今週のゲーミングPC通信【2019/5/18~2019/5/24】 ~GTX 1650搭載ゲーミングPCがひっそりと販売中

今週見つけたゲーミングPCを気ままに紹介するコーナー。意外な掘り出し物が見つかるかも!?

GTX 1650搭載ゲーミングPC登場

NVIDIAの最新世代となる”Turing”のエントリーグラボ・GTX 1650搭載ゲーミングPCがひっそりと発売されています。サクッとチェックしてみましょう。

GTX 1060にあと一歩の惜しい性能

GTX 1650は、GTX 1050/1050 Tiの後継ということで、補助電源は不要となっています。仕様はGTX 1050 Tiの発展改良版といった感じで、CUDAコアは約17%増加し、クロックが大幅に引き上げられているのがポイント。

毎度おなじみの3DMarkでチェックしてみると、GTX 1050 Tiに対し、DirectX11ベースのFireStrikeでは約112~117%の性能ですが、DirectX12ベースのTimeSpyでは約135~143%と大きく差をつけます。最新のGPUなだけあり、やはりDirectX12環境に強いですね。

なお、実戦のゲームともなると、軽めのゲームではGTX 1060(VRAM3GB)に迫る高いパフォーマンスを発揮します。ただ、重量級のゲームになると地力の差がはっきり出るので、やはりフルHD入門レベルというのは変わりません。

icon-exclamation-circle詳しくはこちらのまとめをチェック!

GTX 1650搭載おすすめゲーミングPC 最新GPUで大幅にパワーアップ!フルHD入門に最適なエントリーモデル
''Turing世代''のGTXシリーズにエントリークラスのグラボが登場。大幅にパワーアップしたその実力をチェックしてみましょう。 ...

おすすめゲーミングPC

GTX 1650搭載モデルの価格はGTX 1060搭載モデルの価格とほぼ同等、それどころかGTX 1060の方が安いケースもあるので、素直にGTX 1060を選びましょう。

さらに言ってしまうと、GTX 1060がいまだ健在なので、取り扱いメーカーはごく一部。ほぼ選びようがありません。。

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

LEVEL-M0B6-i5F-RFS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 240GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:87,980円(税別)~

Core i5搭載のシンプルモデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なミニタワーモデル。8GBメモリに240GB SSDのシンプルな初期構成で8万円台を実現しています。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズする予算があれば、ワンランク上のGTX 1660搭載モデルを選びましょう。性能が段違いです。

icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

G-GEAR note N1572Kシリーズ(ツクモ)

公式サイト icon-external-link

このモデルではディスプレイがスリムベゼル仕様となっており、15インチながら横幅361mmとコンパクトボディに仕上げてあります。また、見た目もスッキリしており、スタイリッシュなのもいいですね。

コンパクトなので重さも2.2Kgと軽く持ち運びにも最適です。

シンプルなフォルムですが、天板には鋭いエッジ加工が施され、さらにLEDのワンポイントが仕込まれています。地味すぎず派手すぎず、アクセントとしては十分。スピード感のあるデザインですね。

CPUはノート用の第8世代6コア12スレッドCPU・Core i7-8750Hを搭載し、GPUはDXR(リアルタイムレイトレーシング)に対応したミドルクラスのRTX 2060を搭載しています。

このモデルではフルHDディスプレイを搭載しており、RTX 2060のパワーで安定感はバツグン。また目玉のDXR性能ですが、DLSSのアシストがあれば十分実用レベルではあるので、DXR入門にも最適です。

機能面も充実しており、ディスプレイには高発色・高コントラストのIPSパネルを採用し、きれいな映像でゲームを楽しむことができます。もちろんトレンドのフルカラーキーボードも標準装備。

なお、高リフレッシュレートディスプレイ非搭載となっており、その点だけは残念ですね。ただその分価格が安いので、予算重視ということであればおすすめ

ラインナップ

モデルは2種類用意されています。完成品のため、カスタマイズには非対応です。

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

G-GEAR note N1572K-700/T

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■GPU:RTX 2060
■ストレージ:SSD 250GB
■価格:159,800円(税別)~

大容量メモリ&SSD搭載モデル

最新の6コア12スレッドCPU・Core i7-8750HにRTX 2060を搭載した、DXR入門モデル。大容量の16GBメモリにSSDのポイントをおさえた初期構成となっています。最近では重量級のゲームが増えているので、16GBメモリというのはやはり安心。

なお、HDDは非搭載なので、動画や画像など編集用途にはちょっと不向き。別途外付けHDD鳴りを用意する必要があります。

icon-info-circle 大容量の500GB SSD搭載モデルはこちら>>G-GEAR note N1572K-720/T icon-external-link

icon-check-circleツクモは物損保証がおトク!

やはりツクモといえば物損保証でしょう。誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できます

例えばこのモデルで標準構成のままであれば、税込8,640円で加入することができます。仮に落としてしまてしまうと、最悪ディスプレイ・基盤を含む全交換になる場合があり、もう一台買える修理金額がかかることもざらです。

うっかり手が触れてジュースをこぼしてしまった…というように、ノートは一瞬の不注意が命取りになるケースが多いので、加入すれば万が一の時とても安心。

あわせて知りたい

シェアする

フォローする