RTX 4080搭載おすすめゲーミングPC VRAMを16GB搭載!ワンランク上の4K性能を誇るハイエンドモデル

  • RTX 3080から最大約60%性能が向上
  • DLSS 3対応ゲームでは4K・DXRで高いパフォーマンスを発揮
  • 搭載パソコンの予算目安は36~52万円台

RTX 4000シリーズの第2弾となる、ハイエンドクラスのRTX 4080の実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 4080のスペックまとめ

DXR&DLSS対応

RTXシリーズでは、”RTコア”と”Tensorコア”を搭載しています。

 

RTコアは”レイトレーシング技術(DXR)”に対応しており、反射・影・ライティングなどをリアルに再現可能。ゲームでのイメージを見てもわかるように、炎の描写が車体にもしっかり表現され、従来よりもさらに臨場感が増しています。

また、AI機能のTensorコアは”DLSSモード”に対応しており、低い解像度でレンダリングした映像をアップスケーリングし、さらにアンチエイリアスを最適化することで、フレームレートを大幅に向上させることができます。ゲームの快適性が目に見えて上がり、とても便利。

そのほか、RTXシリーズはOptiXにも対応しているのもポイント。Blenderなどの3DCG作成ソフトでは、RTコアを活用した高速レンダリングや、Tensorコアを活用した高速のノイズ除去機能を搭載し、ヘビーなCG作成作業で高いパフォーマンスを発揮します。

 

RTX 4080の仕様

 RTX 4090RTX 4080RTX 3090RTX 3080
コアAD102(Ada Lovelace)AD103(Ada Lovelace)GA102(Ampere)GA102(Ampere)
プロセスルール4nm4nm8nm8nm
CUDAコア数16384基9728基10496基8704基
RTコア数 
128基76基82基68基
Tensorコア数
512基304基328基272基
動作クロック2235MHz2210MHz1395MHz1440MHz
ブーストクロック2520MHz
2505MHz
1695MHz
1710MHz
メモリークロック21GHz22.4GHz19.5GHz19GHz
メモリータイプGDDR6XGDDR6XGDDR6XGDDR6X
メモリーインターフェース384bit256bit384bit320bit
メモリーバス幅
1008GB/s716GB/s936GB/s760GB/s
メモリー搭載量24GB16GB24GB10GB
TDP450W
320W
350W
320W
PCI Express4.04.04.04.0
NVLink SLI
外部電源16ピン16ピン12ピン12ピン

製造プロセスは8nmから4nmへさらに微細化。グラフィック描写の要となるCUDAコア数は、RTX 3080から約12%増加。

VRAM(グラフィックメモリ)の規格はGDDR6Xで変わらず。容量は16GBと6GBも増えているほか、動作クロックやメモリクロックが大きく引き上げられています。4K、特にDXRモードではVRAMを特に多く使いますが、16GBもあれば容量不足で困ることはまずありません。

その一方で、メモリーインターフェースやメモリーバス幅はいずれも下回り、メモリーインターフェースに至ってはRTX 3070レベルとなっています。ただし、それらは高いメモリクロックと64MBの大容量L2キャッシュ(RTX 3080は5MB)でカバーしており、高解像度でも安定して高いパフォーマンスを発揮します。

 

レイトレースエンジンの”RT Core”は第3世代へ進化し、RTX 3080からRT Coreは約12%増加。

シェーダー処理を最適化する”Shader Execution Reordering”や、複雑なジオメトリのレンダリングを高速化する”Micro-Mesh Engine”、不透明な物体の処理を高速化する”Opacity Micro-Map Engine”などの新機能が追加れ、大幅な性能向上を実現しています。

 

AI処理エンジン”Tensor Core”は第4世代へ進化し、Tensor Core数も約12%増加。DLSSも第3世代の”DLSS 3”へ進化しています。

GPUコアに内蔵された”Optical Flow Accelerator”を使い、映像のフレーム間に中間フレームを補完することで、描写の負荷を大きく軽減し、フレームレートを大幅に上げることが可能。ウルトラヘビー級のゲーム・Cyberpunk 2077では、約4倍以上もパフォーマンスが向上しています。

なお、TDPは320WとRTX 3080から据え置きなので、ワットパフォーマンスは良好です。

 

ベンチマーク

Ryzen 9 5900X・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まずDirectX11をベースにしたFire Strikeでは、特に4K&WQHDで大幅に性能が向上し、RTX 4080はRTX 3080に約55~58%差をつけています。一方、フルHDでは約37%差とやや小さく、高解像度で優れたパフォーマンスを発揮します。

なお、上位のRTX 4090はさらにその上を行き、4Kではさらに約43%も高いスコアをマーク。最上位にふさわしい、化け物じみた性能となっています。

 

次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

Fire Strikeと同じような傾向で、RTX 4080はRTX 3080よりも約59~62%高いスコアをマーク。RTX 3090にも約50%差をつけ、前世代を圧倒しています。なお、RTX 4090の4K性能は非常に高く、さらに約37%上回っています。

 

そしてDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTコアの進化により、DXR性能もしっかり向上。RTX 4080はRTX 3080よりもRTコアが少ないのですが、約55%高いスコアをマーク。さらに、RTコア数の多いRTX 3090よりも約44%高くなっています。一世代変わるだけで、だいぶ進化しますね。

ちなみに、RTX 4090との差は約43%と大きめですが、コア数のわりに伸び幅は控えめ。

 

最後はDLSS性能を測るDLSS feature testをチェック。RTX 4090のみDLSS 3モードとなっており、現状DLSS 3はRTX 4000シリーズの専用機能となっています

DLSS 3は4Kで真価を発揮し、fpsはノーマルモードの3倍にもなります。その実力はRTX 3080やRTX 3090の約2.4~2.6倍にもなり、フレームの補完で大きく変わることが分かりますね。

一方、WQHDではDLSS 3での伸び幅は約2.5倍とやや縮小。RTX 3090やRTX 3080 Tiの差も約2.2~2.4倍縮まるものの、圧倒的なのは変わりません。

なお、RTX 4090との差はWQHDで約27%、4Kで約38%となり、やはり4Kにめっぽう強いことが分かります。

 

FF14暁月のフィナーレ

続いて実際のゲームでチェックしていきますが、まずはおなじみのMMORPGゲームから。スコア9000以上で平均60fpsをキープできるようになります。

 

RTX 4080はRTX 3080よりも約22~34%、RTX 3090より約17~26%高いスコアをマークし、4Kで大きめの差をつけます。なお、RTX 4090との差は4Kで約19%となる一方、フルHDではCPUがボトルネックとなるため、ほとんど差が付きません。

 

Borderlands 3

DirectX12ベースの超重量級FPSゲームです。

このゲームはCPUへの負荷が非常に高く、低解像度だとCPUがボトルネックとなります。そのため、WQHD&フルHDでのRTX 4080とRTX 3080の差は、平均fpsで10%以内と小さめ。一方、4Kではグラボの性能をしっかり発揮することができ、両者の差は約37%まで拡大します。

なお、RTX 4090との差はフルHD&WQHDでは約2~3%とかなり小さく、4Kでは約23%と拡大します。

 

Halo Infinite

DirectX12ベースの重量級FPSゲームです。

このゲームではフルHDでCPUがボトルネックとなり、RTX 4080とRTX 3080との差は平均fpsで約10%、RTX 3090との差も約4%と小さくなっています。それ以上では差が大きくなり、約49~74%差まで拡大します。フルHDで使うにはもったいない性能ですね。

なお、RTX 4090との差は、WQHDまでは約2~6%と小さいものの、4Kでは約32%まで拡大します。

 

Far Cry 6

DirectX12ベースの重量級FPSゲームです。

やはりCPUがボトルネックとなり、WQHDまでは横並びですね。4Kでは差が大きくなるものの、RTX 3080との差は平均fpsで約27%、RTX 3090との差も約20%と控えめ。4Kでは本領を発揮するものの、なお、RTX 4090との差は4Kでも約6%にとどまっています。

 

Cyberpunk 2077

DirectX12をベースにした、ウルトラヘビー級のFPSゲーム。レイトレーシングを有効にしており、DLSS設定は”バランス”で計測しています。

DLSS 3の効果が非常に大きく、ノーマルモードよりも約4倍もfpsが向上。4K×DXRでのプレイも実用的なレベルに進化しています。

その実力はDLSS 2のRTX 3080やRTX 3090を圧倒し、約1.8~2倍差をつけています。なお、RTX 4090との差は約32%となります。

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

TDPがRTX 3080から据え置きということで、実際の消費電力もほぼ同じ。性能の上り幅を考えると、ワットパフォーマンスはかなり良好ですね

 

結局RTX 4080はどうなの?

RTX 3080から最大約60%も性能が向上し、DLSS 3対応ゲームでは約2~3倍と、圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

なお、搭載モデルの価格は価格は36万円~とかなり高め。予算重視ならワンランク下のRTX 4070 Ti搭載モデルで手を打つのもアリ。

 

 

RTX 4080搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 LEVEL-R779-LC137KF-VLX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-13700KF
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4080
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:1000W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:399,800円(税込)~

予算重視のコスパモデル

インテルの第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700KFとRTX 4080を搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、冷却性能に優れた水冷式CPUクーラーのほか、電源には最大92%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のプラチナクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

この内容で39万円台なので、コスパ◎。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  GALLERIA/ガレリア ZA7C-R48 第13世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-13700K
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4080
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
■電源:1000W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:439,980円(税込)~

高品質ケース採用モデル

インテルの第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700KとRTX 4080を搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。さらに、冷却性能に優れた水冷式CPUクーラーのほか、電源には最大92%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のプラチナクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

ケースのクオリティや保証&サポートを重視するならおすすめ。

36万円台!Core i7-13700搭載の低価格モデルはこちら>>>GALLERIA XA7C-R48 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア ZA9C-R48 第13世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i9-13900K
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4080
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe Gen.4)
■電源:1000W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:469,980円(税込)~

先に紹介したドスパラのモデルを、インテルの第13世代24コア32スレッドCPU・Core i9-13900Kにしたバージョンです。Core i7-13700Kよりも約30%性能が高く、とことん性能にこだわるならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GALLERIA/ガレリア UA9C-R48 第13世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i9-13900K
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4080
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 2TB
■電源:1200W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:519,980円(税込)~

Core i9×アルミボディの最高峰モデル

上のモデルをグレードアップしたバージョンで、ケースはヘアライン仕上げの美しいアルミケースを採用。さらに大容量の32GBメモリに大容量デュアルストレージを搭載する徹底ぶりで、最高峰のモデルにふさわしいクオリティとなっています。

 

おすすめカスタマイズ

この内容ならもはやカスタマイズ不要。ここまでやるならゲーム用のSSDを追加するのもいいでしょう。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

G-Tune HP-Z

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-13700KF
■チップセット:Z790チップセット
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 4080
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 4TB
■電源:1200W(80PLUS PLATINUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:529,800円(税込)~

※レビューモデルではRTX 2080 Tiを搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

サポート&保証重視ならG-Tuneがおすすめ

インテルの第13世代16コア24スレッドCPU・Core i7-13700KFとRTX 4080を搭載した、ド安定の4K性能が魅力のフルタワーモデル。

32GBメモリに1TB SSD+4TB HDDの特盛仕様で、SSDはNVMeタイプでも特に高速の”Gen.4規格”を採用。さらに、最大92%の電力変換効率を誇るプラチナクラス電源のほか、水冷式CPUクーラーを搭載するこだわりよう。文句なしのパーフェクト構成です。

ケースのフロント部分は強化ガラス製でとてもスタイリッシュ。ケース自体の完成度も高く、ケース内部は電源とストレージを分離配置した”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズです。とことんクオリティにこだわる方におすすめ。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

サポート&保証重視ならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、ゲーム専用のSSDを搭載すると、より便利になります。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

GeForce

 

Radeon

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
特設サイト 2月1日午前10時59分まで、PCの金額に応じて使える割引きクーポンを発行中!クーポンコードは特設サイトでチェック。 おトクなキャンペーン ポイント還元キャンペーン キャンペーンサイト パソコン工房の通販サ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 ドスパラ30周年記念 ポイントキャンペーン キャンペーン&エントリ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 冬の感謝セール...
FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCセール情報
直販セールサイト BTOパソコンの真価はセールにあり!圧倒的な低価格&コスパの高さを誇る、FRONTIERのセール情報をチェックしてみましょう。 大決算セール 2月3日午後3時まで''大決算セール''を開催中 icon-in...
タイトルとURLをコピーしました