RTX 4090搭載おすすめゲーミングPC 恐るべき4K性能!RTX 3090を圧倒するパワーが魅力のウルトラハイエンドモデル

  • RTX 3090から最大約2倍性能が向上
  • DLSS 3対応ゲームでは4K・DXRで高いパフォーマンスを発揮
  • 搭載パソコンの予算目安は48~69万円台

ついにRTX 4000シリーズが登場!フラグシップとなるRTX 4090の実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 4090のスペックまとめ

DXR&DLSS対応

RTXシリーズでは、”RTコア”と”Tensorコア”を搭載しています。

 

RTコアは”レイトレーシング技術(DXR)”に対応しており、反射・影・ライティングなどをリアルに再現可能。ゲームでのイメージを見てもわかるように、炎の描写が車体にもしっかり表現され、従来よりもさらに臨場感が増しています。

また、AI機能のTensorコアは”DLSSモード”に対応しており、低い解像度でレンダリングした映像をアップスケーリングし、さらにアンチエイリアスを最適化することで、フレームレートを大幅に向上させることができます。ゲームの快適性が目に見えて上がり、とても便利。

そのほか、RTXシリーズはOptiXにも対応しているのもポイント。Blenderなどの3DCG作成ソフトでは、RTコアを活用した高速レンダリングや、Tensorコアを活用した高速のノイズ除去機能を搭載し、ヘビーなCG作成作業で高いパフォーマンスを発揮します。

 

RTX 4090の仕様

 RTX 4090RTX 3090RTX 3080 Ti
コアAD102(Ada Lovelace)GA102(Ampere)GA102(Ampere)
プロセスルール4nm8nm8nm
CUDAコア数16384基10496基10240基
RTコア数 
128基82基80基
Tensorコア数
512基328基320基
動作クロック2235MHz1395MHz1365MHz
ブーストクロック2520MHz
1695MHz
1665MHz
メモリークロック21GHz19.5GHz19GHz
メモリータイプGDDR6XGDDR6XGDDR6X
メモリーインターフェース384bit384bit384bit
メモリーバス幅
1008GB/s936GB/s912GB/s
メモリー搭載量24GB24GB12GB
TDP450W
350W
350W
PCI Express4.04.04.0
NVLink SLI
外部電源16ピン12ピン12ピン

製造プロセスは8nmから4nmへさらに微細化。グラフィック描写の要となるCUDAコアは、RTX 3090比で約56%増加しています。

VRAM(グラフィックメモリ)の規格はGDDR6Xで変わらず。容量はRTX 3090と同じ24GBですが、動作クロックやメモリクロックが引き上げられています。VRAMに関しては、RTX 3090の上位となるRTX 3090 Tiそのままといったところですね。

 

レイトレースエンジンの”RT Core”は第3世代へ進化し、RTX 3090からRT Coreは約56%増加。

シェーダー処理を最適化する”Shader Execution Reordering”や、複雑なジオメトリのレンダリングを高速化する”Micro-Mesh Engine”、不透明な物体の処理を高速化する”Opacity Micro-Map Engine”などの新機能が追加れ、大幅な性能向上を実現しています。

 

AI処理エンジン”Tensor Core”は第4世代へ進化し、Tensor Core数は約56%増加。DLSSも第3世代の”DLSS 3”へ進化しています。

GPUコアに内蔵された”Optical Flow Accelerator”を使い、映像のフレーム間に中間フレームを補完することで、描写の負荷を大きく軽減し、フレームレートを大幅に上げることが可能。ウルトラヘビー級のゲーム・Cyberpunk 2077では、約4倍以上もパフォーマンスが向上しています。

なお、TDPはなんと450W!RTX 3090 Tiと同じ大食いなので、電源容量には要注意です。

 

ベンチマーク

Ryzen 9 5900X・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まずDirectX11をベースにしたFire Strikeですが、特に4K&WQHDで大幅に性能が向上しており、RTX 4090はRTX 3090に約97%差のダブルスコアをつけています。一方、フルHDでは約39%差と小さく、解像度が高いほど真価を発揮します。

なお、RTX 3080 Tiにも4K&WQHDではダブルスコアをつけ、フルHDでの差は約42%となっています。RTX 3090は、いわばRTX 3080 TiのVRAM 24GBバージョンなので、両者の性能はほとんど変わりません。

 

次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

ここでもRTX 4090が猛威を振るい、RTX 3090よりも約82~96%高いスコアをマーク。また、RTX 3080 Tiとの差も同じく約84~105%となっており、特に4Kで非常に高いパフォーマンスを発揮します。

 

そしてDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTコアの進化&増量により、DXR性能も大幅アップ。RTX 4090はRTX 3090よりも約98%高いスコアをマークし、ダブルスコア連発です。

ちなみに、RTX 3080 Tiとの差は約105%となっています。

 

最後はDLSS性能を測るDLSS feature testをチェック。RTX 4090のみDLSS 3モードとなっており、現状DLSS 3はRTX 4000シリーズの専用機能となっています

DLSS 3は4Kで真価を発揮し、fpsはノーマルモードの約2.7倍にもなります。RTX 3090やRTX 3080 Tiの約3.1~3.2倍にもなり、フレームの補完が見事に功を奏していますね。

一方、WQHDではDLSS 3での伸び幅は約2.1倍と縮小。RTX 3090やRTX 3080 Tiの差も約2.6~2.7倍縮まるものの、圧倒的なのは変わりません。

 

FF14暁月のフィナーレ

続いて実際のゲームでチェックしていきますが、まずはおなじみのMMORPGゲームから。スコア9000以上で平均60fpsをキープできるようになります。

 

ダブルスコアとはいかないものの、RTX 4090はRTX 3090よりも約22~44%高いスコアをマーク。4Kでスコア20000オーバーというのは、さすがの一言ですね。なお、RTX 3080 Tiとの差も約24~53%となっています。

 

Borderlands 3

DirectX12ベースの超重量級FPSゲームです。

このゲームはCPUへの負荷が非常に高いので、低解像度だとCPUがボトルネックとなります。そのため、WQHD&フルHDでのRTX 4090とRTX 3090の差は平均fpsで約2~9%とかなり小さめ。一方、4Kではグラボの性能をしっかり発揮することができ、両者の差は約55%まで拡大します。

なお、RTX 3080 Tiとの差はフルHD&WQHDでは約4~11%、4Kでは約59%となります。

 

Halo Infinite

DirectX12ベースの重量級FPSゲームです。

このゲームではフルHDでCPUがボトルネックとなり、RTX 4090とRTX 3090との差は平均fpsで約2%とほぼ誤差レベル。WQHD以上では差が大きくなり、約51~82%差まで拡大します。フルHDで使うにはもったいない性能ですね。

なお、RTX 3080 Tiとの差はフルHDで約6%、WQHD&4Kでは約61~90%差となります。

 

Far Cry 6

DirectX12ベースの重量級FPSゲームです。

やはり低い解像度ではRTX 4090の性能が振るわず、RTX 3090やRTX 3080 Tiとの差は平均fpsで約3~6%とかなり小さくなっています。4Kでは本領を発揮するものの、RTX 3090との差は約28%、RTX 3080 Tiとの差も約35%とほかのゲームに比べ控えめです。

 

Cyberpunk 2077

DirectX12をベースにした、ウルトラヘビー級のFPSゲーム。DXR&DLSSに対応しており、DXR設定は”ウルトラ”、DLSS設定は”クオリティ”で計測しています。

注目すべきはDLSS 3のパフォーマンスの高さですね。RTX 4090のDLSS 3モードは、ノーマルモードの約2倍にもなります。DXRでは伸び幅が小さくなるものの、DLSS 3はDLSS 2よりも平均fpsで約42~69%もfpsが向上し、4K×DXRでのプレイも実用的なレベルに進化しています。

もはやRTX 3090やRTX 3080 Tiとは比べるまでもなく、DXR+DLSSモードでは約3~4倍差をつけて圧倒しています。DLSS 3対応ゲームは徐々に増えるとのことなので、今後に期待ですね。

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

ピーク時の消費電力は、RTX 3090から約12%上がり、600W台後半に突入しています。とんでもない大喰らいですが、これでもRTX 3090 Tiと同等ということを考えれば、ワットパフォーマンスは良好?ですね。

なお、電源は800W以上入れておきたいところです。

 

結局RTX 4090はどうなの?

ただただ「すごい」の一言ですね。RTX 3090に最大約2倍、DLSS 3対応ゲームともなるとそれ以上の差をつけており、圧倒的なパワーです。搭載モデルの価格もなんと48万円台~とこちらも圧倒的。

まさにエンスージアスト向けグラボといったところで、価格を度外視して、とことん性能を追求するならおすすめです

 

RTX 4090搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 FRGHZ790/4090(FRONTIER)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-13700KF
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4090
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:1200W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:539,800円(税込)~

圧倒的コスパのハイスペックモデル

インテルの第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700KFとRTX 4090を搭載した、ド安定の4K&DXR性能が魅力のミドルタワーモデル。

32GBメモリに1TB SSDの特盛構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、冷却性能が非常に高い水冷式CPUクーラーのほか、最大92%の電力変換効率を誇るプラチナクラス電源を搭載しています。

ケースの完成度も高く、見栄えのするシースルーのガラス製サイドパネルを搭載。また、フロントパネルは全面メッシュで、ケース内部もチャンバー&裏配線構造を採用しており、通気性はバツグン。もちろん、拡張性もしっかり確保されています。

予算重視ならまずおすすめです。

48万円台!Core i7-12700F搭載の低価格モデルはこちら>>>FRGH670/4090 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle FRONTIERのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 LEVEL-R769-LC137K-XLX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-13700K
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4090
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:1000W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:589,800円(税込)~

保証&サポート重視ならおすすめ

インテルの第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700KFとRTX 4090を搭載した、ド安定の4K&DXR性能が魅力のミドルタワーモデル。

32GBメモリに1TB SSDの特盛仕様で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、冷却性能に優れた水冷式CPUクーラーや、最大92%の電力変換効率を誇るプラチナクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

ケースの完成度も高く、ケース内部は裏配線&チャンバー構造を採用しており、エアフローはとてもスムーズ。拡張性もしっかり確保され、シンプルながら機能的なモデルに仕上がっています。ちなみに、FRONTIERとは異なり、最大4年の延長保証が用意され、特に保証面を重視する方におすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。また、ゲーム専用のSSDを追加するのもあり。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア UA9C-R49 第13世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i9-13900K
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4090
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 2TB
■電源:1200W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:699,980円(税込)~

Core i9搭載の最高峰モデル

インテルの第13世代24コア32スレッドCPU・Core i9-13900KとRTX 4090を搭載した、ド安定の4K&DXR性能が魅力のミドルタワーモデル。

32GBメモリに1TB SSD+2TB HDDの特盛構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。さらに、冷却性能に優れた水冷式CPUクーラーのほか、電源には最大92%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のプラチナクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

曲線を用いたアルミ製の美しいケースは、ヘアライン仕上げでワンランク上のクオリティを実現。裏配線&チャンバー構造を採用することで、エアフローはとてもスムーズ。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

この内容ならもはやカスタマイズ不要。ここまでやるならゲーム用のSSDを追加するのもいいでしょう。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

GeForce

 

Radeon

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、11月29日午後1時59分まで''ボーナスセール''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おトクな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 ドスパラ冬の大感謝祭 2023年1月23日午前10時59分まで''ドス...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 ブラックフライ...
FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCセール情報
直販セールサイト BTOパソコンの真価はセールにあり!圧倒的な低価格&コスパの高さを誇る、FRONTIERのセール情報をチェックしてみましょう。 サンタ感謝セール 12月9日午後3時まで''サンタ感謝セール''を開催中 ic...
タイトルとURLをコピーしました