RTX 3080搭載おすすめゲーミングPC バツグンの4K&DXR性能!大幅に性能が向上した新世代のハイエンドモデル

  • RTX 2080 Tiよりも最大約30%性能が向上し、4Kでバツグンの安定感
  • DXR性能もしっかり底上げされ、4Kでも実用的なパフォーマンスを発揮
  • 搭載パソコンの予算目安は27~34万円台

NVIDIAのアーキテクチャが約2年ぶりに刷新!4K&DXR性能が大幅に強化された、RTX 3080の実力とおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

RTX 3080のスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 3000シリーズでも引き続き、DXR(リアルタイムレイトレーシング)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用した”DLSSモード”では、低い解像度でレンダリングした映像をアップスケーリングし、さらにアンチエイリアスを最適化することで、フレームレートを大幅に向上させることができます。ゲームの快適性が目に見えて上がるので、とても便利ですね。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 3080の仕様

新世代では、仕様からして異次元レベル。前世代から大幅な進化を遂げています。

 

 RTX 3090RTX 3080RTX 2080 TiRTX 2080 SUPER
コアGA102(Ampere)GA102(Ampere)TU102(Turing)TU104(Turing)
プロセスルール8nm8nm12nm FinFET12nm FinFET
CUDAコア数10496基8704基4352基3072基
RTコア数 
82基68基68基48基
Tensorコア数
328基272基544基384基
動作クロック1395MHz1440MHz1350MHz1650MHz
ブーストクロック1695MHz
1710MHz1545MHz1815MHz
メモリークロック19GHz19GHz14GHz15.5GHz
メモリータイプGDDR6XGDDR6XGDDR6GDDR6
メモリーインターフェース384bit320bit352bit256bit
メモリーバス幅
936GB/s760GB/s616GB/s496GB/s
メモリー搭載量24GB10GB11GB8GB
TDP350W
320W250W250W
PCI Express4.04.03.03.0
NVLink SLI
外部電源12ピン12ピン8ピン+8ピン8ピン+6ピン

製造プロセスは12nmから8nmへさらに微細化。グラフィック描写の要となるCUDAコアは、RTX 2080 SUPER比で約2.8倍、RTX 2080 Ti比でも2倍とまさに圧倒的です。

VRAM(グラフィックメモリ)も強化され、最新のGDDR6X規格を採用しています。メモリーインターフェースは320bitと広く、メモリークロックも19GHzとかなり高速なため、メモリーバス幅はなんと760GB/sと、RTX 2080 SUPERの約1.5倍の広さを実現しています。

が、VRAM容量が10GBと中途半端なのが気になりますね。最近のゲームは4K、特にDXRともなるとVRAMをガッツリ使うので、できればRTX 2080 Tiと同じ11GBかそれ以上は欲しかったところです。。

ちなみに消費電力ですが、性能が向上した分だけ大きく上がり、TDPは300W越えの大喰らい。前世代のように省エネとはいきません。

 

そのほかのポイントとして、接続規格にPCI Express 4.0をサポートしています。メインとなるインテルの第11・12世代CPU、AMDの第3・4世代CPUともにPCI Express 4.0に対応しているので、グラボの性能をしっかり引き出すことができます。

 

VRAM 12GBが登場

RTX 3080にも、VRAM12GB版が登場しました。10GB版からの変更点は次の通りです。

 

  • CUDAコア数:8704基⇒8960基
  • RTコア数:68基⇒70基
  • ベースクロック:1440MHz⇒1260MHz
  • メモリーインターフェース:320bit⇒384bit
  • メモリーバス幅:760GB/s⇒912GB/s
  • メモリー搭載量:10GB⇒12GB
  • TDP:320W⇒350W

メモリーの規格が上位のRTX 3080 Tiと同等に強化される一方で、CUDAコアは約3%とわずかな増加にとどまっています。実際に、RTX 3080 10GBとの差はよくて約5%と、だいぶ控えめ。

肝心の搭載モデルの価格ですが、RTX 3080 10GBよりも約5~6万円も高く、性能差を考えるとコスパはかなり悪くなっています。それこそ、RTX 3080 Tiを選んだ方がいいくらいです。4K・DXRでゴリゴリゲームをするならRTX 3080 Ti、そうでなければRTX 3080 10GBでうまく調整するくらいがおすすめ

 

ベンチマーク

Ryzen 9 3900X・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まずDirectX11をベースにしたFire Strikeですが、RTX 3080はRTX 2080 SUPERに対し、フルHDでは約47%、WQHDでは約54%、4Kでは約61%の差をつけ、大幅にパワーアップ。その実力は、RTX 2080 Tiを軽く超えるほどで、約23~33%ほど性能が高く、高解像度になるにつれその差が開きます。

なお、最上位のRTX 3090との性能差は約4~8%程度と小さく、スペックほどの差はついていません。

 

次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

RTX 3080はRTX 2080 SUPERに対しWQHDでは約54%、4Kでは約67%の差をつけ、やはり解像度が上がるにつれて性能差が大きくなります。また、RTX 2080 Tiとの性能差は約26~35%、RTX 3090との性能差は約5~6%となり、Fire Strikeとあまり変わらない結果です。

 

最後はDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTX 2000シリーズではイマイチ物足りなかったDXR性能ですが、RTX 3080はRTX 2080 SUPERに対し約64%、RTX 2080 Tiに対し約31%高くなり、実用的な水準まで一気に押し上げています。

ちなみに、RTX 3090との性能差は約12%とあまり差がつかず、モンスター級の仕様にしては、ちょっと物足りない感じ。。

 

FF14漆黒のヴィランズ

続いて実際のゲームでチェックしていきましょう。

 

まずはおなじみのMMORPGゲームから。

RTX 3080はRTX 2080 SUPERに対し、フルHD・WQHDでは約9%程度とさほど差がつきませんが、4Kではなんと約39%と大きく差をつけています。

また、RTX 2080 Tiとでは、フルHD・WQHDでは10%以内と差は小さめですが、4Kでは約19%と大きく差がつきます。フルHDやWQHDではグラフィックの負荷が軽いため、CPUがボトルネックとなり、RTX 3080が十分にパフォーマンスを発揮できないようですね。

なお、上位のRTX 3090との差は、約3~5%とわずかです。

 

Far Cry New Dawn

DirectX11ベースの重量級FPSゲームです。

このゲームは性能差がつきにくく、フルHDとWQHDではほとんど横並び。ただ、4KではRTX 3080が頭一つ抜け出し、RTX 2080 SUPERに対し平均fpsは約29%高くなり、なんとRTX 3090とほぼ互角のパフォーマンスを発揮します。

 

Boederlands 3

DirectX12ベースの超重量級FPSゲームです。

このゲームはグラフィックの負荷がとにかく重いため、フルHD・WQHDでも大きく差がつき、RTX 3080はRTX 2080 SUPERに対し、平均fpsは約30%高くなっています。さらに、4Kでは約54%も高くなり、平均60fps手前まで迫るほど。とにかく重い”バッドアス”設定でこの性能は驚きですね。

また、RTX 2080 Tiに対し平均fpsは約14~26%高く、解像度が上がるにつれ、きっちり差をつけています。なお、イマイチ振るわないRTX 3090ですが、RTX 3080に対し4Kでは約16%の差をつけ、4Kでは平均60fpsをきっちりキープ。最上位グラボの面目躍如といったところですね。

 

BIOHAZARD RE:3

DirectX12ベースの重量級TPSゲームですね。

フルHDではRTX 2080 SUPERに対し、平均fpsは約7%ほど高く、RTX 2080 Tiと同等レベルとなっています。が、フルHD以上ではその差がとても大きくなり、WQHDでは約47%、4Kでは約68%もfpsが高くなっています。とにかくRTX 3080は高解像度に強い!

なお、RTX 3090との差は約3~6%程度とやはり小さめですね。

 

BATTLEFIELD V

同じくDirectX12をベースにした重量級ゲームですが、DXR&DLSSに対応しています。

DXRは特に重いこともあり、フルHDから大きく差がつきます。RTX 3080はRTX 2080 SUPERに対し、フルHDでは平均fpsが約63%、WQHDでは約70%、4Kでは約71%も高くなり、4Kで平均60fpsをしっかりキープ。また、RTX 2080 Tiよりも約35~39%高く、見事に実用的な水準までのせてきました。

なお、RTX 3090との差はほとんどなし…影が薄いです。。

 

DXRに加え、DLSS機能を有効にした際の結果となります。

フレームレートのアシスト機能としてはとても優秀で、RTX 3080のDXRオンリーよりも、平均fpsは約19%も向上し、安定感が格段に上がります。

なお、RTX 2080 SUPERに対し約54%、RTX 2080 Tiに対し約24%と大きく差をつけ、RTX 2080 Tiだとやっとこさ平均60fpsというレベル。DXR性能についてはもはや比べるまでもありません。

 

Metro Exodus

同じくDirectX12をベースにした重量級ゲームで、DXR&DLSSに対応しています。

まずDXRからチェックしていきますが、RTX 3080とRTX 2080 SUPERとの差は歴然としており、フルHDでは平均fpsが約49%、WQHDでは約54%、4Kでは約52%と大きく差がつきます。RTX 2080 Tiとの性能差は約28~33%ですが、このゲームのDXRはとんでもなく重いので、WQHDの時点で平均60fpsを下回ってしまいます。

なお、RTX 3090との差は、最大約19%にもなり、WQHDでは平均60fpsをキープできます。

 

DXRに加え、DLSS機能を有効にした際の結果となります。

RTX 3080のDXRオンリーと比べると、平均fpsはWQHDで約16%、4Kでは約50%も向上しています。ただ、それでも4Kでは平均60fpsには至らず、超重量級ともなるとまだまだ厳しいといったところですね。上位のRTX 3090は約9~15%ほど高くなっていますが、4Kで物足りないのは変わらずです。

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

RTX 2080 SUPERからTDPが70Wも上がっているため、実際の消費電力は123Wも大きくなっています。500Wオーバーはなかなかインパクトある数値ですが、割合で換算すると約31%となり、性能分だけ順当に上がっているといったところですね。

 

結局RTX 3080はどうなの?

アーキテクチャの刷新やコア&メモリの増強がしっかり効いており、RTX 2080 SUPERに比べ最大約60%性能が向上。RTX 2080 Tiと比べてみても、最大約30%ほど性能か向上しており、特に4Kでさらに高いパフォーマンスを発揮します。

RTX 2000シリーズではイマイチなDXR性能もしっかり上がり、4Kでも実用的な性能に底上げされています。ワンランク上のRTX 3090との性能差はおおむね10%以内と小さく、4Kでゲームを安定して楽しみたいのであればRTX 3080がまずおすすめ

なお、DXRでのゲーミングなら、RTX 3090ではなく、ワンランク上のRTX 3080 Ti搭載モデルがまずおすすめです。

 

 

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 LEVEL-R769-127-VAX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■チップセット:Z690チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 10GB)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:800W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:278,980円(税込)~

RTX 3080 10GB版搭載の低価格モデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3080 10GBを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型CPUクーラーや、最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

ケースの完成度も高く、ケース内部は裏配線&チャンバー構造を採用しており、エアフローはとてもスムーズ。拡張性もしっかり確保され、シンプルながら機能的なモデルに仕上がっています。価格が30万円以下と安いので、まずおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア ZA7C-R38 RTX 3080 12G搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700K
■チップセット:Z690チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 12GB)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:329,980円(税込)~

RTX 3080 12GB版搭載のコスパモデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700KとRTX 3080 12GBを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、冷却性能に優れた水冷式CPUクーラーのほか、電源には最大90%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載するこだわりようです。特にケースの完成度を重視する方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア ZA9C-R38 RTX 3080 12G搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i9-12900K
■チップセット:Z690チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 12GB)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:349,980円(税込)~

※実機モデルではCore i9-12900K&アルミケースを搭載しています。

Core i9-12900Kを搭載した高性能モデル

先に紹介したドスパラのモデルを、インテルの第12世代16コア24スレッドCPU・Core i9-12900Kにしたバージョン。さらに、SSDはNVMeタイプでも特に高速の”Gen.4規格”となっており、とことんこだわるならおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

G-Tune EP-Z(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i9-12900K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 10GB)
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 4TB
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:414,800円(税込)~

※レビューモデルではRTX 2080 Tiを搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

保証&サポート重視ならG-Tuneがおすすめ

インテルの第12世代16コア24スレッドCPU・Core i9-12900KとRTX 3080 10GBを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のフルタワーモデル。

32GBメモリに1TB SSD+4TB HDDの特盛仕様で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源のほか、水冷式CPUクーラーを搭載するこだわりよう。文句なしのパーフェクト構成です。

ケースのフロント部分は強化ガラス製でとてもスタイリッシュ。ケース自体の完成度も高く、ケース内部は電源とストレージを分離配置した”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズです。とことんクオリティにこだわる方におすすめ。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

保証&サポート重視ならおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

非常に充実した内容なので、カスタマイズ不要です。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さを求めるなら、フロンティア・ドスパラ・パソコン工房がおすすめ。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動す...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

GeForce

 

Radeon

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、7月12日午後1時59分まで''夏のボーナスセール''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おトク...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントキャンペーン キャンペーンサイト ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 夏のボーナスセ...
FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCセール情報
直販セールサイト BTOパソコンの真価はセールにあり!圧倒的な低価格&コスパの高さを誇る、FRONTIERのセール情報をチェックしてみましょう。 ペイペイジャンボ1等最大全額分戻ってくるキャンペーン キャンペーンサイト ...
タイトルとURLをコピーしました