今週のゲーミングPC通信【2018/8/18~2018/8/24】 ~Core i9-9900KやGeForce RTX 20シリーズまとめ

今週見つけたゲーミングPCを気ままに紹介するコーナー。意外な掘り出し物が見つかるかも!?

今回は情報オンリー!

【インテル】新・Coffee Lake

9月に発売?ともっぱら噂されている【Coffee Lake】の仕様をざっくりとチェックしてみます。確定情報ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

見た感じ「迷走中」といったところ…

Core i9-9900K

Core i9-9900K Ryzen 7 2700X
コードネーム Coffee Lake Pinnacle Ridge
プロセスルール 14nm++ 12nm
コア/スレッド 8/16 8/16
動作クロック 3.6GHz 3.7GHz
TB2.0クロック 5.0GHz 4.3GHz
L3キャッシュ 16MB 16MB
対応メモリー DDR4 2ch DDR4-2933
2ch
内蔵GPU
TDP 95W 105W
価格 450ドル前後 329ドル

フラグシップのCore i9-9900Kでは、ついに8コア16スレッドを実現。ブーストクロックは5GHzの大台とのことで、これは現行のメモリアルCPU・Core i7-8086Kと同じです。

8コア16スレッドといえばAMDのRyzen 7ですが、価格面でだいぶ差があるのが気になるところ。それなりに性能差が無いと厳しいですね。

Core i7-9700K

Core i7-9700K Core i7-8700K
コードネーム Coffee Lake Coffee Lake-S
プロセスルール 14nm++ 14nm++
コア/スレッド 8 6/12
動作クロック 3.6GHz 3.7GHz
TB2.0クロック 4.9GHz 4.7GHz
L3キャッシュ 12MB? 12MB
対応メモリー DDR4 2ch DDR4-2666
2ch
内蔵GPU UHD 630
TDP 95W 95W
価格 350ドル前後 359ドル

メインのCore i7は8コアですが、なんとHT(ハイパースレッディング)が省略されています。アプリケーションによっては現行のCore i7-8700Kよりも遅くなりそうですが、そのあたりは大丈夫なのか…

また、価格的にはRyzen 7 2700Xがライバルとなるので、そのあたりも心配。。てっきりこのグレードが8コア16スレッドと思っていただけに、ちょっと拍子抜けです。

Core i5-9600K・9600・9500・9400

Core i5-9600K Core i5-9600 Core i5-9500 Core i5-9400 Core i5-8600K
コードネーム Coffee Lake Coffee Lake Coffee Lake Coffee Lake Coffee Lake-S
プロセスルール 14nm++ 14nm++ 14nm++ 14nm++ 14nm++
コア/スレッド 6/12 6/12 6/12 6/12 6
動作クロック 3.7GHz 3.1GHz 3.0GHz 2.9GHz 3.6GHz
TB2.0クロック 4.6GHz 4.5GHz 4.3GHz 4.1GHz 4.3GHz
L3キャッシュ 9MB 9MB 9MB 9MB 9MB
対応メモリー DDR4 2ch DDR4 2ch DDR4 2ch DDR4 2ch DDR4-2666
2ch
内蔵GPU UHD 630
TDP 95W 65W 65W 65W 95W
価格 250ドル前後 257ドル

最も多いラインナップのCore i5は6コア12スレッドで、現行のCore i7-8000シリーズをそのまま下位グレードに落としてきた形です

これはもう何というか、もはやミドルクラスのスペックじゃないですよね。Core i5-9600Kなんてキャッシュを減らしただけのCore i7-8700Kですから。価格も安いので、かなり魅力的

Core i3-9100・9000

Core i3-9100 Core i3-9000 Core i3-8100
コードネーム Coffee Lake Coffee Lake Coffee Lake-S
プロセスルール 14nm++ 14nm++ 14nm++
コア/スレッド 4 4 4
動作クロック 3.7GHz 3.6GHz 3.6GHz
TB2.0クロック
L3キャッシュ 6MB 6MB 6MB
対応メモリー DDR4 2ch DDR4 2ch DDR4-2400
2ch
内蔵GPU UHD 630
TDP 65W 65W 65W
価格 117ドル

Core i3のみ発売時期・価格は不明

現行モデルと同じ4コアで、仕様はほぼ共通。Core i3-8100をCore i3-9000にトレースし、Core i3-9100のクロックを0.1GHz引き上げた程度と、マイナーチェンジにとどまっています。

【NVIDIA】GeForce RTX 20シリーズ

9月20日解禁!

NVIDIAから最新の【Turingアーキテクチャ】を採用した最新GPU、GeForce RTX 20シリーズがついに発表。Pascalから約2年ぶりとなるGPUをサクッとチェックしてみます。

リアルタイムレートレーシング対応

最大の特徴はリアルタイムレイトレーシング技術を採用したこと。

GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

このリアルタイムトレーシング機能を使うには、ゲームが対応している必要があります。今後発売予定のBattlefield Vなどで採用されるほか、PUBGなど従来のタイトルにも順次対応していくとのこと。

リアルタイムレイトレーシング対応ということで、製品名にはGTXではなく【RTX】がつけられています。現状のラインナップはRTX 2080 Ti・RTX 2080・RTX 2070の3つです。

ちなみにGPUにはRTコアのほか、【Tensorコア】を搭載し、ゲームだけでなくAIの開発などに必要なディープラーニングにも最適な設計となっているのもポイントです。

RTX 2080のゲーミング性能はGTX 1080の約1.5倍

性能そのものも順当にパワーアップしており、FF15 HDR・Shadow of War HDR・Hitman2 HDR・Shadow of the Tomb Raider・PUBG…などゲームのベンチマークで、RTX 2080はGTX 1080約1.5倍高いパフォーマンスを発揮します

さらに、AIノイズ削減などを行なう「DLSS」(Deep Learning Super-Sampling)を利用すれば、その性能はなんと2倍を超えるのこと。

さらに、RTX 2080は重量級のゲームで4K・60fpsをキープできるパワーを持ち合わせています。これらのタイトルは現在最強のGTX 1080 Tiでも苦しいので、その性能にはかなり期待できそうですね。

スペック詳細

高い性能を引き出すスペックにしっかり進化しています。ポイントをピックアップしてみました。

GPUの製造プロセスは16nmから12nmへさらに微細化。グラフィック描写の要となるCUDAコアは約13~17%増加し、ブーストクロックが引き上げられています。

メモリは最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へグレードアップ。これは従来のGDDR5(9Gbps)のゆうに2倍。メモリ帯域にいたってはかのHBM2に匹敵するレベルです。

面白いことにRTX 2080・RTX 2070のTDPがしっかり上がっている一方で、RTX 2080 TiのTDPは据え置きになっています。にわかには信じがたいですが、これが事実ならRTX 2080 Tiのワットパフォーマンスはとんでもなく高いことになりますね。

ちなみにSLIはRTX 2080 TiとRTX 2080のみ対応しており、RTX 2070は非対応なので注意!SLIには別途【NVLinkブリッジ】が必要になります。

RTX 2080 Ti

RTX 2080 Ti GTX 1080 Ti
アーキテクチャ Turing Pascal
プロセスルール 12nm FinFET 16m FinFET
CUDAコア数 4352基 3584基
動作クロック 1350MHz 1480MHz
ブーストクロック 1635MHz(FE)
1545MHz
1582MHz
メモリークロック 14GHz 11GHz
メモリータイプ GDDR6 DDR5X
メモリーインターフェース 352bit 352bit
メモリー搭載量 11GB 11GB
TDP 260W(FE)
250W
250W
Rays/sec 10Giga 1.21Giga
RTX-OPS 78T
外部電源 8ピン×2 8ピン+6ピン
映像出力端子 DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b

※FEとはファウンダーズエディションのこと。リファレンスモデルの高クロックバージョンです。

RTX 2080

RTX 2080 GTX 1080
アーキテクチャ Turing Pascal
プロセスルール 12nm FinFET 16m FinFET
CUDAコア数 2944基 2560基
動作クロック 1515MHz 1607MHz
ブーストクロック 1800MHz(FE)
1700MHz
1733MHz
メモリークロック 14GHz 10GHz
メモリータイプ GDDR6 DDR5X
メモリーインターフェース 256bit 256bit
メモリー搭載量 8GB 8GB
TDP 225W(FE)
215W
180W
Rays/sec 8Giga
RTX-OPS 60T
外部電源 8ピン+6ピン 8ピン
映像出力端子 DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D

RTX 2070【SLI非対応】

RTX 2070 GTX 1070
アーキテクチャ Turing Pascal
プロセスルール 12nm FinFET 16m FinFET
CUDAコア数 2304基 1920基
動作クロック 1410MHz 1506MHz
ブーストクロック 1710MHz(FE)
1620MHz
1683MHz
メモリークロック 14GHz 8GHz
メモリータイプ GDDR6 DDR5
メモリーインターフェース 256bit 256bit
メモリー搭載量 8GB 8GB
TDP 185W(FE)
175W
150W
Rays/sec 6Giga
RTX-OPS 45T
外部電源 8ピン 8ピン
映像出力端子 DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DVI-D
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
nvlink bridgeDVI-D

8月のBTOセール

ドスパラで新しいキャンペーンが始まりました。

【ドスパラ】ポイントバックキャンペーン

キャンペーンサイト

おなじみのキャンペーン再び!8月24日~9月2日まで【eスポーツやろうぜ!ポイントキャンペーン】を実施中。

GALLERIAシリーズ icon-external-link対象モデルを購入後、キャンペーンに応募すると、最大10,000円分のポイントがキャッシュバックされるというもの。

ちなみに、このポイントは大御所のゲーム販売サイト【STEAM】使える優れモノ。パソコンだけではなく、ゲームまで購入できるおトクなキャンペーンをお見逃しなく!

icon-check-circleポイントバック&対象金額
対象モデルの金額に応じてポイントがアップするシステムです。

税別24万円以上:10,000ポイント

税別18万円以上:7,000ポイント

税別12万円以上:3,000ポイント

あわせて知りたい

シェアする

フォローする