RX 6700 XT搭載おすすめゲーミングPC 予算重視ならおすすめ!4K入門に最適な低価格のハイスペックモデル

  • RTX 3070をやや下回る性能で、4K入門に最適
  • DXR性能は低く、DLSSにも非対応
  • 搭載パソコンの予算目安は18~21万円台

AMDのハイスペックグラボ・RX 6700 XTが登場。RTX 3070のライバルモデルの実力と、おすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

RX 6700 XTのスペックまとめ

RX 6700 XTの仕様

 RX 6800 XTRX 6700 XTRX 6600 XTRTX 3070RTX 3060
コアNavi 21(RDNA 2)Navi 22(RDNA 2)Navi 23 XT(RDNA 2)GA104(Ampere)GA106(Ampere)
プロセスルール7nm7nm7nm8nm8nm
シェーダプロセッサ数4608基2560基2048基5888基3584基
レイトレーシングユニット数 
72基40基32基46基28基
Tensorコア数
184基112基
動作クロック1500MHz1320MHz
ゲームクロック2015MHz2424MHz2359MHz1725MHz1777MHz
ブーストクロック1725MHz1777MHz
ブースト最大クロック2250MHz2581MHz2589MHz
メモリークロック16GHz16GHz16GHz14GHz15GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリーインターフェース256bit192bit128bit256bit192bit
メモリーバス幅
512GB/s384GB/s256GB/s448GB/s360GB/s
メモリー搭載量16GB16GB8GB8GB12GB
TDP300W230W160W220W170W
PCI Express4.04.04.04.04.0
外部電源8ピン+8ピン8ピン+6ピン8ピン12ピン8ピン

RX 6700 XTは、RDNA 2アーキテクチャをベースにしたGPUで、コアには”Navi 22”を採用。上位のRX 6800 XTと比較すると、性能の要となるシェーダプロセッサ数は、RX 6800 XTの約55%程度と大きく差が開いており、WQHD~4K入門に最適な性能となっています

GeForceとは設計が異なるので、単純には比較できませんが、トランジスタの規模的にRTX 3070がライバルとなります。RTX 3070に比べ、コアの動作クロックが高く、グラフィックメモリを多く搭載しているのがポイント。特に、最近のゲームはグラフィックメモリをガッツリ使うので、16GBという大容量は頼もしい限りです

なお、メモリのバス幅は384GB/sとやや狭いのがネックですが、”Infinity Cache”を搭載することで、メモリアクセス性能を向上させ、広い帯域幅を確保しています。なお、キャッシュ容量は96MBとなっており、RX 6800 XTの75%相当と、多めに搭載されています。

ちなみに、RX 6700 XTでは、リアルタイムレイトレーシングを処理する”Ray Accelerator”を搭載しており、こちらもRX 6800 XTの約55%となっています。ただし、RTX 3000シリーズに比べると性能は低く、Tensorコアを搭載していないため、DLSS対応ゲームでフレームレートを底上げできないのがウィークポイントです

 

余談にはなりますが、DLSSに近い機能として、”FidelityFX Super Resolution(FSR)”というのがあります。これはDLSSと同じくフレームレートを向上させる機能ですが、Tensorコアを必要とせず、Radeonでも使える汎用性の高さが魅力の機能となっています。

ただし、リリースされて日が浅いため、対応するゲームが少なく、さらに画像処理が荒くなるなど、まだまだ発展途上といったところ。現状では、高いDXR性能と、精度の高いDLSSに対応したRTXシリーズがおすすめです。

 

ベンチマーク

Ryzen 9 5900X・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まずDirectX11をベースにしたFire Strikeからチェックしてみると、RX 6700 XTはRX 6800 XTに約35~48%差をつけられ、特に高解像度ではコア数の差がもろに出ています。一方、ライバルのRTX 3070とは、ほぼ互角のスコアをマークしています。

 

次にDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

このテストでも、RX 6700 XTとRX 6800 XTとの差は約37~43%と、Fire Strikeとほぼ同じような傾向となっています。両者の差は最大50%近くになり、シェーダプロセッサ数の差だけきっちりついていますね。

なお、このテストではGeForce系が強く、RTX 3070に約11~12%差をつけられています。

 

最後はDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTX 6700XTとRX 6800 XTの差は約52%となり、やはりレイトレーシングユニットの差がスコアにしっかり反映されています。

なお、DXRはやはりイマイチで、RTX 3070に約37%も差をつけられています。RX 6800 XTもスコアが振るわず、RTX 3070に約10%差まで迫られるほど。次世代では性能の底上げを期待したいところです。

 

FF14暁月のフィナーレ

続いて実際のゲームでチェックしていきますが、まずはおなじみのMMORPGゲームから。スコア9000以上で平均60fpsをキープできるようになります。

 

GeForce系が有利のゲームなので、Radeon系のスコアの伸びはイマイチですね。

RX 6700 XTとRX 6800 XTの差は、フルHDこそ約6%程度ですが、WQHDでは約10%、4Kでは約47%まで開き、やはり4Kで大きく差が付きますね。4Kではスコア9000ぎりぎりと、苦戦しているのが伺えます。

なお、RTX 3070はRTX 6700 XTをコンスタントに上回り、約17~21%差をつけ、フルHDとWQHDではRX 6800 XTを上回るほどのハイスコアをマークしています。

 

Apex Legends

DirectX11ベースのFPSゲームで、グラフィック負荷は割と軽め。

RX 6700 XTとRX 6800 XTとの差は、平均fpsで約23~37%と、解像度が大きくなるにつれ大きくなります。4Kで高リフレッシュレートディスプレイを生かすなら、RX 6800 XTクラスは欲しいところです。

なお、このゲームもGeForceがやや有利といったところで、RTX 3070がRX 6700 XTを上回り、約14~23%差をつけています。この差はかなり大きく、4Kで平均100fpsをキープできるのは魅力的ですね。

 

Borderlands 3

DirectX12ベースの超重量級FPSゲームです。

RX 6700 XTとRX 6800 XTの差はコンスタントに大きく、平均fpsは約20~40%差となり、4Kで大きく差がつくのは変わらず。コアの差もさることながら、メモリの帯域幅が狭いこともあり、高解像度だとRX 6800 XTにおいて行かれてしまいますね。

なお、またしてもRTX 3070がRX 6700 XTを上回り、約10~17%差をつけています。やはりRTX 3070はメモリの帯域幅が広いので、意外と4Kでfpsが伸びます。

 

Watch Dogs Legion

DirectX12をベースにした、超重量級のTPSゲームで、DXRに対応しています。

RX 6700 XTとRX 6800 XTでは、高解像度で非常に大きな差がつき、フルHDでは約29%、WQHDでは約44%、4Kともなると約56%にまで拡大します。ほかのゲームと同じく、高解像度で伸び悩む傾向にあります。

RTX 3070はRX 6700 XTを上回っており、フルHDでは約10%の差が、WQHDと4Kでは約20~22%になり、メモリ帯域がボトルネックとなっています。

 

こちらはDXRモードにした際の結果で、設定は”最高”で計測しています。

DXRモードは特に負荷が高いのですが、傾向は変わらず、RX 6700 XTとRX 6800 XTとの差はフルHDでは約20%、4Kでは約47%となります。

なお、DXRに強いRTX 3070がRX 6700XTよりも有利で、WQHDまでは約20~29%上回り、RX 6800 XTに迫るほど。ただし、4Kではグラボがボトルネックとなるので、ほぼ互角となります。

 

BIOHAZARD VILLAGE

DirectX12ベースの重量級TPSゲームですね。設定は”最高”で計測しています。

上のゲームから一転、割と軽めのレイトレーシングということで、フレームレートの伸びは良好。RX 6700 XTとRX 6800 XTとの差はかなり大きく、約51~61%にもなります。

なお、RTX 3070はRX 6700 XTを約25~34%上回っており、4Kでも平均60fpsをキープできます。4K性能ならRTX 3070に分がありますね。

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

RX 6700 XTとRX 6800 XTとの消費電力の差は約18%で、性能差を考えると、ワットパフォーマンスはさほど良くはありません。なお、RTX 3070よりも約5%ほど少なくなっています。

 

結局RX 6700 XTはどうなの?

RX 6700 XTの性能は、RX 6800 XTの50~70%程度と大きく差をつけられ、メモリ帯域の狭さもあり、ライバルのRTX 3070を下回るパフォーマンスとなっています。WQHDでのゲーミングに最適な性能で、4Kはあくまでも入門レベルといったところですね。

また、RTX 6700 XTに限らずRadeon全般に言えることですが、DXR性能が低く、DLSSにも非対応というのもネック。RTX 3070に比べ、どうにも見劣りしてしまいます。

そのため、搭載モデルの価格は18~21万円台と、RTX 3070よりも割安。予算重視のハイスペックモデルとしておすすめです。

 

RX 6700 XT搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 GALLERIA/ガレリア XA7C-67XT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RX 6700 XT
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■価格:182,980円(税込)~

パフォーマンス重視の高性能モデル

AMDの第3世代8コア16スレッドCPU・Ryzen  7 3700XとRX 6700 XTを搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに超大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、電源は最大90%の電力変換効率を誇る、ゴールドクラス電源を搭載しています。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。ワンランク上のミドルクラスモデルとしておすすめ。

ゲームに強いCore i7-11700搭載モデルはこちら>>>GALLERIA XA7C-67XT icon-external-link 

 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア RM5R-67XT 3600搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3600
■チップセット:A520チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RX 6700 XT
■ストレージ:SSD 500GB(PCie NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:164,980円(税込)~

予算重視の低価格モデル

AMDの第3世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600とRX 6600 XTを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型CPUクーラーを搭載しているので、冷却面も万全です。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。予算重視でケースのクオリティにもこだわりたい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 G-Tune HM-A-6700XT(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen  7 3700X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:219,780円(税込)~

保証&サポート重視ならG-Tuneがおすすめ

AMDの第3世代の8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRX 6700 XTを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

保証&サポート重視ならおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

GeForce

 

Radeon

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では、12月7日午後13時59分まで''ボ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 ボーナス先取り...
DELL(デル)のゲーミングPCセール情報
BTOパソコンの真価はセールにあり!特にゲーミングノートで高いコスパを誇る、デルのセール情報をチェックしてみましょう。 BLACK FRIDAYセール 直販セールサイト 期間限定で最大22%OFFの''ブラックフライデーセ...
タイトルとURLをコピーしました