今週のゲーミングPC通信【2019/6/8~2019/6/14】 ~レノボの新作ゲーミングPCをまとめてチェック!

今週見つけたゲーミングPCを気ままに紹介するコーナー。意外な掘り出し物が見つかるかも!?

レノボから新作ゲーミングPCが続々発売!圧倒的安さが魅力のモデルをチェックしてみましょう。

Lenovo Legion Y540[15インチ]

モデル詳細 icon-external-link

レノボのスタンダードゲーミングノート【Lenovo Legion Y540】がデビュー。Y530の後継モデルとなりますが、15インチと17インチモデルが用意されるようになりました。

まずは15インチモデルからチェックしてみましょう。

直線主体のスマートなデザイン

筐体そのものはY530をほぼ踏襲しています。ボディは直線主体のフォルムでスマートな印象。細部の造形に凝っており、飽きのこないデザインに仕上げているのがミソ。

背面の排熱グリルですが、よくあるエッジ加工ではなく、ブロック状にバッサリと切り落としており、なかなか新鮮。

また、直線一辺倒かと思いきやヒンジ部分をラウンドフォルムにしたり、やや前方にヒンジを持ってきたりと、意表を突くデザインはまさにレノボらしいですね。

高い機能性

デザインだけでなく機能性も高くなっており、ヒンジ部分を前にせり出すことで、左右でデュアルチャンネルの冷却構造を実現。スムーズなエアフローで高い冷却性能を発揮します。

そして、背面にLANポートや映像出力ポートが搭載されているのもポイント。かさばるケーブル類を背面に回すことで、マウスなどと混線しにくくなっています。これはよく考えられていますね。

最新のモデルらしく、厚さ24.2mm・重さ約2.3Kgの軽量スリムボディに仕上げられ、持ち運びしやすくなっています。また、レノボといえばこれ、180°開閉ギミックも備えています。

白色LED内蔵キーボード搭載

15インチということで、テンキー付きのフル規格キーボードを搭載しています。前モデルでは英語配列でしたが、新モデルでは日本語キーボードとなり、使い勝手は格段に向上しています。

もちろんゲーミングノートらしく、バックライト付き。カラーはホワイトなので、落ち着いた印象です。レノボなら赤…と思いきや意外ですね。最新モデルでは従来のイメージが一新された感じがします。

IPSパネル&144Hzディスプレイ搭載

フルHD解像度の15インチディスプレイには、IPSパネルを搭載。コントラストが高く発色に優れ、さらに視野角が広いので色むらも少なく、きれいな映像でゲームを楽しむことができます。エントリーモデルでIPSパネルとはかなり魅力的ですね

さらにディスプレイのベゼル(ふち)にはナローベゼルを採用しています。余分なスペースを削ることでボディがよりコンパクトに、またデザイン面でも野暮ったさが無くとてもスタイリッシュです。ボディデザインとの相性もぴったりです。

一部のモデルに限られますが、144Hz出力対応の高リフレッシュレートモニターを搭載しています。

144Hzディスプレイは、1秒間に描写できる回数が通常の60Hzディスプレイの2倍以上。120Hzディスプレイのさらにその上を行く滑らかさで、ゲームのプレイ精度はグッと上がります。動きの激しいFPSでは特に重宝します

インテル第9世代Core i7・Core i5搭載

CPUは、最新のインテル第9世代CPU【Core i7-9750H/Core i5-9300H】を搭載しています。

Core i7-9750Hは第8世代のCore i7-8750Hと同じく6コア12スレッドで、違いは動作クロックとキャッシュ容量のみ。マイナーチェンジ版といったところで、約10%ほど性能が向上しています。

一方Core i5-9300Hも第8世代のCore i5-9300Hと同じく4コア8スレッドですが、違いはなんと動作クロックが0.1GHz上がっただけ。そのため性能はほとんど変わりません。

目新しさは無いものの、マルチコア・スレッドで性能そのものは高く、ゲームでは高いパフォーマンスを発揮します。

”Turing”世代のGTXシリーズ搭載

搭載されているのは【GTX 1650・GTX 1660 Ti】の3種類。いずれもNVIDIAの最新”Turing”世代のGPUで、大幅にパワーアップしています。

毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

GTX 1660 Tiは同じミドルクラスとは思えないほど性能が向上しており、GTX 1060に対しFireStrikeでは約129%、TimeSpyでは約155%の性能とまさに圧倒的。RTX 2060に迫るパフォーマンスの高さです。

GTX 1650もGTX 1050に対しFireStrikeでは約152%、TimeSpyでは約210%の性能と大幅にパワーアップ。ただGTX 1060には及ばず、フルHD入門GPUというポジションはやはり変わらないといったところですね。

最近では新旧のGPUが入り混じって分かりにくくなっていますが、エントリー~ミドルクラスの性能目安をまとめると以下のような感じですー

  • RTX 2060:ド安定のフルHD性能&DXR入門
  • GTX 1660 Ti:ド安定のフルHD性能
  • GTX 1060:フルHD推奨スペック
  • GTX 1650:フルHD入門の性能
  • GTX 1050&1050 Ti:フルHD入門スペック

おすすめモデル

全6モデルのラインナップです。基本的にはカスタマイズ対応モデルをベースにするのがおすすめ。

毎度おなじみのEクーポンでかなり安くなっています。しかも税・送料込みですからね、とんでもないコスパです。ちなみに、Eクーポンは販売ページに記載してあります。

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

【カスタマイズ可能】Lenovo Legion Y540 プレミアム

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
214,920円141,847円(税・送料込)~

RTX 2060にもカスタマイズ可能

ノート用の第9世代4コア8スレッドCPU・Core i5-9300HとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載するこだわりよう。さらに、高速の144Hzディスプレイを搭載する徹底ぶりです。

おすすめカスタマイズ

ノートはメインメモリを多く使いがちなので、メモリのカスタマイズがおすすめ。また、最近ではゲームの容量も飛躍的に増えており、SSDの容量を増やしておくとより安心。

icon-check-circle プロセッサー
・Intel Core i7-9750H Processor
⇒フルHDレベルであればCore i5でも十分ですが、より高いフレームレートで安定性を重視する場合や、編集用途でも使うのであればカスタマイズがおすすめ。

icon-check-circle メモリー
・16GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (8GBx2)

icon-check-circle 1st ハード・ディスク・ドライブ
・2TB Hard Drive, 5400RPM, 2.5″

icon-check-circle 2nd ハード・ディスク・ドライブ
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe)

icon-check-circle グラフィックス
・NVIDIA GeForce RTX 2060 (6GB GDDR6 192bit)
⇒DXR機能を使ってゲームを楽しみたいのであればおすすめ。

【カスタマイズ可能】Lenovo Legion Y540 スタンダード

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
168,480円116,251円(税・送料込)~

上のモデルのGTX 1650バージョンです。なお、GPUはカスタマイズできません。

Lenovo Legion Y540[17インチ]

モデル詳細 icon-external-link

Y540には15インチのほか、17インチモデルも用意されています。サイズの違いだけで、基本的な内容は15インチと同じです。

幅は399.8mmと大きいものの、スリムベゼルで40cm以下に抑えており、17インチにしてはコンパクト。厚さも25mmと15インチモデルとの差はわずか0.8mm!コンパクト&スリムボディでさらに約2.8Kgと軽く、その気になれば持ち運びも可能です。

また、横に広い分キーボード周りに余裕があり、底面のデザインが若干変更になっています。やはり15インチに比べ没入感は高く、迫力も上。ゲーミングノートならあえて17インチモデルを選ぶのもいいでしょう。

なお、このモデルでは英語キーボードを搭載しています。

おすすめモデル

全4モデルのラインナップです。基本的にはカスタマイズ対応モデルをベースにするのがおすすめ。

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

【カスタマイズ可能】Lenovo Legion Y540 パフォーマンス

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
210,600円130,572円(税・送料込)~

RTX 2060にもカスタマイズ可能

ノート用の第9世代4コア8スレッドCPU・Core i5-9300HとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載するこだわりよう。さらに、高速の144Hzディスプレイを搭載する徹底ぶりです。

おすすめカスタマイズ

ノートはメインメモリを多く使いがちなので、メモリのカスタマイズがおすすめ。また、最近ではゲームの容量も飛躍的に増えており、SSDの容量を増やしておくとより安心。

icon-check-circle プロセッサー
・Intel Core i7-9750H Processor
⇒フルHDレベルであればCore i5でも十分ですが、より高いフレームレートで安定性を重視する場合や、編集用途でも使うのであればカスタマイズがおすすめ。

icon-check-circle メモリー
・16GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (8GBx2)

icon-check-circle 1st ハード・ディスク・ドライブ
・2TB Hard Drive, 5400RPM, 2.5″

icon-check-circle 2nd ハード・ディスク・ドライブ
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe)

icon-check-circle グラフィックス
・NVIDIA GeForce RTX 2060 (6GB GDDR6 192bit)
⇒DXR機能を使ってゲームを楽しみたいのであればおすすめ。

【カスタマイズ可能】Lenovo Legion Y540 スタンダード

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
177,120円115,128円(税・送料込)~

上のモデルのGTX 1650バージョンです。なお、GPUはカスタマイズできません。

Ideacentre 720・T540(ゲーミングモデル)

一般向けデスクトップ【Ideacentre】をゲーミング用にカスタマイズしたモデルです。Legionよりも安いのがポイント。

小型のミニタワーサイズ

いずれのモデルも小振りのミニタワーモデルです。

こちらは【Ideacentre 720】で、寸法はW165×D325×H376mmとなっています。

一般向けモデルらしく、ヘアライン仕上げのフロントパネルが特徴の、スマートで落ち着きのあるデザインに仕上げています。

フロントのポート類は右側のカバー内に収納されており、とてもスッキリしています。

こちらは【Ideacentre T540】です。寸法はW145×D3303×H366mmとIdeacentre 720よりもさらにコンパクト。

デザインはゲーミングモデル寄りにしており、フロントパネルのトライアングルテクスチャでモダンなイメージに仕上げ、さらに青色LEDも搭載。情報量が多く、飽きのこないデザインですね。

インテル第9世代Core i7・Core i5搭載

CPUは、最新のインテル第9世代CPU【Core i7-9700(8コア)/Core i5-9400F(6コア)】のほか、Ideacentre 720のみ第8世代のCore i5-8400(6コア)を搭載しています。

ミドルクラスモデルということで、基本的にはCore i5でOK。グラボの性能をしっかり引き出すことができます。もちろん、より高いフレームレートや動画・画像編集で高いパフォーマンスを求めるのであれば、Core i7がおすすめです。

なお、Core i5-9400FとCore i5-8400の違いは、動作クロックと内蔵GPUの有無のみなので、ほとんど性能は変わりません。

”Turing”世代のGTXシリーズ搭載

NVIDIAの最新”Turing”世代のグラボを搭載しています。Ideacentre 720はGTX 1650のほか、前世代のGTX 1060・GTX 1050 Tiを搭載。Ideacentre T540はGTX 1650・GTX 1660 Tiを搭載し、変則的なラインナップとなっています。

基本的な用途はノートとほぼ同じですね。

  • GTX 1660 Ti:WQHD入門にも最適な、ド安定のフルHD性能
  • GTX 1060:フルHD推奨スペック
  • GTX 1650:フルHD入門の性能
  • GTX 1050 Ti:フルHD入門スペック

おすすめモデル

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

Ideacentre T540 Gaming[GTX 1660 Ti搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 1TB
■電源:310W(80PLUS BRONZE)
【クーポン利用】
240,624円149,187円(税・送料込)~

高コスパ!Ideacentre唯一のGTX 1660 Ti搭載モデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700とGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成が魅力的。特にSSDは1TBと破格レベルで、通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。この内容はコスパが非常に高いです。

Ideacentre T540 Gaming[GTX 1650搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:310W(80PLUS BRONZE)
【クーポン利用】
154,224円103,330円(税・送料込)~

充実した装備&価格の安さを実現したGTX 1650搭載モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成が魅力的。最近のゲームはメモリを多く使うものが増えてきているので、メモリが16GBあるのはやはり安心です。

Ideacentre 720 ゲーミングエディション[GTX 1650搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:HDD 1TB(Optane 16GB)
■電源:400W(80PLUS BRONZE)
【クーポン利用】
149,040円95,386円(税・送料込)~

10万円以下の格安GTX 1650搭載モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なミニタワーモデル。

8GBメモリに1TB HDDのシンプルな初期構成ですが、ストレージのキャッシュに高速のOptaneメモリーを搭載しているのでSSD並みのスピードを発揮します。10万円以下の入門マシンとしておすすめ。

Ideacentre 720 ゲーミングエディション[GTX 1050 Ti搭載]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:HDD 1TB(Optaneメモリー)
■電源:400W(80PLUS BRONZE)
【クーポン利用】
144,720円86,832円(税・送料込)~

8万円台の激安モデル

第8世代の6コアCPU・Core i5-8400とGTX 1050 Tiを搭載した、フルHD入門に最適なミニタワーモデル。8万円台ととにかく安く、従来の軽めのゲームをフルHDで楽しみたいのであれば、これで十分。

Lenovo Legion T530・C530

Legionのデスクトップにも、最新のGTXシリーズ搭載モデルが登場しています。詳しくはこちらをチェック!

icon-star Legionのおすすめデスクトップ

Lenovo LegionのおすすめゲーミングPC2019【取っ手付きのケース&LEDアクセントが魅力の高コスパモデル】
公式サイト レノボのゲーミングブランド【Legion(レギオン)】の最大の武器は「低価格&高コスパ」。Eクーポンによる大幅値引きで、常...

あわせて知りたい

シェアする

フォローする