今週のゲーミングPC通信【2018/11/24~2018/11/30】 ~ハイエンドモデル爆誕!Lenovo Legion T730/C730がデビュー

今週見つけたゲーミングPCを気ままに紹介するコーナー。意外な掘り出し物が見つかるかも!?

Lenovo Legion T730&C730発売

レノボのゲーミングブランド”Legion”から、ハイエンドゲーミングPC【Legion T730&C730】の2シリーズが発売されました。

見覚えのある方もいるかと思いますが、それもそのはず、以前の記事で取り上げた【Legion T530&C530】をベースにしています。ケースの基本的な仕様は共通なので、新モデル独自のポイントをチェックしていきます。

icon-exclamation-circleケースの仕様はこちらをチェック

今週のゲーミングPC通信【2018/7/14~2018/7/20】 ~取っ手付き!Lenovo Legion T530/C530が発売
今週見つけたゲーミングPCを気ままに紹介するコーナー。意外な掘り出し物が見つかるかも!?

Lenovo Legion T730

公式サイト icon-external-link

取っ手付きのユニークなミニタワーモデル。T530と違うのは次の3点です。

透明サイドパネル&フルカラーLEDイルミネーション搭載

T530では赤色LEDイルミネーションを搭載していますが、T730ではフルカラーLEDとなっており、さらにゲーミングモデルらしくなっています。

さらにサイドパネルはシースルー仕様なので、前面のスリットとの合わせ技で派手に光ります。また、内部のパーツを見て楽しむこともでき、まさに一石二鳥ですね。※イメージは別モデル

BTOでもシースルーサイドパネルを選択することができますが、残念ながら内部にイルミネーションが無いので、とても地味なんですよね。シースルーにするなら光らせてナンボというものです。

Core i9-9900K×RTX 2080搭載

CPUはインテル第9世代のハイエンドCPU【Core i9-9900K】を搭載しています。Core i9-9900Kは8コア16スレッドになり、前世代の6コア12スレッドCPU【Core i7-8700K】に比べ約25%も性能が向上しています。

ゲームでの安定性はもちろん、動画や画像編集などクリエイティブ用途でも非常に高いパフォーマンスを発揮する頼もしいCPUです。

そしてゲームの要ともいえるグラボには、最新の【RTX 2080】を搭載しています。前世代のハイエンドグラボGTX 1080 Tiをしのぐパワーをもち、よりリアルな描写を実現するグラフィック技術【リアルタイムレイトレーシング】にも対応しています。

4Kでゲームするならまずおすすめのグラボですね。

水冷式CPUクーラー搭載

CPUクーラーは、冷却性能に優れた水冷式タイプを採用しています。

水冷式は冷却液をポンプで循環させ、CPUの熱をラジエーターで発散する仕組み。直接CPUの熱を吸収し、排熱するので冷却性能が非常に高く、ピーク時には通常の小型ファンよりも約20℃以上低い温度で冷却できる優れものです。

高性能のCore i9-9900Kですが、Core i7-8700Kよりもさらに約10℃ほど熱くなっているので、これはとてもありがたいカスタマイズです。

ラインナップ

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:464,400円311,148円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

1モデルのみのラインナップです。大容量の32GBメモリに大容量デュアルストレージのハイエンドモデルにふさわしい初期構成が魅力的。SSDよりも4~5倍速いNVMeタイプというこだわりよう。

毎度おなじみのEクーポンでの大幅値引き&税・送料込みで、非常にコスパが高くなっています。Core i9×RTX 2080のフルスペックモデルと考えれば、十分アリな価格ですね。

国内BTOではまずお目にかかれないユニークなケースも、それだけで価値があります

Lenovo Legion C730

公式サイト icon-external-link

やはり取っ手付き!可愛らしいキューブタイプのコンパクトモデルです。

C530と大きく異なるのはやはりLEDイルミネーションで、フルカラーLEDを搭載しています。T730ではサイドパネルがシースルーになっていますが、C730では通気口を兼ねた天板部分がシースルー仕様となっています。

トップから内部が見えるというのは、なかなかに斬新ですね。

スペックについてはT730とほぼ共通。Core i9-9900KとRTX 2080を搭載し、メモリやストレージ容量も同じになっています。ただし、水冷式CPUクーラーではなく通常の空冷式クーラーを搭載しているのが唯一の違いです。

Core i9レベルだと、水冷式とはいかないまでも、大型の空冷式CPUクーラーは欲しいものです。

ラインナップ

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:453,600円294,840円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

T730と同じく1モデルのみのラインナップで、初期構成も同じです。T730よりも1Kgほど軽く、持ち運び重視なら選ぶのもあり。といったところでしょうか。

G-Master Hydro Z390 II(サイコム)

公式サイト 

自作PCクオリティを誇る本格派のBTOメーカー”サイコム”から、新型のW水冷モデル【G-Master Hydro Z390 II】が発売されました。

これは【G-Master Hydro Z390】をリニューアルしたもので、ケースとグラボが変更されています。

ケースは静音ケースでは定番のFractal Design製ミドルタワーケース【Define R6】を採用。Define R5の後継モデルで、高い拡張性や静音仕様はそのまま、内部のレイアウトをさらに自由に変更できる柔軟性の高いケースに進化しています。

また、リアルタイムレイトレーシング対応の4K推奨グラボ【RTX 2080】を水冷化しており、CPUとあわせて低い温度で安定した動作を実現しています。

発売を記念して、RTX 2080が10,000円引きとなっているので、この機会をぜひお見逃しなく!

12月のBTOセール情報

ドスパラとサイコムでセール内容が更新されました。

ドスパラ

公式サイト

引き続き【冬のボーナスセール】を実施中ですが、Core i7-8700×GTX 1060ド定番モデル【ガレリア XT】がなんと12万円台になっています!通常は14万円台なので、非常におトクです。

icon-exclamation-circleドスパラの詳しいセール情報はこちら

ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

サイコム

公式サイト

2019年1月6日まで【冬のボーナスキャンペーン】を実施中。めったにない半期に一度のセールなので、絶対にお見逃しなく

内容はかなり太っ腹。最新のインテル第9世代Coreシリーズや超高速のNVMe SSD、さらに放熱性に優れたヒートスプレッダ付きメモリまで、あると嬉しいパーツが軒並み値引き。プラスで送料も無料!実質2,920円(税込)引きと考えると、とんでもなくおトクですね。

また、先に紹介した【G-Master Hydro Z390 II】の発売記念で、RTX 2080が10,000円引きとなっています。

icon-exclamation-circleおすすめモデルはこちら

サイコムのおすすめゲーミングPC ~G-Master Standard Model編
公式サイト サイコムが誇るこだわりのゲーミングPC「G-Masterシリーズ」の中で、一番コスパが高く、売れ筋の【Standard M...
サイコムのおすすめゲーミングPC ~G-Master Hydro デュアル水冷編
公式サイト こだわりのBTOメーカー、サイコムが誇るこだわりのゲーミングPC「G-Masterシリーズ」の中で、格段に冷却性能が高く、...

あわせて知りたい

シェアする

フォローする