであれば、まずおすすめ。

 

New Dell G7 17 プレミアム[GTX 1660 Ti搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】
161,980円129,984円(税別・送料込)~

Core i5を搭載した、予算重視のGTX 1660 Tiモデル。SSDのみの構成ですが、512GBと容量が多いので、ゲームをより多くインストールできます。

 

あわせて知りたい

タイトルとURLをコピーしました